CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
10月30日(金)のUMKスーパーニュース [2009年10月30日(Fri)]
 10月30日(金)の夕方のUMKスーパーニュースで、
ピンクリボン活動みやざきのキャンペーンが紹介される
予定です。

 スーパーマーケットでのキャラバンの初日に、
取材を受けました。

 一問一答のインタビューでしたが、
答えにくかったのは、「どうして受診率が低いのか」
という質問でした。

 何度か撮り直しになって、最後に、こんな話をしました。

 「乳がんは、進行が遅いがんです。

  定期的に乳がん検診を受けて、早期に発見すれば、
  身体への負担が小さい治療で治ります。

  そのことが、まだ、県民の皆様に、十分に伝わっていない
  のかと思います。」

 今年のキャンペーンのメッセージは、

 乳がんを、知って

 受けて下さい、早く。乳がん検診。


 乳がんの患者数は、30代から増え始めて
 40代後半から50代がピークになっています。

 昨日、知人から、一本の電話が…

 乳がん世代の方で、定期的な検診を受けていない方に、
伝えてください。

 受けて下さい、早く。乳がん検診。
いきなりブログ開設講座 [2009年10月29日(Thu)]
 おまちかねのブログ開設講座が、
今年も、宮崎で開催されます。拍手

 やっぱりいいですよね。
3時間半の講座で、しっかり、自分のブログが
お持ち帰りできるなんて。

 宮崎の講座の卒業生は、都道府県別の
CANPANブロガーリストで御覧いただけます。

 ブログを始めてみようかなと思っている方、
大好きなNPOをブログで応援したいと思う方、
エイッと参加しちゃいましょう。

 12月12日(土)13時半〜17時
 会場は、宮崎公立大学のIT教室です。

 申し込み用紙は、宮崎県のホームページから
プリントできます。
ピンクリボン活動みやざきのCM [2009年10月27日(Tue)]
 乳がん検診のテレビCMを見ましたか?

 山田邦子さんが出ていた公共広告機構ではなく、
宮崎市の大淀川の堤防が出てくるCMです。

 「大切な人」メッセージ募集の作品をモチーフに
つくられた「ピンクリボン活動みやざき」のCMです。

 ピンクリボン活動みやざきWEBでも流れています。

 乳がんは自分で見つけることの出来る数少ないがんで、
 早期に発見されれば90%が完治すると言われています。

 乳がんを知ろう!
 乳がんを知れば、決して怖くない


 CMを見たお父さんが、奥様に、乳がん検診受けてる?
って聞いていただけたらなあと思います。

【追記】10月28日(水)夜9時からのUMK
     「ザ・ベストハウス123」でも流れます。
働く障害者を応援する自販機 [2009年10月25日(Sun)]
 いつものように、CANPANブログのランキングを
チェック(宮崎のNPOがいくつ入っているか)して
いたら、「最新記事20件」に気になる見出しが…

 「働く障害者を応援します」自販機〜

 NPOのおかねに関わるリクツとコツを書き重ねている
sallyさんのブログでした。

 ウィルあいちの近くの山吹ワーキングセンター(お昼の
 お弁当ののぼりを出しているところ)にて、少し定価より
 安い自販機を発見。110円、140円という値段設定。

 近づいてみると、「働く障害者を応援します」とのポップが
 入っている。どういう形の支援かはわからないけれど
 気になりました。


 私も気になったので、「障害者 応援 自販機」で検索して
みました。

 「セルプセンター事業」の記事が、トップで出てきました。

 「おいしいジュースを買うだけで、障害者の支援になる」…
 それが、SELP自販機設置募集です。自立を目指して働く
 障害者のシンボルである「SELP」マークを大々的に
 アピールし自動販売機を設置していただくだけで、その
 販売利益の一部が施設で働く障害者の工賃アップや
 日本セルプセンターと地方の就労支援組織の活動費
 として還元されます。


 【SELP自販機のメリット】が3つ示されていました。

 1.社会貢献へのアピール

 2.あらゆるメーカーから自由な商品選択

 3.あらゆるロケーションに対応できる豊富な機種


 NPO法人日本セルプセンターの事業でした。
ここまで企画を組み立てると、社会貢献が、持続可能な
事業になると思いました。
「宮崎を食べよう」 便利な素材別の目次 [2009年10月24日(Sat)]
 「しょっかいさん」って聞いたことがありませんか。

 食生活改善推進員のことです。

 財団法人 日本食生活協会のホームページ
「食生活改善推進員のおいたち」が紹介されています。

 昭和30年ころから、一部の保健所では栄養教室が開かれ、
 年10回コースを修了した人は、「健康おばさん」と呼ばれて、
 地域の健康づくりに草の根のボランティア活動を始めていました。

 昭和34年には、厚生省から「栄養の改善は、専門家の指導だけ
 ではなく、家庭の主婦自身が食生活を改めていく必要を自覚し、
 地域で自主的に活動していくことが大切だ」と、地区組織活動を
 推進する方針が出され、 行政と栄養教室を修了したリーダーが
 一体となった活動が全国的に展開されるようになりました。


 高原町は、宮崎県内で、食改さんが活発な活動をしている市町村の
ひとつです。

 高原町食生活改善推進協議会のブログも開設されています。

 NHK宮崎の「いっちゃがテレビ」で放映されたレシピも
紹介されていました。

 地元の素材を使った「ご当地グルメ」です。

 NHK宮崎のホームページには、「宮崎を食べよう」という
コーナーに掲載されています。

 宮崎の旬の食材を使ったお手軽料理が紹介されています。
「産地紹介」には、素材の育ちがわかる豆知識も出ています。

 便利なのは、バックナンバーが、素材別の目次になってること。

 旬の素材を使ったメニューを考えるときに役立ちます。

 これって、ブログのカテゴリー機能を使えば、簡単にできます。

 私のブログのカテゴリー「便利な目次一覧」を見たいただければ
気づかれると思いますが、素材別に目次のブログをつくるだけです。

 県内各市町村の食改さんの健康レシピを、ひとつづつブログにして
後から素材別目次をつくればいいのです。

 県内各地の「野菜たっぷりメニュー」を見てみたいと思います。
介護予防になる「転倒予防」 [2009年10月23日(Fri)]
 4年前に、整形外科に入院した時、
高齢者の方が多いのに驚きました。

 洗濯物をほしていて、ころんで骨折したとか
聞いても、その時は、どうして…とは、考えません
でした。

 リハビリができないと、寝たきりになったり、介護の
お世話になると言って、みなさんが、リハビリに
励んでいらっしゃいました。

  高齢者が、日常生活において、介護が必要となる要因としては
脳卒中に代表される脳血管障害のほか、高齢による衰弱・転倒・
骨折・認知症などがあります。

 転倒を未然に予防することは、介護状態を左右する上で、極めて
重要な問題点の一つと考えられます。

 都城北諸地域リハビリ広域支援センター(藤元早鈴病院)の
ホームページに、転倒予防の情報が掲載されています。

 転倒予防シリーズ@ 転倒に関する要因〜その1:身体〜

  転倒の要因には、加齢に伴う身体変化よる状態が影響することがあります。
以下の三つについて、どんな状態か、予防と対策、日常生活で
気をつけることを紹介しています。

 A. サルコペニア
 B. 更年期障害
 C. 自律神経-血管不安定状態

 詳しくは、こちらをご覧ください。 

転倒予防シリーズA 転倒に関する要因〜その2:運動器(筋力・骨・バランス)〜

 高齢者の転倒の要因として、バランス能力の低下があります。

 バランスというものは、静的な姿勢の保持・急にバランスを崩された
ときの反応・自ら動いて姿勢を保持すること。大きく分けて、この3つの
要素で構成されます。

 この3つの要素が様々な原因によって低下します。
そのなかの原因をいくつか簡単に紹介します。

 @ 関節可動域の制限・姿勢(骨アライメント(配列))
 A 筋力低下(筋持久力の低下)
 B 感覚(平衡感覚・表在感覚・深部感覚・視覚)

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 転倒予防シリーズB 転倒に関する要因〜その3:認知面〜

 認知機能の低下は、『転倒・転落事故のリスクの1つ』
と言われています。

 認知症の方が必ずしも転倒するとは限りませんが、認知機能障害
(記憶障害、失認、失行)により、転倒を繰り返す場合もあります。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 転倒予防シリーズC 転倒に関する要因〜その4:環境〜

 転倒事故に関するアンケートから、住宅内での転倒事故の実態が
わかります。

 転倒事故が多いのは階段、居間、寝室などですが、年代別にみると
玄関や浴室といった段差のはっきりとわかる場所では「65〜74歳」の
事故が多く、逆に「85歳以上」になると、寝室などの目立った段差が
少ない場所でも、事故が多くなっています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
リハビリテーションとは [2009年10月22日(Thu)]
 リハビリって何?と聞かれたら、なんて答えますか。

 リハビリテーションと言えば、「手すりを使って歩く
 練習をさせる」とか、「職場に復帰するための訓練」などの
 いわゆる『機能訓練』を思い浮かべる方が多いと思いますが、
 それだけがリハビリテーションの内容ではありません。

 病院の中だけでの『医学的リハビリテーション』だけではなく、
 職業訓練等の『職業リハビリテーション』、心身障害児の
 療育等の『教育的リハビリテーション』、障害者に適した
 町づくり等の『社会的リハビリテーション』などがあります。


 都城市の藤元早鈴病院のホームページ
地域リハビリテーション広域支援センターのサイトに、
リハビリテーション講座が掲載されています。

 第1回は、「リハビリテーションの考え方・専門職の役割と
活動の実際
」です。

 こんな項目について記載されています。

T.リハビリテーションとは?

  1.Rehabilitation(リハビリテーション)?

  2.概念

  3.リハビリテーションの諸領域

   1)医学的リハビリテーション

   2)職業リハビリテーション

   3)教育的リハビリテーション

   4)社会的リハビリテーション

  4.リハビリテーションの対応

   1)障害予防

   2)機能再建・強化

   3)機能代償

   4)障害受容

   5)環境整備

   6)社会支援システム(福祉)

U.リハビリテーションチームにおける専門職の役割

 1.リハビリテーションチームの構成

2.専門職の役割 
社会起業家として「笑い」を追求 [2009年10月20日(Tue)]
 宮崎発「街が元気だネット!」(ブログ)で知りました。

 メディアミックス事業始まります!!

 メディア・ミックスによるNPO・ボランティア広報事業は、
宮崎県のホームページから、リンクしています。

 2009年度の「NPO・ボランティア広報事業」がスタートしました。
 第1弾として、10月20日(火)のMRTラジオ「バリッと朝!
 〜ボランティアワールド〜」(AM9:10頃)に
 「花ふぶき一座」が出演される予定です。


 ラジオを聞き逃してしまった方は、(聞いた方はなおさら)
特集NPOレポートをご覧ください。

 ラジオとホームページのメディアミックスで、
NPO・ボランティア活動が紹介されています。

 チンドン屋も、地域のふれあい広場もやりたい
と思った若菜さんは、チンドン屋を個人事業として、
自宅の庭を「みんなのふれあい広場」として、地域の
親子に開放する活動を、非営利活動としてやってます。

 大阪で出会ったチンドン屋の世界に魅了され、
 この世界の魅力をもっと宮崎で発信したいと思い、
 都城市で平成15年に花ふぶき一座を結成しました。

 今では年間200本の現場をこなすまでなりました。
 チンドン屋は営利活動としてやっています。

 平成15年から17年にかけて、NPO法人化を検討して
 きましたが、平成18年度以降から社会企業家を目指し、
 現在は、個人事業としてチンドン屋をやっています。

 今年は、なるべく補助金、助成金を取らないで
 運営して行こうと思っています。


 みんなを笑顔にする社会起業家はいいなと思います。

 若菜さんが、NPO法人化を検討されていた時、
私も、お話させていただいたことがあります。

 二度目の相談はなかったので、あの時、スパッと
方向性が決まったのかなと思って、嬉しくなりました。
(私のカン違いでなければ… ですが)
リンク集&私の訪問先 [2009年10月18日(Sun)]
 ほぼ宮崎限定ブログの人気ブログのリンク集に、
このブログがリンクされていました。笑い

 リンク集の表示名が、「訪問させていただいてます」
になってました。

 これなら、相互リンクを申し入れなくてもいいなまる
と思いました。

 さっそく、このブログの「リンク集」の表示名を
「リンク集&私の訪問先」に変えて、私が、ほぼ毎日
おじゃましているブログをリンク先に追加しました。
大阪コミュニティ財団 [2009年10月18日(Sun)]
 「ごく普通の一般市民でも、寄付金を出せば社会貢献ができる
  ような仕組みはないものか?」

と考え、小口の寄付を数多く集めて財団を設立すれば、それが
可能ではないかと思いついたという。


 『利益があがるNPOの経済学』 跡田直澄著
に出てくるコミュニティ財団の記述です。

 1914年に、アメリカで、クリーブランド財団を設立したゴア氏の
アイデアとして紹介されています。

 コミュニティ財団は、全米に広がり、400を超える財団が活動して
いて、資産総額は1兆円余に達しています。

 日本でも、1990年に、大阪コミュニティ財団が設立されました。
基金寄付は、22億1千4百万円に達しています。

 設立の趣旨と財団の仕組みを紹介します。

 『 ・・・いざ社会貢献活動を行おうとするとき、具体的に何を すれば
 よいか、どうすれば役立つかといった戸惑いもあり、
 また、単独で財団を設立するには資金、人材の制約が大きい、
 との悩みもありましょう。

 ・・・この財団のコミュニティという言葉には、二つの意味合いが
 込められています。一つは、「地域社会」であり、いま一つは、
 「基金の集合体」ということであります。

 つまり、大阪コミュニティ財団は、多数の企業等の志に裏打ちされた
 財産の拠出に基づき多数の基金を設け、その志を最大限に尊重し
 つつ、地域社会の多様なニーズに対応した社会貢献活動を行う財団
 であります。


 マイ基金・アワー基金、マンション型の財団 

 ご自分のマイ基金(My Fund)、貴社のアワー基金(Our Fund)には、
 名前や目的、寄付額は思いのままで、「お志」をあらわせます。

 当財団は、基金の運用や助成先の募集・選定を行います。
 基金寄付者は、言わば「自分/自社の財団」を持つことになります。

 これを組織からみると、マンション型の財団といえます。
 コミュニティ財団の最大の特徴は、個々の基金が独自性を保ち
 ながら、理事会、選考委員会、オフィス、スタッフなど、通常の
 財団が別個に持っているものを、共有している点です。

 図の通り、各戸(各基金)には表札(基金名)がついており、家庭には
 それぞれ人生(基金の使途)があります。

 管理人(理事・評議員)は、各戸の住民(基金の寄付者)とは
 特別な関係はありません。


 ※「図のとおり」の図は、財団のホームページをご覧ください。

 残念なのは、大阪コミュニティ財団が、今のところ、わが国
唯一のコミュニティ財団だということです。

 平成8年に、当時、国内財大規模の20億円のボランティア基金と
して設置された宮崎県ボランティア基金を核に、
新しいコミュニティ財団がつくれないものかと考えました。

 米○電器観光振興基金とか、平○テントスポーツ基金とか
できそうな気がしませんか。

【追記】やまがた社会貢献基金に似ていると思いました。
     民間運営ならコミュニティ財団、
     行政が提案・運営するなら社会貢献基金でしょうか。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ