CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
(有)百島農園代表の藤田武士さんが来局されました! [2016年09月28日(Wed)]
本日は、事務所にお越しいただいた方のご紹介ですわーい(嬉しい顔)
(有)百島農園代表の藤田武士さんがRCCの講演に行かれる途中に当会にお立ちよりくださいました。

尾道市百島町で農園をされています。
当会は、平成26年〜27年に「地域活性化に向けた協働取組加速化事業」で百島の地域活性化に取り組みました。
その事業はコチラ
→ http://blog.canpan.info/nposatoumi/category_26/

その時のご縁もあり、今回百島町の活性化についてお話を聞きました。
0928.JPG

左:理事長 田坂 勝   右:(有)百島農園代表 藤田武士さん


ひらめき百島では地域活性化に向けて、田舎暮らしの希望者を募集しています!ひらめき

ご興味のある方は、お話だけでも一度聞いてみてはいかがでしょうか?

応募条件:45歳以上で、自営を目指す人
イチゴを作って年収500万円(5年後の目標)
ハウス、設備一式レンタルします。
栽培指導:JA、百島農園(研修期間2〜3年)
住まい:集合宿泊所を準備します。
    戸建て空き家もあります。

短期滞在型プログラムや長期滞在型プログラムなどもありますよるんるん
→ http://momoshima-nouen.com/CCP012.html

詳しいお話やお問い合わせは、百島農園へお問合せください。
百島農園ホームページ
http://momoshima-nouen.com/
メールアドレス:Momoshima-nouen@ezweb.ne.jp
Posted by さとうみ振興会 at 15:37 | 事務局より | この記事のURL
ソーシャルアクションリングに当会の活動が掲載されました! [2016年09月09日(Fri)]
ソーシャルアクションリングに当会の活動が掲載されていますわーい(嬉しい顔)
ぜひご覧ください。(まだ旧名での掲載となっていますあせあせ(飛び散る汗)
http://www.social-action-ring.org/detail/detail-1867/

ひらめきソーシャルアクションリングとは・・・
「ソーシャルアクションリング」とは、確固たる信念と熱い志に根差した価値あるソーシャルプロジェクトを紹介するコンシェルジュサイトです。
またソーシャルプロジェクト同士が、その価値を称賛し合い、紹介し合うことで、社会全体におけるソーシャルプロジェクト自体の「価値」と「信頼」を相互に創造し、企業や個人が、それぞれの活動を応援できる場となることを目的としています。

Posted by さとうみ振興会 at 15:07 | 事務局より | この記事のURL
平成28年度 瀬戸内海区水産研究所 研究成果発表会が開催されます! [2016年09月09日(Fri)]
0909瀬戸内海区水産研究所発表会.jpg平成28年度 瀬戸内海区水産研究所 研究成果発表会「水産研究の今〜海の生き物についてわかってきたこと〜」が開催されます!
皆さまぜひご参加ください。

事前申し込みが必要ですので、下記ホームページをご覧の上、瀬戸内海区水産研究所へ直接お申込みください。
→ http://feis.fra.affrc.go.jp/event/28seika/index.html

◆日時
平成28年10月1日(土)13:00〜16:00(開場12:00)

◆会場
広島マツダビル第3・4会議室 広島市中区幟町13-4

◆参加費
無料

◆定員
80名

◆プログラム
13:10〜 「アオサはなぜ増え、なぜ減った?〜藻場・干潟に現れた広島湾の環境変化と今後〜」
生産環境部 吉田 吾郎
13:40〜 「瀬戸内海の水産資源、増えたさかな、減ったさかな」
資源生産部 阪地 英男
14:10〜 「エビとアサリを一緒に育てる〜クルマエビ養殖場を活用したアサリ複合養殖〜」
海産無脊椎動物研究センター 山崎 英樹
14:55〜 「タウリンを食べれば魚も元気!!〜肝機能向上で有害物質の毒性を軽減〜」
環境保全研究センター 羽野 健志
15:25〜 総合討論

◆主催
国立研究開発法人水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所

◆お問い合わせ先
瀬戸内海区水産研究所 業務推進課
廿日市市丸石2-17-5
TEL:0829-55-0666
FAX:0829-54-1216
E-mail:info-feis@ml.affrc.go.jp
ホームページ:http:feis.fra.affrc.go.jp
Posted by さとうみ振興会 at 14:59 | 事務局より | この記事のURL
「生物多様性の維持と地域の活性化を実現し、青い地球を残すための広島セミナー」が開催されます! [2016年08月25日(Thu)]
0825青い地球を残すセミナー.jpg「生物多様性の維持と地域の活性化を実現し、青い地球を残すための広島セミナー」が開催されます!
皆さま、ぜひご参加ください。

チラシ&参加申込書はコチラです
→ epo青い地球セミナーチラシ&申込書.pdf

現在地球上には推定870万種類の生き物がおり、これらの生き物は、森や川、草原、湿地、海などの様々な環境で互いにバランスを保ちながら生きています。
また、私たちの暮らしは、食糧や水、気候の安定など多様な生物が関わり合う生態系からの恵により支えられています。
この生き物たちの豊かな個性とのつながり『生物多様性』が今、人間活動、外来種、地球温暖化等により危機に晒され、多くの生き物が絶滅の淵に立たされています。
現在を生きる我々が出来る身近な活動を通して、豊かな国土、青い地球を次なる100年に残すためのセミナーを開催します。

◆日時
平成28年10月19日(水)13:00〜16:30

◆場所
広島YMCA国際文化センター2号館地階コンベンションホール
広島市中区八丁堀7-11

◆定員
70名

◆参加費
無料

◆主催
環境省中国環境パートナーシップオフィス(EPOちゅうごく)

◆内容
第1部:基調講演
講演@「広島県の水生昆虫 −失われつつある多様性−」
講師:坂本充氏(広島市森林公園こんちゅう館 主任技師)
講演A「南限域に生息するカワシンジュガイの保全と地域の保護活動」
講師:内藤順一氏(認定NPO法人西中国山地自然研究会 副理事長)

第2部:事例紹介
・「広島県の生物多様性に対する取組み」
 神川勇人氏(広島県環境県民局自然環境課 課長)
・「特別天然記念物オオサンショウウオの保全活動 −地域・大学・自治体の協働−」
 清水則雄氏(広島大学総合博物館 助教)
・「広島県内の生物多様性に関する環境学習 −それはなにもないからはじまった−」
 奥山秀輝氏(広島県生物多様性普及ネットワーク 会長、環境カウンセラー)
・EPOちゅうごくの取組紹介
 西村浩美(EPOちゅうごくコーディネーター)
・質疑応答・連絡事項など
Posted by さとうみ振興会 at 14:14 | 事務局より | この記事のURL
瀬戸内海区水産研究所の一般公開が行われます! [2016年07月11日(Mon)]
瀬戸内海区水産研究所の一般公開が行われます!

テーマは「知れば広がる瀬戸内海」
瀬戸内海区水産研究所で実施している研究や瀬戸内海にすんでいる生き物などについて、多くの方々に理解していただくため毎年実施されています。

次項有詳しい内容や事前申し込みはコチラから!
→ http://feis.fra.affrc.go.jp/event/h28koukai/h28kaisai/index.html

◆日時
平成28年7月30日(土)10:00〜15:00

◆場所
瀬戸内海区水産研究所
〒739-0452 広島県廿日市市丸石2-17-5
※臨時駐車場を用意しています。
100台以上は駐車できる見込みですが、想定以上の来場があった場合は駐車できない場合があります。徒歩または自転車(駐輪場有)でのご来場もご検討ください。

◆参加料
無料

◆内容
・研究紹介コーナー
・漁業調査船しらふじ丸公開
※しらふじ丸では安全のため、滑りやすい、脱げやすい履物の方はご遠慮いただいています。
・魚介に触れるタッチプール
・海藻押し葉ハガキ
・チリメンモンスター観察会
※事前申込が必要です(小学生を対象に行います)
・ロープワーク教室
・水産研究所内ツアー(参加人数に限りがあります)
・かき氷(無料)
などなど

◆問い合わせ先
瀬戸内海区水産研究所 業務推進部 業務推進課
TEL:0829-55-0666 FAX:0829-54-1216
E-mail:info-feis@ml.affrc.go.jp

ひらめき当日の場内は全て禁煙です禁煙

Posted by さとうみ振興会 at 11:26 | 事務局より | この記事のURL
「宮島海岸GOMIゼロ大作戦」が開催されます! [2016年07月08日(Fri)]
宮島海岸GOMIゼロ大作戦が開催されます!
0707GOMIゼロ表.jpg
7月16日(土)に廿日市市宮島で、「宮島海岸GOMIゼロ大作戦」と題して6つの清掃プロジェクトが行われます。
イベントに参加して楽しみながらできる環境活動です。参加無料のプロジェクトが多いのでぜひご参加くださいるんるん

ひらめき詳しくは、広島ホームテレビのHPをご覧ください!
http://home-tv.co.jp/miyajimagomizero/

◆日時
平成28年7月16日(土)

◆場所
廿日市市宮島町の海岸

project1 スポGOMI!in包ヶ浦 先着10チーム!
スポーツ感覚でゴミ拾いを競おう!5人一組のチーム対抗戦。
家族や仲間でエントリーしよう。

project2 GOMI拾いウォーキング
宮島の豊かな自然の中でウォーキングを楽しむイベントです。国内で唯一宮島だけに生息しているミヤジマトンボに関するセミナーやクイズラリーもあるので、小さなお子様でも気軽に参加できます。

project3 GOMI拾いコン
チーム対応でゴミ拾いを行い、ポイントを競いながら、気になる人をチェック。ゴミ拾いの後はバーベキューパーティーも開催。宮島で新しい出会いを見つけてみよう。

project4 同時開催!AQUA SOCIAL FES!!2016(募集は締め切りました)
普段は、美しい腰細浦海岸も、高波や台風、潮流によって漂着ごみが打ち上げられてしまいます。海岸ごみ清掃活動とともに、回収されたごみはどんなものなのかという学習や、自然観察会やクラフトを実施します。

project5 同時開催!宮島南部海岸クリーンアップ!
遠目には美しい宮島の海岸。近づいてみると多くのごみが漂着しています。今回は、普段近寄れない宮島南西部に上陸し、漂着ごみの収集に汗をかいてもらい、そして、宮島から見る瀬戸内海の多島美を満喫してもらいます。

project6 同時開催!宮島エコツアー
エコツーリズムとは、地域ぐるみで自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指していく仕組みです。
宮島の七つの神様を巡る七浦めぐりや潮間の生物観等、豊かな自然と平安時代から近代に至るまでの歴史・文化の魅力をゆっくりとした時間で体感できるツアーとしております。

チラシ裏面

0707GOMIゼロウラ.jpg

Posted by さとうみ振興会 at 13:30 | 事務局より | この記事のURL
「山口県における浅場づくりとその効果〜みんなで創る豊かな海〜」が開催されます! [2016年01月22日(Fri)]
「山口県における浅場づくりとその効果〜みんなで創る豊かな海〜」が開催されます!
ぜひご参加ください。

次項有チラシ・申し込み用紙→ 山口県内における浅場づくりとその効果シンポ.pdf

◆日時
平静28年2月27日(土)14時〜16時40分

◆場所
シンフォニア岩国 大会議室
山口県岩国市三笠町1-1-1

◆プログラム
14:00〜14:15
あいさつ(宇部工業高等専門学校 三谷知世校長、岩国市市長)
14:20〜14:45
「瀬戸内海環境保全基本計画と浅場について」
放送大学 岡田光正教授
14:45〜15:10
「浚渫土を活用した干潟造成について」
国土交通省 中国地方整備局 宇部港湾・空港整備事務所 齋藤輝彦 所長
15:10〜15:30
「山口県で実施している漁場造成事業について」
山口県農林水産部 漁港漁場整備課 田井中剛 主査
15:40〜16:30
「岩国市由宇町神東地先における製鋼スラグによる藻場造成と漁獲状況について」
宇部工業専門学校 物質工学科 杉本憲司准教授
神代漁業協同組合 林悦雄 代表理事組合長

◆主催
宇部工業高等専門学校、神代漁業協同組合

◆後援
岩国市、日本水環境学会中国・四国支部
Posted by さとうみ振興会 at 16:39 | 事務局より | この記事のURL
名称を変更しました! [2015年11月02日(Mon)]
このたび、「瀬戸内里海振興会」は「さとうみ振興会」へと名称を変更しました!

瀬戸内海という範囲にとらわれず、活動したいという思い、また、「瀬戸内里海」という漢字ばかり続くと肝心の「里海」の部分が読みにくい、分かりにくいというお声を多数いただいていましたので、思い切って変更することにしました。

これまでどおり、精一杯活動してまいりますので、これからも新しいぴかぴか(新しい)「さとうみ」ぴかぴか(新しい)をよろしくお願い致します!ぴかぴか(新しい)

名称変更に伴い定款も改正しました。
当会を通じて以下の分野で活動したいボランティア活動者を募集しています。
また、協働の出来る団体(任意団体を含む)様も募集しております。

下記分野で、少しでもご興味の湧いた方や団体、民間業者様は、お気軽に事務局までご連絡下さい。
かわいいお問合せ・連絡先
電話:082-298-1221  FAX:082-298-1220
E-mail:office@satoumi.org

1、名称
特定非営利活動法人 さとうみ振興会
旧名称「特定非営利活動法人瀬戸内里海振興会」

1、主たる事務所
広島市中区上八丁堀8番10号
1、登記
名称変更、目的及び事業の変更
(狙い、判りやすい呼び名に変更、瀬戸内海の広域な活動を改め流域(湾・灘)ごとの活動を目指し、山・川・海での活動団体との連携を目指します。)

1、認証書到達の年月日
平成27年10月6日

1、登記事項
平成27年10月14日以下を登記しました。
「目的等」この法人は、ふるさとの海である山・川・海の連携に伴う里海の保全、再生、創造、活用及び地域のまちづくりの推進等に関する事業並びに、これら事業に係る全ての事業を行うことにより、地域の環境の保全と経済活動の活性化を図ることを目的とする。

この法人は、上記の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行います。
1、保健・医療又は福祉の増進を図る活動
2、社会教育の推進を図る活動
3、まちづくりの推進を図る活動
4、学術・文化・芸術又はスポーツの振興を図る活動
5、環境の保全を図る活動
6、災害救援活動
7、地域安全活動
8、人権の擁護又は平和の推進を図る活動
9、国際協力の活動
10、男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
11、子どもの健全育成を図る活動
12、情報社会の発展を図る活動
13、科学技術の振興を図る活動
14、経済活動の活性化を図る活動
15、職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
16、消費者の保護を図る活動
17、観光の推進を図る活動
18、農山漁村又は中間地域の振興を図る活動
19、前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

この法人は、上記の目的を達成するため、次の事業を行います。

1、特定非営利活動に係る事業
(1)山・川・海の保全、再生、創造、活用に関する調査研究などに関する事業
(2)山・川・海の保全、再生、創造、活用に関する情報の普及に関する事業
(3)山・川・海をベースとする「まちづくり」の推進に関する事業
(4)山・川・海における自然体験活動、環境教育の振興に関する事業
(5)山・川・海のイベント、シンポジウム、講演会、見学会などに関する事業
(6)山・川・海の産・官・学・民との連携事業に関する事業
(7)山・川・海を愛する学術、文化、スポーツに関する事業
(8)人材派遣に関する事業(特定労働者派遣事業届 平成24年4月25日 特34-301883)
(9)農漁村等の海産物の安全・安心並びにブランド化に関する事業
(10)高齢社会の支援(保険・医療・福祉増進・後見人)に関する事
(11)情報システムの活用並びに科学技術の振興に関する事業
(12)観光事業等を通じて平和の推進、国際協力並びに男女共同参画社会形成に関する事業
(13)海運事業の活性化に関する事業
(14)子育て支援に関する事業
(15)農村漁村研究実践事業
(16)環境調査に関する事業
(17)海洋開発の技術に関する事業
(18)他団体と協働事業推進に関する事業

2、その他の事業
(1)国、地方公共団体の行う清掃事業、リサイクル事業の支援に関する事業
(2)図書・地図等の作成並びに販売に関する事業
(3)環境に資する玩具・模型等の制作並びに販売に関する事業
Posted by さとうみ振興会 at 17:20 | 事務局より | この記事のURL
「帆船フェスタひろしま2015」が開催されます! [2015年10月06日(Tue)]
「帆船フェスタひろしま2015」船が開催されます!

帆船「日本丸」広島港にやってくる!
独立行政法人航海訓練所が運航する帆船「日本丸」が広島港に寄港します。
航海訓練所では毎年多くの訓練生が海の世界の主役となるため、実習を行っています。「日本丸」は帆船としては世界最大級で、その華麗な姿から「太平洋の白鳥」とも呼ばれています。
ぜひ、広島港での「日本丸」の勇姿と、練習生の鍛えられた技・爽やかな姿をご覧ください。

次項有チラシ
→ 帆船フェスタひろしま2015.pdf

◆日時
平成27年10月24日(土)10:00〜16:30、25日(日)9:00〜16:00

◆場所
宇品外貿ふ頭(1万トンバース)・宇品波止場公園
※駐車台数に限りがあります。できるたけ公共交通機関をご利用ください。
駐車料金 500円/台・日
会場〜第2駐車場(宇品旅客ターミナル前)無料シャトルバス運行

◆イベント内容
10月24日(土)
13:00〜15:30 日本丸セイルドリル(操帆訓練)見学会
帆船の帆を張る訓練を岸壁から見学できます。(帆が完全に開いた状態は14時ごろの予定)帆を張った姿を見られるのはこのときだけです!(天候などにより行われないことがあります)

10月25日(日)
日本丸船内見学会(事前申込み不要)
@午前の部9:00〜11:30(11:00乗船締切)
A午後の部13:00〜16:00(15:30乗船締切)

両日共通イベント
24日10:00〜16:30、25日9:00〜16:00
広島市南消防署の消防艇による展示放水(1日各2回)、海事関係団体等による海の仕事の紹介、ステージイベント(地域住民・団体の出演)、県産品(飲食品など)の販売

その他イベント
入港:10月23日(金)10:00予定
イルミネーション点灯;停泊期間中の夜間(日没〜22:00)
出港 登檣礼:10月27日(火)10::頃
出港時に実習生がマスト上から挨拶します。

◆お問合せ
広島県土木建築局港湾振興課
TEL:082-513-4033
Posted by さとうみ振興会 at 14:45 | 事務局より | この記事のURL
「第6回 瀬戸内海水産フォーラム」が開催されます! [2015年10月01日(Thu)]
『瀬戸内海の海の幸をよりおいしく!』をテーマとして、「第6回 瀬戸内海水産フォーラム」が開催されます!

===案内より抜粋===

今回は、魚介類に付加価値を与えるために各地で取り組まれている技術開発の事例をいくつかご紹介するとともに、瀬戸内海の魚をさらにおいしくするためのアイデアをご参加の皆さまからもご提案いただきながら、今後の展開についてともに考える機会にすることを目的としています。ご興味がおありの節は、ぜひお越しくださいますようお願い申し上げます。

参加人数把握の参考のため、参加を希望される方は以下のいずれかの方法で平成27年10月16日(金)までにお申し込みください。
1、参加者連絡票に必要事項をご記入の上、FAXで送信
2、電子メールにて、「info-feis@ml.affrc.go.jp」へ参加者連絡票と同じ必要事項を記入の上送信

次項有参加連絡票
→ 第6回瀬戸内海水産フォーラム.pdf

◆日時
平成27年10月24日(土) 13:00〜17:00

◆場所
RCC文化センター 7階
〒730-0005 広島意中区橋本町5-11

◆プログラム
1.「オリーブを利用した新たな水産物の開発」
大山 憲一(香川県水産試験場 増養殖研究部門)

2.『愛育フィッシュの新ブランド「みかんフィッシュ」を売り込め! 』
水野 かおり(愛媛県農林水産研究所水産研究センター 研究企画室)

3.「養殖魚のブランド化に必要な科学的特徴と生産基準の策定(かぼすブリ)」
木藪 仁和(大分県農林水産研究指導センター水産研究部 養殖環境チーム)

4.「養殖カキのブランド化戦略の傾向と対策」
浜口 昌巳((研)水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 生産環境部)

5.「サワラの資源回復とその利用促進活動」
山本 義久((研)水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所 増養殖部)

6.「知財活用による漁獲魚の販売戦略」
岡崎 尚(広島県立総合技術研究所 水産海洋技術センター長)

7.総合討論

◆参加費
無料

◆定員
150名程度

◆お問い合わせ
国立研究開発法人水産総合研究センター 瀬戸内海区水産総合研究センター 業務推進課
〒739-0452 広島県廿日市市丸石2-17-5
TEL:0829-55-0666 FAX:0829-54-1216
E-mail:info-feis@ml.affrc.go.jp
URL:http://feis.fra.affrc.go.jp/
Posted by さとうみ振興会 at 14:37 | 事務局より | この記事のURL