CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
人権啓発「ふれあい交流会」 実施要項  [2015年10月13日(Tue)]
 平成27年度の宮崎県人権啓発活動協働推進事業に
採択された事業の実施要項を、抜粋して掲載します。
全文は、主催者のホームページをご覧ください。

 ☆「ふれあい交流会」開催日程 実施要項
  (NPO法人 宮崎もやいの会)

1 事業名:ふれあい交流会「みんなで、ふれあって、
              つなぐ、明日のみやざき」

2 趣旨・目的 (一部を抜粋)
 ・高校生の調査で、「精神障害」という言葉を聞いたこと
  がある学生は9割以上。マスメディアで知った。
  「怖い・危険」というイメージ。

 ・そんなイメージを持って親になれば、自分の子供に、
  精神障害=「怖い・危険」と語られ、負の連鎖が続く。

 ・それを断ち切るには、精神障害に対する適正な知識を持ち、
  接すること、その接触体験が重要。

 ・ふれあい交流会は、精神障がい当事者同士で支え合うピア
  スタッフのメンバーを中心に実施主体となり運営すること、
  精神疾患の早期発見(予防)対策と位置付けることという
  新たな取り組みを行います。

3 プログラム:
1部 当事者の語り(2名:各1名15分)
   テーマ:「私の人生、山あり谷あり!」

  語りの内容は、病気になる前の生活、病気の発症時、
  障がい者としての生活、を段階的に話す。
  精神障がい者として社会参加することで偏見を受けた
  体験を話して人権意識を啓発する。
  体験を話すことで精神疾患の理解と予防対策にもつながる。

2部 グループワーク(30分) 
   テーマ:「地域で共生していくには!」 

  参加者が小グループに分かれてテーマについて話し合う中に
  当事者が参加して意見を述べることで、刷り込まれていた
  イメージ(怖い・危険)を払拭することができ、一人の人間
  としてお互い認めあうグループワークになる。

3部 各グループの発表(各グループ2分)

  それぞれのグループが話し合った内容が発表されることで、
  人権に関する具体的な提案が出て、地域でのこれからの
  取り組みの参考になる。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1129453
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ