CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2008年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
がん友☆全国マップ [2008年11月30日(Sun)]
 仕事として、がん対策のことを考えると、
押しつぶされそうな気持ちになってしまいます。

 一方で、ピンクリボン活動は、100%ボランティアで
考えるようになって、楽しく、やりがいも感じています。

 がん検診の受診率をあげることが、一番大切だと
思っていますが、今、がん検診は、交付税措置で
市町村の事業になっています。

 市町村への地方交付税の算定基礎に入れたから
国・県の補助金なしで、市町村の予算で事業をする
ということです。

 市町村のがん検診の対象になるのは、職場で
がん検診を受けられない方です。

 県の役割は、職場や市町村のがん検診の受診率が
上がるように、職員や住民の方への情報提供を支援
することだろうと思います。

 今、県のホームページ等で、情報提供できていない
ことが気になっています。

 昨日、見つけたブログを読んでいたら、こんなブログに
たどりつきました。

 「がん友☆全国マップ

 宮崎県からは、3名の方が、ブログを掲載されています。

 「余命半年」でも希望を持ち続けるという記事で紹介した
杉浦さんのブログもリンクされていました。

 「がん友☆全国マップ」の管理人のブログを見たら…

 がん患者や家族の声を伝えることも、がん検診を受ける
きっかけになると思います。
宮崎市内の病院の乳がん検診無料受診券をプレゼント [2008年11月30日(Sun)]
 ピンクリボン活動みやざき実行委員会が募集していた
「大切な人へ」ピンクリボンメッセージの入選者に、
乳がん検診無料受診券が届いているのを
「素直な気持ちで」というブログで知りました。


 CANPANブログの管理画面には、リンク元URLという
機能があって、どんな検索画面から訪問していただいたかが
わかるのです。

 私のブログにたどりついていただいた検索画面の中に、
並んで出ていたブログを訪問して見つけました。

 実は、実行委員会の選考会で、乳がん患者の方からの
ご応募に対して、乳がん検診無料券を送っても、御本人は
使えないという話も出ました。

 でも、無料受診券を活用して、乳がん検診の受診を
呼びかけていただけるのではないか、きっと、それは
乳がん検診の受診率の向上につながるということで
無料券を送らせていただこうということになりました。

 「プレゼントします… 乳がん検診無料受診券」
というブログの記事で募集されています。

 まだ、一度も、乳がん検診を受けたことのない方は、
素直な気持ちで」ブログにアクセスしてください。
東国原知事と同じピンクリボンのバッヂ [2008年11月29日(Sat)]
 今日のリコーカップでのピンクリボンの募金は、
今年の最高額を記録しました。

 何より天気が良かったことと、お楽しみ抽選会の
近くに、ピンクリボンのテントを設置していただいた
ことが大きいと思います。
 大会関係者のご配慮に感謝です。

 そして、本日、ピンクリボン活動に参加して
いただいた賛同団体のスタッフの方々が、明るく元気
だったことも、かなりプラスになっています。

 お笑いタレントの柳原可奈子さんのショップ店員の
ような楽しい雰囲気でした。

 ピンクリボンのテントに近づきかけた方に、
やや控えめな感じで、「宮崎オリジナルですよ。」とか、
「東国原知事と同じバッヂで〜す。」とか声をかけて、
引き寄せていました。

 (確かに、東国原知事がつけているピンクリボンバッジは、
  「MIYAZAKI」という文字が入っていて、宮崎でしか
  手に入らないものです。) 

 また、知り合いの方が通りかかった時には、
必ず、話に引き込み、募金まで、つなげていました。

 私も、何人か、知り合いの方に声をかけられたのですが、
そう言えば、ひとりも募金していただいてません。
今度は、あの話術を、真似してみたいと思います。

 「乳がん検診を受けてくださいね。」と声をかけている
スタッフもいました。

 募金活動にも、いろんな工夫ができるんだなと思いました。
リコーカップで宮崎限定のピンクリボングッズ [2008年11月29日(Sat)]
女子ゴルフのリコーカップ会場で、
ピンクリボン活動をやってます。
宮崎オリジナルグッズが好評です。
女性社員全員が乳がん検診 [2008年11月28日(Fri)]
 女性社員全員が、乳がん検診を受けられるように
働きかけていて、そのことを、ホームページで公開して
いる企業があります。

 女子ゴルフの最終決戦「リコーカップ」の関連企業の
リコーリースです。

 女性社員だけでなく、社員の家族や大切な人に、乳がんの
早期発見の啓発を行っているところが、すごいと思います。

 明日のピンクリボン活動みやざきの募金には、リコーリースの
スタッフの方も一緒に活動していただけます。

 実は、地元宮崎の、ピンクリボン活動の賛同団体の中に、
女性職員の乳がん検診受診率100%の団体があります。

 100%の理由は、乳がん検診を受けていない方に対して、
担当の総務スタッフの方が、個別説明をされているからです。

 私は、スタッフや家族を大切にされる企業・団体の活動は、
信頼できると思います。
「宮崎たべてん」とドネーション [2008年11月26日(Wed)]
 宮崎の秋は、プロ野球のキャンプとゴルフのシーズンです。

 そんな宮崎の美味しい秋を満喫するときは、宮崎市観光協会
発行のフリーペーパー「宮崎たべてん」をゲットしてください。

 「ホット○ッパー」もビックリの、太っ腹なクーポン券満載です。

 そこで、今年のドネーションランチが気になりました。

 エントリーしているNPOは、豪華な顔ぶれです。
それに比べて、飲食店の数が、さみしい気がします。
厳選されているという感じでもありません。

 何よりも、ドネーション分のお得感がありません。

 もう、みなさん、お気づきですか。
同じ、宮崎市なんだから、観光協会さんと、一緒に、
営業に回ったらいいじゃないですか。

 がんばれっ! 宮崎市のコーディネーター
リコーカップでピンクリボン [2008年11月26日(Wed)]
 明日から、伝説のグリーンキーパーのいる宮崎カントリー
クラブで、女子ゴルフ国内最終戦リコーカップが始まります。

 ここでも、乳がん検診の啓発と募金活動をします。
土曜日が、私の当番です。薬剤師会の方々とご一緒です。

 嬉しいことに、大会の公式サイトで、「ピンクリボン活動
みやざき」を紹介していただきました。

 「募金に協力していただいた方に、宮崎バージョンピンクリボン
バッジ」と紹介していただきましたが、リボンに「MIYAZAKI」という
文字が入っているのがいいみたいです。

 ピンクリボン活動みやざきのオリジナルデザインのバナー
おぼえてますか?

 あの躍動感があるピンクリボンのマグネットを、愛車のボディに
翻らせるのもいいと思います。

 ピンクリボンバッジは持ってるという方は、マグネットや
エコバック、ブックマーク(栞)はいかがですか。

 「女王決着」の会場で、お待ちしています。
晴れ男の私が当番の土曜日は、きっと、いい天気です。

 「宮崎名産屋台」も楽しみです。
最新の協働マニュアル [2008年11月25日(Tue)]
 新潟県の「NPOと行政の協働マニュアル」が、公表されました。
平成20年11月作成なので、たぶん、最新の協働マニュアルです。

 実は、今年度になってから、「みやざき協働事業マニュアル」の
引用について、問い合わせがあったので、完成を楽しみに
していました。

 どうでしょう。私の期待が大きすぎたのでしょうか。
もっと、具体的な内容に踏み込めなかったのかなあと思いました。

 特に、事業費の積算については、理念だけではなく、
積算事例を付けられなかったのだろうかと、残念に思いました。
本当に、土木と同じ積算が使えるのかという疑問も生じました。

 宮崎県では、今、みやざき協働事業マニュアルを教材にした
職員向けの研修が行われています。
こちらは、期待していいと思います。
ドネーションランチは、参加NPOが情報発信 [2008年11月24日(Mon)]
 今年は、宮崎市民活動センターのドネーションランチの
情報発信が弱いんじゃないかなあと心配していたら、
応募しているNPOさんが、CANPANブログに出してました。

 ドネーションの仕組みも、わかりやすく説明されてます。
応募団体でもチケットが買えて、その売り上げが、寄付に
反映されるようです。

 昨年は、ディナーチケットもあったので、飲み会に
利用させてもらったのですが…

 なんて、グチグチ言ってないで、中間支援のNPOの
情報発疹が弱い時は、自ら情報発信してしまうNPOさんを
見習わないといけないなあと思いました。

でも、今年の企画を見ると、なんか違う感じがします。
お店は、千円相当のメニューを800円で提供して、
千円のチケットを販売するという基本が崩れています。

 ドネーションに協力してくれるお店探しも、応募NPOに
協力してもらった方がいいのかもしれません。

 中間支援のNPOさんなら、そんなコーディネートも
できると思います。
世界一の癒し効果、アザラシ型ロボット「パロ」 [2008年11月24日(Mon)]
 富山市の大和デパートに、みんなが癒されるアザラシがいます。
なでてあげると、つぶらな瞳で見つめてくると聞きました。

 アニマルセラピーの効果は、よく知られているところですが、
同じような効果があるのが、アザラシ型ロボット「パロ」です。

 ホームページには、気になる見出しが…
ギネス世界記録公認「世界で最もセラピー効果のあるロボット」

 一人暮らしの方が、一緒に生活されている様子が、動画で
紹介されていますが、とってもかわいい自然な動きです。

 でも、なんで、犬や猫じゃなくて、アザラシなんだろうと
思いましたが、「本物のタテゴトアザラシとのふれあい」
という動画を見て納得しました。

 本物のタテゴトアザラシが、とってもかわいいんです。
そして、パロは、本物と、同じようなしぐさをします。

 動画では、認知症患者が、パロとのふれあいで、
行動変化したイタリアの事例も紹介されていました。

 ひとつづつ手作りで、そこそこの値段はしますが、
効果はあると思いました。

 パロの目的とセラピー効果について引用・紹介します。

***************************************************
パロは、本物の動物を飼うことが困難な場所や人々のために、
セラピーを目的に1993年から研究開発されました。

デイサービスセンター、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、
小児病棟、児童養護施設などで、数多く、長期間に渡る実験を
続けることにより、アニマル・セラピーと同じ効果を得られることを
確認しました。

例えば、半年間以上、会話も笑顔も無かった子供を元気にしたり、
尿検査によってホルモンの増減を調べることにより、ストレスの
低減を示したりしました。

 同時に、介護者や看護師に関しても、バーンアウト評価(燃え尽き
 症候群)を行い、心労の低減を明らかにしました。

 現在も、国内の様々な施設だけでなく、スウェーデン、イタリア、
 フランス、アメリカの高齢者向け施設や病院などで、パロによる
 ロボット・セラピーの研究が行われ、数々の良好な効果が示されて
 います。
*****************************************************
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ