CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
受動喫煙ゼロの おもてなし [2014年11月17日(Mon)]
 11月15日の西日本新聞の社説の見出しは、
「受動喫煙対策 法規制を論議する好機だ」でした。

 ☆西日本新聞 社説

 受動喫煙の対策が2020年に五輪・パラリンピック
を開催する東京都の大きな「宿題」となっています。
世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会
(IOC)が「健康なライフスタイルに関する協定」
を結び、開催都市に対策推進を求めているからです。

 東京五輪を契機に受動喫煙の法規制を実現しようと、
超党派の国会議員連盟が設立されました。
国民の健康増進や医療費削減につながる点も強調する
ようです。

 海外では禁煙を公共施設から職場へと広げ、最終的
には飲食店も従業員には職場であるとの考え方から
禁煙が実現した例もあります。

 日本では健康増進法に受動喫煙防止が盛り込まれて
いますが、公共施設などでの努力目標にすぎません。
東京五輪の開催は、法規制の在り方を論議する好機。
東京だけの問題にしないで、国民的な論議を深めて
いきたいとうのが社説のはしめくくりです。

 このブログでは「受動喫煙ゼロ」の記事の目次を
つくっています。

 ☆【目次】受動喫煙ゼロ

 全面禁煙の飲食店の紹介の記事が多い
のですが、逆にならないかなと思います。

 まだ全面禁煙を実現できていないので、
受動喫煙のおそれがある。喫煙される方は、
できるだけの配慮を… という記事です。

 宮崎県には、受動喫煙防止キャンペーン
サイトがあります。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーン

 今、できることを続けることも大事です。
私は、近所のスーパーの喫煙コーナーの移動で、
ひとり受動喫煙防止キャンペーンに取り組みました。

 ☆「お客様の声」が届いた
「統合失調症がやってきた」に行ってきた [2014年11月15日(Sat)]
 久留米に行ってきました。大砲ラーメンの本店
にも行きましたが、ラーメンが目的ではありません。

 福岡県精神保健福祉大会に参加して、松本ハウスの
講演を聞いてきました。

 芸人なので、コントからスタート。
統合失調症の症状ををネタに入れているのですが、
ふつうに爆笑しました。

 コントが終わると、テーブルとイスふたつが並べ
られて、対談で、ハウス加賀谷さんの発症から、
芸人復帰までの話が語られました。

 深刻な話もあったのですが、時々、ギャグも
入って、重くならずに、スッと聞けました。

 話の内容は、動画でも、記事でも紹介されて
いるとおりです。何度聞いても、同じ場所で
笑えるし、うなずいてしまいます。

 ☆芸人・松本ハウスが語る統合失調症からの
  社会復帰


 大会の会場では、講演の最後に質疑の時間が
ありました。質問されたのは、3人とも当事者の
方でした。

 どうしたら、長年の幻聴・幻覚がなくなるかと
いう質問にも、誠実に答えられてていました。

 私は、本を読んで、講演を聞いて、番組を見ました。
統合失調症のことが、統合失調症の方のことが気になる
方は、ぜひ、本を読んで、番組を見てほしいと思います。

 相方の松本キックさんの最後のコメントを、番組の
中で聞いてほしいと思います。

 「本当に身近なものなのだということをもっと知って
 ほしいですよね。例えば、今メディアでの精神疾患の
 取り上げ方って結構、極端ですよね。例えば、一方は
 犯罪で、もう一方は映画とかドラマのキレイなお話。

 でも、本当は変わらない1人の人間なんだということを
 知ってもらいたいですね。あとは、本当に茶化している
 わけではないんで、おもしろいと思うことは普通に笑って
 いいと思うんですね。

 だから、近くにいて「どう接していいか、わからない」
 という気持ちはすごくわかるんですけど、普通に接する
 ことが大事です。すぐに出来なくても、「普通に接すれば
 いいんだ」ということを、どこかに留めておけば、また
 違ってくると思います。」
賢い有料老人ホームの選び方 [2014年11月13日(Thu)]
 西日本新聞に、「ITで介護の負担を減らす」会社の
記事が掲載されていました。

 ケアマネの業務をサポートするタブレットを、
月額3500円〜15000円の登録料で提供している
のは、福岡市の株式会社ウェルモです。

 ☆株式会社ウェルモ

 西日本新聞の記事では、「ウェルモはケアマネに無料で
タブレット端末を貸与。画面では核施設の写真や、食事の
内容などの項目が並ぶ。ウオーターベッドや温泉の有無
まで確認できる。ケアマネが利用者や家族と面談しながら、
希望するサービスがある施設が検索できる。」

 情報提供する地域は、今のところ福岡市と福岡県粕屋町
だけとのことですが、宮崎県の現実には、まだ合わない
ような気がします。

 サービスを囲い込むために、グループ内にケアマネの
事業所を設けている施設が少なくないからです。

 介護保険は、利用者がサービスを選ぶ制度です。
サービスの囲い込みは、利用者も、従事者も不幸に
します。相性が悪くても、相手を替えられないから。

 有料老人ホームを選ぶポイントは、グループ以外の
サービス事業者が出入りしているかどうかです。

 以前、このブログで、4階建ての建物の1階に、ケア
プランを作成する居宅介護支援事業所と訪問介護ステー
ション、訪問看護ステーションがある有料老人ホームを
紹介したことがあります。

 ☆ケアマネの仕事

 父の入居先を探す中で紹介された施設ですが、実は、
もうひとつの2階建ての施設に入居しました。

 そこには、ケアマネの事業所と、デイサービス、
訪問看護が同じ敷地の建物に入っています。

 私は、NPOの事業所のケアマネさんに依頼していた
ので、その施設のケアマネは使いませんが、それでも
OKでした。(替わるよう勧められる施設もあります。)

 デイサービスには、ホーム外の地域の人の利用も多い
ことも、このホームを選んだ理由のひとつです。
(父は年寄りが嫌いなので、デイサービスも食堂も
利用していませんが)

 訪問看護は、この施設の事業所がいいとケアマネに
勧められたので了承しました。これは大正解でした。
父は、厳しい状況になっても、本人の希望で入院せずに、
この施設で、在宅酸素を続けています。

 私がしたことは、ケアマネを選んだことだけですが、
亡くなった兄の分まで親孝行できたと思います。

 有料老人ホームを選ぶ時は、3つの質問をしてください。
@他の事業所のケアマネでもいいか。
Aデイサービス等には、入居者以外も、ある程度の
 人数が参加しているか。
B他の事業所のサービスを受けている人がいるか。

 父が入居している施設は、3つともイエスでした。
実際に、他の事業所の車も駐車していました。

 宮崎では、ITで情報を整理するほど、サービスの
選択肢がありません。

 囲い込まれていないケアマネを選ぶことの方が
大事かもしれません。


久留米 大砲ラーメン 黒とんこつ [2014年11月13日(Thu)]
141112_1642~01.jpg

  大砲ラーメンの久留米本店に行ってきました。
周辺の道路がななめで、わかりにくい場所でした。

 ☆久留米 大砲ラーメン

 定番と昔ラーメンの半ラーメン(たぶん450円と470円)が
味わえるバリューセット(800円)にしようかと思いましたが、
食事時間前でお腹が空いてなかったので、黒とんこつラーメン
(たぶん570円)にしました。

 『濃厚な「呼び戻しスープ」に、香ばしいマー油の香りが食
欲をそそります。見た目の真っ黒と裏腹の繊細な味わいが魅力』
とお店のホームページに書いてあるとおり、かなり濃厚です。

 繊細な味わいを堪能するため、途中で、ゴマをいれて、
おろしにんにくを入れて、紅しょうがを入れました。
少しづつ入れたので、味の変化が楽しめました。

 替え玉だけでなく、替えもやしや替えコーンなどが、
数十円でオーダーできるので、自分の好みの味を
創作できる楽しみもあります。
本店だけの学割DELUXEもありました。

 久留米ラーメンは、宮崎ラーメンのルーツです。
昔、宮崎で食べたラーメンの味を思い出しました。
「統合失調症がやってきた」 九州で講演 [2014年11月01日(Sat)]
 この本を読んで、自分にも偏見があったことに気づきました。
以前の「分裂」という病名に惑わされていたのかもしれません。

 「統合失調症がやってきた」を読んで、陽性症状である幻覚や
幻聴のことも、症状として考えるようになりました。
怖いというイメージは、なくなりました。

 服薬管理ができれば、入院しなくても療養できること、
長い時間がかかっても、回復の可能性は十分あること、
地域の支援体制が、まだまだ不十分だと、改めて感じました。

 松本ハウスの加賀谷さんの「あとがき」の言葉が、
心に胸に響きました。

 社会の偏見は根深く、なかなかなくならない。
 だけど、ぼくは、偏見がなくなることを期待するより、
 自分がどう生きるかが大事だと考えているんだ。


 2013年10月には、ニコニコ生放送に出演しています。
その時の紹介サイトに、本の内容の一部も掲載されています。

 ◎著者・ハウス加賀谷+松本キックが生出演!!

 私は、11月12日の生出演(久留米)を見に行く
ことにしました。参加者の反応を生で感じて、これから、
自分が、どう仕事するか、考えたいと思います。

 ☆こころの健康づくり大会(福岡県)
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ