CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
「官製NPO」が失敗する二つの理由 [2007年11月15日(Thu)]
 み〜んないい人なのに、どうして、うまくいかないんだろうと
思ってました。
いわゆる「官製NPO」による中間支援の施設運営。

 よくあるパターンは、 ○○市民活動センターの運営をNPO法人
に委託しよう。市内には、中間支援のNPOがないので、
各団体の代表に実行委員会に入ってもらい、
実行委員会でNPO法人を設立してもらおう。
そんな「官製NPO」が、全国各地で、運営に行き詰まっています。

実行委員会のメンバーが、すばらしい活動をされる団体の代表で
あっても、事務局の行政担当者が、各委員の意見を十分に踏まえて
計画をまとめても、実際に、NPO法人を設立して、施設の運営を
始めると行き詰まるのには、理由があります。

 ミッション(社会的使命)のないNPO
 行政から、事業を委託するからNPO法人をつくってほしいと
言われたNPOに共通していることは、ミッション(社会的使命)
がないということです。

 「市民が行う自由な社会貢献活動」をするのがNPOであり、
行政に言われてやる活動には、NPOの自治がありません。

 委員会に参加する各委員には、それぞれの団体のミッションは
あっても、委員会としてのミッションはありません。
自治もミッションもない団体が、経営に行き詰まるのは、
当たり前のことです。

 「内部分裂」より「公正な競争」
 多くの自治体で、市民運営型をめざした中間支援組織の運営に
失敗している原因は、「公正な競争」ではなく、運営協議会の
「内部分裂」で、ものごとが決まっていくからです。

 たとえば、「市民団体による運営」というルールで合意したのなら、
全ての団体を束ねる組織をつくろうとするより、複数のNPOの
ジョイントで応募できる方法で募集すればいいのです。

 責任ある経営主体を確立した上で、幅広い市民による運営委員
会の意見を聞いて経営する方が、施設を活用する市民にとって、
使いやすい施設になるのではと思うのですが…
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/263216
» 官製NPOの理事の皆様へ from 宮崎のNPOの魂を伝えるブログ
  「官製NPO」の社員の方からコメントをいただきました。
宮崎県内の方だろうかと気になります。
県内でも... [Read More]
Tracked on 2008年03月15日(Sat) 12:19
コメント
 つるりん様

 コメントありがとうございます。
さきほど、「官製NPO」で検索したら、
この記事がトップに出てきました。

 さて、休日返上で頑張らんといかんのは、
むしろ理事の方ではないかと思います。
(続きは、2月10日の記事をご覧ください。)
Posted by:せとぽん  at 2008年02月10日(Sun) 19:36
 はじめまして。私は今、職場で行き詰まりインターネットでNPO関連で検索したところこちらを見つけておじゃましました。
私は「官製NPO」の社員です。このNPO、市立図書館のカウンター業務受託のためにつくられたNPOです。以前、嘱託職員として図書館に勤務していたので、当時の館長からNPOをたちあげてまた図書館で働かないかと誘いを受け参加しました。NPOが受託するにあたり月曜休館(祝祭日は開館)それ以外毎日10時から20時まで開館になりました。
当時の館長はカウンター業務に携わる職員(有給)集めからはじめ、職員があつまってから理事長等を市役所退職者などからひぱってこられました。(そして途中で館長は他の課に異動)
NPO会員は理事長1、理事7(内、カウンター職員2)、監事1、事務局長1(カウンター職員兼任)、カウンター職員は全員で10人(理事2、事務局長1、臨時職員1を含む)です。
勤務は2交代制で休日もローテーションです。
そのなかで、理事、理事長はカウンター業務をしている職員で
NPOの独自の活動を行い実績をあげろといいます。しかも、その活動は休日にやれと。私たちは、仕事かNPO活動しかできないのでしょうか?家族との時間はもつなということ?休日返上でNPO活動ができないなら、辞めろというようなことまでもいわれます。そして理事は立場が違うのだから、理事に何かしてもらおうとは思うなと。理事も私たちも同じNPOの会員だと理解していましたが違ったのでしょうか?もう、何がなんだかわかりません。これって、やって当たり前のことなんですか?
すいません…コメントじゃなくて質問&愚痴になってしまいました。
Posted by:つるりん  at 2008年02月08日(Fri) 22:46
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ