CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
皆川
長野県の旅 (10) (11/13) 荒川 健三
菊花展 (4) (11/09) ミセスミヤ
菊花展 (4) (11/09) 荒川 健三
長野県の旅 (6) (11/05) ミセスミヤ
長野県の旅 (6) (11/05) 皆川
ヴィジュアル作品展 (3) (11/03) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (3) (11/02) 荒川 健三
ヴィジュアル作品展 (1) (10/27) 藤戸 紘子
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26) 荒川 健三
ヴィジュアル作品展 (1) (10/26)
最新トラックバック
月別アーカイブ
三井台南窓会親睦旅行(3) [2012年07月16日(Mon)]
三井台南窓会親睦旅行(3)

浅草は建物が密集していますので、バスは駐車場に苦労するようですが、空車のところがスムースに見つかったようです。

浅草寺の東側門「二天門」から境内に入りました。
ふと門を潜りながら、あの3月10日大空襲の数日後にクラスメートの一人を、先生とシャベル持参で地下鉄銀座線に乗って、探しに来たことを思い出しました。
この門は焼け残っていた記憶があります。友人一家とは浅草寺裏の「浅草寺病院」で会う事が出来たのでした。病院も現存しているようです。何時もは雷門から訪れるからでしょう。パッと記憶がよみがえったのです。一面の焼野原だったことも。

人、人!の多いこと。バスの中で添乗員さんがすりに注意してと言っていた事がよくわかります。

7月9・10日の二日間は浅草の観音さまの四万六千日(しまんろくせんにち)の日で、ほおづき市の日でもあります。7月10日が本当の日だそうですが、朝早くから参拝に来るので、9日もそうなったと以前聞いた記憶があります。
この日観音様に参拝すると四万六千日分のご利益をいただけると言われているのです。何年分でしょう。



h.jpg

i.jpg

j.jpg


参拝してから雷門の方に行くことにしました。右手に伝法院、左手はお店、やがて両側に仲見世が続きます。外国の方を沢山見かけました。疲れたのでしょう、ツアー客の外国人たちも宝蔵門の横でジベタリアンをしていました。
雷門は風雷神門が本当の名前で提灯の境内側を見て御覧なさいと、添乗員さんから聞きましたので見に行きました。この年まで知りませんでした。

n.jpg

(宮ア撮影)

境内には「ほおづきの店」がずらりと並んでいます。蒸し暑い中ほおづきの葉の緑と赤い実が、涼しさを与えてくれます。


_DSC3544.jpg

m.jpg

k.jpg

_DSC3558.jpg


ほおづき市の最初は芝の愛宕神社の縁日にたっていました。
「ほおづき」を水に鵜呑みにすれば、大人は癪を切り、子供は虫の気を去る」と言われるなど、薬草として評判であったようです。
ところが、その愛宕神社の縁日は観音功徳日にならって、四万六千日と呼んでいた事から、四万六千日ならば、浅草寺が本家本元とされ、ほおづきの市も浅草寺境内に立つようになり、愛宕神社をしのいで盛大になったものです。
ほおづきにつける風鈴の音色には、夏に流行する疫病を遠ざける由来があり、風鈴の色も厄除けとなる赤色が主でしたが、今日では、様々な色が見受けられるようになりました。
(インターネットから)
  

(下の写真2枚 宮ア撮影)

044.jpg

043.jpg


お江戸情緒を楽しみ「雷おこし」をおみやげにしたりして、まだ明るさの残っている6時15分頃鹿島台上に帰ってきました。
日本の技術の結晶と言える、スカイツリー、ゲートブリッジを訪れる事が出来、久しぶりの「ほおづき市」の懐かしさを味わい、本当に充実した楽しい一日でした。今健康でいることがありがたく、そしてこの旅行を企画してくださった役員の皆さまに心から御礼申し上げます。

(写真:荒川 文責:宮ア)
Posted by ミセスミヤ at 08:00
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/1435
コメントする
コメント
コメント頂きました皆様
 過分なお言葉ありがとうございます。 
東京新名所めぐりプラス江戸情緒体験といった、今回の親睦旅行はお陰様で有意義な一日でした。荒川さんの素敵な写真のおかげでなんとかブログアップできましたことを感謝申し上げます。年がわかってしまいますが15歳の春の経験があの二天門で蘇りました。
仲見世も最近変わってきたように思いました。
日野は緑が豊かですね。
宮ア
Posted by:ミセスミヤ  at 2012年07月18日(Wed) 21:01

宮崎様
コメント遅れましたが、宮崎さんの浅草寺、ほうずき市の情景描写で記憶が戻りました。
東京大空襲の時、私は疎開していましたが、浅草の米屋だった父の実家も焼けました。浅草の鮮明な記憶は戦時中のもののない時代、細々とせんべいを焼いて売っていた祖母のすがたです。
神田明神脇の母の実家も空襲で焼けました。
戦中戦後いろいろと思いだしました。
ありがとうございました。
Posted by:菊間敏夫  at 2012年07月18日(Wed) 09:28

宮崎様
 バス旅行の3回にわたる丁寧な記録をありがとうございます。盛り沢山のとても充実した1日でした。スカイツリーもゲートブリッジも今回を逃がしたら、きっと個人ではなかなか行くことができないと思いました。
浅草のほうづき市は何十年ぶりの事でしょう。子供のころ神田で生まれ、育った父によく連れて行ってもらいました。その頃は小さな籠に盛られた海ほうづきが沢山売られていました。とても懐かしい思い出です。
石塚
Posted by:石塚 美代  at 2012年07月17日(Tue) 23:51

宮崎さま
南窓会親睦旅行について3回にわたりブログアップしていただき、ご苦労さまでした。心から感謝申し上げます。東京を知りメンバーを知り、旅行先の情報を調べたうえでの写真と文は宮崎さんならではの丹念な描写、急所を逃さない写真で素晴らしいの一語に尽きます。そのうえ宮崎さんとのコラボレーションに私を指名していただき甚だ光栄です。
郷里に3日ばかりいって不在にしたためコメントやお礼を申し上げるのが遅れ本当にすみませんでした。有難うございました。
Posted by:荒川 健三  at 2012年07月16日(Mon) 14:16

宮崎様
  楽しいバス旅行もとうとう最終目的地の浅草観音に来たのですね。
私は二天門を初めて通りました。ここに来たのは、アメリカ人の友人を案内して来たときで、もう10年以上前だったなと思い出しました。ほおずき市は、ずいぶん大勢人がでていましたね。
私も「雷門」が「風雷神門」の略称だったと初めて知りました。なるほど、表側の門には、仁王様の代わりに「風神」と「雷神」の像がだっています。
詳しい旅行記を有り難うございました。宮崎様、荒川様御苦労さまでした。
参加されなかった方にも様子がよくわかり、よかったことでしょう。
皆川眞孝
Posted by:皆川眞孝  at 2012年07月16日(Mon) 13:10

プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml