CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
ピアサポーターという仕事 [2017年06月18日(Sun)]
但馬地域では現在、15人程度のピアサポーターが活動し、患者らの
社会復帰を支えています。

精神疾患患者支える 但馬でピアサポーター広がる(神戸新聞)

但馬地域には1年以上入院する患者が300人以上(17年1月時点)いますが、
14年度には1人、15年度には13人、16年度には14人が退院できました。
うち19人にピアサポーターが何らかの形で関わっています。

患者の相談に乗って不安を取り除くほか、家探しや日用品の買い出し、通院の付き添い
なども行います。支援した時間に応じ、賃金を受け取れます。

千葉県は、ピアサポート専門員の養成研修を実施しています。

稼げるピアサポート専門員へ(福祉新聞)

県知事名で研修の修了証を交付しますが、資格を作るものではありません。
研修修了者が採用されたり、現在の勤務先で継続して働く基盤をつくるものです。

「千葉県と同様の研修が他の自治体にも広がりそうだ。」というのが
記事のしめくくりですが、宮崎県は、どうでしょうか。

精神科病院に長期入院されている方で、生活保護受給者は少なくありません。
地域で生活されている方でも、就労が難しく、生活保護を受給されている
方もいます。

結果的に、生活保護受給者が退院すれば、行政の医療費負担が軽くなります。
当事者がピアサポーターとして賃金を受け取れば、年金受給者が納税者に
なったり、生活保護の受給額が減少することも考えられます。

何より医療的な必要性が低い長期入院者の人権が守れます。

財政効果を検証しながら試行する自治体が、宮崎県内で出てくれば
と思います。街中に、地域活動支援センターV型ができた宮崎市は、
どうでしょうか。

玄関.jpg

ピアサポーターに賃金が支払われる実績がない宮崎県では、
養成研修として、現場に、ピアが入ることにも大きな意義があります。
九州で最後ではなく、最初に取り組む価値があります。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1280778
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ