CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
ピンクリボン活動みやざき [2011年03月31日(Thu)]


生涯健康担当最後の日に、ピンクリボン活動みやざきの
事務局を訪問しました。
続きを読む...
九州は一つ 日本は一つ [2011年03月27日(Sun)]
 「九州だけじゃなく日本が一つになった気がします!」

 「胸が熱くなる」

 「なんか泣ける… 日本はきっと大丈夫」

 「九州から東北への応援歌!」

 「元気づけられた!」

 東日本大震災の被災者に配慮し、テレビ放映が
 中止された九州新幹線の180秒の長編CMがいま、
 インターネット上で反響を呼んでいる。

 九州各地の人々が一つになり笑顔で手を振る姿が、
 大震災の被災者を案じ、一日も早い復興を願う
 全国の多くの人の心情と重なったようだ。

 CMが見られるJR九州のホームページやツイッター
 には、感動を伝える言葉があふれ、
 「こんな時だからこそ」と
 全国放映を求める声も求める声が相次いでいる。 


 西日本新聞の記事を見て、JR九州のホームページで
さがしました。

 「祝!九州」のバナーから入って、「現在放映されている
CMはこちら」で、180秒のCMを見ました。

 宮崎の私たちには、あまり関係ないと思っていましたが、
今は、違います。
続きを読む...
フィンランドの公園おばさん [2011年03月26日(Sat)]
 テレビの「世界一受けたい授業」で、
フィンランドの「公園おばさん」が紹介されていました。

 ネットで検索したら、実際に、サービスを利用している
現地の日本人のレポートがありました。

 フィンランドの公園おばさん

 フィンランドには「公園おばさん」というサービスが存在します。

 文字通り、「公園」で子ども達を「おばさん」に託して、ママ達は
 お買い物や息抜きに出かけることが出来るのです。

 フィンランド全土にあるサービスではありませんが、首都
 ヘルシンキではもっと盛んな制度です。

 私が住んでいるケラヴァ市(ヘルシンキから北へ30キロ)には
 数年ほど前までは無かったのですが、突如市がやる気を出した
 模様。

 ケラヴァ市内で一番メジャーな児童館の庭(公園のような砂場や
 ブランコなどの遊具がついている)で、月曜と火曜の9時半から
 11時半までの2時間、市の公共サービスとして“無料”で預かって
 もらえます。

 一方、市内に60個以上も公園がある首都ヘルシンキでは、
 16か所で公園おばさんのサービスが運営されています。

 ヘルシンキでは公のと個人で運営しているものと両方があり、
 サービスの曜日や時間帯や料金体系なども公園によって
 まちまちです。

 一つの例を出すと、ヘルシンキ市が雇っている公園おばさんの
 場合、月、水、金の9時半から12時までの2時間半で10ユーロ、
 個人の場合だと、月曜日から金曜日までの9時半から12時までで
 一カ月80ユーロ、一時間5ユーロだそうで、有料の場合が多いよう
 です。


 日本でも、児童館のある公園なら、できそうな気がします。
児童館と公園の指定管理者が、子育て支援のNPOなら、
もっと可能性が出てきそうです。
肝炎情報センター [2011年03月24日(Thu)]
 C型肝炎とはC型肝炎ウイルス(HCV)の感染により起こる肝臓の
 病気です。

 肝臓は体に必要なタンパク質や栄養分の生成や貯蔵、不要となった
 老廃物や薬物の解毒など生きていく上で必要不可欠な機能を
 もっています。

 HCVに感染すると約70%の方が持続感染者となり、慢性肝炎、
 肝硬変、肝がんと進行する場合があります。

 肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ予備能力が高く、自覚症状が
 ないまま病気が進むことがあり、HCVの感染がわかれば症状が
 なくても検査や治療を検討する必要があります。

 現在日本では約150万〜200万人のHCV感染者がいると
 考えられています。しかし感染がわかっていない方や
 わかっていても通院されていない方も多いのが現状です。

 慢性肝炎、肝硬変、肝がん患者の75%がHCV感染者であり、
 年間3万人が肝がんにより亡くなっているため、C型肝炎に
 ついての正しい情報を多くの方に知っていただくことが大切です。


 わかりやすい説明が載っているのは、肝炎情報センターのホームページです。

 B型肝炎の検査で、2次精検を目的とした医療機関への受診率は、
3割程度にとどまったものと推定されています。

 そういえば… と思われる方、よく分からない方は、職場や市町村の
検診担当者に確認してください。


がん情報 [2011年03月20日(Sun)]
 2008年

9/13 長崎県がん対策推進条例

11/30 がん友☆全国マップ

12/5 全国初の「がんワクチン外来」

12/22 元気が出るがん患者のつどい

2009年

3/6 5分で終わる胃がん検診

3/15 肝臓がんの9割以上はウィルス性肝炎から

3/15 「宮崎のがん情報」ブログ講習会@

3/17 「宮崎のがん情報」ブログ講習会A

3/18 がん検診を受けましょう

3/27 宮崎のがん情報のホームページ
続きを読む...
がんの原因 [2011年03月20日(Sun)]
がんを知る展 [2011年03月20日(Sun)]
micc二階の仁科さんの講演会場内で、
がんを知る展もやっています。
宮崎で今、当日申し込みで乳がん検診 [2011年03月20日(Sun)]
山形屋ふれあいモールに検診車が来ています。
チャンスです。
当日参加OKの仁科亜季子さんと江藤先生の対談 [2011年03月20日(Sun)]
 公共広告機構のお知らせで、毎日、何度も
仁科亜季子さんの姿を目にします。

 私の世代では、娘さんの姿の方に、当時の
面影を感じてしまいます。

 38歳で子宮がんになって、娘さんに、
定期的ながん検診受診をすすめている
仁科さんの話を、今日、宮崎で、直接、聞く
ことができます。

 ポータルサイトmitenでは、事前申し込みは
3月18日必着となっていますが、
昨日、MRTテレビで、当日参加もOKと
言ってました。

 宮崎大学の江藤先生の健康講話もあります。

 禁煙をサポートする食事を考案し、レストランの
にこにこ健康食としてメニュー化された方です。

 先日の受動喫煙防止講習会では、終了後、
スタッフみんなと、ハイタッチしました。
講習会の参加者も、元気一杯になって帰りました。

 今日は、仁科さんの講演の後で、江藤先生との
対談コーナーもあるので、楽しみです。

 たいへんな災害の中で、沈んだ気持ちの方は、
ぜひ、江藤先生と仁科さんの話を聞いて、
元気になりましょう。

 MRTmicc ダイアモンドホールで、午後2時開演です。

 入場無料、事前申し込みのない方も、定員の範囲内
ならOKです。

 午後1時半から受付開始ですので、早めに来て下さい。
引継ぎから始まる仕事 [2011年03月19日(Sat)]
 実は私、3年前、こんな記事を書いてました。

 異動でゼロにしない引継

 後半部分を転載します。

 伸びるNPOには、「申し送り」の文化がある。
 「申し送り」を読まないと、次の企画を立てられない。

 「ふりかえり」のない活動は、「使い捨て」になる。
 活動を「使い捨て」にしないために、
 報告書には、必ず、次の事業のためのヒントを入れる。

 報告書の最後には、必ず、提言を入れる。
 他の団体が、次回の担当になったら、
 その団体に「申し送り」を送付する。』

 行政職員の引継書には、年度末の
 未処理事項を羅列したものや、
 自分たちが対応しなかったことを、
 課題として挙げているものがありました。

 異動でゼロにしないために、たとえば、
 ふりかえりシートを活用できないでしょうか。

 「項目」欄に、事務分掌を、
 「ポイント」欄に、事業概要を記入して、
 それぞれ、ふりかえり(改善点)と、
 申し送りを考える。

 引き継ぎで終わり!じゃなくて、
 引き継ぎから始まるような仕事をしたいですね。


 自分で、やってみようと思います。

 まず、3年間の関連カテゴリーのブログ記事の
目次一覧をつくることから始めます。

「生涯健康」「がん情報」「受動喫煙ゼロ」「ピンクリボン活動」 
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ