CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
平成23年度リフレッシュ瀬戸内in呉市大浦崎を実施しました! [2011年08月03日(Wed)]
7月23日にリフレッシュ瀬戸内」の一環で大浦崎海浜清掃を行いましたのでご報告します!この活動はKJB瀬戸内基金助成事業です。

◆日時 
平成23年7月2日(土)9時〜10時30分

◆場所 
呉市音戸町 大浦崎海浜

◆参加総数 
400名 (当会参加12名)当会「海クラブ」会員による海浜清掃)
(平成23年6月9日付にて呉海上保安部に届出)

◆ゴミ回収量 
2,78t

◆議事次第
1、開会の辞
2、橋田呉市産業部副部長ご挨拶
3、NPO法人瀬戸内里海振興会理事長吉光正俊挨拶の概要
皆さん、お早うございます。お休みのところ、又朝早くより、こんなに大勢お集まりいただきまして大変ありがとうございます。そして、みなさんご苦労さまです。
NPO法人瀬戸内里海振興会の吉光です。私どもは「里海」と名乗っていますが、皆様ご承知のように、瀬戸内海は、古来より歴史的にも大変重要な役割を担ってきましたし、地域の暮らしを支える生活の基盤でもありました。
その、瀬戸内海に生まれ育った私どもの心の海、ふるさとの海、すなわち里海をなんとか守っていこう、振興して行こうという者の集まりです。残念ながら、一時、その瀬戸内海も美しさを失っていた時代がありました。コカコーラ色の海には、クラゲの姿も見えませんでした。その後、少しずつではありますが泳ぐことの出来る海が戻ってきつつあります。
瀬戸内・海のネットワーク推進協議会によるリフレッシュ活動として海浜の清掃活動が平成5年から始まり、この18年間に延べ163万人のボランティアの参加により、約16,200トンのゴミが回収されました。
人間一人一人、小さなコツコツが、これほどの量になりました。少しずつではありますが綺麗になっているのです。海は喜んでいるのです。
私ども、里海振興会は、本日ダイバー5名を含め12名参加しております。
愛すべき瀬戸内海 里海のため、今後も引き続きリフレッシュ活動に協力していきたいと思います。
本日は、短い時間でございますが皆様と一緒に頑張りたいと思います。
4、呉海上保安部川下警備救難課長紹介
5、清掃活動説明

◆参加団体紹介
波多見小学校/波多見小学校PTA/波多見区自治会/音戸漁業協同組合/呉広域商工会音戸支店/広島県ホンダ会/マツダOB会/呉市

NPO瀬戸内里海振興会参加者


前列左より 大内・吉光・景山・田坂
後列左より 竹中・垣内・佐川・新岡・中山・横山・中本
船上 岡野



漂着ゴミ回収前に到着し海底ゴミ清掃


清掃の様子です。たくさんの方が参加して下さいました笑顔



6枚目の車はホンダ会さんが持ってきてくださったビーチクリーナーです。9枚目のようにあっという間にキレイになりました。
1枚目は清掃前です。そして最後の写真が清掃後です。みなさんのおかげでこんなにきれいにすることができましたキラキラありがとうございますびっくり
Posted by さとうみ振興会 at 11:57 | 助成事業 | この記事のURL