CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
太田川放水路完成50周年記念シンポジウムに参加しました! [2018年02月28日(Wed)]
太田川放水路完成50周年記念シンポジウムに参加しました!

◆日時
平成30年2月4日(日)13時〜14時05分

◆場所
広島県民文化センター(広島市中区大手町1-5-3

◆主催
国土交通省太田川河川事務所・広島県・広島市

◆概要
主催者挨拶
・広島県中下副知事
・広島市山地都市計画局長

○13時15分〜39分
太田川放水路のあゆみ上映

○13時39分〜14時05分
広島市立小学校4年生
合唱「僕にできること ぼくらの地球」
発表「太田川を学ぼう(未来の太田川)」
参考:己斐小学校は、明治6年7月(1873) 佐伯郡己斐村に「日彰館」として創立して以来、145年を迎える歴史と伝統のある学校です。
己斐の町は、以前から盆栽・花木の町としえ栄え造園業も多く営まれています。
現在は、広島市の西部の玄関口としてJR・市内電車など四通発達しており、交通の要となっています。
平成29年度135名の1年生を迎え全校児童650名です。

○14時05分〜15時35分
パネルディスカッション(一部:活動紹介、二部:これからの太田川)
コーディネーター :国新聞社論説主幹 佐田尾信作
パネリスト:
1) 国土交通省太田川河川事務所長 徳元眞一
太田川は、西中国山地の冠山(標高1339m)にその源を発し、幾つもの渓流を合わせながら東に流れ、主要な支川である梶谷川・三篠川へと合流します。
その後、流れを南向きに変え、広島デルタの北端で太田川放水路と旧太田川に分派し、さらに、天満川、元安川等に分かれ広島湾に注ぐ領域面積1710ku、幹川流路延長約103kmの一級河川で広島市内面積の約2割を占めます。「水の都ひろしま」の所以でもあります。
広島の発展の歴史は大正17年(1589年)毛利元就が太田川の三角地に広島城の築城に開始したことに始まり、築城当時の海岸線は現在の平和大通り付近であり、以降、江戸、明治〜昭和にかけて三角州の前面の干潟を次々と干拓・埋立され、現在の海岸線を形成しています。
平時、穏やかに流れる川は、飲み水、農業用水、舟運などの多くの恵みをもたらし、水辺は人々の憩い賑わいの場所にもなっていました。
なかでも、舟運は、鉄道などの陸上輸送が盛んになる昭和初期まで続けられ、藩政時代には三篠川筋からは米などが、太田川上流域からは林産加工品(木炭・紙)や鉄などが下流に向けて運ばれました。
また、猫橋(現在の本川橋)の雁木は荷物の積み下ろしを行う舟で賑わい、現在でも舟を繋いでおく舟繁石や復元された常夜灯が残っています。(江戸時代60基・明治時代10基)
広島市の町は、太田川の恵みを受ける一方、三角州上に発達したため、常に洪水の脅威にさらされていました。
江戸時代には大きな洪水は約30回を超えています。
明治22年(1889年)4月、広島市は市政を施行し全国で最初の都市のひとつとなりました。それ以降、広島が近代都市として発展していく中で、たび重なる洪水により多くの人命、財産が失われました。特に、大正8年(1919年)、昭和3年(1928年)の洪水被害は大きく、これを受けて地域の人々は太田川の本格的な改修を国に強く求めました。
昭和7年(1932年)から国による太田川改修事業が改修されることになることになり、デルタを流れる7本の川のうち、西側の2本(山手川、福島川)を利用して、延長9kmの放水路を造ることでした。
工事は昭和9年(1934年)から下流より順次進められましたが戦局の悪化により、昭和19年(1944年)には一時中断し、そして広島は運命の昭和20年(1945年)8月6日を迎えます。
戦争や原爆投下による一時中断はあったものの昭和26年(1951年)には本格的に工事を再開しました。
36年の歳月を要した日本でも有数な大規模工事(掘削・築提・護岸・大芝、祇園水門も含まれる)
昭和43年(1968年)放水路は完成し、以来「太田川」の名称は、放水路に移り、従来の太田川(本川)は旧太田川とよばれるようなりました。

0228.jpg


太田川放水路の効果
太田川において戦後最大洪水となった平成17年(2005年)9月洪水と同規模の昭和18年(1943年)9月の洪水、
2) 広島市都市計画局長 山地正宏
3) NPO法人雁木組 理事長 氏原睦子
4) オタフクホールデング(株)代表取締役社長 佐々木茂喜
5) NPO法人日本水フォーラム代表理事
Posted by さとうみ振興会 at 14:16 | 29年度活動報告 | この記事のURL
国立成功大学 海洋科技興事務研究所 郭 柏秀さんが事務所にお越しになりました! [2018年02月22日(Thu)]
台湾の国立成功大学 海洋科技興事務研究所 郭 柏秀さん他1名が事務所にお越しになりました。

P2151974.JPG

右側の女性ですわーい(嬉しい顔)


◆日時
平成30年2月15日(木)10:50〜12:10

◆場所
事務局

郭さんは、博士課程の学生(博士候選人)で、台湾の成功大学で海洋技術と海洋事務の研究所において、海洋水産養殖における遺棄漁具(特に発泡スチロールのフロート)の管理研究をされています。

藤枝繁教授が執筆した研究論文と、「カキ養殖の光と影をみて市民はどのように動いているのか?」をご覧になり、油圧工学科准教授ナショナル・チエンクン大学の王さんの推薦状持参の上、是非現地を見たいとの申し出がありました。

カキ養殖の光と影―海岸に拡がるプラスチックの「雪」。広島の市民はどう動いているのか
→ http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/08/asf_hiroshima_n_7532706.html

台湾では、カキ養殖方法の一つが竹筏垂下式で、発泡スチロールの汚染は非常に深刻です。
1、現在の広島における発泡スチロールの汚染状況(対応 藤枝)
2、地方自治体や中央政府はどのようにこの問題を解決していますか?(対応藤枝・馬場田)
3、法的または規制上のアプローチ?を知りたい。(対応藤枝・田坂)
20220.jpg

台湾での状況写真(パイプは使っていないようです。)


事前配布資料は以下の通りです。
1、瀬戸内海環境保全特別措置法の改正の概要
2、漂着物学会機関紙「どんぶらこ第58号」
3、瀬戸内海岸漂着物対策調査報告書(平成27年3月)
4、中国語版「広島湾MAP」

当会は、関係者(藤枝繁、馬場田真一)と調整し以下の行程でご協力しました。

2月18日(日)■江田島視察と打ち合わせ会議(見学)
◆参加者:4名
通訳 何雅臻(広島大学)、藤枝繁(元鹿児島大学・漂着物学会事務局長)、郭柏秀(成功大学海洋科技興事務研究所)、田坂 勝(さとうみ振興会)

◆行程
広島駅7:30→広島港→切串港→切串干潟において浮遊物の由来を話し合う→江田島市漁協付近における牡蠣資材の見学→初代理事長山本卓曹宅で休息→鹿川漁港におけるフロート使用実態を見学→サンビーチ沖見見学→三高漁港における筏制作ヤード、牡蠣打場等見学→三高港→広島港13:20着→事務局13:50〜16:30

視察から戻り関係者と情報交換を事務局で行いました。
◆参加者:6名
通訳 何雅臻(広島大学)、藤枝繁(元鹿児島大学・漂着物学会事務局長)、郭柏秀(成功大学海洋科技興事務研究所)、劉清栄(郭柏秀同伴者)、馬場田真一(みやじま未来ミーティング)、田坂 勝(さとうみ振興会)
情報交換の後、16:30〜17:30「日本の漁業者の仕組みと環境意識について」意見交換を行いました。

当会のマイクロプラスチックの講演会は以下の通りです。
→ http://blog.canpan.info/nposatoumi/archive/421

20221.jpg

左:江田島切串干潟で漂着物観察  右:ホタテに番線を通した状態


20222.jpg

左:初代理事長 山本卓曹宅にて 右:発泡スチロールの利用状況


20223.jpg

左:瀬戸田サンセットビーチにて  右:三高漁港の筏及び焼却


20227.jpg

左:フロート   右:阿品東でアサリ堀をする方(郭さんが送ってくださいましたわーい(嬉しい顔)


20225.jpg

左:打ち合わせ状況  右:記念撮影


Posted by さとうみ振興会 at 13:41 | 29年度活動報告 | この記事のURL
平成29年度 みなとオアシス三原 講演会が開催されます! [2018年02月20日(Tue)]
平成29年度みなとオアシス三原講演会が開催されます!

三原は「タコのまち三原」としてテレビなどの報道で全国的に認知度が上がっていますが、瀬戸内のたこの漁獲量は年々減少し危機を迎えています。このたび三原市漁業協同組合に昔から現在までの漁の歴史をお伺いし、将来の瀬戸内漁業の展望についてお話ししていただきます。あわせて広島県の水質検査による瀬戸内海の水質の変化について専門の方からお話を伺い、三原たこと持続可能な漁業のあり方について理解を深めます。

「三原たこの真実」

◆日時 
平成30年(2018年) 3月3日(土)午前10時〜12時

◆会場 
三原市漁業協同組合(三原市古浜1丁目11-1) 会館2階

◆主催 
みなとオアシス三原運営委員会

◆後援 
国土交通省中国地方整備局/三原市

◆参加費
無料 
申し込み先着順70名  〆切 2月26日

◆申し込み先 
みなとオアシス三原運営委員会 
TEL&FAX0848-63-5575 メールアドレス:mihara@totto.info

◆内容
(1)開会のあいさつ 
(2)「三原の漁業の歴史のついて」
   三原市漁業協同組合 代表理事組合長 M松照行さん
(3)「瀬戸内海の海洋環境について」
   広島県立総合技術研究所水産海洋技術センター次長兼技術支援部長 相田 聡さん
(4)「三原の漁業・たこ漁について」
   @ たこ漁の危機とは? その原因は?
   Aきれいなだけでなく豊かな海とは?
   B豊かな海を存続させる、そのためにできる事。
     森づくり、海底耕運、下水処理場の整備が進む中で、
   C 昔、魚市場はあったの?
   D 漁師さんの後継者は?
   E タコの養殖は可能ですか?
 (5)みんなで味わおう「タコ飯」
 (6)閉会のあいさつ

当会からも三原支部から2名参加しますわーい(嬉しい顔)
Posted by さとうみ振興会 at 11:43 | 事務局より | この記事のURL