CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
宮崎でピンクリボン自販機を見つけたら [2011年05月29日(Sun)]
 ピンクリボン活動みやざきWEBに、「綾手づくりほんもの
センター」で行われた「ピンクリボン飲料水自販機設置」の
オープニングセレモニーのレポートが掲載されています。

 ☆県内初!「ピンクリボン飲料水自販機」設置 

 手づくりの除幕式には、綾町長と綾地域婦人連絡協議会の
会長も参加されています。

 自販機の売り上げの一部は、設置者の了解のもとに、
ピンクリボン活動みやざき実行委員会の口座に入ります。

 自販機のデザインは、宮崎オリジナルです。

 雨の日も濡れないカバー付きのリーフレット入れもあります。

 宮崎で、ピンクリボン自販機を見つけたら、1本買って、
リーフレットを手にしてください。

  リーフレットには、検診機関(病院)の案内のほか、
月に一度の自己検診の方法も載っています。

 3月に、宮崎太陽銀行橘通出張所で行われた
「がんを知る展」では、ブレストピアなんば病院の
地域医療部長のセミナーで、自己検診法の練習も
行われました。

 ☆『がんを知る展』宮崎太陽銀行にて

 自販機での寄付金は、こうした啓発活動などに使われます。

 定期的な乳がん検診受診と、月に1度の自己検診が、
啓発活動と、口コミで広がってほしいと思います。
ボタンの掛け違い [2011年05月28日(Sat)]
 台風に備えて、小雨のうちにしたこと。

 玄関前の花の鉢を中に入れる。

 原付を、駐車場の奥に入れる。

 そして、2階のベランダの排水溝のゴミを取る
ために、カッパを着ようとして、ひっかかりました。

 4月から、原付+JR+自転車通勤となったため、
新しく買った水ハジキのいいカッパです。

 南宮崎駅の自転車小屋の原付にかけておかないで、
水気を拭いて、JRに持ち込んで、延岡駅から、
小雨の時は、そのカッパを着て自転車に乗ります。

 その時、どうも振り向きにくいと思ってました。

 今日、2階のベランダに出る前に、カッパを着て、
フードをかぶろうとして、ひっかかりました。

 洗面所に行って、鏡を見たら、やっぱり、ズレて
ました。

 コートとフードのボタンが、ズレていました。

 もう、5〜6回、そのカッパを着て、自転車に乗って、
かなりムリして振り返ってました。

 気づかないものですね。ボタンの掛け違い。

 ずっと腕組みをして話をされた時、相手から、
拒否のオーラをハッキリ感じましたが、
そんなことを、ボタンの掛け違いのままにしないで、
アッサリつけかえてみようと思います。
気づかないうちに「百日咳」の感染源になる? [2011年05月27日(Fri)]
 百日咳に注意しましょう。

 成人では、特徴的な発作性の咳が目立たないことがあるので、
百日咳と気づかないで、感染源になっていることがあります。

 医療機関の全数調査を続けている延岡市内では、先週も1例
報告されています。

 ☆延岡市内の感染症発生状況(宮崎県ホームページ)

 「予防するには?」 うがい、手洗い、乳児期の三種混合ワクチン。

 「感染をひろげないために」 咳エチケット を守りましょう。

 詳しくは、チラシをご覧ください。

笑顔の青年 [2011年05月26日(Thu)]
 ついに、やってしまいました。

 南宮崎駅の駐輪場に着いて、原付の鍵をして、一歩
踏み出した時に気づきました。

 定期入れがない!

 微妙な時間でしたが、家に取りに帰りました。

 信号をスムーズに通過できたので、間に合うかもと思いましたが、
再び、南宮崎駅の駐輪場に着いたときに、発車のベルが響きました。

 待合室で、朝食のおにぎりを食べるのもどうかと思い、もう一度、
家に戻りました。

 この日、三度め、南宮崎駅の駐輪場に着いた時、ひとりの青年が、
人懐っこい笑顔で、あいさつをしてくれました。

 いつもより時間が遅いので、駐輪場の屋根の下には、自転車の
すきまはありますが、1カ所で原付1台分のスペースはありません。

 原付を、屋根の手前に止めたとき、笑顔の青年が、自転車の
整理を始めてくれました。

 私が、二重ロックを終えるまで、見守ってくれました。

 私も、「ありがとうございます。」と笑顔を返しました。

 雨の日でも、宮崎っていいなと思いました。
100人の寄付で、認定NPO法人に [2011年05月25日(Wed)]
 3千円以上の寄付者が、100人以上いれば、
認定NPO法人になれる!

 そんなNPO法改正案が、国会に提出されています。

 川北j秀人さんのブログで知りました。

 100年に一度のヤマ場は、まさに、今!

 認定を受けた特定非営利活動法人や、公益財団・
 公益社団法人などへの寄付に対して、これまでの
 「所得控除」(つまり、収入に対する経費の扱い)から、
 「税額控除」(つまり、寄付した分だけ税金を返して
 もらえる!)へ、

 その認定を受けるために、これまで「団体の収入の
 3分の1以上の寄付」(つまり、大きな団体は大変。。)
 だったのを、「年3千円以上の寄付者が年平均100人
 いればOK」(つまり100人会員や支援者がいればOK!)へ、

 そして、その認定の担当を、税金を集める国税庁から、
 地元の都道府県へ、という、市民が必要と感じる活動への
 寄付を促す、かつてない踏み込んだ法案が、政府から
 提出されているのに、まだ通っていません。


 活動に賛同して、3千円以上を、税金の代わりに
NPO法人に寄付してくれる人を、100人以上
集められるNPO法人は、運営が安定します。

 公務員にも、税金を納めてもらえなくなる緊張感が
生まれて、地域の課題解決に向けて、どんな事業が
必要かを考えることが当たり前になってほしいと思います。
「昭和の町」と「どまんなかモール」 [2011年05月22日(Sun)]
 今朝、携帯電話のテレビ画面に、見入ってしまいました。

 豊後高田市の「昭和の町」が紹介されていました。

 テレビで紹介された案内人は、元バスガイドのおばちゃん。
九州各地で、バスガイドをしていたので、お客さんの
土地の言葉で案内してくれます。

 お客さんは、笑いっぱなしで、ほんとうに楽しそうでした。

 まちづくり株式会社のホームページの「ご案内制度」に
載っている写真の一番左の方です。

 ☆豊後高田市観光まちづくり株式会社

 10年前、シャッター通りとなった商店街の再興の
コンセプトは、商店街が、一番元気だった昭和30年代に
リニューアルしようというものでした。

 店の入り口を、アルミサッシから木の戸に変え、
店の看板を復刻する。懐かしい品を、店頭に展示する。

 そんなに大幅な改装ではないのですが、見事に
「昭和」が復活して、年間30万人が訪れています。

 ずっと同じ値段で営業している地元の食堂も
テレビで紹介されました。

 ちゃんぽんが350円。

 観光客が相手なら、値段を上げてもいいのですが、
地元の人にも来て欲しいから、そのままの値段で
営業しているとのこと。

 そんな方がいるから、「昭和の町」が成功している
のだと思います。

 宮崎には、100円焼きそばの中華料理屋が、
中心商店街にありました。

 学生時代に、帰省した時に、お世話になりました。

 宮崎市内の中心商店街は、今、「どまんなかモール」
として、1年中、ちょっと足を運びたくなるイベントを
やっています。

 ☆Doまんなかモール

 私は、5年前に、「宮崎発 街が元気だネット」の
レポーターとして、インタビューしていました。

 ☆街の「どまんなか」を「モール」にしよう!

 子どもの頃の「あこがれのメインストリートに店が
出せる!」。そんな話を、ワクワクしながら聞きました。

 まちづくりは、人のつながりで決まると思いました。  
部下を定時に帰す「仕事術」 [2011年05月21日(Sat)]
 ノー残業デーでも、部下を定時に帰せない職場があります。

 そんな不健康を増進する職場で、私は、最初、リーダーが
カバーすれば、残業が減らせると思ってました。

 突発的な業務が、日常的に発生し、国の思いつきで、突然、
事業が増える環境では、無理なことでした。

 4月から、職場が変わり、JR特急で通勤するようになって、
状況が変わりました。

 1時間に1本しかない電車の時間に合わせて、仕事を片づける
のが当たり前になったのです。

 ノー残業デーを守れなかった日々が、今でも気になる私は、
職員研修所で、1冊の本を借りました。

 『部下を定時に帰す「仕事術」』

 うつ病の妻と自閉症の長男を守るために、毎日6時に退社しながら
社長にのぼりつめた佐々木常夫氏(東レ経営研究所社長)の本です。

 ☆佐々木常夫 オフィシャルWEBサイト

 私が、これは、すぐにやってみようと思ったことを、JR特急の
揺れる車内で、ポメラでメモしました。

具体的な行動のメモは、実際に自分でやってみることに、
少しアレンジしています。
続きを読む...
長崎のNPOが食を通じ被災地支援 [2011年05月15日(Sun)]
 5月15日の西日本新聞に掲載されていました。

 被災地の避難住民やさまざまな支援活動に
携わっている人々に、ミネラルやビタミンに富んだ
食を届け、復興へのエネルギー補給に役立ててほしいと、
長崎県佐世保市のNPO法人「大地といのちの会」(吉田
俊道代表)が、天然素材をふんだんに使ったふりかけ食品
「元気っこ」を現地に送る取り組みを進めている。


 確かに、緊急事態では、栄養管理は後回しになりがち。
でも、そこから、疾病が起こりやすくなります。

 同製品(元気っこ)は、地元の障害者福祉施設「麦わら帽子」
の手によって商品化。海の微量ミネラルが濃縮されたトビウオや
イリコをはじめ、昆布、ゴマ、シイタケ、土づくりを徹底して
育てた無農薬野菜を皮や成長点ごとに粉末にした食品で、
ごはんなどに振りかけるのはもちろん、そのまま食べても
おいしい。これまでに2回、宮城県石巻市や気仙沼市の
被災地に、メッセージや使い方を書いたシールを貼って
届けた。


 大地といのちの会のホームページの交流掲示板に、
吉田代表のコメントが掲載されていました。

 今日の西日本新聞に、元気っこ支援プロジェクトが大きく掲載されて
いました。
元気っこを被災地や原発作業員のみなさまに届ける取り組みです。
食農欄ですから、全国の西日本新聞に載っていることになります。
ありがとうございました

これから、息長く続けたいので、みなさまご支援よろしくお願いします。


 西日本新聞には、この活動への支援方法も
紹介されています。

 この支援活動に対する寄付を募っている。
郵便振替で加入者名「大地といのちの会」
口座番号01760−3−90692へ。

通信欄に「元気っこ支援」と明記を。
1パック560円で市販もしている。
問い合わせは同会=0956(25)2600。
働く気持ちに火をつける [2011年05月15日(Sun)]
 職場にいる時間が苦痛だ、生活のためだと割り切っている。
 いまの仕事は、自分を活かせるやりたい仕事じゃない。
 どうしても働くことに踏み出せない。
 好きで始めたはずの仕事だが、いまではまったく張り合いがない。

 そんなときはまず、

「ミッション、パッション、ハイテンション!」 と叫んでみてほしい。

 私が「働く呪文」と名づけたこの三つの合い言葉は、心身に火を
 つける強力な技だ。
 働くことが何十倍も楽しくなり、本物の仕事力が確実に身につく
 メソッドだ。
 いつでも、誰でも修得できるこの技で、喜びに満ちた時間を
 味わってみてほしい。
 

 斎藤孝氏の著書「働く気持ちにをつける」の最初のページに
書いてあるメッセージです。

 ミッション感覚とは、仕事を常に「これは自分に対する使命だ」と
引きつけて考える技。

 パッションとは、ネガティブな体験や不愉快な感情を、エネルギーの
起爆剤に変えてしまう方法。

 ハイテンションとは、どんなときでも上機嫌で仕事に向かう力。

 技としての「ミッション感覚」とは、たとえば、直接自分のために
言われたわけでない言葉、何人かのうちの一人として聞いた言葉で
あっても、自分に対するミッションだと引きつけて感じ取れる
「ミッション受け取り感覚」。
 

 NPO担当の時に、ビシビシ感じていた、あの感覚で、
これからの仕事にも、向かい合っていこうと思います。

 パッションを技化する上でとてもいい儀礼的方法。
とんでもない受難が降ってきたときは、「受難」とつぶやきながら
頭を下げる。そして、一呼吸おいて、「情熱」とつぶやきながら
頭を上げる。


 あと1年早く、この技にめぐりあっていたら… 

 ハイテンションになるボディランゲージは、外人のように
大きく手を回しながら話すハンドローリング。
自然と気分が高揚してくる。話すときの癖にするのが効果的。


 振り返れば私も、何度か、「まったく張り合いがない」状況に
追い込まれたことがあります。

 崖っぷちで聞いた、なにげない一言で、救われたことが、
4回あります。

 これからは、自分で修得できる技で、働く気持ちに火をつけよう
と思います。
通勤サイクリング [2011年05月14日(Sat)]

 先週、フィットネスクラブの体重計で、初めて大台を超えました。
GW期間中に、食べ歩きもしていないのに。

 原因は、4月から、昼食のサンドウィッチを、日替弁当に
変えたせいでしょうか。

 350円で、おかずとご飯が別々の弁当は、けっこう
ボリュームがあります。

 でも、それなら、もっと、早く、結果が出ていたはず。

 たぶん、GWで、通勤しなかったからだと思います。

 原付で2km、JR特急で1時間十数分、自転車で3kmで
職場に着きます。

 毎日、往復6km、サイクリングをしていたのです。
アップダウンのあるコースは、久々に通ると、太股が
張る感じです。

 これまでも、通勤を、原付から自転車に変えれば、
体重を落とせると思っていましたが、朝、少しでも
ゆっくりできる環境を尊重していました。

 JR延岡駅から職場まで、バスでも自転車でも
間に合う時間ですが、坂の多い街を、自転車で
通勤するのは、ほどよい刺激です。

 通勤サイクリングは、私にとって、最高のフィットネス
になっています。

 
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ