CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
多摩丘陵にある日野市三井台、ここに住む高齢者のクラブ・三井台南窓会の会員が中心になって作っている団体ブログです。地元の季節毎の写真、南窓会の活動報告、会員の旅行記、俳句、地域の情報など、多様な記事が満載です。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
藤戸 紘子
今月の俳句(令和元年十月) (10/23) 荒川 健三
今月の俳句(令和元年十月) (10/23) 荒川 健三
長野県の旅 (1) (10/22) 皆川
長野県の旅 (1) (10/21) ミセスミヤ
長野県の旅 (1) (10/21) 荒川 健三
道央西部の旅(9) (10/17) 荒川 健三
日野橋“通行止” (10/17) ミセスミヤ
道央西部の旅(9) (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16) ミセスミヤ
日野橋“通行止” (10/16)
最新トラックバック
月別アーカイブ
<自治会はつらいよ>自治会長の独り言(2) [2008年07月11日(Fri)]
自治会長の独り言(2)<自治会はつらいよ>

NHK総合TVで、「ご近所の底力」という番組は、ご存知でしょう。


5月25日に「自治会はつらいよ」というタイトルで、放映された番組は、自治会の仕事が多くて、後任が見つからない苦労を、神奈川県のある自治会の例で示していました。この自治会では、広報の配布、防犯パトロール、ゴミの分別、各種会議への出席など、会長以下の仕事が多すぎて、なり手がありません。自治会役員の負担を減らす具体的な妙案としてこの番組があげていたのは、
1)少しお金を出してでも専任職員を雇う
2)ボランティアを募って仕事をまかす
3)自分達でやりたい仕事を計画する
ということでした。

三井台自治会も、役員のなり手がないという同じ問題を抱えています。幸いにも、ゴミ分別の仕事は、日野市の自治会では軽減されましたが、やはり、自治会の役員になるのは皆さん敬遠しています。
ただ、三井台自治会では、役員は1年交代で、ブロック毎に居住の古い順に役員を引き受けるという、よい慣習が残っていて、なんとか機能しています。

確かに役員になると、肉体的にも時間的にも縛られることが多いです。ただ、役員になるのはデメリットばかりではありません。これだけ短時間に地域に住む多くの人と知り合いになれるというのは、役員という仕事があるからです。
私も、役員をしてみて、初めて、ご近所には素晴らしい能力のある人たちが住んでいるのだと、発見しました。なんとか、このような人を皆さんにお知らせできないかと、南窓会の方と協力して、このブログを開設しました。
また、お互いに知り合うチャンスを増やす、<隣人祭り>のような企画もしてみたいものです。
(これについては、http://blog.canpan.info/nsk/archive/9  をクリックしてご参照ください)
また、現執行部の皆さんは、献身的に自分の役目を行っていてくれて、とてもよいチームです。三井台という地域が好きで、ここを誰もが住みやすい場所にしたいという気持ちをもっています。私もこのようなよき伝統を、次の役員に伝えたいものだと考えます。

(文責:皆川)
 
Posted by 皆川眞孝 at 17:42
この記事のURL
http://blog.canpan.info/nsk/archive/13
コメントする
コメント
プロフィール

三井台南窓会(日野市老人クラブ)さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nsk/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nsk/index2_0.xml