CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
折りたたみ携帯ユーザーも得した「通信費削減講座」 [2015年03月14日(Sat)]
 通信費削減講座に参加しました。
スマホ向けかと思っていたら、講座終了後の雑談で、
折りたたみ携帯(ガラ携)ユーザーにもお得な情報が
ありました。

 ☆確定申告より確実「家計にやさしい」通信費削減講座

 ダブル定額は旧料金体系で、新料金体系は、
通話の「かけ放題」+通信料の組み合わせです。
各自の通信パターンに合わせて、最安プランを見つけると
確実に通信費が削減できます。

 私の場合、月500円〜1400円安くなることが、
講座の後で訪問したショップの説明でわかりました。

 今まで、ショップで説明を受けた時は、定額を超えた場合の
上限額を気にして、無駄なプランを選んでいましたが、
自分の通信ライフを分析して最安プランを選べば、差が出ます。

 4月分からプラン変更の手続きをしました。
託児料を負担したとしても、3カ月で元が取れる変更ができました。
確定申告より確実 「家計にやさしい」通信費削減講座 [2015年02月24日(Tue)]
 確定申告をしても、あまり税金が返ってこない
人もいると思います。

 乳児を預けていくと、おみやげ代の方が高くつく
と心配している方に、おすすめの講座があります。

 講師のテレコムアドバイザーは、毎月の通信料を
「ひかり1台分」安くされた方です。

 ☆スマホの通信料が「受講料の5倍以上」
  安くなる講座


 会場は、9階が確定申告の会場になっている
カリーノ8階「ままのて」です。

 こだわりの託児「ままのて」に乳幼児を預けて、
ついでに確定申告をしても、たぶん、3カ月で
託児料のおつりがくる効果が得られると思います。

 ☆NPO法人ままのて 公式サイト
協働力を磨く研修会 [2015年01月06日(Tue)]
 26年12月に「協働力を磨く研修会」に参加しました。
対象は、宮崎県の協働事業推進員など。市町村職員の
参加もありました。

 今回は、協働の裾野を広げることが目的の初級編で、
日程も半日でしたが、奥深く、中身がギュッと詰まった
研修でした。

  導入講義の「協働概論」は、宮崎NPO活動支援センター長
井上優氏が、市民参画を促すポイント(下記)や協働事例等に
ついて説明しました。
 @具体的な事実や根拠を提示。
 A目の前で起きていることだけでなく、全体の動きを提示。
 B今困っているから協働してほしいという視点だけでは、
  市民は攻略しにくい。
 C事業名の与える印象は重要。
 D目的と目標は、達成までの期間や具体性の程度を想定。
 E市民団体に公募する必要性が、わかりにくいのはダメ。

 次に、NPO等の活動紹介。豪華メンバーが揃いました。
 @ドロップインセンター(子育て) 黒田理事長
 A宮崎文化本舗 山内事務局長
Bてるはの森の会(環境) 下村さん、相馬さん
 Cゆめ家族(認知症) 吉村理事長

 テーマ別グループワークは、4班(認知症の方の見守り)に
参加しました。

 2時間のワークで、協働事業の企画をつくるという凝縮した
プログラムで、企画のワークシートを各自作成し、グループ内で
回覧・コメントメモをした際には、どうなることかと思いました
が、NPOの方が、進行役のファシリテーターで各グループに
いたので、いい企画づくりが体験できました。

 大牟田市では、12年前から、町を徘徊する認知症の方を探す
模擬訓練を小学校区で実施しています。一つの校区で始めた
訓練が、昨年は、市内の全校区で実施されました。

 研修のワークシートが事前に配付されたので、ネットで調べ
たら、模擬訓練は、全国で実施されていました。県内では、
宮崎市、小林市、西都市の事例がありました。

 生協やヤクルト等の民間企業が参加しての見守りネットワーク
もあり、県社会福祉協議会のホームページには、実際に、
ヤクルトおばさんが異変に気づいて救急車を呼んだ例も紹介
されていいます。

 ☆みやざき地域見守り応援隊

 模擬訓練の前には、実施地域で、認知症の方への声のかけ方
などの講習会も開かれています。全国で、毎年、1万人以上の
行方不明者がいます。

 4グループでは、子どもが学校の行事として、模擬訓練や
その後の訪問活動に参加できる仕組みづくりを検討しました。

 認知症サポーター養成講座には、子どもが参加するプログラム
があり、宮崎県内でも実施されていることが、NPOの方と、
小林市の長寿介護課の方の話でわかったので、その校区で模擬
訓練ができる仕組みができないか考えました。

 事業としては、現在は別々に行われている子どものサポーター
養成講座や模擬訓練の実際の映像を撮影したDVDの教材を
つくり、訓練後の訪問活動までの一連の流れが、どうすれば
できるか、認知症ケアに関わる人たちでストーリーを考える
ドキュメント番組をつくるという企画になりました。

 NPOや市町村の担当者と一緒に考えると、一人の頭の中では
思いつかないような実践的な事業が企画できることを体感しました。
「最強のNPOスタッフ養成講座」(基礎編) [2013年08月12日(Mon)]
 「最強のNPOスタッフ」に少しでも近づきたい
私は、花堂純次(映画監督)の講座に参加します。

 ☆宮崎県NPOポータルサイト

 2012年1月の花堂監督の講座に参加した時は、
編集前の映画を見せられたようだと、まる一日たって、
気づきました。

 あのシーンとこのシーンをつなげれば、観客は、こう
考える。そういうことが、いくつか、浮かび始めました。

 ☆花堂監督のシーン

 過去の講座の案内とレポートは、「リアル講座」(目次)
で見つけてください。

 ☆【目次】リアル講座

NPOなら「どこでもプレゼン」 [2013年02月25日(Mon)]
 宮崎のNPOは、プレゼンが下手(な人が多い)という
話を、プレゼンテーション実践講座の前説で聞きました。

 一方で、今の学生さんは、大学や高専の授業で、
プレゼン研修を受けているんですね。

 とある大学3年生に、プレゼン講座の話をしたら、パワー
ポイント10枚の資料をメールで送ってくれました。

 自分の卒業制作について、まとめたもので、就活でも、
これを見てもらった方が早いのではと言ってました。

 シンプルな言葉と印象的な画像があり、専門知識に
関する相手のレベルに合わせて、どこでも、誰にでも
説明できるとのことでした。

 NPOに必要なプレゼン力は、これかなと思いました。

 ☆NPOに必要なプレゼン力

 2月23日のプレゼンテーション実践講座の講師は、
自らもNGOのスタッフ経験のある方でした。

 プレゼン力は、センスもありますが、技術もあります。
NPO活動経験者による豊富な実技研修を受けて、NPOに
必要なプレゼン力を自分の技にしてほしいと思います。
NPOに必要なプレゼン力 [2013年02月24日(Sun)]
 NPOは、プレゼンが弱いという前説があり、
プレゼンテーション実践講座が始まりました。

国の公募事業をゲット! する講座

 演劇みたいやねという声が聞こえました。
講座そのものが、プレゼンの見本でした。

 わかりやすいように、チョッと大げさに
表現されたのが、劇みたいに感じました。

 一番わかりやすかったのは、学生さんの
パワーポイント資料について、どこが悪いか
指摘した後、講師によるリメイク版を見せら
れた時でした。

 学生さんの資料の方が、私たちがよく見る
パターンでした。リメイク版は、学生さんの
手持ち資料で作成したものですが、伝わる力が
まるで違いました。

 講座が始まってから、いくつも教えられた
技の本当の力が、ハッキリとわかりました。

 私は、その後、歯の治療のために早退しました
が、最後までいたら、NPOに必要なプレゼン力が
わかる気がしました。

 実践講座で体感した技は、企画コンペなどの
プレゼンの場だけではなく、NPO活動の様々な
場面で必要とされるものです。

 たとえば、設立当初の会員を募集する時、認定
NPO法人をめざして寄付を募集する時などなど。

プレゼン力向上は、NPO活動の必須科目です。
国の公募事業のハードルを下げる講座 [2013年02月24日(Sun)]
 宮崎県NPO活動支援センター長の挨拶が、いつもより
長めの雰囲気に違和感を感じた時に、実は、講師が、
まだ着いていないと言われました。

 30分後に現れた講師は、事故で、高速道路が通れ
なくなり、坂本峠の一般道を通りかけつけてくれました。

 予定では、早めに着いて、参加者の情報をリサーチして
講座の話に織り込むつもりでいたと最後に話されました。

 そんなアクシデントがありましたが、ふりかえってみれば、
一日たってみれば、宮崎のNPOにとって、とても大事なことを
話してくれていました。

国の公募事業をゲット! する講座

 国の補助事業のつくり方を、わかりやすく話してくれました。
国の制度が、難しく感じるのは、霞ヶ関方言とも言われる独特の
表現のせいでした。

 話言葉で解説されると、な〜んだという感じでした。

 国の補助事業の制度設計では、毎年、国内初!みたいなことが
求められますが、実は、流行り廃りを考慮した言葉の言い換えの
部分も多いようです。

 講師自身の経験で、予算が倍増した「言い換え」の実例も
教えていただきましたが、これは、背景を含めて理解する
必要がありますので、講座に参加された方だけの情報に
させていただきます。

 あらためて感じたのは、財務省との攻防に、相当な
エネルギーを使っていること。そのために、わかり
にくい要綱になってしまうようです。

 私たちが、国の担当者の思いを感じることができる
のは、事業概要の目的の数行だけかもしれません。
 
 事業目的に込められた思いをくみとり、自分たちの
具体的な活動との関連、意味づけを、しっかりと
企画書に書き込むことが大事だと思いました。
国の公募事業をゲット! する講座 [2013年02月22日(Fri)]
 ヒムカレッジで、五ヶ瀬自然学校の杉田さんの話を
聞いてから、静かに燃え始めた思いがあります。

 NPO活動の相談・支援をしたいのなら、国の公募事業
のことも知らないと、役に立たないのではないか。

 周辺が歯周病になり、一部かけた奥歯を抜く日なので、
午後は早退しますが、他のスケジュールを調整して
参加することにしました。

みやざきNPOポータルサイト

 国のモデル事業は、NPOの先進性にマッチすることが
あります。杉田さんは、やりたいことを全部書いた
企画書が、初年度は満額助成になりました。

 国は、縦割りで募集しますが、NPOは横につなげて
応募できます。福祉のNPO、子育てのNPOは、
事業の頭に、「農村集落における」をつければ
少なくとも応募はできると思います。

 落選しても、一度、組み立てた事業は、他の事業の
募集要項に合わせてアレンジすれば、再挑戦できます。

 宮崎から、この国の制度を変える小さな一歩を
始めませんか。

いじめを100%予防できる「五ヶ瀬自然学校」 [2013年02月19日(Tue)]
 ヒムカレッジの第2回に参加しました。
講師は、NPO法人五ヶ瀬自然学校の杉田英治さん。

 ☆五ヶ瀬自然学校のヒムカレッジ

 私の大好きな芸人さんと同じ栃木県出身でした。
子どもの頃、虫取りや魚突きばかりしていました。

 東京でグラフィックデザイナーになる前に、2年間、
東京の専門学校に通いましたが、住み込みの新聞配達
をしながら、親の仕送りなしで、卒業しました。

 就職したのはバブル絶頂期で、4日間連続で会社に
泊まり込んだこともありました。

 イメージが枯渇したため3年で退社。カナダに渡り、
スキー場で皿洗いしたり、自転車で、ロッキー山脈を
2700キロを移動し、カヌーで3000キロの
川下りをしました。

 日本に帰っても、サラリーマンができなくなり、
作家をめざしたり、料理人になったりしました。

 五ヶ瀬に来る前は、3年間、北海道でカヌー学校を
任され、業績を残しました。

 そんな職業経験と技術が、五ヶ瀬自然学校の活動で
生かされています。

 グラフィックの経験で、ホームページやパンフ
を制作し、料理の旨いキャンプを運営しています。


 ☆五ヶ瀬自然学校

 夜7時からの講座には、カレッジにふさわしく、
若い人や気持ちの若い人が参加していました。

 参加者みんなが肯いたのは、自然学校で、いじめは
100%予防できると言われた時でした。

 鞍岡小学校の9割以上が毎日通う五ヶ瀬風の子
自然学校では、子どもの素がわかります。

 学校でも、家庭でも、子どもには利害関係が
あるので、学校の顔、家庭の顔を持っています。

 自然学校は利害関係がないので、子どもの素が
出ます。その情報を学校や家庭と共有する場が
あるので、いじめは100%予防できるのです。

 この話を聞いただけでも、参加してよかった
と思いました。

 全国に広がっている自然学校ですが、宮崎県
なら、全県が自然学校になる、地域で子育てを
して、いじめを100%予防できる。

 杉田さんは、誰か、知事に言ってくださいよ
と発言しましたが、私は、深く響感しました。




 
NPOのメンバー全員で参加したい実践講座 [2013年02月10日(Sun)]
 みやざき県民協働支援センターのFBの
お知らせで、講座の案内がありました。

 ☆企画力向上研修<自治体編>

 講師は地元自治体の担当者!!
 徹底的な現場主義研修会です。


 チラシには、「宮崎だけ!?」という吹き出しが
ついていました。全国調査したわけではないけど、
こんな素晴らしい講座が企画できたのは「宮崎だけ」
という思いが伝わってきます。

 どんな講座なんだろうと思われた方は、「宮崎の
NPOの魂を伝えるブログ」の冒頭の「7.その他の目次」
の「リアル講座」を見てください。

 ☆リアル講座(目次)

 講座のレポートの目次があります。昨年度の
講座のレポートを掲載しています。

 ☆公募事業にリベンジできる企画力向上実践講座

 前回のレポートは、こんなしめくくりです。

 「今回の実践講座は、これから事業に関わる
メンバー全員で参加したくなる講座でした。」

 せめて、事務局に関わる複数のメンバーで
参加してほしいと思います。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ