CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
会員の木下嗣生さんが来局されました! [2017年02月22日(Wed)]
会員の木下嗣生さんが事務局に来局されました!
「日本のカブトガニの保全に関するシンポジウム」に参加し、その感想やご報告に来てくださいました!

日本のカブトガニの保全に関するシンポジウム
◆日時
平成29年2月18日(土)13時〜17時

◆場所
生物圏科学研究科C206講義室

◆主催
広島大学生物圏科学研究科/付属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター

◆共催
広島大学総合博物館

◆内容
司会:富川 光(広島大学総合博物館)
挨拶:前田照夫
1.「広島県竹原市の現状」
大塚攻(瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター)
2.「広島県の生物多様性の取り組み」
神川勇人(広島県環境県民局 自然環境課)
3.基調講演「カブトガニから考える日本の海岸・河川の環境保全」
清野聡子(九州大学院工学研究院環境社会部門生態研究室)
4.事例報告(1)「広島県江田島市の現状」
西原直久(大柿自然環境体験学習交流館)
5.事例報告(2)「曽根干潟の事例」
米谷まり・飯田健・中村龍太(広島大学生物生産学科)
6.事例報告(3)「長崎県の事例」
齋藤英俊(広島大学生物圏科学研究科)
7.事例報告(4)「国指定伊万里カブトガニ繁殖地の保全活動〜伊万里市の取り組み」
船井向洋(佐賀県伊万里市教育委員会生涯学習課)

次項有木下会員の報告の概要(カブトガニの血液が人命救助に!)
昭和30年代くらいまでは、瀬戸内海、九州北部の各地の干潟で普通に見ることができたカブトガニですが、今や絶滅の危険性が最も高い「絶滅危惧種1類」に分類されている希少生物です。
一方、漁業者、特に刺し網漁業を営む方にとっては固い甲羅、尾剣などを網から外すのに困っている生物でもあります。
そもそも、カブトガニとは約2億5千年前から殆どその姿を変えず生息しています。名前は「カニ」とついていますが「クモ」や「サソリ」の仲間に分類されます。大人になるのに10年を要し、中国、タイ、インドネシアなどでは食用にされることもあるそうです。
カブトガニの保護区域を定めているのは岡山県笠岡市や佐賀県伊万里市、愛媛県の3か所で、国の天然記念物に指定され様々な保護がなされています。その一方で法的保護のない海域では危機に直面しているようです。

同人は山口県平尾湾並びに馬島海老養殖跡地において漁業(アサリ生産)を営んでいます。
近年網にかかるカブトガニが増えてきて、対応に苦労しているので、もっと活用の方法がないかといろんな方にご相談をしているところです。

シンポジウムでの事例報告(4)の船井さんの伊万里市での取り組みに感銘を受けたのだそうです。
その内容は、アメリカでは近年カブトガニの血液が検査薬として活用されているというものでした。(カブトガニの血液は銅が多いので色は人間と異なりブルーだそうです。)
カブトガニの採血写真を見せて頂きました。採血は体液400ccのうち100ccを採取し、再放流をします。

@体内に侵入してきた細菌を取り組んで固める作用があるため、がんの早期発見に利用
A最近では、エイズウイルスが体内で増えるのを押さえる働きがある
ことも判ってきたようです。

特に、猛毒のエンドトキシンは大腸菌などに含まれる毒素で、人間の血液中に混じるとショック死を起す危険な物質ですが、カブトガニの血液はゲル化する性質を持つことから検査薬にも使われているそうです。

カブトガニを厄介なものとせず、採血手法などの技術の協力者がいれば、網にかかったカブトガニを採血したのち放流できないか?との課題提供でした。

カブトガニを守るためには、漁業者もカブトガニの役割をよく知り、活用できる工夫を学びたいとのお話でした。
自然から恵みを受けている漁業者ならではのお話でした。
ご協力頂ける方は当会、あるいは木下さんの携帯電話(090-8065-8563)にお電話ください携帯電話

IMG_4288.JPG

写真は第1回広島ジュニアサイエンスフェアに出展されたカブトガニです。


IMG_4133.JPG

大島干潟の環境学習の際に見つかったカブトガニわーい(嬉しい顔)

Posted by さとうみ振興会 at 13:25 | 会員について | この記事のURL
平成28年度広島県生涯学習研究実践交流会が開催されます! [2017年02月15日(Wed)]
広島県生涯学習研究実践交流会.png
平成28年度広島県生涯学習研究実践交流会が開催されます!

ぜひご参加くださいわーい(嬉しい顔)
詳細や、申し込みはコチラをご覧ください。
→ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/center/center-model-syokuinkensyuu-jiseenkouryukai.html

==趣旨==
生涯学習・社会教育関係者が一堂に会して研究や実践を交流することで,生涯学習・社会教育を推進する上での資質を高めるとともに,連携・協働のプラットフォーム(幅広い機関・組織・団体等の乗り入れの場)として,生涯学習・社会教育関係者の広範なネットワークづくりを進めます。

◆日時
平成29年3月4日(土)13:00〜17:00

◆会場
広島経済大学立町キャンパス
広島市中区立町2-25

◆主催
広島県教育委員会/日本生涯教育学会(瀬戸内支部・生涯学習実践研究所広島支部)

◆プログラム
12:30 受付
13:00 開会行事

全体会
基調講演 人づくりからはじまる地域創生
講師:滋賀大学社会連携研究センター教授 神部 純一

交流会
参加者の皆様が「主役」の交流タイムです!

分科会
かわいい第1分科会 「育む」<青少年育成>
コーディネーター:広島女学院大学非常勤講師・中国新聞社NIEコーディネーター 新田 憲章


事例発表
「ふるさと吉賀町を支える人材を地域ぐるみで育てよう 〜吉賀町サクラマスプロジェクト〜」
島根県吉賀町教育委員会 課長補佐 城戸 明美
派遣社会教育主事 杉内 直也

事例発表
「学校と地域を巻き込んだ地域力アップ!アップ! 〜ハッとしてグーな子ども支援と地域力を生かしたまちづくり〜」
呉市宮原まちづくりセンター 館長 平畒 力

かわいい第2分科会「創る」<遊びの創造>
コーディネーター:香川大学生涯学習教育研究センタ―長・教授 清國 祐ニ

事例発表
「川上なんでも塾の活動について」
東広島市川上なんでも塾 塾長 村上 昭登

事例発表
学びがいっぱい!夢いっぱい!子どもおもしろ塾
三原市須波コミュニティセンター 
生涯学習相談員 藤田 芳美

かわいい第3分科会「生かす」<まちづくり>
コーディネーター:広島修道大学人文学部教授 山川 肖美

事例発表
「再現 安の花田植 〜地域伝統文化の継承と地域コミュニティネットワーク〜」
広島市安公民館 社会教育主事 内山 一紀

事例発表
「みんなが違うから公民館がいかせる 〜まち(環境)の違いからみる地域資源のいかし方〜」
山口県山陽小野田市教育委員会 中央公民館 主任主事 柿並 健吾
厚陽公民館 主任主事 増本 順之

全体会
基調講演についての質疑応答,意見交流等

16:55 閉会行事
報告

Posted by さとうみ振興会 at 13:22 | 事務局より | この記事のURL
日の丸産業(株)の清田忠志さんが訪問されました! [2017年02月08日(Wed)]
法人会員の日の丸産業(株)の清田忠志さんが訪問され活動報告をしてくださいました!

かわいい日の丸産業(株)ホームページはコチラ
→ http://www.hinomarusangyo.com/

P1301708.JPG


◆日時
平成29年1月30日(月)10時〜11時30分

◆場所
さとうみ振興会事務局

◆最近の活動について
1.岡山県笠岡野呂干潟(400ha)で環境改善材(キレートマリン)の実証実験情報
キレートマリンについては日の丸産業のホームページをご覧ください
→ http://www.hinomarusangyo.com/untitled16.html

目的:
笠岡市大島地区の人工干潟でアサリの餌となる植物プランクトンの成長を促す環境改善材の実証実験を行い今年3月に追跡試験を実施予定。
協働の相手方:笠岡市建設産業部農林水産課・横山製網(株)・大島美の浜漁協
実験概要:
平成28年10月着手。
干潟20m四方に、環境改善材(鉄分、窒素、リンを含む)80kgを散布。
実験実施個所は実地していない区域に比べて6〜7倍程度のアサリの出現が見られた。(山陽新聞2017.1.18に掲載されました)
0208野呂干潟.jpg

野呂干潟(笠岡)


0208野呂干潟2.jpg

野呂干潟 環境改善材(キレートマリン)の設置の様子


0208野呂干潟3.jpg

野呂干潟 アサリの調査(笠岡)


2.尾道市浦島町 灘干潟において環境省改善事業ETVの認証を受けるため、ミクニヤに委託し調査を実施している。

3.広島県河川課都市河川整備グループによる環境改善材のモニタリング
場所:稲荷大橋の下流にある干潟
概要:平成25年11月から継続実施

4.海外での実施
ベトナム:2年前から海老養殖場を対象に環境改善材を散布
インドネシア:昨年から海老養殖場を対象に環境改善材を散布
協力者:広島県環境産業クラスター担当のサポートを受けています。
Posted by さとうみ振興会 at 13:39 | 会員について | この記事のURL
「地域をつなぐ里海・里山交流シンポジウム 〜里海・里山ブランドとは?〜」が開催されます! [2017年02月01日(Wed)]
「地域をつなぐ里海里山交流シンポジウム 〜里海里山ブランドとは?〜」が開催されます!

ぜひご参加くださいわーい(嬉しい顔)

地域をつなぐ交流シンポチラシ.jpg


次項有チラシ&参加申込み用紙
→ 地域をつなぐ里海・里山交流シンポジウム.pdf

◆日時
平成29年2月18日(土) 13:00〜17:00(開場12:30)

◆場所
オルガ地下ホール
岡山市北区奉還町1-7-7
TEL 086-254-7244

◆主催
環境省/NPO里海づくり研究会議/日生町漁業協同組合/生活協同組合おかやまコープ/(公財)おかやま環境ネットワーク

◆後援
岡山県/備前市/真庭市/笠岡市/岡山市

◆参加費
無料

◆プログラム
13:00〜13:10 開会あいさつ(環境省中国四国環境事務所長 牛場雅己氏)
13:10〜13:50 基調講演T(里海から)
        (九州大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 副理事長 柳哲雄氏)
13:50〜14:30 基調講演U(里山から)
        (認定NPO共存の森ネットワーク 理事長 澁澤寿一氏)
14:30〜14:40 休憩
14:40〜16:50 パネルディスカッション『里海・里山ブランドとは?』
<コーディネーター>
広島大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 理事長 松田治氏
<パネリスト>
【里海から】
日生町漁業協同組合 専務理事 天倉辰巳氏/笠岡市漁業協同組合 北木島支所長 藤井和平氏/恩納村漁業協同組合 代表理事組合長 山城正巳氏/九州大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議副理事長 柳哲雄氏
【里山から】
認定NPO共存の森ネットワーク 理事長 澁澤寿一氏/真庭市 副市長 吉永忠洋氏/
【“まち”から】
岡山市 市民協働局ESD推進課 主査 友延栄一氏/生活協同組合おかやまコープ 理事 大岸貴美子氏
16:50〜17:00 閉会あいさつ(総評)
        (広島大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 理事長 松田治氏)
≪司会≫
NPO里海づくり研究会議理事・事務局長 田中丈裕氏
Posted by さとうみ振興会 at 13:31 | 事務局より | この記事のURL