CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十一月) (11/20) 荒川 健三
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/20) ミセスミヤ
横浜イングリッシュガーデン (5) (11/19) 荒川 健三
長野県の旅 (10) (11/14) 皆川
長野県の旅 (10) (11/13) 荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05)
最新トラックバック
月別アーカイブ
カナダ旅行記(9) [2012年08月22日(Wed)]
カナダ旅行記(9)

9.バンフ・アッパー温泉
8月4日(土)
 今日はバンフの最終日なので、遠出はしないで近場でのんびりすることにする。
朝から快晴で気温がぐんぐん上がる。朝食後10時過ぎに、昨日場所を確認しておいたアッパー温泉にでかける。すでに駐車場はほぼ一杯で、人気があることがわかる。
カナディアン・ロッキーには3つの温泉があり、これはその一つだ。残りはジャスパー国立公園とクートニ国立公園にある。
s-IMGP0275.jpg

(温泉への入り口)

s-IMGP0278.jpg

(入口の建物)

建物のそばに、温泉が流れ落ちている場所がある。手を入れてみると、あたたかい。このお湯を直接使っているわけでなく、単なるデモンストレーションだ。
s-IMGP0280.jpg

建物に入り、入場料を払うがシニア(65歳以上)は6ドル30セント(約500円)と安い。
温泉といっても、日本の温泉とは雰囲気が全然違う。露天風呂で混浴であるが、水着着用なので、温水プールと変わらない。水着はレンタルもあるが、私達はこのために、水着を日本から持ってきた。妻は、わざわざ外国へ来て温泉に入らなくてもという意見だったが、私には興味があった。更衣室で水着に着替えて、シャワーを浴びて、プールへ。
s-IMGP0279.jpg

妻がなかなか来ないので、どうしたのかと思ったら、シャワーのお湯がでなかったとのこと。要するに、PUSHのボタンを押す力が弱かったためだったそうだ。
水温は39度、ちょうど良い温度だ。日差しが強いので、日陰が人気ある。あまり長いとのぼせるので、出たり入ったり、周りの山々を眺めたり。
s-IMGP0281.jpg

温泉からの眺め(カスケード山,2998m)

日本でも水着着用の温泉もあるが、どうもしっくりこなかった。しかし、この開放的な雰囲気も悪くない。
こんなひろびろとした風景の中で、山を見ながらのんびりするのも旅の楽しみである。日本人団体客には会わなかった。
外国の温泉では、アラスカのチェナ温泉に入ったことがあるが、比較すると、ここは清潔で感じがよい。
s-IMGP0277.jpg

s-IMGP0282.jpg

温泉からの眺め(ランドル山、2948m)

この温泉は、標高1585メートルにあるので、水量が季節により変わる。そのため、温水を加える場合があると説明が書いてあった。

帰りに、もう一度バンフ・スプリング・ホテルを見渡せる場所に行く。ホテルの裏山が、昨日ゴンドラで登ったサルファー山で、麓に先程の温泉がある。
s-IMGP0286.jpg

ロッジに帰ってから、コイン・ランドリーに行こうと場所を聞いたら、ロッジのメインの建物の地下にあった。旅の途中で洗濯ができると、持ってくる衣類が半分ですむので助かる。
洗濯の機械が廻っている間に、バンフ市内に昼食を食べに出かける。たまには日本食(?)をと、ガイドブックに出ていたラーメン屋に行くが、土曜日の為か駐車する場所を探すのに時間がかかってしまった。
久しぶりの味噌ラーメンは日本と同じ味。ここで貴重な「割りばし」を入手した。
(続く)

<カナダ・ドライブ事情(2)> 
3.ハイウエイ
   私が走った限りでは、有料の高速道路はなかった。カルガリーからバンフへ行く2車線の高速道路も無料であった。さすが車社会だ。制限速度がマイル表示でなく、日本と同じくキロ表示なので分かりやすい。最高は100キロと表示があったが、殆どの車がそれ以上で走っていた。一般道路では、農村地帯で制限速度110キロという道もあった。

4.バンプ(bump)
1RS-BUMP.jpg

市街地に近づくと、バンプという標識があることがある。バンプとは道路に作られた隆起で、制限速度以上で走ると、乗りあげる時の衝撃が大きい。これはアメリカの住宅街でも同じである。強制的に速度を落とすための有効な方法であり、日本でも採用したらよいと思うのだが、日本では見たことがない。(道路に線が書いてある場合はあるが)
(文責:皆川)
Posted by 皆川眞孝 at 09:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/1467
コメントする
コメント
追記
 山々に囲まれて快晴に恵まれた標高1585メートルの大露天風呂は、確かに気分爽快です。水着を着ているので、藤戸さんのおっしゃるとうり、身体を洗わないでただ浸かるだけですからだんだん退屈してきます。そういえば、先ほどから私の右隣の男女(50歳代、東南アジア系)が気になります。そこで、左隣の主人に言いました「私の隣のカップル、若くもないのにベタベタね!」主人がチラリと見ていわく「羨ましいか?」「ぜーんぜん!」と私。70歳代老夫婦の会話です。
 瀧子
Posted by:皆川瀧子  at 2012年08月23日(Thu) 15:59

今回は温泉ですか! いいなあ〜!! 水着着用の温泉って私は経験ないので、どんな気分かな〜、温泉で体は洗わない、浸かるだけ。まったく温水プールと同じですね。大衆浴場・他人同士が裸で入浴する習慣が白人文化にはないのかもしれない(古代ローマの大衆浴場はあるのにね)。でも、3千メートル級の山脈を眺めながらの入浴はまさに大名気分でしたでしょう!あの巨大なロッキー山脈(多分地下変動・噴火で隆起したのでしょう)に、温泉がたった3か所とは驚きました。ロッキー山脈の中に日本なんてすっぽり入る大きさだと思うのですが、温泉の数の違いは地下のマグマの安定性と関係あるのかしら?なんて、妙なことが心配になりました。
ロッキー山脈の見える場所で味噌ラーメンですか?あくまで面白いご夫妻ですこと!
バンプのこと初めて知りました。やはり広大な大地ならではの配慮でしょうね。バンバン飛ばしてもカーブもなければ渋滞もなく、信号もないとなれば次第に速度は限りなく増すでしょうし、居眠り運転だってするかもしれない。注意を喚起するための処置でしょう。しかし、日本の交通事情・道路の狭さ・起伏の多さを考えると
バンプの度に交通渋滞でどうにもならないかもしれませんね。
ところで、カナダのお国を代表する食事のことが出てきませんが
まさか、ネイティブアメリカン料理なんてこと、ないでしょうね?
藤戸 紘子
Posted by:藤戸 紘子  at 2012年08月23日(Thu) 08:51

皆川様
 旅行記(8)でレイクルイーズを再訪して下さったおかげで青い空とエメラルドの湖水を見せて頂けました。ゴンドラからの眺めで同乗してる気分になったりして・・・
そして今回は温泉、入り口が遊園地のようだと思いました。
雄大な自然に囲まれて、日本のチマチマした露天風呂とは大違い、行ってみたいなあと思いました。お箸に巡り合えてよかったこと。
お二人の顔が見えました。
宮ア
Posted by:ミセスミヤ  at 2012年08月22日(Wed) 14:14

皆川様
 雄大な大自然に囲まれての温泉は、さぞ気持ちよく、疲れを癒してくれたことでしょう。
毎回素晴らしい自然と、ツアーでは決して体験できない旅の様子を読ませていただき、その場にいるような気持ちにさせていただいております。
有料道路が少ないのは、助かりますね。ニュージーランドでも全然高速代がかからなく、一般道が高速道路のようだった事を思い出しました。日本は通行料金が高すぎるとつくづく感じました。
石塚
Posted by:石塚 美代  at 2012年08月22日(Wed) 11:23

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml