CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2009年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
協働事業マニュアルのおすすめ [2009年04月29日(Wed)]
 新・NPO室長の業務日誌に、群馬県が作成した
協働実践ハンドブックが紹介されていました。

 「業務に使えるNPOと行政との協働のススメ」

 タイトルに担当者の意気込みを感じます。

 実践事例の紹介の中で、モデル事業が終わった後、
補助事業などで、事業が継続した例も紹介されています。

 ちょっと気になったのは、「協働のススメ」というタイトル。

 協働は、「学問」ではなく「実践」でしょうと
ツッコミを入れてしまいそうです。

 行政がつくるハンドブックとしては、仕方がないのかも
しれませんが、成功の部分だけ紹介されて実践しても、
逆に、「失敗」を繰り返してしまうのではないかと心配します。

 成功事例も、失敗事例も参考になるという考え方で
実行委員会方式で編集された「みやざき協働事業マニュアル
を、一度、開いてみてほしいと思います。

 我が家では、「困ったときがチャンスです。」
「頭が良くなるチャンスです。」と言って子育てをしていましたが、
その言葉を、一番、聞かないといけなかったのは、お父さんでした。
豚インフルエンザ対策は、冷静な対応を [2009年04月27日(Mon)]
 宮崎県のホームページにも出ています。

 メキシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生に
ついて、現在のところ県民への感染の心配はありませんので、
正しい情報に基づいた冷静な対応をお願いします。


 でも、家族のことなどを考えて、何をすればいいか
気になります。

 通常のインフルエンザ予防対策を行ってください。

 ・咳エチケットの励行

 ・石けんによる十分な手洗い

 ・十分な休養、バランスのとれた栄養を摂り、体力や免疫を高める


 宮崎県の新型インフルエンザ行動計画も県のホームページに
出ています。

 豚肉を控えたり、今の段階で外出を控えたりしないで、
冷静に行動しましょう。
始球式はフラダンス [2009年04月26日(Sun)]
 今日のヤフードームは、宮崎デー。

 ソフトバンクホークス VS 楽天イーグルス

 始球式は、フラダンスの衣装をつけた女性。
宮崎では、フラダンスのイベントも賑やかです。

 昨夜の、ヒーローインタビューのバックパネルには
「キャンプ地宮崎」の文字がクッキリ。

 まだ、勝率5割に達していないホークスですが、
今シーズンは、私が見ている時の勝率は10割。
今日は、宮崎デーと知ってしまったので、
予定を変更して、最後まで、見届けることにしました。

【追記】実は、5回終了後、フィットネスに行ってしまい
     ました。
鍋奉行いらずの野菜たっぷり鍋 [2009年04月26日(Sun)]
 飲み会の時に、鍋が出てくると、
誰が鍋奉行をしてくれるのか、気になりませんか。

 自分のテーブルが、男性ばかり、しかも先輩方
ばかりだと、自分かなと気になってしまいます。

 先日の飲み会は、とある蕎麦屋さんでした。
しゃぶしゃぶが出てきました。

 鍋の材料は、豚肉とほうれんそうだけ。
これなら、鍋奉行は、いなくても大丈夫です。

 宮崎の豚肉は、味が濃いので、しゃぶしゃぶで
いただくと、ほんとうに美味しいんです。

 自分ばかり飲み会で美味しいものをいただいて、
家族に申し訳ないと思ったので、昨日は、
自宅で、土曜日だけ料理当番の私が、豚しゃぶ
を準備しました。

 というより、職場に出かけていたら、帰りが遅くなって
しまったので、すぐできる簡単鍋にしただけのこと。

 だし昆布を入れたお湯が沸騰したら、昆布を取り出し、
そこに、しゃぶしゃぶ用の豚肉とほうれんそうを入れるだけ
なのですが、評判良かったですよ。

 我が家では、厚揚げも入れてみましたが、
(豆腐だと、崩れやすい、取りにくいので)
なにより、ほうれんそうを、たっぷりいただきました。
(在庫+当日購入分を、全部使い切りました。)

 宮崎のブランド豚肉を使ったら、お客様にも出せる
料理になります。

 私が、福岡事務所にいた頃なので、もう7年以上前に
なりますが、博多の料亭で、はまゆうポークのしゃぶしゃぶ
が人気メニューになっていました。

 そのお店では、だしにビールをたっぷり入れていました。
煮込んでも、豚肉が固くならないからということでした。

 私も、一度、やってみようと思ったのですが、
結局、鍋に入れるのではなく、直接、飲んでしまいました。 
始まらない協働事業への期待 [2009年04月25日(Sat)]
 宮崎県のNPO提案公募型事業の募集が
今年度は、なかなか始まりません。

 新規事業だった平成18年度は別として、
平成19年度は、3月30日から、
平成20年度は、4月18日から募集開始です。

 もしかして、新規事業なみに、改善が検討されて
いるのでしょうか。

 想像してみました。

 募集開始が遅れていることが、マイナスにならない
技があります。

 2カ年の継続事業の可能性をつくることです。

 自治体の予算は、単年度で決まるので、毎年度、
選考が必要ですが、継続事業でもいいというルール
にして、新規提案と横並びに審査すればいいと思います。

 今年度の公募に当たって、あらかじめ、単年度の協働でも
事業効果が得られるか、継続の可能性があれば、もっと、
大きな事業効果が期待されるか、「事業の継続性」の項目を
設けて記載してもらえばいいと思います。

 例年より募集が遅れているピンチを、チャンスに変える
展開を期待します。
介護保険料は安ければいいのか [2009年04月25日(Sat)]
 2009年4月24日の西日本新聞に、
全国の介護保険料の伸び率が、大幅に抑制された
という記事が載っていました。

 前回の24%増から、1.7%増へ

 さて、全国平均の月額は4,160円ですが、
宮崎県は、どのくらいだと思いますか。

 計ったように、4,150円と、全国より10円安い。

 ちなみに市町村格差は2,5倍

 最も高いのは、十和田市(青森県) 5,770円
 最も低いのは、檜枝岐村(福島県) 2,265円

 厚生労働省の記者発表資料に、各都道府県の平均額と、
全国で高い順、低い順に、各10市町村の基準額が掲載
されています。 

 西日本新聞の記事によると、厚生労働省の介護保険課の
説明は、

 「サービス利用が少ないのは、元気な高齢者が
  多いという証」
とのこと。

 一方で、鹿児島大学の伊藤教授は、

 要介護者の認定は、コンピューター判定後、各審査
委員会が個別の実情などに合わせて二次判定を行うため、

「保険料の地域格差は二次判定の差であり、 コンピューター
 の判定通りにすれば軽度の認定が多くなる」と指摘。


 全国で2番目に高い長崎県の江迎町は、周辺自治体より
定員の大きな特別養護老人ホームと、介護療養施設があり、
百人を超える定員は「ほぼ満杯状態」。

 私は、介護保険料が高くなっても、個別のケースを考慮した
二次判定があり、サービスの選択肢がある方がいいと思います。

 「かあさんの家」が続けられるような制度を、都道府県単位で
認めるような仕組みを、国が検討してほしいと思います。
限界集落の宅老所は神楽宿方式で [2009年04月22日(Wed)]
 宮崎発「街が元気だネット!」のはまちゃんが、
今年、実現したい夢は「限界集落に宅老所

 宅老所とは、高齢者等ができる限り住みなれた地域で
 生活できるよう、介護保険サービスなどの既存制度の
 範囲では手が届かない部分(人)にもきめ細かく対応した
 独自の福祉サービスを提供している地域に密着した施設。


 日之影町で、2度のワークショップを経験したはまちゃんが、
いつになく、強い口調で語っています。

 限界集落でお互いが共同で住みあう宅老所は必要なのでは、
 ないだろうか!?

 そこには、60代、70代の看護師や介護ヘルパーがいても
 いいし、昼には、近所の人が食事をしにくる共同の食堂が
 あってもいいし、夜には、配食のボランティアが来て、そのまま
 晩酌をして帰ってもいい。
 ある程度自由な形での運営ができるようにしたいと思う。
 それほど華美なものはいらないので、空き家や廃校の活用を
 検討すればいい。


 なるほどと思いながら、気になったのは、隣家との距離が
離れた集落で、わざわざ、空き屋や廃校の利用を考えなくても
いいのではないかということ。

 最初の「かあさんの家」のように、泊まり込みの宅老所に
してほしいと望まれる家族がいれば、そこに、介護の
専門職の方が住み込みできるよう介護サービスの
コーディネートができれば、いいかもしれない。

 たとえば神楽宿のように、今年の宅老所は、
○○さん家でというふうに、順番に、賑やかにするのも
いいかもしれないと思いました。
宮崎市市民活動支援補助金 [2009年04月21日(Tue)]
 宮崎市市民活動支援補助金の平成21年度の
募集案内を、やっとホームページで見つけました。

 チラシを見たら、「宮崎市ホームページからダウンロード
することもできます。」と書いてあったので、
「宮崎市 市民活動支援補助金」でYhoo検索して
見つけました。

 昨日は、なんで見つけられなかったのか
気になったので、もう一度、宮崎市のホームページ
の「市民活動」から入ってみました。

 上の方に、「市民活動支援補助金制度」という見出し
を見つけて、なんで、昨日は見落としたのかと思って
クリックすると、平成19年度までのマッチングギフトの
補助金の案内でした。

 もう一度、元に戻ってみると、さっきとは別の場所、
もっと下の方に、もうひとつ「市民活動支援補助金制度」
という見出しがありました。

 そこをクリックすると、平成15年、16年の交付団体一覧と
「平成21年度宮崎市市民活動支援補助金」がありました。

 私が方向音痴だからではなく、他の方でも見つけるのが
難しいと思います。

 ちなみに、チラシには、「申請のサポート」として、
宮崎市民活動センターと宮崎市社協のボランティアセンター
が掲載されていましたが、いずれのホームページでも、
この補助金の情報を見つけることができませんでした。

 こんなことで、申請のアドバイスが受けられるのか
心配になってしまいました。

 最後に、大切なお知らせ

 締め切りは、5月7日(木)午後3時でした。

 GWの5連休で、しっかりブラッシュアップした
企画で、ご応募ください。
宮崎市の助成金情報が見つからない [2009年04月20日(Mon)]
 県庁のボランティアグループの代表あてに、
宮崎市の助成金の案内が、郵送で届きました。

 みなさんにも紹介しようと思いましたが、
宮崎市のーホームページを見ても、
宮崎市民活動センターのHPの「助成金情報」
をさがしても見つかりませんでした。

 確か、締切は4月末。

 立ち上がり支援の5万円コースと
事業拡大の上限50万円コースがありました。

 広く募集するなら、ホームページでも
見つかるようにしてほしいと思いました。
「ひきこもり」の家族支援のQ&A [2009年04月19日(Sun)]
 去年は、4月18日に募集が始まった「県民との協働」推進
提案公募型事業は、宮崎県が実施するNPO提案公募型事業です。

 宮崎県では、平成18年度から、NPO提案公募型事業がスタート
しました。当時は、「NPOパートナーシップ創造事業」でしたが、
平成18年度の事業実績報告は、県のホームページで公表されています。

 若者自立支援施設設置・運営事業は、宮崎県内に若者自立
支援施設を設置するという事業でしたが、見事に、翌年度、
厚生労働省の事業指定につながりました。

 「ひきこもり」の支援についての相談機関などの社会的資源が
少なかった宮崎県に住む「ひきこもり」の家族にとって、
NPO法人として、継続的な事業に取り組む存在は、心の支えになりました。

 そんな家族の心の変化が、「ひきこもり」当事者に伝わり、
本人の新しい行動が始まったケースもあります。

 宮崎県内でも、親の会や訪問診療をしてくれる精神科医は
いたのですが、「そこしかない」と、どうしても、家族が、「すがる」
感じになって、本人に、プレッシャーを与えてしまうことも
あります。

 NPO法人フロンティア会は、3ヶ月間の宿泊研修を行う
「若者自立塾」のほか、相談・訪問支援事業も実施しています。

 NHKのドラマで放映された「スロースタート」(レンタルお姉さん
みたいなことです。家族だけで問題を抱え込んでしまった家庭に、
劇的な変化をもたらすこともあるようです。

 あなたのまわりで、もしかしたら…という家族の方に
気づかれたら、まずは、NPO法人のホームページに
よくある質問Q&A」があることを、知らせてあげてください。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ