CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05) 皆川
ヴィジュアル作品展 (3) (11/03) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (3) (11/02) 荒川 健三
ヴィジュアル作品展 (1) (10/27) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26) 荒川 健三
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26) 石塚 美代
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26)
最新トラックバック
月別アーカイブ
東北北三県の旅 (12) [2017年12月17日(Sun)]
東北北三県の旅 (12)

十和田湖-2

11_DSF7850.jpg



12_DSF7851.jpg



13_DSF7852.jpg



14_DSF7853.jpg



15_DSF7854.jpg



16_DSF7857.jpg



17_DSF7858.jpg



18_DSF7861.jpg



19_DSF7862.jpg


続く



文責 荒川
Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/3532
コメントする
コメント
皆川・宮崎さま
確かに今年は数か所の紅葉詣出をしましたが、人間て欲が深いのか過去に出会った紅葉をもう一度見たくて、毎年紅葉行脚の繰り返しです。宮崎さんは奥入瀬遊歩道を全線御歩き成されたようですが、あそこを鑑賞する最善の方法だと思います。降雪期の奥入瀬も素晴らしいです。小生の見るところ奥入瀬は俗化しつつあって、大町桂月が感嘆したころの面影は失われていると思います。昭和30年代の奥入瀬、八幡平はまだ秘境の感じがあり交通も不便でした。
Posted by:荒川 健三  at 2017年12月18日(Mon) 11:28

荒川さま
 お天気になってよろしかったですね。十和田湖の紅葉、観光客は多くなりましても、風景は変わらず嬉しく拝見しました。東北の紅葉は赤色がきりりと美しいと感じるのは私だけでしょうか。新緑の頃 奥入瀬渓流を子ノ口まで遊歩道を辿り、幾つかの滝を眺めながら距離を忘れて歩いたことも思い出しました。ありがとうございます。
宮ア
Posted by:ミセスミヤ  at 2017年12月17日(Sun) 21:49

荒川様
   今年の紅葉は、いったいどのくらいの場所でご覧になったのでしょうか?
どこも素晴らしいですが、十和田湖の紅葉は、湖と青空に映えて一段と華やかな感じがします。
これだけお元気に動き回られるなんて、本当にうらやましい。
皆川眞孝
Posted by:皆川  at 2017年12月17日(Sun) 17:26

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml