CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
受動喫煙ゼロの おもてなし [2014年11月17日(Mon)]
 11月15日の西日本新聞の社説の見出しは、
「受動喫煙対策 法規制を論議する好機だ」でした。

 ☆西日本新聞 社説

 受動喫煙の対策が2020年に五輪・パラリンピック
を開催する東京都の大きな「宿題」となっています。
世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会
(IOC)が「健康なライフスタイルに関する協定」
を結び、開催都市に対策推進を求めているからです。

 東京五輪を契機に受動喫煙の法規制を実現しようと、
超党派の国会議員連盟が設立されました。
国民の健康増進や医療費削減につながる点も強調する
ようです。

 海外では禁煙を公共施設から職場へと広げ、最終的
には飲食店も従業員には職場であるとの考え方から
禁煙が実現した例もあります。

 日本では健康増進法に受動喫煙防止が盛り込まれて
いますが、公共施設などでの努力目標にすぎません。
東京五輪の開催は、法規制の在り方を論議する好機。
東京だけの問題にしないで、国民的な論議を深めて
いきたいとうのが社説のはしめくくりです。

 このブログでは「受動喫煙ゼロ」の記事の目次を
つくっています。

 ☆【目次】受動喫煙ゼロ

 全面禁煙の飲食店の紹介の記事が多い
のですが、逆にならないかなと思います。

 まだ全面禁煙を実現できていないので、
受動喫煙のおそれがある。喫煙される方は、
できるだけの配慮を… という記事です。

 宮崎県には、受動喫煙防止キャンペーン
サイトがあります。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーン

 今、できることを続けることも大事です。
私は、近所のスーパーの喫煙コーナーの移動で、
ひとり受動喫煙防止キャンペーンに取り組みました。

 ☆「お客様の声」が届いた
スーパーの受動喫煙防止対策 [2013年08月25日(Sun)]
130825_1540~010001.jpg
受動喫煙防止 「お客様の声」が届いた スーパーまつの [2013年08月25日(Sun)]
130825_1018~01.jpg

 先週の水曜日は、入口の柱の横に灰皿があって、
私は、思わず顔をしかめながら、お店に入りました。

 前日に、南宮崎駅の入口の禁煙表示が効果的だと
思っていたので、そのことを、スーパーまつの恒久店
の「お客様の声」に投書しました。

 ☆駅の出入口の受動喫煙防止

 上記のブログに掲載した「出入口付近の灰皿の移動と
禁煙の表示について(お願い)」を○丁目までの住所と
氏名を入れて、お客様の声のボックスに投函しました。

 それから4日目に行ってみたら、入口付近の灰皿は
撤去され、「受動喫煙防止のため、入口付近での禁煙」
と「喫煙は灰皿のある場所で」という案内が掲示されて
いました。

 灰皿は、入口手前の屋根つきのスペースの3本の
柱の、一番奥に移動されてました。先日は、もう
ひとつの灰皿は、真ん中の柱の位置でした。

 健康増進法の規定により、お店には、受動喫煙防止
の努力義務があります。

 県外では、イエローカードを配る運動もありますが、
私は、しっくりしませんでした。

 受動喫煙防止対策を「お客様の声」として、初めて
伝えました。保健所の指導よりも、効果的な場合も
ありそうです。

 顔をしかめたり、愚痴を言うのではなく、「お願い」
として伝えることは、誰にでもできる「受動喫煙防止
キャンペーン」です。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーンWEB
駅の出入口の受動喫煙防止 [2013年08月20日(Tue)]
130820_0649~010001.jpg

『この場所は禁煙です。ゴミはお持ち帰りください。』

 南宮崎駅の2階入口のドアに1枚、踊り場に2枚、張り紙が
ありました。昨日の朝は、このドアのすぐ近くで、若い女性が、
吐いていました。

 心配りのある張り紙だと思います。
「ここで、タバコを吸わないでください。」「この場所で、
○○を吐かないでください。」と言いたくなると思いますが、
ゴミひとつなく、きれいに掃除された後で、この張り紙です。

 今までは、駅を出て、すぐタバコに火を付ける方がいました。
雨の日は、入口の軒下で吸う人もいます。

 自分が喫煙するだけでなく、確実に、多くの人に、受動喫煙
させているという意識はないのでしょうか。

 意識がない方の行動を変える環境づくりはできます。

いきつけの地産地消のスーパーに、南宮崎駅の例を、
お客様の声として伝えてみようかなと思いました。

 出入口付近の灰皿の移動と禁煙の表示について(お願い)

 南宮崎駅の2階の出入口のドアと踊り場に、「この場所は禁煙
です」と表示されると、出入口付近でタバコを吸う姿を見かけ
なくなりました。以前は、ドアを出て、すぐ、タバコに火を
つける方も多かった場所です。

 地産地消の買い物しやすいスーパーで、いつも利用しています
が、唯一、気になるのが、出入口付近に漂うタバコの煙です。
左右のどちらの出入口を利用しても、煙が避けられない場所に
灰皿が置いてあります。
(無風の屋外でも、半径7m以内に影響があるみたいです。)

 この店舗なら、屋根付きのスペースも広いので、受動喫煙を
できるだけ少なくする場所に、灰皿を移動させることも可能だと
思います。

 あわせて、出入口付近に禁煙の表示をしていただけたらと思い
ます。小さなお子さま連れのお客様も多い店舗です。ご配慮を
お願いします。

                 恒久○丁目 ○○○ ○○
禁煙は、家族の受動喫煙防止チャレンジ [2013年03月30日(Sat)]
 私が担当している時には、禁煙チャレンジレポートでした。

 ハンバーガーショップのトレーシートのURLから応募できる
仕組みで、かなりの御応募をいただきました。

 今回の、みやざき受動喫煙防止キャンペーンでは、
禁煙&受動喫煙防止チャレンジを募集していました。

 がん患者のレポートは、私が存じ上げている方でした。
宮崎のがん情報サイトを担当された方は、当事者でした。
テレビCMや公共広告より深いものを感じました。

 妊娠を機に禁煙し、子どもの受動喫煙防止のために、
禁煙を続ける方のレポートもありました。

 ☆チャレンジレポート” 優秀賞者発表!

 県内の保健所の中には、母子健康手帳を配付する際に、
禁煙教室を案内するところもあります。

 みやざき受動喫煙防止キャンペーンサイトは、新年度も
引き続き公開されています。市町村で案内していただけると
いいなと思いました。
受動喫煙防止のチャレンジレポートに応募しよう [2013年03月15日(Fri)]
 今年の「みやざき受動喫煙防止キャンペーン」では、
禁煙チャレンジ体験レポートだけではなく、受動喫煙防止の
チャレンジ体験レポートも募集しています。

 ☆“禁煙・受動喫煙防止チャレンジレポート”大募集!

 これなら、タバコの煙が苦手な私も応募できます。

 過去のブログから、ネタを探してみました。

 ☆受動喫煙ゼロ(目次)

 「一夜限りの禁煙居酒屋」は、チョッといい話かも。
3年前の話ですが、今では、敷地内禁煙の職場の飲み会では
当然ですが、昔の職場の飲み会でも、タバコを吸われる方は
いなくなりました。(以前は、入口に喫煙者が固まってました。)

 路上喫煙防止区間に気づかない旅行者の方に説明したり、
入り口付近に灰皿が置いてある店舗に、灰皿の移動を
お願いしたり、受動喫煙防止にチャレンジして、
体験レポートに応募しましょう。
牛丼チェーン 全店禁煙 [2012年04月15日(Sun)]
 子どもに教わった「牛まぶし」を、母に
味わってもらいたくて、すき家に行ってきました。

 ☆「牛まぶし」の鉄則

 宮崎市の大島店は、日曜日の昼前で、一組待ちでした。
家族連れも、たくさん来てました。

 80代の母は、「牛まぶし」のミニを注文しました。
私は、別のメニューの「並」にしました。


 母の評価は、牛丼そのものが、あっさり味で美味しい
とのこと。後半は、出汁をかけて、完食しました。

 今回、気になったのは、店内の「24H No Smoking」
の表示です。

 これなら、家族連れでも、安心して食事に来れると
思いました。他の店は、どうなのか気になりました。

 すき家では、2009年3月に、全店で、24時間
禁煙をスタートしていました。

 ☆すき家、全店で24時間禁煙スタート

 吉野屋では、2007年秋から、全店全面禁煙、
松屋は、すき家の10年以上前から全店舗禁煙でした。

 牛丼チェーン店では、全面禁煙が、当たり前だった
のですね。他の業種にも、広がってほしいと思います。
JR九州 133駅 全面禁煙 [2012年03月28日(Wed)]
 2月から、特急列車の車内で、「在来線駅 全面禁煙
のお知らせ」のポスターを目にするようになりました。

 JR九州では、平成24年4月1日から、受動喫煙防止
の更なる徹底を図るため、福岡・北九州都市圏のエリア
で、駅ホームの喫煙コーナーを撤去し、「全面禁煙」に
なります。

 ☆JR九州 禁煙・喫煙について

 産経ニュースによると、全面禁煙は、JR九州では
初めて。佐賀県内の13駅、大分県内の1駅を含む
133駅が「全面禁煙」になります。

 ☆産経ニュース

 延岡駅でも、先月、改札口に近い場所から灰皿が
移動したことを報告しましたが、今日、確認したら、
駅の居酒屋の前の灰皿もなくなっていました。

 ☆延岡駅前から灰皿が消えた!

 延岡駅では、ホームの一番端の改札口から最も遠い
ところに喫煙所がありました。延岡駅で、受動喫煙を
受ける回数は、確実に減りました。

 どこでも、受動喫煙を少なくする方法は、あります。

 飲食店では、テーブルに、あらかじめ灰皿を置かない、
スーパーでは、出入口の灰皿を移動するなど、できる
ことから始めてほしいと思います。
元祖レタス巻き 「一平寿司」は完全禁煙 [2012年03月17日(Sat)]
 昨年3月にサイトをオープンした「みやざき
受動喫煙防止キャンペーン」WEBのコンテンツが
充実しました。

 ☆みやざき受動喫煙防止キャンペーンWEB

 禁煙モデル店(飲食店)のジャンルも、禁煙飲食店の
口コミ情報サイト「禁煙スタイル」と同様に、多彩に
なりました。

 ☆禁煙スタイル 宮崎 164店舗 3/17現在

 一番嬉しかったのは、ラジオCMに、元祖レタス巻き
の「一平寿司」が登場したこと。完全禁煙です。

 ☆宮崎三大発祥メニュー@ レタス巻き

 大切な家族に受動喫煙させたくないと思う人は、
Dr.エトーの受動喫煙防止ワンポイント講座を
見て(見せて)ください。
延岡駅前から灰皿が消えた! [2012年03月02日(Fri)]
 2月21日(火)の夕方に思ったことがあります。

 公共施設の管理者は、受動喫煙を防止する義務がある。

 延岡駅で、ずっと気になっていたのは、自転車置場に
行く途中の物産販売所の前と、改札口付近のバス停の
前に、灰皿が置いてあることでした。

 自転車で、職場に通う時も、雨の日にバスを利用する
時も、タバコの煙の臭いに、さらされていました。

 先週から、不快感がしなくなり、見回すと、いつもの
灰皿が消えていました。

 21日の夕方、立ち呑みの駅の前にJTの灰皿がある
のを発見しました。あそこなら、バスを待つ時も、煙から
逃れる場所を見つけられると思った瞬間、タバコを
くわえた兄ちゃんが、歩いてきました。いつもの場所で、
灰皿はないのに、タバコに火をつけました。

 煙は、改札口まで、流れてきました。タバコの煙は、
無風状態でも、7m先まで届きます。

 残念な人がいるなとガッカリしましたが、これまで
は、そこで、何人もの人が、受動喫煙を気にしないで、
タバコを吸ってました。

 やはり、受動喫煙を防止できない場所から、灰皿を
撤去する意味はあると思います。

 JTが、もし、マナー向上と共存のCMを流す代わり
に、受動喫煙させる場所に設置されている灰皿の撤去
を呼びかけるCMを流したら、私は、迷わず、JTの
関連食品を買い始めます。
| 次へ
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ