CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
G7ボローニャ環境大臣会合で海洋ごみ問題について合意がされました [2017年10月23日(Mon)]
G7ボローニャ環境大臣会合で海洋ごみ問題について以下の通り合意がされました。

日時:平成29年6月11日〜12日
場所:イタリア ボローニャ市
参加国:日本・イタリア・カナダ・フランス・アメリカ・イギリス・ドイツ・EU
招聘国:チリ・エチオピア・モルディブ・ルワンダ

海洋ごみ問題に対処するため、G7行動計画を通じて行われた価値ある作業を認識、とりわけプラスチックごみ及びマイクロプラスチックに対する懸念を改めて表明し、この地球規模の脅威との戦いに対するコミットメントを再確認、海洋ごみ問題に対処するためG7行動計画をさらに実地する決意を表明しました。

モニタリング及び評価のための科学に基づく指標及び方法の調和、海洋環境へのプラスチックの流出を避けるため、マイクロビーズを含む使い捨てプラスチックやマイクロプラスチックの斬新的な削減等の取り組みを進めることが合意されました。

日本においてもマイクロプラスチックは大きな問題となっています。
このような記事が掲載されていましたので、こちらもあわせてぜひご覧ください。
次項有 ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは

日本における海洋ごみ(漂流・漂着・海底ごみ)対策として、以下のようにされています。
美しく豊かな自然を保護するための海岸における良好な景観及び環境の保全に係る海岸漂着物等の処理等の推進に関する法律(平成21年法律第82号)及び同法の参議院付帯決議並びに同法を受けて閣議決定された基本方針に基づき、漂着ごみ対策の総合的かつ効果的な推進に努めるとあり、海洋ごみの回収、処理や発生抑制対策の推進のため、引き続き、地方自治体への財政支援が実施されます。

さらに、異常に堆積した海岸漂着ごみや流木等が海岸保全施設の機能を阻害することとなる場合には、その処理をするため災害関連緊急大規模流木等処理対策事業による支援も行います。
漂流ごみについては、船舶航行の安全を確保し、海域環境の保全を図るため、東京湾、伊勢湾、瀬戸内海及び有明海・八代海等の閉鎖海域において、海域に漂流する流木等のごみの回収を行います。

また、海岸や沿岸、沖合海域において、近年、生態系を含めた海洋環境への与える影響も懸念されているマイクロプラスチックを含む海洋ごみの組成や分布密度等を定量的に把握するため、モニタリングを実施します。

とりわけ、マイクロプラスチックについては、日本近海に加え、日本から南極至る広範な海域において分布調査をおこなうこととし、マイクロプラスチックに吸着しているPCB等の有害化学物質の量を把握するための調査を進めます。

とあります。

当会は市民参加のごみ回収活動に参加しながらマイクロプラスチック対策に係る活動を継続して参ります。

過去、マイクロプラスチック、海洋ゴミについて言及した記事についてはこちらです。
かわいい→ マイクロプラスチックについての講演会を開催しました! 
かわいい→ 海ゴミに関連する写真のご紹介です
かわいい→ 広島県海岸漂着物等対策推進地域計画策定に係る検討会に出席しました!

Posted by さとうみ振興会 at 12:46 | 事務局より | この記事のURL