CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
歴代理事長による座談会を行いました! [2018年05月01日(Tue)]
歴代理事長による座談会を行いました!
座談会の後には懇親会を開き、これからのことや思い出話に花が咲きました。

◆日時
平成30年4月26日 14:30〜16:00
◆場所
さとうみ振興会事務局

理事長
初代理事長 山本 卓曹(平成15年11月12日〜平成21年6月9日)
二代理事長 平本 元 (平成21年6月10日〜平成23年6月9日)(欠席)
三代理事長 吉光 正俊(平成23年6月10日〜平成25年6月2日)
四代理事長 山下 江 (平成25年6月 3日〜平成27年6月2日)
五代理事長 田坂 勝 (平成27年6月 3日〜       )

活動の推移
・平成15年11月12日
準備会設立
・平成16年 2月20日
特定非営利活動法人 瀬戸内里海振興会認証
・平成18年 7月28日
広島市中区上八丁堀8-23 林業ビルに転居
・平成26年 2月22日
広島市中区八丁堀8-10 ウエノヤビルクロスタワー7階合同事務所に転居
・平成27年10月 6日
定款改正(瀬戸内海環境特別措置法改正に伴い瀬戸内海の沿岸域活動から湾・灘の活動を目指すこととなり、名称を「さとうみ振興会」としました。
・平成28年11月1日
合同事務所解消とともに広島市中区本川町一丁目1番24号第二三田尾ビル305号に転居現在に至る。

◆会議の内容
松田治先生から送られた下記資料を基に意見交換を実施しました。
・里海づくりと現状と課題(一般財団法人日本緑化センター機関紙green age)
2018年4月号 陸域や植物関係者への里海紹介
・海洋基本法に基づく「第3次海洋基本計画」
 SDGsと里海(海洋環境の維持・保全)の2点が重要なポイント
・世界が合意した「SDGsの持続可能な開発目標」
・国際的視点から見た里海概念(水環境学会誌)
世界的に里海活動が認知されつつある。

歴代理事長の検討資料
・さとうみ振興会活動実績一覧表
・平成29.30年度事業実績並びに継続案件一覧表
・国の機関におけるNPO法人と協働が出来るとされた事業目的一覧表
・瀬戸内海環境保全特別措置法の改正の概要
・29年度特定非営利活動に係る事業収支報告
・平成30年度特定非営利活動法人さとうみ振興会への活動提案書
・平成15年〜平成29年度の受託事業費の実績と傾向

意見
瀬戸内海では里海活動として、兵庫県の赤穂・岡山県の日生・山口県の椹野川が有名であるが、当会が取り組んだ、広島県東部海域における干潟保全活動・山口県周南市の大島干潟創生等の活動の発展性が感じられない。
また、瀬戸内海環境保全特別措置法に基づく広島県東部・中部・西部の湾・灘協議会に参加し豊かな海を目指す具体的なプログラムについて協働が進められていない。
例年、参加している海岸漂着ごみ回収活動における「マイクロプラスチック」問題に当会としても取組が不十分であるとの認識にある。
15年にわたる、さとうみ活動の課題を整理し議論する時期に来ている。
(組織・活動・財政的・事務局等)
また、事務局職員の雇用継続・事務所管理費等の捻出も厳しい中、あらゆる支援策を模索し、会員の叡智を結集すべき時期にある。

第15回通常総会開催にあたっては、経験則に基づき「今後の在り方」について率直な意見を求める必要がある等を共通の認識としました。

0501座談会.JPG

右から、山本卓曹(初代理事長)、吉光正俊(三代理事長)、山下江(四代理事長)、
田坂勝 (現在理事長)




Posted by さとうみ振興会 at 13:23 | 事務局より | この記事のURL