CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
第18回 広島湾研究集会が開催されます! [2017年11月02日(Thu)]
第18回 広島湾研究集会「漁業の持続・発展のための物理・化学的アプローチ」が開催されます!
ぜひご参加ください。

次項有チラシ →第18回広島湾研究集会.pdf

==開催趣旨==
2015年10月の瀬戸内海環境保全特別措置法の大幅改正により、流入負荷削減のみの施策から、瀬戸内海を「道」「畑」「庭」とみなす、いわゆる「里海」的発想に基づく環境修復へと大きく舵が切られた。瀬戸内海の歴史の中で、高度経済成長時の埋立によって浅場が喪失したことにより、生態系に対して大きな影響があったことは疑いのないことであり、このたびの法改正でも、失った浅場の回復が重要課題となっている。干満によって呼吸する干潟は人間の肺に例えられるように、その代表的機能として海水への酸素供給と有機物の酸化分解による浄化という重要な役割を担っていると考えられている。研究集会では、干潟の基本的な機能について学び、現在行われている干潟再生プロジェクトについて情報交換するとともに、今後の干潟の維持・管理、人工干潟造成についての手法や計画等について考え、議論する場としたい。

◆日時
平成29年11月16日(木)13時〜17時

◆場所
広島市西区民文化センター
〒733-0013 西区横川新町6番1号

◆内容
1.「アサリ資源回復への幼生追跡実験の貢献」
高橋暁(産総研地質情報)、浜口昌巳・伊藤篤志(水産機構瀬水研)

2.「産業系リサイクル材による貧酸素水塊抑制効果の数値モデル解析」
山本弘規(復建調査設計(株))、山本民次(広大院生物圏)、三戸勇吾(復建調査設計(株))、浅岡聡(神戸大院海事)

3.「局所的施肥による養殖カキの増重および周辺環境への影響に関する評価」
山本民次(広大院生物圏)、中原慎也・平岡喜代典(広島県環保協)、陸田秀実(広大院工)

4.「物理的観点から考察した有害赤潮の予測とモニタリング」
青木一弘(水産機構中央水研)、鬼塚剛(水産機構瀬水研)、清水学(水産機構)、黒田寛(水産機構北水圏)、松尾斉(東町漁協)、吉村直晃(熊本水研セ)、中島広樹(鹿児島水技セ)、山砥稔文(長崎水試)

5.「リモートセンシングによる広島湾の水質環境評価の試み」
作野裕司(広大院工)

6.「漁業者と協働する漁海況モニタリング」
渡慶次力(宮崎水試)

総合討論
座長:高橋暁(産総研地質情報)、山本民次(広大院生物圏科学)

◆申込先
氏名・所属・電話番号・メールアドレスを記載し、11月5日(金)までに、高橋さん(メールs-takahashi@aist.go.jp)までご連絡ください。

ひらめきまた、広島市では市政出前講座というのもしています。
「市政出前講座」とは、市の職員などが講師となり、皆さんの地域に出向き、市の施策や制度・事業などを説明するものです。
地域のまちづくり活動や生涯学習活動などにご利用ください。
メニューは155テーマあります。

詳しくはこちらをご覧ください。
→ http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1155874983242/index.html

ほんの一部をご紹介します。
「とれとれ広島地魚の話」(広島市水産課 TEL:082-504-2252)
「青果・水産物・花きの市場流通」(中央市場 082-279-2400)

ひらめき中国地方整備局でも出前講座をしています。
皆さまからのご注文に応じて、各種会議、イベント、現地見学会、町内会、子供会、学校の授業等に中国地方整備局職員がおじゃまして、川、道路、ダム、港等についての取り組みや職員の専門的知識を活かしたお話をお届けします。
日頃の疑問や、興味のあることで、講座の出前を頼んでみませんか?

選べるメニューは330講座です。
詳しくはコチラをご覧ください。
→ http://www.cgr.mlit.go.jp/cginfo/account/kouza/goannai.html

「広島湾再生プロジェクト」広島湾再生行動計画の取り組み、などもあります。

申込み、問い合わせは中国地方整備局 (出前講座事務局) 企画部企画課出前講座担当(TEL 082−221−9231 )までお願い致します。
Posted by さとうみ振興会 at 15:00 | 事務局より | この記事のURL
G7ボローニャ環境大臣会合で海洋ごみ問題について合意がされました [2017年10月23日(Mon)]
G7ボローニャ環境大臣会合で海洋ごみ問題について以下の通り合意がされました。

日時:平成29年6月11日〜12日
場所:イタリア ボローニャ市
参加国:日本・イタリア・カナダ・フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・EU
招聘国:チリ・エチオピア・モルディブ・ルワンダ

海洋ごみ問題に対処するため、G7行動計画を通じて行われた価値ある作業を認識、とりわけプラスチックごみ及びマイクロプラスチックに対する懸念を改めて表明し、この地球規模の脅威との戦いに対するコミットメントを再確認、海洋ごみ問題に対処するためG7行動計画をさらに実地する決意を表明しました。

モニタリング及び評価のための科学に基づく指標及び方法の調和、海洋環境へのプラスチックの流出を避けるため、マイクロビーズを含む使い捨てプラスチックやマイクロプラスチックの斬新的な削減等の取り組みを進めることが合意されました。

日本においてもマイクロプラスチックは大きな問題となっています。
このような記事が掲載されていましたので、こちらもあわせてぜひご覧ください。
次項有 ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは

日本における海洋ごみ(漂流・漂着・海底ごみ)対策として、以下のようにされています。
美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に関する法律(平成21年法律第82号)及び同法の参議院付帯決議並びに同法を受けて閣議決定された基本方針に基づき、漂着ごみ対策の総合的かつ効果的な推進に努めるとあり、海洋ごみの回収、処理や発生抑制対策の推進のため、引き続き、地方自治体への財政支援が実施されます。

さらに、異常に堆積した海岸漂着ごみや流木等が海岸保全施設の機能を阻害することとなる場合には、その処理をするため災害関連緊急大規模流木等処理対策事業による支援も行います。
漂流ごみについては、船舶航行の安全を確保し、海域環境の保全を図るため、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海及び有明海・八代海等の閉鎖海域において、海域に漂流する流木等のごみの回収を行います。

また、海岸や沿岸、沖合海域において、近年、生態系を含めた海洋環境への与える影響も懸念されているマイクロプラスチックを含む海洋ごみの組成や分布密度等を定量的に把握するため、モニタリングを実施します。

とりわけ、マイクロプラスチックについては、日本近海に加え、日本から南極至る広範な海域において分布調査をおこなうこととし、マイクロプラスチックに吸着しているPCB等の有害化学物質の量を把握するための調査を進めます。

とあります。

当会は市民参加のごみ回収活動に参加しながらマイクロプラスチック対策に係る活動を継続して参ります。

過去、マイクロプラスチック、海洋ゴミについて言及した記事についてはこちらです。
かわいい→ マイクロプラスチックについての講演会を開催しました! 
かわいい→ 海ゴミに関連する写真のご紹介です
かわいい→ 広島県海岸漂着物等対策推進地域計画策定に係る検討会に出席しました!

Posted by さとうみ振興会 at 12:46 | 事務局より | この記事のURL
「第7回瀬戸内海水産フォーラム〜瀬戸内海の穴子と鱧を考える〜」が開催されます! [2017年10月10日(Tue)]
「第7回瀬戸内海水産フォーラム〜瀬戸内海の穴子と鱧を考える〜」が開催されます!
皆さまぜひご参加ください。参加には事前申し込みが必要になります。

===瀬戸内海区水産研究所より===
毎回、瀬戸内海の水産及び環境問題で関心の高いテーマを取り上げ、関係研究機関などで得られた成果を多面的な視点から発表・解説することを目的としています。
 第7回となる今回は「瀬戸内海の穴子と鱧を考える」を主題とし、瀬戸内海水産フォーラムでは初めて魚類資源に焦点を当てることといたしました。瀬戸内海では馴染みの深いマアナゴとハモについて、生物としての特性、各地先の漁業等の情報、利用・加工するお店の話などを紹介します。総合討論では、発表者に加え、生産者及び消費者を代表して皆様にも御参加いただき、更に議論を深めたいと考えます。御来場、お待ちしております。

第7回瀬戸内海水産研究フォーラム.jpg
◆日時
平成29年10月28日(土)13:00〜17:00

◆場所
RCC文化センター
広島市中区橋本町5-11

◆参加料
無料

◆定員
150名

◆主催
(研)水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所/瀬戸内海ブロック試験場長会

◆後援
水産庁瀬戸内海漁業調整事務所

◆プログラム
1.「瀬戸内海における主要底魚類の漁獲量と資源量の推移」
  阪地 英男:水産機構・瀬戸内海区水産研究所
2.「アナゴとハモの生物学」
  望岡 典隆:九州大学
3.「瀬戸内海東部海域におけるマアナゴの生態について」
  五利江 重昭:兵庫県立農林水産技術総合センター)
4.「ハモの素顔とキレイなハモを市場に提供するための工夫」
  上田 幸男・岡ア 孝博:徳島県立農林水産総合技術支援センター
5.「山口県瀬戸内海産のハモの漁獲実態」
  國森 拓也:山口県水産研究センター
6.「駅弁屋主人の目線で見た穴子と鱧」
  上野 純一:あなごめし うえの
7.総合討論

◆申込方法
【FAX の場合】
参加者連絡票 へ連絡事項を記入していただき、平成29年10月18日(水)までに FAX.0829-54-1216 宛に送信願います。
参加者連絡票 →第7回瀬戸内海水産フォーラム参加申込み.pdf

【E-mail の場合】
記載例をご参考に、タイトルを「第7回 瀬戸内海水産フォーラム 参加希望人数」としたメールを、平成29年10月18日(水)までに info-feis@ml.affrc.go.jp 宛に送信願います。
※迷惑メール防止のため、@を全角表記にしています。メール送信の際は、@を半角表記へ書き換え願います。

※ファイル添付メールは、受信できませんので、お手数ですがメール本文に記載いただくようお願いいたします。
詳しい記載例などは、瀬戸内海区水産研究所のHPをご覧ください。
→ http://feis.fra.affrc.go.jp/event/7th_forum/7th_forum_h29kaisai/index.html

Posted by さとうみ振興会 at 12:34 | 事務局より | この記事のURL
シンポジウムのお知らせです! [2017年08月25日(Fri)]
シンポジウムの案内が届きましたのでお知らせです。
東京と横浜での開催されるシンポジウムですが、お近くの方や興味のある方はぜひご参加くださいわーい(嬉しい顔)

かわいい日本海洋人間学会 第6回学会大会

→ http://6th2017.jsmta.jp/wp2017/?page_id=11

◆期日
2017 年 9 月16 日(土)〜17日(日)

◆場所
東京海洋大学品川キャンパス 白鷹館

◆大会プログラム
【第1日目】
10:30 受付開始
11:00〜12:00 研究発表、実践報告

 <一般公開・無料>
13:10 基調講演「海洋教育の方向性」 橋洋子(文部科学省)
14:00 シンポジウム1 「海洋人材確保の方向性」
「幼児期からの海辺の体験活動」 齋藤雄(国立青少年教育振興機構)
「小学校における海辺の体験活動への取り組み」 小正和彦(横浜市教育委員会)
「高等学校(水産高校)における人材育成」 丸ア敏夫(愛知県立三谷水産高等学校)
15:40 シンポジウム2 「海洋分野における若年層育成のあり方」
「水産系企業の若年船員の育成」 小栗謙司(日本かつお・まぐろ漁業協同組合)
「外航船社における人材育成」 脇修一(株式会社商船三井)
「内航海運会社における若手船員の人材育成」 立石尚登(NSユナイテッド内航海運株式会社)

【第2日目】
09:00    受付開始
09:30〜12:00 研究発表、実践報告
昼食
13:00〜14:00 研究発表、実践報告
14:10〜15:00 第4回日本海洋人間学会総会
15:00〜15:15 優秀発表賞等表彰式

かわいい第18回東京湾シンポジウム ―沿岸域の持つサービスと沿岸環境−

◆日時
2017年10月20日(金) 13:00‐17:30(開場12:00)

◆場所
横浜港大さん橋国際客船ターミナル 大さん橋ホール

◆主催
国土技術政策総合研究所

◆申し込み方法・詳細
事前登録制(定員350名)
下記Webサイトをご覧ください。
http://www.ysk.nilim.go.jp/kakubu/engan/kaiyou/kenkyu/tokyobay-sympo.html

◆参加費
無料

◆講演者および講演題目
【第1部】
「東京湾沿岸の土木・産業遺産」 岡田昌彰(近畿大学)
「ウォーターフロントの住宅を選択した住民の居住環境意識」 寺口敬秀(日本大学)
「神社に着目した海からの精神的恩恵の定量評価に関する検討」 秋山吉寛(国土技術政策総合研究所)
「東京湾における二酸化炭素吸収」 久保篤史(静岡大学)

休憩 & ポスターセッション

【第2部】UMIプロジェクト報告
「マルハニチロのアマモ場再生活動報告」 齋藤麻里(マルハニチロ)
「東京ガスグループ『森里海つなぐプロジェクト』」 鍛治由紀(東京ガス)

【第3部】
「温暖化にともない藻場・サンゴ礁の生物多様性はどう変わっていくのか」 熊谷直喜(国立環境研究所)
「東京湾を心理学する −生態系サービスへの価値志向性(ESVO)に着目して−」 杉野弘明(東京大学)
「海外におけるEco-DRR/グリーンインフラの動向」古田尚也(大正大学)
Posted by さとうみ振興会 at 13:05 | 事務局より | この記事のURL
瀬戸内海区水産研究所一般公開「もっと知りたい!瀬戸内海2017」が開催されます! [2017年08月01日(Tue)]
瀬戸内海区水産研究所2017.jpg
瀬戸内海区水産研究所一般公開「もっと知りたい!瀬戸内海2017」が開催されます!

瀬戸内海区水産研究所で実施している研究や瀬戸内海にすんでいる生き物などについて、多くの方々に知ってもらうために毎年実施されています。
ぜひこの機会にご参加くださいわーい(嬉しい顔)

当日の場内はすべて禁煙です禁煙

◆日時
平成29年9月2日(土)10:00〜15:00

◆場所
瀬戸内海区水産研究所
〒739-0452 広島県廿日市市丸石2-17-5

◆アクセス情報
・JR大野浦駅より徒歩20分(※連絡バスは運行しません)
・臨時駐車場があります
※100台以上駐車できる見込みですが、想定以上の来場があった場合は駐車できない場合があります。

◆おもなイベント
ひらめき研究紹介コーナー
ひらめき漁業調査船しらふじ丸公開(滑りやすい、脱げやすい靴はご遠慮ください)
ひらめき魚介に触れるタッチプール
ひらめき海藻押し葉ハガキ
ひらめきチリメンモンスター観察会(小学生対象)
 ※事前申込が必要です!
ひらめきロープワーク教室
ひらめきおさかなクイズ大会
ひらめき研究所所内ツアー
 ※参加人数に限りがあります
ひらめきかき氷(無料)

◆参加費
無料

◆問合せ・申込み先
瀬戸内海区水産研究所 業務推進部 業務推進課
TEL:0829-55-0666 FAX:0829-54-1216
E-mail:info-feis@ml.affrc.go.jp
URL:http://feis.fra.affrc.go.jp/
Posted by さとうみ振興会 at 13:25 | 事務局より | この記事のURL
身近な美化活動の紹介です! [2017年07月25日(Tue)]
当会では毎年海浜清掃に参加していますが、海岸清掃以外にも美化活動をされている方がいらっしゃいますのでご紹介します。

(1)歩道にこびりついているガムを取り除く活動
歩道にこびりついているガムを、週2回取り除く活動を実施している企業の方々です。
相生通、鯉城通でされているとのことです。
氷をビニール袋にいれガムに押し付けて数分間放置し固まったら棒などでこすりはがす。
油(サラダ油)をかけてヘラ(古歯ブラシ)で擦って取るなどを2名で行っています。

07251-horz.jpg

作業の様子


07253-horz.jpg

左:歩道についたガム  左:「ガム除去作業中」のコーンを立てての作業


(2)相生橋に植生されている花壇の水やり作業の紹介

相生橋には、花壇に花が植えてあります。きれいで元安川からの風とも相まって、通勤途中に癒されるひとときです。
そんな花壇は、ご夫婦が週2回相生橋と広島駅前で早朝水やりをされています。
手作業で大変な作業ですが頑張っておられます。
07255-tile.jpg

上段:手押し車にタンクを乗せて花壇まで運搬し、水やりをします
下段:駐車は50m先

少し目をやるだけでも、いろんな人が美化活動に尽力していますねぴかぴか(新しい)
Posted by さとうみ振興会 at 16:52 | 事務局より | この記事のURL
「科学教育研究協議会  第64回全国研究大会 広島大会」が開催されます! [2017年07月11日(Tue)]
全国研究大会チラシ.jpg
「科学教育研究協議会  第64回全国研究大会 広島大会」が開催されます!

大会参加のみは当日会場で受付けます。発表・出展・巡検・弁当は事前申し込み必要です。(締め切りました。)
詳細・申し込みは「科教協HP」(http://kakyokyo.main.jp/archives/833) でご確認下さいわーい(嬉しい顔)

チラシの写真に当会理事の濱川が撮影した写真が使用されていますカメラ
ちょうど日付が記載されている箇所の写真ですぴかぴか(新しい)

大会テーマ
「自然科学をすべての国民のものに」
 〜平和のための自然科学教育の創造を〜


◆日時
8月7日(月)・8日(火)・9日(水)

◆会場
【7日(月)午前:科学お楽しみ広場】
なぎさ公園小学校
広島市佐伯区海老山南2−2−30
【全体会・分科会・ナイター講座】
広島なぎさ中学高等学校
広島市佐伯区海老山南2−2−1

◆主催
科学教育研究協議会

◆後援
広島県教育委員会/広島市教育委員会/廿日市市教育委員会/呉市教育委員会/東広島市教育委員会/坂町教育委員会/府中町教育委員会/海田町教育委員会/熊野町教育委員会/広島県私立中学高等学校協会/中国新聞社/少年写真新聞社/日本教育新聞社/日本教育公務員弘済会広島支部/地学団体研究会/日本化学会/日本地球惑星科学連合/日本地質学会/日本天文学会/日本物理教育学会/日本科学者会議/応用物理学会/日本地震学会/日本物理学会 (順不同)

◆大会日程
平成29年8月7日(月)・8日(火)・9日(水)

8月6日(日)
全国代表者会議 17:30〜 19:30 まちづくり市民交流プラザ北棟5F 研修室C

7日 (月)
・科学お楽しみ広場 (なぎさ公園小体育館)
・はじめの全体会( 講演・演劇) (なぎさ中学校・高校 体育館)
・ナイター講座I・司会者会議   (なぎさ中学校・高校)

8日
・分科会 (なぎさ中学校・高校)
・特別分科会 (なぎさ中高)
・ナイター講座U (なぎさ中学校・高校)

9日
・分科会 (なぎさ中学校・高校)
・おわりの全体会 (なぎさ中学校・高校)
・巡検 平和公園慰霊碑巡り

10日(木)
巡検「被爆建物・樹木巡り」7時30分広島駅南口噴水前集合 7:30 〜 17:00

◆参加費
2日以上参加:科教協会員4000円、未会員5000円、広島県内教員4000円
(非常勤講師・大学生・大学院生 1000円)
1日参加:2000円 (非常勤講師・大学生・大学院生 1000円)
Posted by さとうみ振興会 at 11:07 | 事務局より | この記事のURL
海浜清掃活動(リフレッシュ瀬戸内)が開催されます! [2017年06月12日(Mon)]
今年も、海浜清掃活動(リフレッシュ瀬戸内)が下記のとおり実施されます!

お近くの方はぜひご参加ください。
参加される方で、当会のTシャツをお持ちでない方は事務局までお知らせください。無料でお配りします。

暑くなることが予想されますので、水分補給はしっかりとお願いしますわーい(嬉しい顔)

07093清掃風景.JPG

2015年度の様子(大浦崎海岸)


1.宮島の海と川の清掃(参加募集は締め切りました)
日時:平成29年6月24日(土) 14時〜15時(予定)
集合場所:宮島神社入口付近(午後1時45分)
※雨天の場合7月8日(土)午後1時45分集合に順延です。
 悪天候による中止の決定は両日とも午前10時までに判断します。
清掃用具(ゴミ袋・手袋・火ばさみ等)は廿日市市が用意します。
 (お問合せ:廿日市市宮島支所環境産業グループ 金川 0829-44-2003)

2.呉市大浦崎海岸
日時:平成29年7月1日(土) 9時〜10時30分(予定)
持参物:帽子・タオル
※雨天の場合は7月2日(日)午前9時に延期です。
当日6時30分の時点で中止かどうか決定します。
 参加予定者に電話連絡します。(呉市担当携帯電話090-8603-5420)
 清掃用具(ゴミ袋・手袋・火ばさみ等)は呉市が用意します。

3.広島みなと公園(南区宇品海岸一丁目 県営桟橋東隣)
日時:平成29年7月2日(日) 7時〜8時(予定)
持参物:帽子・タオル
内容:公園内及び周辺のごみ拾い
※清掃用具(ゴミ袋・手袋・火ばさみ等)は広島市が用意します。
 雨天の場合は中止です。
 (お問合せ:広島市都市整備局みなと振興課(082-504-2337))

4.七浦海岸(呉市安浦町安登1048-6)
呉市立川尻中学校1年生の皆さんも参加されます。
日時:平成29年6月19日(月)8:30〜10:50(予定)
持参物:帽子・タオル
※雨天時は6月23日(金)に順延
Posted by さとうみ振興会 at 15:12 | 事務局より | この記事のURL
第14回通常総会を開催します! [2017年05月12日(Fri)]
第14回通常総会を開催します!

会員の皆さまには、出欠表を送付していますので5月25日(木)までに返信をお願い致します。
欠席される方は、必ず委任状のご提出をお願い致します。

賛助会員、ボランティア会員、協働希望個人、法人の方も参加できますので、ご希望の方は同じく5月25日(木)までに事務局までお知らせくださいわーい(嬉しい顔)

なお、評決権は正会員のみとなっております。

◆日時
平成29年5月30日(火)14時30分〜

◆場所
広島市中区本川町一丁目1番24号 第二三田尾ビル305
特定非営利活動法人 さとうみ振興会事務局内
※広電本川町駅のすぐ目の前で、1階に「MAISON RABELAIS(メゾン・ラブレ)」というケーキ屋さんが入ったビルです。

◆議事次第
○報告事項
第1号議案  事務局員光森翼のキャリア形成促進の実施について
第2号議案  事務局員光森翼の給与改定について
第3号議案  事業部門の職員雇用の採用検討状況について
第4号議案  事務所移転並びに諸手続について
第5号議案  販売協定の締結について

○審議事項
第6号議案  第8期役員候補者名簿
第7号議案  平成28年度事業実施報告並びに会計報告・会計監査報告
第8号議案  平成29年度会員状況と事務局体制について
第9号議案  旅費等の基準についての一部改正について
第10号議案  定款改正について
第11号議案  役員の退職規程について
第12号議案  受託事業の実績と傾向について
第13号議案  歴代理事長による座談会の開催について
第14号議案  平成29年度事業計画並びに予算計画について

◆申込・問合せ先
特定非営利活動法人 さとうみ振興会事務局
〒730-0802
広島市中区本川町一丁目1番24号 第二三田尾ビル305
TEL:082-533-6111  FAX:082-533-6115
E-mail:office@satoumi.org
Posted by さとうみ振興会 at 13:01 | 事務局より | この記事のURL
アサリ天然繁殖池での活動者を探しています! [2017年04月20日(Thu)]
山口県熊毛郡田布施町馬島においてアサリ天然繁殖池での活動者を探しています!

自然豊かな馬島の南側の池では、海水の交換が出来るので天然アサリを繁殖することができますぴかぴか(新しい)
所有者の木下嗣生さんから、後継者の育成を目的に、無料で漁具、漁船の譲渡並びに有償で、土地・建物の譲渡(土地面積3.8ha・鉄骨平屋193u)を希望しています。

海に親しみ田舎暮らしを考えている方は当会にご一報ください。

ひらめき馬島のパンフレットはコチラ → 馬島パンフレット.pdf

馬島パンフ1-vert.jpg


次項有連絡先
特定非営利活動法人 さとうみ振興会 事務局
電話082-533-6111 FAX082-533-6115
E-mail:office@satoumi.org
Posted by さとうみ振興会 at 11:40 | 事務局より | この記事のURL
| 次へ