CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ご案内 | Main | ご連絡 »
最新記事
月別アーカイブ
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
空ニュース・2016年10月12日号(1)[2016年10月14日(Fri)]
《「理事長就任によせて…。」》

 この度、サポートセンター空の理事長に就任いたしました
大武仁彦です。大役を仰せつかり身の引き締まる思いですが、
地域福祉の発展に寄与すべく、持てる力を尽くしたいと思い
ます。

 私は今年で34歳になります。4歳の息子と1歳の娘を持つ
父親としても、それ相応の年齢を感じるこの頃ですが、つい
先日、交代の挨拶に伺った先で「おそらくこの辺りで一番
若い代表者でしょう」と言われました。仕事をする上で年齢
を気にすることはあまり無いのですが、まだ若いのだから
思いきってやってみたら、と言われることは結構あります。
理事長に選任されたのも、私たち世代ならではの発想力や
柔軟性を期待されてのことだと思っています。

 障害福祉及び子育て支援の分野は、目まぐるしく変化し
ています。これからも固定観念にとらわれず、求められる
「役割」を果たしていくこと、そのための環境を整備する
こと、それが自分の使命です。”まだ若いのだから”はこの際
せっかくなので、しばらく利用させて頂き、仲間と共に思い
きって新しい空を創っていきたいと思います。

                理事長 大武 仁彦

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

《ニューフェイスのご紹介》

空ニュース2016-10-a.jpg


Posted by サポートセンター空 at 15:20 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年10月12日号(2)[2016年10月14日(Fri)]
るんるんサポートセンター空(大原間)・活動報告るんるん

《放課後デイサービス・学童クラス(託児所)》
 7月21日(木)、約1カ月の夏休みが始まりました。
毎日をどう過ごすかを職員みんなで考え、子供達が少しでも
「空って楽しい!!」と思えるように、日々の療育の中にたく
さんの外出を計画し、無事に4回天気にも恵まれ、実施するこ
とができました。
 烏ケ森公園では、心地良い風を感じました。大田原市、室井
さん宅のブルーベリー畑では、甘いブルーベリー狩りに汗だく
でした。
 あらまち蔵屋敷では、古民家の雰囲気の中、お金のやりとり
を自分で行いました。そして、最後は那須野が原公園でたくさ
ん遊んできました。はじめは、怖くて登れなかったネットの
遊具も、繰り返し練習するうちに、一人で登れるようになった
り、小さな子に遊具の遊び方を優しく教えながら一緒に遊ぶ子
など、遊ぶ姿を通しとても大きな成長を感じました。
                    鮎ヶ瀬 里香
空ニュース2016-10-b.jpg

《児童発達支援》
 9月15日(金)に、空の隣にある老人ホーム「青葉の杜」へ
訪問し、敬老会を行いました。朝の会で練習していた「とん
ぼのめがね」「大きな栗の木の下で」をペープサートや手遊
びを交えながら、おじいさん、おばあさんの前で発表しまし
た。普段は元気な声で唄える唄も、沢山のお客さんの前では
少し緊張してしまったのか、少し小さな声に…。でも、おじ
いさん、おばあさんの応援と手拍子に勇気付けられ、「大き
な栗の木の下で」の手遊びは、とっても上手に披露すること
ができました!
 帰る前には、「折り紙で作った駒」と「牛乳パックの竹と
んぼ」、お菓子の詰め合わせのお土産を沢山頂き、笑顔の子
どもたち。とても楽しいひと時でした!
                      菊池 彩
空ニュース2016-10-c.jpg

《託児室》
 7月22日大原間夏祭りに託児所の子供達も参加しました。
普段交流の少ない放デイ・学童・児発のお兄さん・お姉さん
達と触れ合いながら一緒に、アンパンマン音頭を踊ったり、
模擬店で買い物をしたり、ゲームをしたりと楽しい時間を
過ごす事が出来ました。
 夏ならではの水遊びや、空フェスに展示する製作活動等も
たくさんでき、子供達にとって楽しい夏になったかと思いま
す。年度初めは4名からスタートした託児所でしたが、9月に
入り新しいお友達も増え、現在9名の子供達と楽しくにぎや
かな毎日を送っています。
                     鈴木 莉奈
空ニュース2016-10-d.jpg


Posted by サポートセンター空 at 15:15 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年10月12日号(3)[2016年10月14日(Fri)]
るんるん佐久山サポートセンター空・活動報告るんるん

《放課後デイサービス》
 今回は、放課後等デイサービスの夏休みの活動報告です。
普段は、時間の制限があるため、短時間でとても集中した活動
となっていますが、各療法の紹介をしていきたいと思います。
 まず、作業療法ですが、谷口先生の目標もあり少々汗をかく
ぐらいの負担を目標に身体作りに励んでいます。踏み台昇降、
腹筋、チューブでの上肢、下肢トレーニング、ローラーを使用
しての上肢、下肢トレーニング、バランスボールの体幹トレー
ニングに関しては、休憩レベル?と勘違いするほどのメニュー
を皆で取り組み、充実した疲労感を楽しんでいます。
 次に、音楽療法ですが、いろいろな楽器に触れあい、感触や
それぞれの奏でた音を笑顔で楽しんでいます。
また、”あの”村上春樹翻訳の「大きな木」に皆で挑戦中です。
佐々木先生の指導の下、トーンチャイムを片手にドラムや生活
介護利用の方々とのコラボレーションを、皆が真剣な表情で
取り組んでいます。もしかしたら、お披露目の日が来るかも?
と言わず”お披露目”目指してがんばりま〜す!!
                     増田 俊一郎
空ニュース2016-10-e.jpg

《生活介護》
 8月の16、17日に生活介護の3名の利用者様と宿泊体験を行
いました。当日は、佐久山で花火大会があり買い物体験を兼ね
出店で好きな物を買い、夕食にしました。その後、施設の玄関
に椅子を並べみんなで花火を見ました。目の前に大きな花火が
上がる度「おぉ〜!!きれーい。」と歓声が上がりました。
途中、雨が降ってきましたが濡れずに最後まで観る事ができま
した。
 夜は、オリンピック女子卓球の試合をテレビで観戦し大盛り
上がりでした!なかなか寝付けない利用者様もいましたが朝に
は元気に起床。朝食は、ホットプレートで目玉焼きとウィンナ
ーを焼きサンドウィッチとスープをモリモリ食べました。
 みなさんお家に帰って宿泊体験の様子を伝えたようです。
とても充実した宿泊体験になったと思います。
                     鈴木 佑季子
空ニュース2016-10-f.jpg

るんるんなすの園・活動報告るんるん

〜季節の行事より運動会を開催しました〜
 九月十日(土)運動会を開催いたしました。今年は午前のみ
の開催でしたが、28名の園児さんとそのご家族、空に通って
いる小学生が参加してくれ、とても賑やかで楽しい運動会に
なりました。
 普段の保育の時間に、親子ダンスの衣装作りや、運動会会
場での練習を行い、場所に慣れてから、当日を迎えることが
出来ました。
 全園児かけっこでは、保護者の方にゴールで待ってもらい、
そのゴールに向かって、一斉に走る園児さんは、みんな微笑
ましく、そして一生懸命でした。お子さんの成長を感じ、涙
ぐむお母さんもいました。来賓の方も、その頑張りを労い、
園児にメダルをかけてくださいました。行事を通して、お子
さんの成長に関われたことを、私たち職員も嬉しく思います。
 なしおレンジャーの皆さんが登場すると、大歓声が上がり、
皆さんとお話しや、ハイタッチ、記念撮影と、子ども達は
とても嬉しそうでした。なしおレンジャーとバトンリレーで
は、大武理事長が率いる白組となしおレッドが率いる紅組に
分かれて競争をし、白熱した戦いになりました。
 子どもから大人まで、思い切り体を動かし、思い出に残る
運動会になりました。
                      増渕 愛
空ニュース2016-10-g.jpg


Posted by サポートセンター空 at 15:10 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年10月12日号(4)[2016年10月14日(Fri)]
晴れ空フェス晴れ
 9月3日(土)に「そらフェス2016」をサポートセンター空
で開催しました。快晴に恵まれたこともあり、昨年よりも多く
の方にご来場頂きました。当日は気温が高く、かき氷を何杯も
おかわりしたり、また、ミストシャワーを浴びたりして暑さを
凌ぎました。
 今年は、なしおレンジャーや中国ゴマのステージ、東那須野
おはやし保存会さんや、なべかけ餅つき唄保存会さんが加わり、
観るものも食べるものも充実した内容でした。
来年はもっと面白くしたいと思います!
                     大武 仁彦
空ニュース2016-10-h.jpg

曇り編集後記曇り
 放課後に子供達と園庭に出ると、庭いっぱいにキンモクセイ
の香りが広がり秋の訪れを感じます。子供達が楽しみにしてい
た空フェスも大成功のうちに幕を閉じ、大人はホッと一息…。
でも、子供達は「10月は運動会があるの!」「クリスマスには、
プレゼント何をもらおうかな…。」等、次のイベントの話を嬉
しそうに語らってくれます。
 子供達と一緒に過ごしていると、大人になるとつい忘れがち
な”季節の移ろい”を感じる事ができますね。
          編集部:菊池彩、大野礼子、中島優子


Posted by サポートセンター空 at 15:05 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年4月27日号(1)[2016年05月12日(Thu)]
《「地域力」》

 NPO法人空の平成27年度事業が終わり、リニューアル
した空の事業を軌道に乗せることができた1年と思います。
役員の1人として、利用者・保護者の皆様、職員の皆様に
心からお礼を申し上げます。これからもよろしくお願いい
たします。

 昨年の3事業所合同の「そらフェス2015」では地域の
方々と、隣接する青葉の杜との交流が図られていました。
また、レンタルスペースでは、福祉の増進・子どもの健全
育成を図ることを目的に「ちょこっと教室」を開催し、
地域の方々に場所の提供を行っています。

 少子高齢社会の今日、団塊の世代の方が75歳になること
で、様々な介護の課題が生じる2025年問題があります。
そのような中で、介護保険制度の改正の中に、地域包括
ケアシステムの構築があります。その一つの日常生活圏域
の生活支援では、見守り、配食、買い物など多様な生活
支援を推進することがあります。

 大田原市では、市内全域で見守り組織が立ち上がり、
食事サービスも形態の違いはあれ実施しており、私はその
組織の代表を務めており、地域の方々がボランティアとし
て関わっていただいております。

 住み慣れた地域で、いつまでも安心して生活できるため、
地域の人々が「顔の見える」助け合いにより行われる
「互助」を構築し、地域力を高めていきたいと思っています。

                 監事 熊田 幸雄

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

《ニューフェイスのご紹介》

空ニュース2016-4-a.jpg




Posted by サポートセンター空 at 11:15 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年4月27日号(2)[2016年05月12日(Thu)]
るんるんサポートセンター空(大原間)・活動報告るんるん
《児童発達支援》
 12月24日子どもたちみんなが待ちに待ったクリスマス会
の日。午前中はクリスマスパフェを作りました。カップに
シリアルやアイス、イチゴやチョコクリームなどを少しずつ
入れていく様子を、目をキラキラさせながら見つめる子ども
たち。完成すると大喜び!お昼ごはんのあとにデザートとし
て食べましたが、あっという間に完食でした。
 午後はジムーチョのコンサートを見た後、いよいよサンタ
さんの登場です!一人ずつプレゼントをもらって、小学生・
託児のお友だちと合同で作ったツリーの壁面飾りの前でハイ
チーズ!
 帰るときには「プレゼントもらった!」「パフェおいしか
ったね」とみんなそれぞれ感想を話してくれて、クリスマス
会を十分満喫できたようでした。
                     菊池 彩
空ニュース2016-4-b.jpg

《放課後等デイサービス》
 那須山がまだ白い2月3日。遠い山から空に鬼がやってきま
した。鬼を見た子どもたちは力を合わせて鬼退治!すぐに豆
を投げる子、怖くてなかなか投げない子、なかには鬼を追い
かけていく子など様々でした。鬼は子どもたちの豆と掛け声
に負けたのか、山に帰って行きました。豆を投げながら、
今年一年のみんなの健康と無事を祈ったのでした。
 4月からともに生活をしてきた小学生たちは、この一年で
積極的に宿題に取り組み、給食で苦手な食べ物が食べられる
ようになるなどとても成長が見られました。小学生全員の
これからの健やかな成長を祈るばかりです。
                    大森 菜摘
空ニュース2016-4-c.jpg

《学童クラブ》
 1月中旬、待ちに待った雪が空の庭に積もり、雪遊びをし
ました。大きな雪だるまを作り、チームに分かれて雪合戦を
したり、雪を肌で感じ楽しみました。
 2月3日節分では、鬼めがけて懸命に豆を投げる子、年の数
以上に豆を食べたくて豆まきは控えめにした子…など、個性が
キラリと輝いた行事でした。
 3月頃からはホールでドッヂボールをしてにぎやかに過ごし
ています。4月には「優しいお兄さん、お姉さん」として、新
一年生を迎えられるよう、日々言葉遣い等気を付けています。
 28年度も児童発達支援、放課後等デイサービスとともに、
遊びながらも学習・体験につながる活動をしたいと思います。
                   牧野 ひろみ

《託児所》
 2月4日で託児所が開園し1年が経ち3事業所みんなでお祝い
をしました。大きいおにいさんおねえさんはケーキでお祝い
をし、託児所のみんなにはクッキーのプレゼントがありまし
た。"空"は託児所からスタートし、今年、無事に1歳の誕生日
を迎える事ができ、託児所も空も皆さんに守られ、支えられ
愛された1年でした。
 1年前の託児所は、0人からのスタートでしたが、3月末に
は11人の退園児を送り出せるほど、にぎやかな託児所になり、
お子さんの日々の成長に職員は毎日驚かされていました。
4月は、4名からのスタートです。また、にぎやかな託児所に
なる日を楽しみにしている毎日です。
                    関口 智子
空ニュース2016-4-d.jpg


Posted by サポートセンター空 at 11:10 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年4月27日号(3)[2016年05月12日(Thu)]
るんるん佐久山サポートセンター空・活動報告るんるん
《生活介護》
 「ハッピーバースデートゥーユー♪ハッピーバースデー
空さん♪」2月4日、サポートセンター空の本部であります
大原間事業所が、開所から一年を迎えました。
 大武理事長より届けられたケーキを囲み、生活介護の利用
者様、佐久山職員で一周年のお祝いの会を開きました。
バースデーソングで盛り上がり、皆で美味しいケーキを頂き、
楽しい時間を過ごしました。その日の放課後デイのおやつも
もちろんケーキ…。思いがけない素敵なおやつに、にっこり
笑顔!とても嬉しい一日となりました。
                    田邉 由花
空ニュース2016-4-e.jpg

《放課後等デイサービス》
 放課後デイサービスでもクリスマス会に参加し、職員
バンドに合わせてクリスマスソングを歌って踊り、大変
盛り上がりました。午後には調理実習としてケーキ作りを
し、皆でいただきました。クリスマスをより感じることの
できた一日になったのではないでしょうか。
 また、体調を崩してしまう方が多く見受けられる冬でし
たが、引き続き力を入れている体作りと先生方の専門指導
で元気に過ごせる体を作っていきましょう。
                    阿見 佑太
空ニュース2016-4-f.jpg

るんるんなすの園・活動報告るんるん
 2月15日(土)国際医療福祉大学言語聴覚学科副学科長
畦上恭彦先生をお招きして講演会を開催しました。
「すこやかな成長のために(早起き・早寝・朝ごはん・
そして挨拶・読み聞かせ)」をテーマとしてお話をして下
さいました。
 早起き早寝の睡眠の役割としましては、「疲れを取る」
「エネルギーを蓄える」「身体(脳)を作る」「学びを
整理する」と大事な役割を担っています。寝る子は育つ、
早起きは三文の徳、朝ごはんの重要さ噛む事の大切さ、
当たり前の事を大切にする事で子ども達のすこやかな成長
への手助けになる事を教えて頂きました。
 保育の現場には欠かせない絵本の読み聞かせにも大切な
成長に関わる要素が詰まっています。「初めてできた時の
喜びに」「身の回りに興味を持ち始めた時に」等、テーマ
に沿って推奨される絵本の紹介もありました。今後も絵本
の読み聞かせの時間を多く取って行きたいと思います。

 3月24日(火)今年度は10名の園児が卒園を迎えました。
長い方で4年間なすの園に通園されました。自分の思いを
伝える事が出来ずに泣いていた子も、サインや動作、言葉
等何らかの方法を使って思いを伝えられるようになり、
それぞれのお子さんが成長なさっています。
 卒園児は名前を呼ばれると壇上に上がり、堂々と証書を
受け取りました。保護者会主催のお祝い会では役員のお母
さん方が楽しいゲーム遊びを企画して下さり、在園児も
一緒に皆で楽しく過ごしました。
 皆さまのおかげで思い出に残る素敵な卒園式になりまし
た。この場を借りてお礼申し上げます。
                    北條 広美
空ニュース2016-4-g.jpg


Posted by サポートセンター空 at 11:05 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2016年4月27日号(4)[2016年05月12日(Thu)]
かわいい空のスタッフかわいい
*平成28年4月末現在

【役員】
理事長:大武 ゆきえ  副理事長:白崎 淳子
理事:石川 輝雄  理事:鈴木 幸夫
理事:小林 裕行  監事:熊田 幸雄

【大原間】
統括施設長:大武 仁彦  施設長:関口 智子
事務長:小畑 康陽  総務人事:大武 久仁恵
経理:大野 礼子

-保育士/支援員-
菊池 彩   鮎ヶ瀬 里香
齋藤 由佳  大森 菜摘
鈴木 莉奈  永森 美希子
鈴木 光子  古口 博大
及川 }子  牧野 ひろみ
大武 三枝  中島 優子
櫻井 飛鳥  杢師 綾子(7月より復帰)

-相談支援専門員-
大武 ゆきえ  室野井 和司

運転手:岡村 綾子

【佐久山】
施設長:大武 仁彦  副施設長:田邉 由花

-支援員-
鈴木 佑季子  阿見 佑太
増田 俊一郎  西墻 悦子
永岡 久美子  小森 治江

看護師:坂本 弘子
運転手:阿美 房雄  白浜 利幸

【なすの園】
園長:大武 ゆきえ  施設長:大道 敦子

-保育士/支援員-
北條 広美  増渕 愛  石橋 典子

看護師
:河島 奈美

【専門指導】
ST:浅井 道子  OT:糸数 由夏
OT:谷口 知子  MT:佐々木 奈穂子
MT:黒須 千鶴  MT:会田 史子
FBM:谷口 順子 MOVE:白崎 淳子
リトミック:高根沢 かおり 個別指導:大森 令子
摂食指導:手塚 由美子  福祉心理士:船山 克美


本学習支援のお知らせ本
◇サポートセンター空のレンタルスペース(ユニットハウス)
 で、小学生対象の学習支援を実施します。

〈支援内容〉
日時:毎週金曜日 17:00〜18:30
場所:サポートセンター空(大原間)
学習内容:主に学校の宿題やドリル等 英会話
目標:「自分の宿題に取り組むことが出来ること」
   「集中力を養う」
費用はかかりません。
*運営はサポートセンター空と異なり、希望者が主催者に
 申し込みをして、利用条件等合意の上、受講して頂くこと
 になります。
*「英会話・学習」塾生の子どもたちと一緒に学びます。

〈先生のご紹介〉
加藤 任(かとう つとむ)先生 66歳
-主な経歴-
帝京大学 経済学部(生涯学習論)
日本生涯教育学会員
栃木県教員会会長
那須塩原市男女共同参画審議員
趣味:カラオケ

〈お問い合わせ先〉
加藤 任先生:090-2163-0717
サポートセンター空:0287-73-8165

るんるん「3事業所合同・そらフェス2016」開催のお知らせるんるん
開催日:2016年9月3日(土)
◇今年も楽しい企画を構想中です。皆様ぜひ遊びに来て
 下さい。詳細は追ってお知らせいたします。
 ご意見、ご要望お待ちしております。

曇り編集後記曇り
 大原間では散歩に出かける子どもたちを事務室にいる
職員が窓から見送り、帰ってきたら「おかえり」と出迎え
るのが日課になっています。道端で摘んだ草花を手に
「ただいま」と帰ってくる子どもたち。
 冬の間は草のお土産ばかりでしたが、草からつくしに
なり、たんぽぽになり、菜の花になり…。子どもたちの
お土産が季節の移ろいを教えてくれています。
               編集部:大武 久仁恵


Posted by サポートセンター空 at 11:00 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2015年12月21日号(1)[2015年12月23日(Wed)]
《「二年の月日」〜空との出会いに〜》

 暑い夏が過ぎ、いつの間にか紅葉時期を迎え、そしてすぐに
冬将軍のやって来る時季が近づいています。会員の皆様におか
れましては体調を崩している方は居られませんか?季節の変わ
り目が一番、体調を崩しやすい時ですので、是非ご自愛くださ
いませ。

 平成二十五年十二月に事務長として空に来てから、この十一
月でまる二年の月日が流れることになりました。この二年間は
あっという間に過ぎてしまいましたが、空に来る前に考えてい
た初期の達成目標に対し、完璧ではないものの、概ね自分の中
では実行できたのかなと、思っています。

 大武理事長とは、矢板商工会勤務時代に仕事を通じて知り合
いました。当時、求職者に対する支援の一環として、厚生労働
省からの委託事業を行っており、NPO法人の方で経営に関する
講演をして下さる方がいないかと飛び込みで探しており、今日
も見つからないかなと思いつつ、当時は大田原市親園にあった
サポートセンター空に飛び込みました。
 そこに居られた方が大武理事長であり、権上事務局長でした。
突然の飛び込み依頼にも関わらず快く引き受けていただいたの
が大武理事長でした。その後、親園小学校体育館を借りての夏
祭りやクリスマス会でバンド演奏をさせていただきました。
このようなご縁もあった中、親園事業所の分離があり、当時の
総務人事、経理担当の事務の方々が、つばささんの方に移られ
るとの話を聞き、それはとてもお困りだろうと思いまして、そ
の時勤務していた矢板職業安定所を退職して、この空に勤務す
ることとなりました。それは自分が長年経験した総務人事の仕
事だからでした。

 昨年から今年にかけて、夏のイベントや、そらフェス2015、
なすの園の秋のもちつき収穫祭のイベント、そして近づくクリ
スマス会の演奏など、大忙しの日々が続いています。自分の大
好きな音楽を通じて、空に対して何らかの貢献ができたらいい
なと、常日頃考えていました。その観点から、子供たちの前で
演奏し、喜んでもらえることができることにも喜びを感じてい
ます。
                  事務長 鈴木 幸夫


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


《ニューフェイスのご紹介》
空ニュース2015-12-a.jpg


Posted by サポートセンター空 at 10:15 | 空ニュース | この記事のURL
空ニュース・2015年12月21日号(2)[2015年12月23日(Wed)]
かわいい空フェス2015かわいい

 サポートセンター空(大原間)において、3事業所合同の
「そらフェス2015」を快晴の空の下、盛大に開催致しました。
法人としては2年ぶり、そして施設を大原間に移転してからは
初めての開催でした。このお祭りの目的は”地域交流の大きな
機会”を創ることです。ご利用者様はもちろん、ご家族様、空
の職員、お隣の「青葉の杜」の皆様、そして地域の子どもと大
人たちが共に楽しい時を過ごせるように企画して参りました。
前日から大勢の那須拓陽、国際医療福祉大、地域のボランティ
アさん、保護者様のご協力をいただき、お陰様で大勢の方にお
越しいただくことが出来ました。この場をお借りして御礼申し
上げます。ありがとうございました。

 当日は田町お囃子の笛や太鼓の音色でお祭りムードが高まり、
ゲストの「えりのあ」さんのステージや「チャーリー」さんの
マジックショー、そして地域バンド演奏など。出店も餅つき、
やきそば、駄菓子屋さん、パンやケーキ、ハーブティーなどな
ど。他にも「牛乳で乾杯」や昆虫コーナーまで、とても充実し
た内容だったと思います。何よりも皆さんと共にお祭りを楽し
めたことを、幸せに感じました。来年はもっと楽しいお祭りに
したいと思います。
                      大武 仁彦

空ニュース2015-12-e.jpg

空ニュース2015-12-b.jpg


Posted by サポートセンター空 at 10:10 | 空ニュース | この記事のURL
| 次へ
プロフィール

障害児・者トータルサポートセンター空さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/nposora/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nposora/index2_0.xml