CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
「赤い鳥」掲載の詩(1) [2009年02月07日(Sat)]
「赤い鳥」掲載の詩(1)


大正14年9月号表紙


(写真:石川昭一氏撮影)
木の実

          
 山下 あさ
            (川尻小学校尋常6年)

木の実がなってゐる

たべられるかとおもって

とってみた

目白もたべた

(「赤い鳥」15巻3号、大正14年9月)

(写真:石川昭一氏撮影)

   

上記の可愛らしい短い詩は、80年以上前の童話雑誌「赤い鳥」に掲載された、小学6年生の「山下あさ」さんの自由詩です。「赤い鳥」は、鈴木三重吉が大正7年(1918年)に創刊、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」「杜子春」、有島武郎の「一房の葡萄」などを掲載したことで有名ですが、次世代の育成のために、児童の自由詩や綴方を掲載していました。


実は、この「あさ」さんは、南窓会の石塚美代さんのお母様(現在95歳)で、今もお元気です。「あさ」さんが通っていた神奈川県津久井の川尻小学校の生徒の作品が沢山選ばれて、「赤い鳥」に掲載されました。「あさ」さんの自由詩も大正15年から昭和3年までの間に、25編掲載されました。それらを娘の石塚さんがまとめて詩集を作りました。[下記表紙)これを榎本かよ子さん(南窓会)が入手して、、これらの詩をブログで順次紹介しようということになりました。80年前の小学生の詩ですが、一服の清涼剤のようで、みずみずしい感性は現代にも通用します。一部に北原白秋の選評がついていますので、次回から合わせて紹介します。

石塚さんが作った詩集の表紙


また、上記写真の撮影者石川昭一さんは、南窓会会長石川耀子さんの亡くなったご主人です。石川昭一さんは、趣味が写真撮影で、沢山の写真を残しています。その中から、石川耀子さんの協力を得て、詩にあう写真を選んでみました。また、昭一さんの写真が朝日新聞の写真集に採用されていますので、これらも後日ご紹介したいと思います。

今日のブログは、このように大勢の人の協力でできあがっています。
(文責:皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 08:48
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/251
コメントする
コメント
皆川さま
流石に大勢の方の協力で素晴らしい発掘です。山下あささんのお話といい、石川昭一の写真といい心が温まるお話です。(続)を期待しています。
Posted by:荒川健三  at 2009年02月08日(Sun) 11:53

石塚様、石川様
 コメントをありがとうございました。
 皆様の協力で、「あさ」様の詩がよみがえりました。花
 今後も、ご助力をお願いします。
 皆川
Posted by:minagawa  at 2009年02月08日(Sun) 08:54

80年以上も前に作られた私の母の詩が、このような形で石川様の素晴らしい写真と共に皆様のお目に触れる事になり、大変感激しております。
早速実家の母に連絡しようと思っております。皆川様、榎本様お骨折りいただき、ありがとうございました。
Posted by:石塚 美代  at 2009年02月07日(Sat) 20:19

ブログに新しい楽しみができました。よろしくお願いいたします。笑顔
宮ア
Posted by:宮ア和子  at 2009年02月07日(Sat) 19:16

すばらしい! 楽しみにしています。
Posted by:明平規男  at 2009年02月07日(Sat) 17:30

 愛らしい詩情に思わず顔がほころびます。笑顔これからも紹介してくださるとのこと、楽しみにしています。あささん、イツまでもお元気で・・・
 主人の写真まで載せていただき有難うございましたまる
Posted by:石川耀子  at 2009年02月07日(Sat) 14:12

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml