CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
車いすの「ちんどん屋」起業 [2009年12月31日(Thu)]

 兄が、リハビリで車いすに乗れるようになった時、
私は、ダブルのスーツをオーダーメイドしました。
ジャージ姿で車いすを押したくなかったからです。

 今年、一番、興味深いニュースが、12月31日の
西日本新聞に出ていました。

 障害者の生活をサポートする別府市のNPO法人
 「自立支援センターおおいた」が、車いすに広告版を
 取り付けて街を行進し、商店街のイベントなどを
 宣伝する「車いすのちんどん屋さん」事業を
 2010年4月から始める。
 メンバーは、全員が身体障害者。

 「車いすで街に出るとじろじろ見られる」体験を
 ビジネスチャンスととらえ発案。


 不況で就職の機会が減るなか、障害者の雇用に
 風穴をあけたいと願っている。


 宣伝活動に加わるうちに、
「他人の目が気にならなくなり、家に閉じこもりがちの
生活が変わった」というメンバーもいるそうです。

 「仲間と楽しみながら、見知らぬ人とも触れ合える
  いい機会」と笑顔。 


 NPO法人のホームページを見てみたら、

 平成21年度泉都別府ツーリズム支援事業

 「重度障がい者の雇用促進と
  地域経済の活性化促進事業」 と出てました。

 宮崎だったら、猫画伯などの芸術家もいらっしゃるので、
アートとして考えてもいいかなと思いました。

 「街がアート」って、どこかで見たことがあるでしょ。

 都城には、

 社会起業家として「笑い」を追求 している人もいます。

 みんなが「上機嫌」になる街づくりもいいなと思います。 
目次(社会起業家)@ [2009年12月30日(Wed)]
2009年下半期

10/5 オールニートニッポン

10/17 やりたいことがないヤツは社会起業家になれ

10/18 大阪コミュニティ財団

10/20 社会起業家として「笑い」を追求

11/21 社会起業家への経営指南

11/23 つながる宮崎の社会起業家

11/23 きっかけの仕組み

11/24 社会企業家のブログ集

11/27 社会起業家に学べ!

12/9 会津の社会起業家 竃セ天

12/17 社会起業支援サミット

12/21 障がい者の就労支援の社会起業

12/23 NPOで働く人々

12/23 温泉と社会起業

12/26 ランク15位の理由
「みんな得する」たばこ1箱750円 [2009年12月30日(Wed)]
 NPO法人日本医療政策機構は、たばこ税増税の議論が
活発になってきたことを踏まえ、2009年12月7日、
緊急集会「たばこ政策の重要課題―健康増進と価格政策」を開催しました。

 12月21日付けの週間「保健医療ニュース」は、この集会で、国立
がんセンターたばこ政策研究プロジェクトリーダーの望月友美子氏の
講演をこう紹介しています。

 たばこ販売数量がすぐに半減するのは300円から750円にしたとき
 だが、販売額は9000億円増加するため、税収とたばこ産業で分配
 できるという。

 望月氏は、「このまま手をこまぬけば、たばこ産業も政府も損を
 する。増収は結果的に公衆衛生にもゆながる」と、
 価格引き上げの意義を訴えた。 


 日本では、たばこによる死亡者数は、増加の一途をたどっているが、
 1960年代半ばをピークに消費本数が下がり続けている米国では、
 人口10万人対がん死亡率が90年代にピークを迎えていることから

 「たばこの消費本数と、がん死亡のピークが30年くらいずれる。
  これが、たばこ問題の難しさだ」と、たばこ消費量の削減が
 健康への効果として現れるのにはタイムラグがあるとした。


 30年後のことを考えて、今、政策を選択するべきだと、
私は思います。
目次(NPOは今)D [2009年12月30日(Wed)]
2009年下半期(7月〜12月)

7/2 NPO ポイント 寄付

7/2 埼玉県NPO基金の「ココが自慢!」

7/3 しまね社会貢献基金の団体希望寄付

7/16 「かあさんの家」が、NHKで全国放送

7/18 みやざきママパパhappy に会った!

7/25 初めての協働事業から4年目の喜び

8/1 小規模作業所にピッタリのNPO会計日誌

8/9 ハローワークで「NPOという選択肢」

8/13 NPOでボランティア

8/16 NPO広報力向上委員会

9/10 ソーシャル・ビジネス・アワード 奨励賞

9/26 株式会社を持つNPO

10/25 働く障害者を応援する自販機

10/29 いきなりブログ開設講座

11/23 かあさんの家が「新しい医療のかたち」受賞
「みやざき協働事業マニュアル」オリジナルver. 目次 [2009年12月30日(Wed)]
1  「みやざき協働事業マニュアル」を紹介した記事
  (順次、オリジナルver. 保存版 に移行します。)
  
  協働事業マニュアルの目次は構成図(目次)

  協働の戦略(1−6 協働の戦略 ロードマップ)

  協働事業としての共催(2-2 共催・事業協力の作法)

  共催・事業協力の作法(2-2 共催・事業協力の作法)

  協働事業で判断事例をつくろう (1−2 「新しい公共」は協働で)

  「事前確認シート」を記述式にした理由
  (3−2 企画提案のプロセス)

2 「みやざき協働事業マニュアル」オリジナルver. 保存版 目次

 はじめに(協働事業マニュアルの願い)

第1章 協働事業を始める前に

 1 みやざき協働事業マニュアルの使い方

   1−1 協働には、決まったマニュアルはない
   1−2 ここを変える! と 協働が始まる
   1−3 「行政職員に作法を伝える」NPOの責任もある

 5 初めての協働事業

   5ー1 NPOと行政の「共通の目的」を確認する
   5ー2 委託、補助、共催、事業協力で、事前確認シートを使う
   5ー3 ふりかえり(評価)と申し送り(改善)を共有する
はじめに(協働事業マニュアルの願い) [2009年12月30日(Wed)]
 「みやざき協働事業マニュアル」のオリジナルバージョンを
解説付きで紹介します。

 「はじめに」では、マニュアルの作成過程と構成が
紹介されています。「やっつけ仕事」ではなく、
「願い」をこめて取り組んだ仕事でした。

 県は、平成18年度から、県とNPOとの協働のモデル事業
として、提案公募型事業(NPOパートナーシップ創造事業)
を実施しています。

 この協働事業マニュアルは、モデル事業での取り組み
(成功例、失敗例)等を参考に、協働を進める現場のプロセスを
協働のルールとして一般化するために作成しました。

 学識経験者、行政、NPO関係者からなる編集委員会を設置して、
内容を検討し、中間試案を公表して、県民、市町村、庁内各所属
及び「県民との協働」推進員から御意見をいただきました。

 マニュアル策定にあたっては、全国の先行事例も参考にしました。
その結果、成功するためのマニュアルは難しいけれど、失敗しない
ためのマニュアルならできる。それに、県内各地の成功事例を、
カタログのように追加していけば、実用的なマニュアルになると
考えました。

 本編の第1章は、「協働事業をはじめる前に」理解してほしいこと、
協働事業を経験したNPOの声、協働事業に取り組むための
戦略等を、具体的な事例で紹介しています。

 第2章は、組織文化の異なるNPOと行政が、協働事業を
進める上での課題と対応を整理し、協働事業を進めやすくなる
「作法」としてまとめました。

 第3章は、協働事業の進め方について、現場のプロセスごとに、
具体的な方法と事例を示しています。

 また、資料編(別冊)として、県内外の協働事業で使われている
様式等をまとめました。

 このマニュアルを、協働事業の現場や協働講座で活用して
いただき、事例追加型の「使えるマニュアル」に成長させて
いただきたいと願っています。
 「みやざき協働事業マニュアル」オリジナルバージョンを復刻する理由 [2009年12月30日(Wed)]
 今年、「みやざき協働事業マニュアル」の改定が
進められています。

 NPO活動支援センターの補助事業のメニューに含められている
ので、宮崎文化本舗の事業として取り組まれています。
先日、第6回目の編集会議も終わりました。

 心配なのは、「下請化した補助事業」にならないかということ。

 行政の担当者も、編集委員のひとりとして執筆を担当した
オリジナル版の良さが、消えてしまう部分が出てくることも
予想されます。

 改訂版が県のホームページに掲載されると、オリジナル
バージョンが、ネット上から消えてしまいます。

 そこで、このブログに、復刻版を残すことにしました。

 これまで、何度か、協働事業マニュアルを、解説付きで、
紹介してきました。原文の紹介は、県のホームページに
リンクしていましたが、オリジナルバージョンを掲載したい
と思います。
目次(協働作法)D [2009年12月29日(Tue)]
2009年下半期(7月〜12月)

7/7 「事前確認シート」を記述式にした理由

7/20 協働事業を行政任せにするな!!

7/26 NPOと企業のパートナーシップ  

7/28 NPOで「ふるさと雇用」

7/29 協働事業のコーディネーター

8/10 企業から提出された協働事業のテーマ

8/14 NPOと行政とのアイディア提案会

8/14 しまね協働実践事業

8/18 読まれる「協働」事例集

8/19 人件費も対象になる補助事業

8/20 「協働事例集」完成までの196日間

8/20 公表されていた委託候補団体

8/22 NPOアドバイザー派遣は通年事業

9/1 地方分権 NPO 協働

9/7 協働事業マニュアルの見直し

9/12 寄付金1億円突破!「やまがた社会貢献基金」

9/15 山形県の協働助成事業(テーマ型)の審査結果

9/20 協働は、お見合いや商談会とは違うような

9/21 「協働商談会」は、名称の提案も募集

10/10 「多様な主体との協働」を考える前に…

10/11 「多様な主体との協働」の行方

10/12 「多様な主体との協働」を施策提案に

10/13 NPO企画力等向上研修事業の目的は…

11/9 明日、山形で、NPO活動推進フォーラム

11/9 地域限定のコミュニティビジネス起業支援

11/17 島根県 チームNPO奮戦記

11/18 情報公開で信頼されるのは

11/21 若者雇用にNPO活用

11/28 「丸投げ」ではないキャンペーン

12/2 協働商談会開催事業の委託先

12/2 NPO企画力等向上研修事業の委託先

12/2 多様な主体との協働に関する調査・研究事業の委託先

12/7 せっかくの機会に質問するコツ
1年ぶりのワックスワイパー [2009年12月29日(Tue)]
 今年は、年末年始が、きっちり1週間だけ、
しかも、初日から出勤なんて…

(というより昨夜の御用納会の途中抜け
 予算説明のつづき)

 それでも、日曜日の洗車に続き、今日も
何かしないと、お仕事中の奥様に申し訳ない。

 ということで、床にワックスをかけることに
しました。

 去年の使ったワックスが、残ってました。
なんか道具も見つかりましたが、
はさむシートがありません。

 とりあえず、布をはさんで、玄関と2階の
廊下を終わった後で、気づきました。

 ワックスワイパーは、シート1枚で
30畳の広さを塗布できます。
使い終わったら、はずして、捨てるだけ。

 ワックスが、ほとんど垂れないので、
ほんとうに、ラクラク簡単にできちゃいます。

 ナフコで980円(シート3枚付)でした。

 ワックスは、よく探して、高くないけど
効果が1年もの(安いのは半年です。)を
見つけました。


 去年の12月30日のブログに書いてました。

 ブログって、ほんとに便利ですね。

 それにしても、1年前のことを、
すっかり忘れてしまうなんて…

 1年前のブログを見て行動する
なんてことも、ありかなと思いました。
温泉フィットネス [2009年12月27日(Sun)]
 4月から、駅前フィットネスに通っている私は、
人間ドックの腹囲測定で…

 今年の2月の人間ドックの時とまったく同じ、
1mmも違いませんでした。

 月8回以内の健診会員でしたが、
実績は、月4〜5回、最近は、お風呂だけ
の日も、しばしばありました。

 そこで、年末年始の休みに、集中的に…
と思っていたら、改装のため、ずっとお休み。

 健診会員は1年間限定だし、娘からは、
友達の家でやった「wii fit」が楽しかったから
買ってと言われているし…

 駅前フィットネスへのテンションが、すっかり
下がってしまいました。

 来年は、どうしようかと考えていたら、
気になる情報を思い出しました。

 ネットで検索したら、こんなお客様の声が…

 温泉が好きで色々な温泉に行きましたが、
 わくわくの温泉が一番です。運動の後の
 温泉は一日の中で最高のひと時です。
 (50代・男性)


 温泉フィットネスに、月6回のコースが
あったのです。月会費は、今の健診会員より
高いけど、年一括払いにすると、2ヶ月分無料
なので… 健診会員と同額になります。

 温泉フィットネスは、プールが狭いので、
スイミング中心だった私は、選択肢から
はずしていたのですが、ランニングに切り替えた
ので、ちょうどいいかもしれません。

 来年は、温泉フィットネスでトレーニングして、
青島国際太平洋マラソンの10kmの部に出場したい
と思います。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ