CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
アサリ天然繁殖池での活動者を探しています! [2017年04月20日(Thu)]
山口県熊毛郡田布施町馬島においてアサリ天然繁殖池での活動者を探しています!

自然豊かな馬島の南側の池では、海水の交換が出来るので天然アサリを繁殖することができますぴかぴか(新しい)
所有者の木下嗣生さんから、後継者の育成を目的に、無料で漁具、漁船の譲渡並びに有償で、土地・建物の譲渡(土地面積3.8ha・鉄骨平屋193u)を希望しています。

海に親しみ田舎暮らしを考えている方は当会にご一報ください。

ひらめき馬島のパンフレットはコチラ → 馬島パンフレット.pdf

馬島パンフ1-vert.jpg


次項有連絡先
特定非営利活動法人 さとうみ振興会 事務局
電話082-533-6111 FAX082-533-6115
E-mail:office@satoumi.org
Posted by さとうみ振興会 at 11:40 | 事務局より | この記事のURL
「広島市に見る地域社会の再構築」について(ご報告)! [2017年04月05日(Wed)]
平成28年9月14日「広島市における持続可能な漁業への取り組み=つくり育てる漁業と生物多様性」について、横浜市立大学国際総合学部2年生(当時)の木村聖広(まさひろ)さんから地域調査実習として「里海」創生についてヒアリングを受けました。
(→ http://blog.canpan.info/nposatoumi/archive/396

この度、「広島市に見る地域社会の再構築」として取りまとめられた報告書の送付がありましたのでご紹介します。
報告書を閲覧されたい方は、事務局にて公開しておりますのでお気軽にお越しくださいわーい(嬉しい顔)

それ以外にも、「海は思考するのか」「大海の一滴 1000年の旅」などのDVDもご覧いただけますCD

P4031726.JPG


「広島市に見る地域社会の再構築」の内容は以下のとおりです。

第1部 地域コミニュテイの可能性

・地域社会における単身高齢者の孤立防止に向けた取り組み
・広島市における子どもの居場所づくり
・広島市における生活困窮者に対する支援の形
・日本におけるこれからの防災のあり方
・広島市西区における氏神神社と地域コミニュテイの関連性について

第2部 都市の中の第一次産業
・広島県産農作物の県内供給拡大に向けた取り組み
・広島市の農産物直売所活動の実態に関する考察
・広島市における持続可能な漁業に向けてー漁業の課題と里海創生の可能性
・日本型グリーン・ツ―リズムの普及を目指して

第3部 都市の魅力の模索
・広島市のインバウンド促進の取り組みと課題
・地方都市での文化芸術活動―広島市での演劇活動とその支援体制を事例に
・広島市における地域ブランド構築に向けた取り組み
・商店街活性化の意義についてー広島市中央部の商店街を事例に

第4部 平和と教育の接点
・平和教育における戦争記憶の伝承
・戦争遺産と平和推進の関わり合い
・広島市の国際交流について
・子どものスポーツ推進に向けた取り組み

かわいい 連絡先
〒730-0802 広島市中区本川町一丁目1-24 第二三田尾ビル305
特定非営利活動法人 さとうみ振興会 事務局
電話082-533-6111 FAX082-533-6115
メール office@satoumi.org

Posted by さとうみ振興会 at 15:06 | 事務局より | この記事のURL
『第4回かがわ「里海」づくりシンポジウム 海への誘い〜里海を体感する〜』が開催されます! [2017年03月08日(Wed)]
かがわ里海づくりシンポ0308.jpg『第4回かがわ「里海」づくりシンポジウム 海への誘い〜里海を体感する〜』が開催されます!
香川県で開催されるシンポジウムですが、近郊の方、ご興味のある方、ぜひご参加ください。

ひらめきチラシ&参加申込書
→ かがわ「里海」シンポジウムチラシ.pdf

詳細などは、かがわ「里海」づくり協議会のホームページをご確認下さい。
→ http://www.pref.kagawa.lg.jp/kankyo/mizukankyo/satoumi/

◆日時
平成29年3月18日(土)13:30〜16:00(開場12:30)

◆場所
香川県社会福祉総合センター コミュニティホール
香川県高松市番町1-10-35

◆定員
250名(先着順)

◆参加費
無料

◆主催
香川県/かがわ「里海」づくり協議会

◆共催
公益財団法人 香川県環境保全公社

◆内容
=第1部=
1.基調講演「山川里海をつなぐ自然再生の意義」
木村尚氏(NPO法人海辺つくり研究会理事)
2.対談「見る・聴く・感じる『里海』づくりのススメ」
  木村尚氏(NPO法人海辺つくり研究会理事)
  松田治氏(広島大学名誉教授・かがわ「里海」づくり協議会アドバイザー)

=第2部=
瀬戸フィルハーモニー交響楽団 弦楽四重奏
「海を奏でる」
「浜辺のうた」、「佐柳の子守歌」ほか

里海人宣言

◆お問い合せ・申込み先
香川県環境森林部環境管理課
TEL:087-832-3218
FAX:087-806-0228
E-mail:kankyokanri@pref.kagawa.lg.jp
Posted by さとうみ振興会 at 16:13 | 事務局より | この記事のURL
宮島未来ミーティングの呼坂達夫さんが来局されました! [2017年03月01日(Wed)]
宮島未来ミーティングの呼坂達夫さんが事務局にお越しになり、来年度の活動計画をお話してくださいました。

宮島未来ミーティングのホームページはコチラです。
→ http://miyazimamirai.web.fc2.com/

P2211710.JPG

左:理事長 右:呼坂さん


◆日時
平成29年2月21日(火)13時50分〜15時

◆議題
・活動団体相互の協働可能な環境学習の打ち合わせ
(お互いに28年度の活動報告の交換をしました。)
・活動家の高齢化に伴い次世代指導者への伝承をどのようにするか
・活動する資金の工面をどのようにするか
・活動支援者の幅を広げることができないか
等でした。

呼坂さんは、宮島の磯・生き物調査団としても活動されています。
宮島の磯・生き物調査団についてはコチラをご覧ください。
→ http://www.geocities.jp/rpshb933/new_page_11.htm

宮島の磯・生き物調査団の活動計画をご紹介しますので、ご支援、ご参加をお願いします。
次項有宮島の生き物調査団.pdf
ご興味のある方は事務局までご一報くださいひらめき

呼ぶ坂さんは以下のようなお話もしてくださいましたわーい(嬉しい顔)
1)宮島でもイノシシが増えているようです。捕獲の際寄生虫(ダニ)の写真を見せて頂きました。
2)鹿に餌を与えると「お辞儀」をする行為は鹿の闘争準備のポーズでもあるので気をつけること

宮島では、鹿にエサを与えるのは禁止されています(>_<)
Posted by さとうみ振興会 at 16:27 | 事務局より | この記事のURL
平成28年度広島県生涯学習研究実践交流会が開催されます! [2017年02月15日(Wed)]
広島県生涯学習研究実践交流会.png
平成28年度広島県生涯学習研究実践交流会が開催されます!

ぜひご参加くださいわーい(嬉しい顔)
詳細や、申し込みはコチラをご覧ください。
→ https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/center/center-model-syokuinkensyuu-jiseenkouryukai.html

==趣旨==
生涯学習・社会教育関係者が一堂に会して研究や実践を交流することで,生涯学習・社会教育を推進する上での資質を高めるとともに,連携・協働のプラットフォーム(幅広い機関・組織・団体等の乗り入れの場)として,生涯学習・社会教育関係者の広範なネットワークづくりを進めます。

◆日時
平成29年3月4日(土)13:00〜17:00

◆会場
広島経済大学立町キャンパス
広島市中区立町2-25

◆主催
広島県教育委員会/日本生涯教育学会(瀬戸内支部・生涯学習実践研究所広島支部)

◆プログラム
12:30 受付
13:00 開会行事

全体会
基調講演 人づくりからはじまる地域創生
講師:滋賀大学社会連携研究センター教授 神部 純一

交流会
参加者の皆様が「主役」の交流タイムです!

分科会
かわいい第1分科会 「育む」<青少年育成>
コーディネーター:広島女学院大学非常勤講師・中国新聞社NIEコーディネーター 新田 憲章


事例発表
「ふるさと吉賀町を支える人材を地域ぐるみで育てよう 〜吉賀町サクラマスプロジェクト〜」
島根県吉賀町教育委員会 課長補佐 城戸 明美
派遣社会教育主事 杉内 直也

事例発表
「学校と地域を巻き込んだ地域力アップ!アップ! 〜ハッとしてグーな子ども支援と地域力を生かしたまちづくり〜」
呉市宮原まちづくりセンター 館長 平畒 力

かわいい第2分科会「創る」<遊びの創造>
コーディネーター:香川大学生涯学習教育研究センタ―長・教授 清國 祐ニ

事例発表
「川上なんでも塾の活動について」
東広島市川上なんでも塾 塾長 村上 昭登

事例発表
学びがいっぱい!夢いっぱい!子どもおもしろ塾
三原市須波コミュニティセンター 
生涯学習相談員 藤田 芳美

かわいい第3分科会「生かす」<まちづくり>
コーディネーター:広島修道大学人文学部教授 山川 肖美

事例発表
「再現 安の花田植 〜地域伝統文化の継承と地域コミュニティネットワーク〜」
広島市安公民館 社会教育主事 内山 一紀

事例発表
「みんなが違うから公民館がいかせる 〜まち(環境)の違いからみる地域資源のいかし方〜」
山口県山陽小野田市教育委員会 中央公民館 主任主事 柿並 健吾
厚陽公民館 主任主事 増本 順之

全体会
基調講演についての質疑応答,意見交流等

16:55 閉会行事
報告

Posted by さとうみ振興会 at 13:22 | 事務局より | この記事のURL
「地域をつなぐ里海・里山交流シンポジウム 〜里海・里山ブランドとは?〜」が開催されます! [2017年02月01日(Wed)]
「地域をつなぐ里海里山交流シンポジウム 〜里海里山ブランドとは?〜」が開催されます!

ぜひご参加くださいわーい(嬉しい顔)

地域をつなぐ交流シンポチラシ.jpg


次項有チラシ&参加申込み用紙
→ 地域をつなぐ里海・里山交流シンポジウム.pdf

◆日時
平成29年2月18日(土) 13:00〜17:00(開場12:30)

◆場所
オルガ地下ホール
岡山市北区奉還町1-7-7
TEL 086-254-7244

◆主催
環境省/NPO里海づくり研究会議/日生町漁業協同組合/生活協同組合おかやまコープ/(公財)おかやま環境ネットワーク

◆後援
岡山県/備前市/真庭市/笠岡市/岡山市

◆参加費
無料

◆プログラム
13:00〜13:10 開会あいさつ(環境省中国四国環境事務所長 牛場雅己氏)
13:10〜13:50 基調講演T(里海から)
        (九州大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 副理事長 柳哲雄氏)
13:50〜14:30 基調講演U(里山から)
        (認定NPO共存の森ネットワーク 理事長 澁澤寿一氏)
14:30〜14:40 休憩
14:40〜16:50 パネルディスカッション『里海・里山ブランドとは?』
<コーディネーター>
広島大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 理事長 松田治氏
<パネリスト>
【里海から】
日生町漁業協同組合 専務理事 天倉辰巳氏/笠岡市漁業協同組合 北木島支所長 藤井和平氏/恩納村漁業協同組合 代表理事組合長 山城正巳氏/九州大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議副理事長 柳哲雄氏
【里山から】
認定NPO共存の森ネットワーク 理事長 澁澤寿一氏/真庭市 副市長 吉永忠洋氏/
【“まち”から】
岡山市 市民協働局ESD推進課 主査 友延栄一氏/生活協同組合おかやまコープ 理事 大岸貴美子氏
16:50〜17:00 閉会あいさつ(総評)
        (広島大学名誉教授・NPO里海づくり研究会議 理事長 松田治氏)
≪司会≫
NPO里海づくり研究会議理事・事務局長 田中丈裕氏
Posted by さとうみ振興会 at 13:31 | 事務局より | この記事のURL
瀬戸内法改正による豊かな「里海」実現を目指して! [2016年12月28日(Wed)]
12月19日(月)にNPO法人瀬戸内海研究会議 顧問の松田治先生が来局されました!

PC191684.JPG

左:田坂理事長 右:松田先生


瀬戸内海の環境を巡る国の政策は1970年代までの規制から80年、90年代の「保全」を経て2000年代は「修復、再生」へとシフトしてきました。
当会は、2001年11月から干潟の再生をテーマに新たな干潟創生、既存の干潟の保全活動に取り組んでまいりました。

すでに造成された人工干潟の保全活動を沿岸漁業者等と協働しながら覆砂量を少なく施工できる「薄層巻出し工法」の実証実験などの支援に取り組んで参りましたが、新規工法の採用も難しく、それに加え、沿岸漁業者の後継者不足が顕著になって保全活動が十分に行えず、さらに、貧栄養の海域が増え、例えばアサリの稚貝はあっても育たないなどの事例に遭遇しています。
国は、地域の実情にあった行政や漁業、住民等の関係者で、つくる湾灘協議会を設けて意見を集約するよう促していますが、コンクリート護岸等は、距離的にも心理的にも「海離れ」が進んでいます。まず地域住民が身近にある海で、地先漁業者の理解も得ながら干潟の保全活動の協働が出来ること、工夫などを通じて、ふるさとの海である「里海」として関わる仕組みづくりが急がれます。

先に周南市で行われた「多様な主体の協働による大島干潟保全を目指して」のシンポジウムのアンケートの結果、海に関心ある市民の方も多く、行政等の情報提供などを通じて市民、漁民等の協働による保全活動の促進を当会としても模索しているところです。
シンポジウム・アンケートについてはこちらをご覧ください。
→ http://blog.canpan.info/nposatoumi/archive/398

つきましては、その方策について皆様のご意見を頂きたいと思います。メール等で、お送りください。よろしくお願い致します。
メールアドレスmail to:office@satoumi.org

Posted by さとうみ振興会 at 10:49 | 事務局より | この記事のURL
事務所移転のお知らせ [2016年12月05日(Mon)]
ひらめきひらめき このたび事務所を移転する運びとなりましたのでお知らせ致します ひらめきひらめき

平成28年12月1日(木)より以下の新事務所での業務を開始致します。

電話番号も変更になりますのでご注意ください!

〒730−0802
広島市中区本川町一丁目1番24号 第二三田尾ビル305号室
電話:082−533−6111
FAX:082−533−6115



広電本川町駅のすぐ目の前で、1階に「MAISON RABELAIS(メゾン・ラブレ)」というケーキ屋さんが入ったビルですビル



本川町の電停の左側に「みたお鍼灸整骨院」と見えるビルです!

また、移転の環境整備により、
11月26日(土)〜11月30日(水)まで、電話・パソコン業務ができません。メールの送受信などの業務も停止になります。

急用の方は、理事長田坂の携帯電話にご連絡をお願い致します。
ご不便をおかけすることになりますが、よろしくお願い致しますあせあせ(飛び散る汗)

現在の事務所よりも少し広くなります。
共同で事務所を使用したいという方がいらっしゃいましたらご連絡ください!
Posted by さとうみ振興会 at 10:53 | 事務局より | この記事のURL
(有)百島農園代表の藤田武士さんが来局されました! [2016年09月28日(Wed)]
本日は、事務所にお越しいただいた方のご紹介ですわーい(嬉しい顔)
(有)百島農園代表の藤田武士さんがRCCの講演に行かれる途中に当会にお立ちよりくださいました。

尾道市百島町で農園をされています。
当会は、平成26年〜27年に「地域活性化に向けた協働取組加速化事業」で百島の地域活性化に取り組みました。
その事業はコチラ
→ http://blog.canpan.info/nposatoumi/category_26/

その時のご縁もあり、今回百島町の活性化についてお話を聞きました。
0928.JPG

左:理事長 田坂 勝   右:(有)百島農園代表 藤田武士さん


ひらめき百島では地域活性化に向けて、田舎暮らしの希望者を募集しています!ひらめき

ご興味のある方は、お話だけでも一度聞いてみてはいかがでしょうか?

応募条件:45歳以上で、自営を目指す人
イチゴを作って年収500万円(5年後の目標)
ハウス、設備一式レンタルします。
栽培指導:JA、百島農園(研修期間2〜3年)
住まい:集合宿泊所を準備します。
    戸建て空き家もあります。

短期滞在型プログラムや長期滞在型プログラムなどもありますよるんるん
→ http://momoshima-nouen.com/CCP012.html

詳しいお話やお問い合わせは、百島農園へお問合せください。
百島農園ホームページ
http://momoshima-nouen.com/
メールアドレス:Momoshima-nouen@ezweb.ne.jp
Posted by さとうみ振興会 at 15:37 | 事務局より | この記事のURL
ソーシャルアクションリングに当会の活動が掲載されました! [2016年09月09日(Fri)]
ソーシャルアクションリングに当会の活動が掲載されていますわーい(嬉しい顔)
ぜひご覧ください。(まだ旧名での掲載となっていますあせあせ(飛び散る汗)
http://www.social-action-ring.org/detail/detail-1867/

ひらめきソーシャルアクションリングとは・・・
「ソーシャルアクションリング」とは、確固たる信念と熱い志に根差した価値あるソーシャルプロジェクトを紹介するコンシェルジュサイトです。
またソーシャルプロジェクト同士が、その価値を称賛し合い、紹介し合うことで、社会全体におけるソーシャルプロジェクト自体の「価値」と「信頼」を相互に創造し、企業や個人が、それぞれの活動を応援できる場となることを目的としています。

Posted by さとうみ振興会 at 15:07 | 事務局より | この記事のURL