CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
介護系NPOの最前線 [2012年03月29日(Thu)]
 2003年10月に発行された「介護系NPOの最前線」
(田中尚輝・浅川澄一・安立清史著)では、全国トップ16
の介護系NPOを、特筆すべきサービス内容等により、
6つに分けて紹介しています。

 NPOの「思い」で、制度の枠にとどまらない
質の高いサービスを生み出しています。

 それぞれのNPOの「今」も確認しながら、
紹介していきたいと思います。

(1) ケア付き住宅型
 @たすけあい佐賀(佐賀市)
 A長寿社会支援協会(高松市)

(2) 訪問介護にこだわる
 @神戸ライフケアー協会(神戸市)
 A北九州あいの会(北九州市)

(3) 横浜総合型
@たすけあい・ゆい(横浜市南区)
 Aたすけあい・あさひ(横浜市旭区)
 Bたすけあい泉(横浜市泉区)

(4) 個性的なデイサービス
 @りんりん(半田市)
 A桜見会(町田市)

(5) グループホームに乗り出す
 @ぬくもり福祉会たんぽぽ(飯能市)
 Aはなまる会(富山市)
 Bサポートハウス年輪(西東京市)

(6) ボランティア固執型
 @流山ユー・アイネット(流山市)
 A福祉サポートセンターさわやか愛知
  (大府市)
JR九州 133駅 全面禁煙 [2012年03月28日(Wed)]
 2月から、特急列車の車内で、「在来線駅 全面禁煙
のお知らせ」のポスターを目にするようになりました。

 JR九州では、平成24年4月1日から、受動喫煙防止
の更なる徹底を図るため、福岡・北九州都市圏のエリア
で、駅ホームの喫煙コーナーを撤去し、「全面禁煙」に
なります。

 ☆JR九州 禁煙・喫煙について

 産経ニュースによると、全面禁煙は、JR九州では
初めて。佐賀県内の13駅、大分県内の1駅を含む
133駅が「全面禁煙」になります。

 ☆産経ニュース

 延岡駅でも、先月、改札口に近い場所から灰皿が
移動したことを報告しましたが、今日、確認したら、
駅の居酒屋の前の灰皿もなくなっていました。

 ☆延岡駅前から灰皿が消えた!

 延岡駅では、ホームの一番端の改札口から最も遠い
ところに喫煙所がありました。延岡駅で、受動喫煙を
受ける回数は、確実に減りました。

 どこでも、受動喫煙を少なくする方法は、あります。

 飲食店では、テーブルに、あらかじめ灰皿を置かない、
スーパーでは、出入口の灰皿を移動するなど、できる
ことから始めてほしいと思います。
ポメラでQRコード表示 [2012年03月27日(Tue)]
 デジタルメモのポメラ2代目(DM20)では、携帯電話で
送信できる機能があるのを楽しみにしていたのですが、
使い方がわかりませんでした。

 ☆デジタルメモ「ポメラ」

 ポメラの方は簡単です。「menu」の「ツール」の
「QRコード表示」を押すだけです。

 携帯電話の読み込みの方が、できませんでした。
携帯電話は、先月、機種を更新しましたが、説明書が
簡単すぎて、QRコードの読み方が載ってません。

 帰省中の子どもが教えてくれました。カメラ機能を
使うのですね。バーコードリーダーにして、枠の中に
入れて、AFを押すだけ。

 わりと簡単と思いながら、自分ひとりでやって
みると、できませんでした。

 原因は、データが、2ページ以降もあったから。
矢印で次のページにして、AFを押すとできました。

 午後出張の会議のメモと連絡事項を、その日に、
担当者の職場のパソコンにメールできます。

 ただし、日豊本線の揺れる列車内では、AFの焦点
合わせが、時間切れになりました。

 いつも持ち歩いている携帯電話とポメラがあれば、
緊急時に、どこからでも、業務連絡等の文書を作成
して送信できるので、ほんとうに便利です。
ネットで甲子園 [2012年03月26日(Mon)]
 昨日、昼過ぎにDVDを見始めた家族に、1時半から
甲子園を見たいと言いましたが、家族の反応は…

 帰省中の子どもが、パソコンに向い、しばらくすると、
画面に、甲子園が映っていました。

 選抜高校野球の主催者のサイトのようです。

 ☆第84回 センバツ

 1時半から、地元の高校の試合が始まりました。
ネットの画面を大きくすると、画像が荒くなるので、
小さいサイズで見ましたが、携帯電話より大きいので、
十分でした。

 やがて、DVDを見終わった家族は、返却のため
外出し、私は、テレビ観戦に切り替えました。

 「ネットで甲子園」のおかげで、平和な一日でした。

 子どもからは、ニコニコ動画のプロ野球中継も教えて
もらいました。ホークス主催は全試合中継です。

 一般会員(無料)でも、入場者が多すぎなければ、
最後まで見れます。月会費525円の特別会員に
なると、高画質で、優先枠で見れるようです。

 私は、オープン戦を、2試合観戦しましたが、試合
終了まで、退場になりませんでした。

 ケーブルテレビの日テレプラスと同じ映像でしたが、
テレビでCM中も、ネットでは球場の画像が流れていて
新鮮でした。
難病患者の相談員 [2012年03月21日(Wed)]
120321_0640~01.jpg

3月21日の西日本新聞の記事です。

 難病患者や、その家族を支援する「佐賀県難病相談・
支援センター」が佐賀市にある。職員3人のうち2人は
難病患者で、その経験を生かして相談に当たる取り
組みが注目されている。

相談指導員で、自身は全身の筋肉が動かなくなる「筋
萎縮性側索硬化症」(ALS)患者でもある山本智恵子
さん(48)は、同センターに相談したことがきかっけで、
2005年にここで働きだした。

一生治らない病気を抱えて生きることに不安を抱える
患者に、親身になって寄り添っている。


 発症して3年で亡くなることの多いこの病の中で、
15年を超えても車椅子で過ごす山本さんのような
ケースは少ないとのことです。

当事者の活動が難しい難病対策だからこそ、当事者
性は、とても大切だと思います。
「福岡沖地震」玄界島3年で全員帰島 [2012年03月20日(Tue)]
 3月20日の西日本新聞で紹介されています。

 7年前の福岡沖地震で、ほぼ全戸倒壊したにも
かかわらず、3年で全員帰島という復興を成し遂げた
福岡市西区の玄界島がいま、東日本大震災の被災地
の注目を集めています。

 「住民の意見をまとめる方法と、行政の関わり方を
教えてほしい」


 大震災後、宮城県名取市の住民組織の14人と、岩手
県大槌町の被災者でつくるボランティア団体の代表2人
が、相次いで島の復興計画を聞きに訪れました。

 「『もう一度この町に住むんだ』という目標をみんなで
強く持つこと。住民側で意見をまとめ、行政を動かすこと」

 島では、地区や漁協などから計27人の復興委員会
メンバーを選んだ。島外に避難中も情報を共有し、
意志決定のため各世帯から必ず1名出席する島民
総会を何度も開いた。「子供も含め、みんなで
復興するんだという気持ちがあった」

 建築費を抑えるため、住民で知恵を絞った。一戸建て
希望者たちは、施工業者9社にコンペを開かせた。

「俺たちは1軒ずつ建てるんじゃない。両隣3軒、5軒分
建てれば、もっと安くなるだろう」と業者に迫った。


 国や地元行政だけでなく、自ら、まちづくりに取り組む
住民がいることが、住民が参加する仕組みをつくること
が、復興にとって、ほんとうに大切だと思いました。
大淀河畔みやちく 薬味で宮崎牛   [2012年03月18日(Sun)]
 昨日のランチは、「大淀河畔みやちく」で、
いただきました。

大淀河畔みやちく

 帰省した孫に、宮崎牛を食べさせたいという
母からの招待でした。

 ランチメニューで選んだ大淀コースは、赤味とロース
の2種類の宮崎牛(120g)が、2900円で味わえます。

 さらに、10g単位で、お肉の追加ができます。
追加は、ステーキを食べたあとでもできるので、
祖母のすすめを、孫は、見送りました。

 ステーキは、2種類のたれでいただきます。
薬味は、柚子胡椒とわさび、他に、塩、ニンニクチップ、
大根おろしが添えられていました。

 鉄板で焼いてもらうお肉が出てきた時に、
生産者の名前とコードが示された名詞カードが、
テーブルに置かれました。

 プレミアムな雰囲気が漂いました。

 最初に、焼かれたのは赤味ですが、ほどよい「さし」
が入った、ひとめで、柔らかさが確信できる逸品。

 母が、おすすめの食べ方を聞くと、「塩」とひとこと。

 私は、生まれて初めて、ステーキを、塩だけで
いただきました。極上の味でした。
 
続きを読む...
元祖レタス巻き 「一平寿司」は完全禁煙 [2012年03月17日(Sat)]
 昨年3月にサイトをオープンした「みやざき
受動喫煙防止キャンペーン」WEBのコンテンツが
充実しました。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーンWEB

 禁煙モデル店(飲食店)のジャンルも、禁煙飲食店の
口コミ情報サイト「禁煙スタイル」と同様に、多彩に
なりました。

 ☆禁煙スタイル 宮崎 164店舗 3/17現在

 一番嬉しかったのは、ラジオCMに、元祖レタス巻き
の「一平寿司」が登場したこと。完全禁煙です。

 ☆宮崎三大発祥メニュー@ レタス巻き

 大切な家族に受動喫煙させたくないと思う人は、
Dr.エトーの受動喫煙防止ワンポイント講座を
見て(見せて)ください。
沖縄の難病支援は、認定NPO法人 [2012年03月16日(Fri)]
 沖縄県難病相談・支援センター「アンビシャス」は
認定NPO法人です。

 ☆NPO法人アンビシャス

「認定NPO法人アンビシャスへの寄付は
寄附金控除 の対象となります。」と案内があり、
「寄付控除」をクリックすると、個人によるご寄付、
相続財産のご寄付、法人によるご寄付について、
控除額の算定例入りの説明がありました。

 難病支援については、国の支援が不十分なことが
先日、西日本新聞で報道されていました。

 ☆難病助成の制度設計

 そもそもNPOは、政府の失敗と市場の失敗を
克服するために生まれ、お金価値の誘導や強制に
よって動くのではなく、市民の創造性や
エネルギーに依拠して、個々の人間の自発性を
大切にし、そのエネルギーに依拠することに
よって新しい社会的な価値を創造していこうと
するものである。
(『介護系NPOの最前線』P30)


 政府の「予算の範囲内」での対応と、地域の
乏しい社会資源の中で、治療も、療養生活も、
大きな制限を受けている難病患者と家族が生活する
ためには、4月から、都道府県に認定官庁が移行する
認定NPO法人制度を、当事者と支援者が活用して、
「生」を衛る仕組みをつくることが、現実的な
選択のひとつだと思います。

 県の補助金とスタッフだけでは支えきれない
現実があります。





  
小児専門の訪問看護ステーション [2012年03月15日(Thu)]
 「介護系NPOの最前線」は、介護保険制度が
始まって3年の2003年に発行された本です。

 日経新聞の論説委員の浅川さんは、第V部の
座談会の冒頭で、「介護保険の枠内だけでなく、
枠外のサービスまで含めた総合的なケアプランを
作れるのはNPOしかありません。」と言っています。

 田中尚輝氏は、介護系NPOの本質は「当事者性」で
あり、既成の制度とぶつかりながら、いろんな工夫を
していくのがNPOの特質と言います。

 そんなNPOのひとつが、介護保険の事業では
ありませんが、熊本で、小児専門の訪問看護
ステーションを運営しているNPO法人
NEXTEPです。

 ☆NPO法人 NEXTEP

 「不登校児サポート事業〜わくわく農作業体験〜」
も実施しています。

 「認定NPO法人取得を目指します。」
という協力のお願いもしています。

 「難病や障害を持つ子どもたちへの訪問
看護事業“ステップ♪キッズ”、不登校児支援事業
“フィールド”などを中心に一生懸命活動していき
ますので、御協力をお願いできればと思います。」

 宮崎でも、事業の枠にとらわれない活動で、
地域の課題を解決しようとするNPOが、
認定NPO法人を取得して、継続的な事業展開の
可能性を広げてほしいと思います。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ