CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
【追加説明会開催】NPOキャリアカレッジ第5期二次募集説明会開催案内 [2015年05月03日(Sun)]
NPOキャリアカレッジ「NPO/就職・転職コース」の追加説明会を開催!

【説明会開催日】
  ・5月7日(木)18:30-20:30 NPOサポートセンター
  ・5月9日(土)10:00-12:00 協働ステーション中央
 開催概要、個別相談に応じています。
 下記フォームよりお申込み下さい。

【申込フォーム】https://ssl.form-mailer.jp/fms/ff56331b288063

【会 場】
 ◆NPOサポートセンター
  東京都中央区銀座8-12-11 第2サンビル5F
  東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」A4出口、
  JR「新橋駅」銀座口、東京メトロ銀座線「新橋駅」1番出口、各徒歩7分
  http://www.npo-sc.org/MAIN/map.pdf

 ◆協働ステーション中央(会議室)
  東京都中央区日本橋小伝馬町5-1 十思スクエア 2F(TEL 03-3666-4761)
  東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅4番出口徒歩3分
  http://chuo.genki365.net/contents/hp0001/index00010000.html

NPOcareer_college_5th_batch.jpg
続きを読む・・・
福岡初開催!NPO・非営利団体向け -- 会員・支援者管理「salesforce紹介セミナー(4/21)& 1DAY実践研修(4/23-24)」 [2015年04月02日(Thu)]
salseforce_fukuoka.jpg

主 催:(特活)NPOサポートセンター
協 力:セールスフォースドットコム・ファンデーション
(特活)日本ファンドレイジング協会
お申込:http://npo-sc.org/salesforce/form_fukuoka

この度、多くのご要望をいただき、福岡で初めてNPO法人などの非営利団体を対象とした、salesforceの「紹介セミナー」、「NPO実践1DAY速習コース」をダブル開催いたします。
続きを読む・・・
【NPOマーケソン】2015年4月13日応募締め切り「NPOマーケティングプログラム2015」参加団体募集 [2015年03月18日(Wed)]
npomarkethon_topimage.jpg

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

「研修」と「個別コンサルティング」の2段階で実践支援する7ヶ月間のプログラム

     NPO「マーケソン」参加者募集(NPO Marketing Marathon)
         【プログラム参加 NPO / NGO 募集】
  ≫エントリーサイト: http://www.npo-sc.org/npomap/archives/1622

────────────────────────────────────
主催:(特活)NPOサポートセンター
共催:パナソニック株式会社、多摩大学総合研究所
応募締め切り:2015年4月13日
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇

≪プログラム説明会を開催します≫
NPOマーケティングを体感できる 「2015年プログラム説明会、個別相談会」を、
3月28日(土)に開催します。参加をご検討の皆さま、ぜひご参加ください。

◆日時:2015年3月28日(土)14:00-17:00(13:45受付開始)
◇定員:30名
◆参加費:2,000円(当日会場でお支払いください)
◇会場:法政大学 大学院棟 2階 202号教室 (東京都新宿区市谷田町2-15-2)
◆申込みフォーム⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/64826929292645

※説明会不参加の方でも、プログラムへの応募は可能です。
続きを読む・・・
【採用説明会: 2/1 ・ 2/6 開催】(特活)NPOサポートセンター スタッフ募集のお知らせ [2015年01月21日(Wed)]
nposc_recruit_2015ss.jpg

NPOサポートセンターでは、NPOをはじめとするソーシャルセクターによる社会推進への情熱・意欲をもち、当センターの事業推進に対する熱意をもった人材を募集します。NPOが成長する基盤を整え、社会的なインパクトを生み出すために、一緒に働きましょう。

NPOサポートセンターは、1993年に日本で初の民設民営のNPOの中間支援組織として発足し、NPO活動に関する情報収集・提供、調査研究、支援サービスの開発・提供、人材育成、各種研修、相談業務等、さまざまな活動を行っています。

NPO・企業・行政との連携によるNPO支援プラットフォームを構築し、NPOによる新しい社会システムの構築を目指しています。
続きを読む・・・
Posted by NPOサポートセンター at 17:06 | スタッフ募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
キミが「世界一革新的な会社のサービス」をNPOにひろげる。学生インターン大募集! [2015年01月05日(Mon)]
nposc_salseforce (1).JPG

NPOサポートセンターでは、「非営利団体向け Salesforce導入・活用サポートプログラム」を担当する事務局インターンを募集します。(対象:大学生、大学院生、NPOの仕事に興味がある社会人)

NPO/NGOではじめてインターンする方も、スタッフやNPOサポートセンターのインターンやボランティア、プロボノの皆さんとコミュニケーションを通じて、活躍の場を見出すことを全力でサポートします。共にチャレンジしましょう!ぜひご応募ください!
続きを読む・・・
Posted by NPOサポートセンター at 16:49 | スタッフ募集 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
NPOマーケティングフォーラム2014「参加者感想・ブログレポート紹介」 [2014年12月06日(Sat)]
2014年11月29日に開催した「NPOマーケティング フォーラム2014」の模様を、来場者のブロガーのみなさんに記事にしていただきました!ぜひご覧ください。

あんしょうノート新卒でプロブロガーを目指すブログ!トジョウエンジンぼくなに日記のみなさんありがとうございました!

npomap_forum2014 (44).JPG
続きを読む・・・
共感だけのソーシャルビジネスから脱したい。強力なビジネスモデルを構築する高速仮説検証プロセス「リーン・スタートアップ」とは。――NPOアカデミー講師:桑原憂貴さんインタビュー [2014年11月27日(Thu)]
共感だけのソーシャルビジネスから脱したい。強力なビジネスモデルを構築する高速仮説検証プロセス「リーン・スタートアップ」とは。――NPOアカデミー講師:桑原憂貴さんインタビュー

聞き手 / NPOサポートセンター 笠原 孝弘


kuwabara (1).jpg


東北のソーシャルビジネスがリーン・スタートアップを導入した理由

「リーン・スタートアップ導入のサポート」を第1回講師の笠原さんにお願いしたのは、大きく2つの理由がありました。

一つめは、2014年4月から陸前高田市の杉材を有効活用した、家具の「ローテーブル」と「スツール」を販売しはじめたことがきっかけです。実際にスツールは20台生産して18台、ローテーブルも10台生産して5台無事売ることができました。

ただ、購入後にアンケートを実施したところ、復興支援の文脈で家具を購入してくれたと分かりました。商品の良さや、どうしても必要なものとして評価されなかった。被災地の取り組みだから購入してもらえたのです。1年後、3年後、このままこの事業を続けても、大きくならないのでは。再現性がないのではという不安におそわれました。

二つめは、この状況で、何をどう変えたらいいのかわからなく、どこを改善したらいいのか確信を得られなかったことです。商品を魅力的にする、購入者のターゲットを変更する、商品の機能変更など、うち手は思いつくけれど、どれもしっくりきませんでした。今後の事業戦略が不透明になっていました。この現状をもう一回整理して、戦略を見直したいと思い、「リーン・スタートアップ導入」に取組み始めました。
続きを読む・・・
米国最先端のリーダーシップ開発!現場の直感を磨く「マインドフルネス・イン・アクション」とは。――NPOアカデミー講師:世羅侑未さんインタビュー [2014年11月27日(Thu)]
米国最先端のリーダーシップ開発!現場の直感を磨く「マインドフルネス・イン・アクション」とは。――NPOアカデミー講師:世羅侑未さんインタビュー

聞き手 / NPOサポートセンター 笠原 孝弘


sera (1).jpg


リーダーシップの秘訣はマインドフルネスにある

「マインドフルネス」のイベントを日本でやることができることはとても嬉しいです。マインドフルネスは、最近では教育、医療、経営と様々な分野で世界的に注目されています。リーダーシップ・トレーニングとしても、Googleやインテルなど米国IT企業を中心に実践されてきています。パフォーマンスの向上やストレス対策などの効果が明らかになってきており、NPOリーダーやスタッフなど、ソーシャルチェンジに取り組む人たちにも必ず役に立つトレーニングです。

私は、あらゆる状況において物事をうまくいかせる秘訣は、シンプルに二つ、1. 自分が何をしたいのかという気持ちを分かり、2. 素直に行動できる、ということだと思っています。組織におけるリーダーシップという意味でも、人生、人間関係においても。このシンプルな秘訣を伝えたい、と思い始めたのが2年前でした。当時は、私自身マインドフルネスという言葉も良く知らず、上手く説明することができなかったんですけどね。

現在ではNHKや書籍、雑誌等で特集されるようになり、こうして日本でみなさんと一緒に学べる場がいよいよあると思うと、とっても嬉しいです。
続きを読む・・・
思い込みや先入観を捨て、NPOが実施すべきマーケティングリサーチとは何か。――NPOアカデミー講師:牛堂雅文さんインタビュー [2014年11月26日(Wed)]
思い込みや先入観を捨て、NPOが実施すべきマーケティングリサーチとは何か。――NPOアカデミー講師:牛堂雅文さんインタビュー
聞き手 / NPOサポートセンター 笠原 孝弘


ushido (1).jpg


顧客や支援者との“ズレ”をそのままでサービスを提供していませんか

私は、新商品開発、新サービスのマーケティングリサーチに20年間携わってきました。マーケティングリサーチを起点にしていますが、マーケティング活動全体として考えて、その商品の良し悪しの結果を集めるだけでなく、どういう形で提供するか、価格帯、媒体は何が適切なのかも考えています。

福祉、就労支援、子ども関連、国際協力のNPOでもアンケート設計やインタビューのプロボノサポートもしてきました。企業のマーケティングリサーチよりも、お金をかけずに、いかに無料、または低コストで実施できるかに気を使っています。

NPOやスタートアップが事業を始めるとき、強い思いを持ってサービスをスタートすると思います。ただ、強い思いがあり過ぎるゆえに、お客さん、サービスの受益者と“ズレ”が生じてしまっている事が多々あるのを現場で実感してきました。

「このサービスはこうあるべき」と強い思いがあることによって、“ズレ”に気づきにくくなります。もちろん「社会がこうあるべき」という理想像は変える必要ありません。ただ、サービスのあり方は変えていいはずです。マーケティングリサーチをすることで、その“ズレ”に早めに気づき、受益者が増えないといった「もったいない状況」を変えることができます。

いま、リサーチ面で支援しているNPOも、お客さんが自分たちの目の前にいて常にコミュニケーションの接点がある活動をしていました。しかし、インタビューを実施したことで、「相手のことをわかっているつもりだったが、実際にはズレがあった」ことが発見され、プロジェクトの修正に取組んでいます。

NPOだからと言って、お客さんが普段から全部本音でコミュニケーションしてくれているとは限りません。そういう“ズレ”はNPOのリサーチをサポートしてきて感じている点です。
続きを読む・・・
メッセージとプレゼンの両方を磨く。あなたのNPOの魅力を社会に伝える技術とは。――NPOアカデミー講師:日本スポーツメディアトレーナー協会 理事長 糸川雅子さんインタビュー [2014年11月25日(Tue)]
メッセージとプレゼンの両方を磨く。あなたのNPOの魅力を社会に伝える技術とは。――NPOアカデミー講師:日本スポーツメディアトレーナー協会 理事長 糸川雅子さんインタビュー

聞き手 / NPOサポートセンター 笠原孝弘


itokawa (2).JPG


あなたのNPOは、魅力的なメッセージを発信しているか

NPO法人を立ち上げたリーダーや、NPOで働くスタッフの方々は、社会問題に対して強い意識や想いがあると思います。その想い、すべて相手にぶつけていませんか?

日本は海外に比べるとまだまだ社会問題への意識が高くありません。
この現状で、NPOの熱い想いと、社会のバランスがとれているかが大切です。どういう切り口でメッセージを伝え、ちょうどいい熱量はどのくらいか。共感をして支援をもらうためには、まずは言いたい事を整理し、相手に合わせてシンプルに伝えられるかがポイントです。

今回の講座では、スポーツ選手向けに、魅力的な情報発信のサポートをしている「メディア・トレーニング」のスキルを、NPO向けに応用いたします。
続きを読む・・・