CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | ワークショップようてい »
<< 2018年05月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「たね塾」シーズン4を開講します[2018年04月13日(Fri)]
 2015年に始まり、すっかりおなじみになった精神障がい支援者のための勉強会「たね塾」。
 今年も5月から開講いたします。

 今年のテーマは「言葉を創る」。5月から11月まで、原則毎月第2火曜日に実施します。くわしい日程と内容は以下の通りです。

1 5月8日 初めてってドキドキするよね
2 6月12日 支援をしているあなたのこと
3 7月10日 改めて「認知域」
4 8月21日 自分にとっての自己防衛?〜守るべきものってなんだろうね〜
5 9月11日 体験を活かす
6 10月9日 やっぱり脱皮〜あなたが変わる? 私が変わる!〜
7 11月13日 まとめてみる努力をしてみる 〜言語化できるものならやってみな!〜

 受講料は会員の方3000円、非会員の方は7000円です。
 概要と申し込み用紙は以下のPDFファイルをダウンロードしていただき、FAXかメールでお申し込みください。先着15人ですので、お早めにどうぞ。

たね塾シーズン4概要&申込書.pdf

平成30年、今年の活動が始まりました[2018年01月10日(Wed)]
 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

 1月9日が当法人の仕事始めでした。ワークショップようていでは正式な開所を前に、4日は新年会、翌日以降は運動や上映会、ゲームなどをして利用者が集まる機会をつくりました。

 コミュニティカフェわっくわくも9日から開店し、たくさんの方に来ていただいています。
 そしてカフェで10月から12月末まで設置していた「赤い羽根共同募金」の募金額は2,470円でした。9日に倶知安町社会福祉協議会に渡しました。募金していただいたみなさん、ありがとうございました。

IMG_20180110_081844.jpg

 今年も認定NPO法人ともにをよろしくお願いいたします。
今年も飲料の寄付をいただきました[2017年12月22日(Fri)]
 (株)コカ・コーラボトリング倶知安営業所さまより倶知安町社会福祉協議会を通じて、今年も飲料の寄付をいただきました。

IMG_20171221_165527.jpg

 今回いただいた飲料は、コカ・コーラ、コカ・コーラゼロのいずれも500mlのペットボトル、それにQooリンゴ味の缶です。
 いただいた飲料は大切に使わせていただきます。いつも本当にありがとうございます。

 今年もたくさんの方から寄付金や物品寄付をしていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
京極町ボランティア養成講座に講師派遣[2017年11月24日(Fri)]
 11月10日、京極町福祉センターでおこなわれた「ボランティア養成講座」に、当法人の長岡を講師として派遣しました。

 この講座は京極町社会福祉協議会が主催し、京極町のボランティアを育成するためにおこなわれたもので、みずからの障がい体験を話したうえで「身近なところで自分ができること、できそうなこと」、「みんなが住みやすい町はどうすればよいか」という題でグループディスカッションをおこないました。

DSC05879.jpg
(京極町社会福祉協議会さま撮影)

 参加した20人を超えるボランティアのみなさんは熱心に話し合い、障がいについて考える良いきっかけになったという感想や、声をかけるなど自分ができる範囲で実行していきたいという意見が聞かれました。このボランティア講座をきっかけに、すべての人が住みやすい町づくりにつながっていければ良いと思います。
 
第2回わっくわくまつり開催![2017年10月03日(Tue)]
 9月23日土曜日、わっくわくまつりを駐車場特設会場で開催しました。
 午後から雨の予報で開催中の天気が気になりましたが、当日は青空も見える天気でおまつり日和でした。

 午前10時、太鼓の演奏でわっくわくまつりが開幕!

写真1.jpg

 ふるまいぜんざいは行列になり、1時間あまりで完売しました。

写真2.jpg
 
 フリーマーケットは12店が軒を並べ、にぎわいをみせていました。

写真3.jpg

 恒例のじゃんけん大会。今年は午前11時と午後12時30分の2回実施し、熱気に包まれました。

写真4.jpg

 ホットドッグやフランクフルトなど飲食物の販売では、ワークショップようていを利用し就職された方や、町内会「第一親和会」の方が駆けつけ、販売を手伝っていただきました。ほかに喫茶陽だまりさま、夢の匠さまも販売をおこないました。

写真5.jpg

 まつりの最後を飾る抽せん会は、番号を発表するごとに歓声が聞こえました。残念ながら当選できなかった方のために、参加賞として子どもさんは飴のつかみ取りをしてもらい、大人はポケットティッシュを配りました。

写真6.jpg

 昨年以上の方に集まっていただき、まつりを盛況で終えることができました。次回も地域と一緒に盛り上がれるおまつりにできるように準備を進めていきます。
第2回わっくわくまつりまであと15日![2017年09月07日(Thu)]
 9月23日開催の「第2回わっくわくまつり」まで、あと15日になりました。これまでに決定したことをお知らせします。

☆フリーマーケット出店は13店に!
 先月募集していたフリーマーケットは、合計13店になりました。応募していただいたみなさん、ありがとうございました。
 今年は他のブースと同じようにテントを立てますので、直射日光や小雨を避けることができます。掘り出し物が見つかるチャンスです!

☆飲食コーナー、今回も充実♪
 チラシに掲載した食べものに加え、当法人からはコロッケを販売します。また喫茶陽だまりさまはドーナツや揚げたこ焼き、夢の匠さまは五目いなりを販売予定です。どうぞお腹いっぱいまつりを堪能してください。

 また決まったことがあれば随時ブログでお知らせします。9月23日はぜひ! わっくわく特設会場へお集まりください。

わっくわく祭りちらしFM募集なし.jpg
わっくわくまつり開催します! フリマ出店者募集[2017年08月17日(Thu)]
 前回盛況だったわっくわくまつり。今年も開催します!
 9月23日土曜日の午前10時から午後2時まで、わっくわく駐車場の特設会場でおこないます。フリーマーケット、飲食物販売、抽選会など盛りだくさんの内容です。ぜひお越しください。

わっくわく祭りちらし2FM募集あり.jpg

 さて、現在フリーマーケットの出店者を募集しています。先着4組さままで、出店料は無料です。お申し込みは当法人へ電話かメールでお願いします。代表者の方のお名前、住所、電話番号、おもに販売するもの、メールアドレスのある方はアドレスもお願いします。締め切りは8月末までです。お待ちしております!
わっくわくコンサート開催[2017年08月09日(Wed)]
 8月4日金曜日、食堂にて入場無料のわっくわくコンサートを開催しました。熊本を拠点に全国で演奏活動をしている「川原一紗◎藤川潤司」のお二人を招き、和やかな雰囲気でのコンサートでした。
 
CIMG8339.jpg
 
 「ふるさと」や「アメイジンググレイス」といった誰もが知っている曲とオリジナル曲を合計12曲演奏しました。会場から惜しみない拍手が続き、アンコール1曲を追加で披露しました。

 川原さんはピアノの弾き語りで伸びやかな歌声が聴く人を魅了しました。

CIMG8351.jpg

 藤川さんが演奏した民族楽器は、弦を指ではじいて演奏する「カリンバ」

CIMG8338.jpg

 オーストラリアの原住民族アボリジニの吹奏楽器「リジェリドゥ」とアフリカのパーカッションの一種「ジェンベ」

CIMG8352.jpg

 そして沖縄の三味線「三線(さんしん)」などさまざまな楽器を演奏し、ピアノと歌とのハーモニーを奏でていました。みんなで民族楽器を体験し演奏するコーナーもありました。

 参加した20人以上の人たちは暑さを忘れるひとときだったことでしょう。川原さんと藤川さん、そして参加したみなさん、ありがとうございました。
わっくわくコンサート開催のお知らせ[2017年07月18日(Tue)]
 8月4日金曜日午後6時から、わっくわくの食堂にてコンサートを開催いたします。
 出演するアーティストは川原一紗さんと藤川潤司さんの夫婦ユニット。ピアノと世界の民族音楽、そして歌声の魅力的なハーモニーを、ぜひ聴いてみませんか?

わっくわくコンサートチラシ.jpg

 入場は無料、会場内でドリンクなどの販売をおこないます。暑さをちょっと忘れて音楽に耳を傾けてはいかがでしょうか。

 川原一紗さんと藤川潤司さんの公式ホームページはこちらです。YouTubeでは音楽を視聴できます。
みんなで学ぼう夏の拡大版開催[2017年07月12日(Wed)]
 7月8日土曜日、7回目の「みんなで学ぼう拡大版」を、ホテル第一会館でおこないました。
 後志総合振興局 保健環境部長(倶知安保健所所長)の人見嘉哲(よしあき)先生による”目からウロコの公衆衛生”のお話をしていただきました。

CIMG8240.jpg

 私たちが日ごろ意識することがない公衆衛生の世界。しかしその活動は、私たちが安心して生きていくために非常に重要であるといいます。
 日本人の平均寿命が飛躍的に伸びたのも、戦後保健所の保健師らが健康の啓発活動をしたことと、感染症の予防対策によるところが大きいのです。現在では世界中から公衆衛生活動が評価され、海外から学びに来る人がたくさんいるそうです。

 日本という国の健康の現状と取り組みは世界に誇れるすごいことをやっている、そこに住んでいる私たちはもっと自慢に思っていい、という人見先生のお話は目からウロコでした。

 あまり知られていない公衆衛生の世界をわかりやすく、ユーモアたっぷりに解説していただきました。人見先生ありがとうございます。そして来ていただいたみなさまにも感謝いたします。

CIMG8259.jpg

 ワークショップようてい製造部の販売もおこない、多くの収益がありました。こちらもありがとうございます。
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

NPO法人ともにさんの画像
NPO法人ともに
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/npotomoni/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npotomoni/index2_0.xml