CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14) 皆川
長野県の旅 (10) (11/13) 荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
テーマ川柳(葡萄) [2016年09月16日(Fri)]
テーマ川柳(葡萄)


産経新聞掲載の今週の川柳のテーマは「葡萄」でした。葡萄は俳句の秋の季語です。葡萄園、葡萄狩、葡萄棚は同じく秋の季語ですが、葡萄酒やワインは季語ではありません。丁度NHK俳句で兼題が「葡萄」でした。川柳を掲載した後に、NHK入選俳句を3句掲載しました。川柳と俳句の違いを見るのは面白いと思います。テーマ川柳の選と評(天・地・人)は神奈川大学名誉教授復本一郎氏です。私が適当につけたイラストとコメントと一緒に楽しんでお読みください。(皆川)


「ソムリエに舌を巻かせる芸能人」

 さいたま市   桜井正男
s-22451009380.jpg

<評> 芸能界にはワイン通が多くいるようです。さしずめ辰巳琢郎さんなど、その筆頭でしょう。


「背の高い人に不向きな葡萄狩り」

   鳥取・岩美町  田中悦子
s-5321005.jpg

<評> 背が高くなくても葡萄棚の低さには閉口させられます。背の高い人はさぞかし、腰痛の危険も。


「赤白と講釈多いワイン好き」

    門真市  和泉雄幸
vine-with-grapes.jpg

<評>一座にワイン好きが一人でもいたら大変、乾杯の前に長々と蘊蓄(うんちく)が披露されることになります。

「人前はワイン家ではチューハイを」
  三原市  藤井嘉幸
chuhai.JPG

ちょっと見栄を張りましたね。

「読めるけど書けない文字のひとつです」
    岸和田市    中井眞次
190_0073_L.jpg

確かに、葡萄と言う字は覚えるのが難しい漢字です。

「俺が飲むうまい葡萄酒ふたキャップ」
    新潟市  本間彰
Perforations.jpg

高級ワインの栓はコルクで、ふたキャップはちょっと低くみられています。

「パンの中つまんで食べた干しぶどう」
   堺市   小野健
s-img927c0e59zik1zj.jpg

子供のころの思い出でしょう

「キッチンで日夜夜毎に減るワイン」
    横浜市     平元亘   
kokoro02_img_04.jpg

キッチン・ドリンカーは、重症だと悲惨です

「葡萄酒とワインの違いで盛り上がる」
    東京・江戸川   高島広衛
budoushuwine.JPG

キウイワインのように葡萄以外のワインもあるので、ワインの方が広義との説も

「葡萄より芋欲しかった終戦後」
    府中市   阪本敏彦
s-imo.jpg

今は葡萄の方がずっと高級品です。

「一人なら葡萄酒デートならワイン」
   貝塚市  長岡正弘
1438754556010054300.jpg

同じものでも、葡萄酒よりワインと言った方が、高級に聞こえる?


「効能の紅白戦は紅を支持」
    茨木市  福崎達雄
185249.jpg

なんと言っても赤ワインにはポリフェノールがあります

「葡萄酒と言えばラベルは赤い玉」   
       勝浦市   岡元邦武
s-akadamawine.jpg

赤玉ポートワインは、明治時代から発売され、甘口で日本では人気があり、今でも赤玉スイートワインとして売られています

NHK俳句入選句(堀本裕樹選)

「種無しの葡萄を育て子沢山」

   柏市  宮本次雄
kodakusan.JPG

これは、川柳といってもいいと思います。

「葡萄狩まず餺飥(ほうとう)を食はされる」
     山武市   川島隆
s-gf2200091613.jpg

ほうとうは山梨の郷土料理。お腹を一杯にさせ、食べ放題の葡萄の量を減らす作戦ですね。

「黒葡萄一粒青く残りけり」
  指宿市   榊武文
aobudou.JPG

特選第一位です。シンプルな句ですが、黒と青の色の対比が美しいし、本来はダメなものの一粒が、注目されているところが素晴らしいとの評でした。
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/3033
コメントする
コメント
菊間様
  コメントを有難うございます。
  私はワインについて無知ですが、先日ある健康本に、赤ワインでもPinot Noir〈ピノヌワール)種のワインがよいと書いてありましたので、買う時は赤ワイン(ピノヌワール)を買っています。
皆川眞孝
Posted by:皆川  at 2016年09月16日(Fri) 19:30

皆川様
フランス人はワインを飲んでいるので、イギリス人より、、平均寿命が2才長いという疫学の研究があるそうです。
ポリフェノールが体に良いのだそうです。せいぜい、赤葡萄酒を
飲みましょうか。菊間
Posted by:菊間敏夫  at 2016年09月16日(Fri) 11:20

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml