CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 後志若手福祉従事者ネットワーク | Main | 2014年4月のみんなで学ぼうシリーズ »
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
みんなで学ぼう春の拡大版 詳細リポート[2014年03月25日(Tue)]
 3月16日にホテル第一会館にて当法人と日本イーライリリー株式会社の共催で開催した「みんなで学ぼうシリーズ 春の拡大版スペシャル」の詳細リポートです。

写真1.jpg

 今回は地域でのこころの健康づくり、という趣旨で、シンポジストも多様な業種から来ていただいたこともあり、町内会回覧や新聞記事を読んで来られた方がたくさんいらっしゃいました。

写真2.jpg

 第1部は、秋田市の「メンタルクリニック秋田駅前」院長で精神科医の稲村茂さんによる基調講演「自殺率日本一の秋田県での取り組み〜様々な活動で40%減りました」でした。
 10年近くにわたり都道府県の自殺率日本一だった秋田県で、稲村さんはじめ秋田県医師会が取り組んだあゆみを語っていただきました。患者さんへの薬物療法だけではなく、組織的に取り組んだ自殺予防の広報活動、保健職や福祉職と連携しチームで対策にあたったことなど、具体例をまじえて話していただきました。


写真3.jpg

 第2部はシンポジウム「日々の生活の中で感じている事〜それぞれの立場から」と題して、シンポジストの方々が仕事で、人生でこころの健康について感じたことを語っていただきました。
 シンポジストは写真右から順に、京極町健康推進課保健福祉係長で保健師の行天真江さん、本田興業株式会社代表取締役の本田哲さん、東林寺住職で倶知安幼稚園園長の山階照雄さん、札幌なかまの杜クリニック院長の吉田匡伸さんです。
 それぞれ仕事や生活の中で、こころの健康とどう関わっているかを話していただきました。こころの健康の問題は特別なものではない、いかに地域でサポートし、互いに暮らしていけるかを考えていかなければならないと思いました。

写真4.jpg

写真5.jpg

 理事長あいさつ、そして恒例の「エンドロール(講師、参加者が写ったスライドショー)」があり、講演会は大盛り上がりで幕を閉じました。

 4回目となった春の拡大版も、多くの方に来ていただき、ありがとうございました。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/npotomoni/archive/66
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/948237
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
最新コメント
タグクラウド
プロフィール

NPO法人ともにさんの画像
NPO法人ともに
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/npotomoni/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npotomoni/index2_0.xml