CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14) 皆川
長野県の旅 (10) (11/13) 荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
宿場町 千住を歩く(1) [2014年09月24日(Wed)]
宿場町 千住を歩く(1)


江戸に入るのに五つの街道、即ち東海道・甲州街道・中山道・奥州街道・日光街道があり、それぞれ日本橋に近く便利な場所が宿場町として栄えました。
それが江戸四宿(えどしじゅく)と言われた宿場町で品川宿・内藤新宿・板橋宿・千住宿で、なかでも千住宿は奥州と日光街道の分岐点に設けられた宿場であることから四宿最大の宿場として発展しました。
現在、足立・荒川両区役所の産業経済部では歴史の残る宿場を観光資源としてその魅力を大勢の人々に知って貰おうと街を整備し案内の資料を作り宣伝に努めています。
NHKオープンスクールのK先生から「歩こうあだち」その他の案内マップや資料を頂き、お勧めに沿って千住宿に行ってみました。

行き方は簡単で、新宿から山手線、西日暮里で東京メトロ千代田線に乗り換え北千住駅西口で下車すれば2〜3分で<旧日光街道>です。

今回、私は北千住の駅前から旧日光街道を北の方向へ荒川べりまで歩き、そこから引き返して逆に南の方向へ隅田川の千住大橋を渡り南千住駅まで約3km
寄り道を入れて約4kmほどの歩程を3時間ほどで見て回りました。


千住の歩きかた、楽しみ方は四つのジャンルにわけて計画すると隈なく味わい観察できるそうです。
1 銭湯と酒場(千住は有数の充実したタウン)
2 建物
3 路地(魅惑の迷宮だそうです)
4 名物(千寿ねぎの“ねぎま鍋”など独特の食文化)
私は初回の訪問なので上記2建物に的を絞り見てきました。

建物について、地元建築家山崎たいく氏、日本工業大学準教授佐々木誠さんは次のように述べています。
「千住の魅力は、江戸時代から近年までのいろいろな建物がモザイク状に散らばっていること。再開発されて均一になってしまったまちと正反対、古い建物を使っていくと、まちに深みが出てきます。」

千住の街は確かに深みがあり、一回や二回の見聞ではうわべしかわからないと思いました。


1北千住駅西口

 
大きな駅で千代田線を下りて西口に出るのにちょっと迷いました

1_DSF0536.jpg


2 西口を出てバルコニーの前方を見る

2_DSF0535.jpg



3 バルコニーの一角(愛煙家用コーナー)
 
最初みたときなんだろうと思いました

3_DSF0537.jpg



4 駅前を東西に走る商店街の道路

 目の前に南北に走る旧日光街道が交叉する

4_DSF0540.jpg



5 千住宿本陣跡(現在は100円均一ショップ)

5_DSF0541.jpg



6 本陣跡を示す標柱

 本陣は大名専用宿のあるところ、近くに明治天皇の東北地方ご巡幸の際の
行在所がある

6_DSF0544.jpg



7 旧日光街道(北方向をみたところ)

7_DSF0546.jpg


8 本陣跡とその周辺の解説板

 ご婦人が解説板の下に水を入れたペットボトルを並べているので、何のためか尋ねたら煙草の投げ捨てを防ぐためという返事
8_DSF0543.jpg



9 商店街のアーケードを利用したガイド-1

 安藤広重の千住より26里24町 彼方の宇都宮宿を示す浮世絵
9_DSF0547.jpg



10商店街のアーケードを利用したガイド-2

千住宿を通った大名とその家紋 図は仙台伊達家62万石の家紋

10_DSF0552.jpg


続く


文責 荒川

Posted by wild river at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/2239
コメントする
コメント
皆川・宮崎・石塚さま
コメントを有難うございます。
皆川さんは学生時代を謳歌した街として、宮崎さんと石塚さんは根っからの江戸っ子、私のような “おのぼりさん” には憧れの「東京の人」なのですね。やはり江戸は日本の中心、見るべきもの学ぶべきものの宝庫だと千住を歩いていて思いました。
Posted by:荒川 健三  at 2014年09月25日(Thu) 09:37

荒川様
 秋風が心地良い今日この頃、街歩きには最適な季節ですね。千住には子供の頃(昭和20年代)親戚の家を訪ねて度々行きました。当時の街の様子など何も覚えていないのですが、お化け煙突と上野から都電に乗って行った事だけは記憶に残っています。続きを楽しみにしています。
石塚
Posted by:石塚 美代  at 2014年09月24日(Wed) 21:06

荒川様
 「歩こう あだち」いいですねえ。江戸に入る五つの街道、興味がわきます。北千住の駅が立派になって驚きました。久しく訪れていない街の様子を知る事が出来、嬉しく拝見しています。千住と言えば南千住の「おばけ煙突」を思い出しました。火力発電所の4本も昭和38年ごろ姿を消しました。軒の低い家々を思い出します。私も歩いてみたくなりました。続きが楽しみです。ありがとうございます。
宮ア
Posted by:ミセスミヤ  at 2014年09月24日(Wed) 20:15

荒川様
   東京都内でも、まだまだ面白い場所があるのですね。
荒川さんの健脚のおかげで、新しい場所を知ることができます。
ありがたいことです。続きが楽しみです。
(皆川)
Posted by:皆川  at 2014年09月24日(Wed) 18:04

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml