CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
子ども達のバウンドテニス体験会に参加しました! [2018年08月27日(Mon)]
子ども達のバウンドテニス体験会に参加しました!

◆日時
平成30年7月22日(日)13時〜16時

◆場所
青崎公民館 体育館

こども達が夏休みの期間中、青崎バウンンドテニス同好会が体験教室を開催していますので参加しましたテニス

バウンドテニス.JPG


広島市には、各地区に19のバウンドテニス愛好会があります。国体の種目とするためには、次世代に繋がる構成(定例的な大会開催等)が必要とされ、中高年の参加が多いバウンドテニスにも、近年子供たちの体験参加を推進されています。

青崎バウンドテニス同好会には、広島市バウンンドテニス協会理事長の今村さんが参加され、小さなお子様から中学生まで、熱心に、ご指導をされています。
8月5日に開催された、第3回 広島県BTジュニア選手権大会  小学年6年生の部で、石川くんが準優勝、安宅くんが第3位と見事な成績を修めましたぴかぴか(新しい)

当会は、平成22年度に「第1回の広島・長崎ピース・ピースカップ」を開催し、被爆地の子供達による野球大会を開催しました。
その時の様子 → http://blog.canpan.info/nposatoumi/archive/20

また、平成26年度には「地域密着型のプロスポーツを中心とした地域活性化支援対策調査業務」などを行っており、当会定款に定めている「山・川・海を愛する学術、文化、スポーツに関する事業」として取り組んでいます。
参考)青崎地区は広島市南区東部にあり「マツダの城下町」と言われましたが、神社、寺、民家などの古い歴史を持つ地域で、生活の温もりが感じられる町です。
古くは、農地に恵まれ農業が主体でしたが、農地不振や対岸の渕崎の養殖業に刺激され、海苔・かきの養殖が発達しました。
約190年前には、対馬の海に出漁、次いで朝鮮海まで出漁した時代があり、外海出漁に先鞭をつけました。
昭和10年代に入り、広島工業港築設に伴う猿猴川の大改修・埋立により干潟、漁場を一気に失い衰退した町とされます。(出典:市漁協たより、平成22年 当会中丸可陽さんの広島湾漁業の歴史的な変遷と現況に関する報告書 → http://blog.canpan.info/nposatoumi/archive/24

ひらめき次世代につなぐのに困っているスポーツの種目についてご意見と、ご提案を頂けますようお願いします。
次項有宛先
メール:office@satoumi.org
FAX:082-533-6115
Posted by さとうみ振興会 at 15:17 | 30年度活動報告 | この記事のURL
日の丸産業(株)の河尻会長・清田さんが活動状況のお話しに事務局にお越しになりました [2018年08月06日(Mon)]

日の丸産業(株)の河尻会長・清田さんが活動状況のお話しに事務局にお越しになりました!
◆概要
水質浄化製品「キレートマリン」開発の経緯と活動状況をお話し頂きました。
◆日時
平成30年7月28日(土)11時〜12時30分
◆場所
事務局

近年、工場排水・生活排水により湖沼や内湾等の富栄養化による藻類の繁殖、ヘドロ堆積、水質悪化、悪臭の発生等が問題になつています。
「キレートマリン」は、鉄分とケイ素を溶出し、植物プランクトンを増殖させて富栄養化を抑制し、ヘドロを分解して、水質を浄化する効果が実証されているとのお話しでした。
「キレートマリン」は、広島大学の長沼毅教授によって開発され、その後、広島県産業振興機構を通じて同社に技術移転が行われのち、国内(海老養殖地等)・国外(台湾・ベトナムのエビ養殖跡地)において同社が水質浄化の活動を行っています。

日の丸産業.JPG


関心のある方は下記チラシとホームページをご覧ください。

キレートマリン 表裏.pdf

キレートマリン 中面.pdf

http://www.hinomarusangyo.com/

Posted by さとうみ振興会 at 10:30 | 事務局より | この記事のURL
文部科学大臣受賞記念講演会「石炭灰造粒物を用いた水質底質改善材の開発」に参加しました! [2018年08月03日(Fri)]
文部科学大臣受賞記念講演会「石炭灰造粒物を用いた水質底質改善材の開発」に参加しました!
(当会からは、馬島海老養殖跡地における実証実験・馬島海域におけるモニタリング
 薄層撒き出し工法の実証実験を担当した4名が参加しました。)

日時:平成30年7月30日(月)16:45〜18:40
場所:広島大学 東千田キャンパス 東千田未来創生センター講義室
概要
■ 開会
  主催者挨拶 広島大学大学院生物圏科学研究科長     三本木 至宏
  来賓挨拶  広島大学 理事・副学長(社会産学連携担当)高田 隆
  一般財団法人石炭エネルギーセンター専務理事      橋口昌道
■ 記念講演
  「石炭灰造粒物との出会い・この15年間の歩み」
広島大学大学院工学研究科  准教授 日比野 忠史
P7302099(日比野).JPG


 「石炭灰造粒物の物理化学特性と底質改善効果」
  神戸大学 内海域環境教育研究センター  助教 浅岡 聰

  「石炭灰造粒物による底質改善効果の検証」
  広島大学大学院 生物圏科学研究科  教授 山本 民次
P7302101(山本).JPG


「Hiビーズの活用事例と公的機関による技術評価について」
  中国電力(株)電源事業本部 石炭灰有効活用グループ マネージャー中本 健二
P7302103(中本).JPG


■ パネルセッション
テーマ「石炭灰造粒物を用いた水質底質改善技術の将来展望」
  座長:広島大学名誉教授 松田 治
  パネリスト
  @中央大学 理工学部 教授              山田 正
  A国土交通省中国地方整備局広島港湾・空港整備事務所長 正岡 孝
  B広島県道路公社 道路部 道路部長          中本 勝
  C広島大学大学院 生物圏科学研究科 教授       山本 民次
  D広島大学院 工学研究科 准教授           日比野 忠史
  E島根大学名誉教授                  徳岡 隆夫
Posted by さとうみ振興会 at 12:51 | 事務局より | この記事のURL
広島湾さとうみ創生コミュニティについて当会理事 林 健一さんがお話しに来ました! [2018年08月01日(Wed)]
広島湾さとうみ創生コミュニティについて当会理事 林 健一さんがお話しに来ました!

◆日時
平成30年8月1日(水)9時20分〜10時20分

◆場所
さとうみ振興会事務局

◆概要
平成30年3月4日のイベントに参加し、その後2回のワークショップに参加しました。当会は7つのプロジェクトのうち、「広島湾の情報を伝えるプロジェクト」「山の木活用干潟プロジェクト」の2つに参加しています。
今回は、2つのプロジェクトについて意見交換をし、当会が保有している広島湾資料整理を行い、担当理事が引き継ぐこととなりました。
また、広島湾7大海の幸として、メバル・コイワシ・オニオコゼ・アナゴ・アサリ・カキ・クロダイがありますが、大手食品売り場には、地場産(広島湾)の表示を見つけることが出来ません。
地場産の表示があれば、集中豪雨被災の漁協等の支援にも役立つのではないか等の工夫、あるいは、広島湾周辺のお魚屋の女将さんサミットを開催する等、「現場」からの発信を聞けると広島湾の元気指数が判るのではないかと思いました。

P8012104.JPG



参考
当会参加のプロジェクト以外には、「牡蠣養殖プロジェクト」「ビーチ・クリーンNETプロジェクト」「魅力発見周遊ツアープロジェクト」「海洋ごみの認知・実体験・食と健康プロジェクト」等があります。
関係者の連絡は、Facebookで行うこととなっています。


Posted by さとうみ振興会 at 13:19 | 事務局より | この記事のURL