CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
「第7回瀬戸内海水産フォーラム〜瀬戸内海の穴子と鱧を考える〜」が開催されます! [2017年10月10日(Tue)]
「第7回瀬戸内海水産フォーラム〜瀬戸内海の穴子と鱧を考える〜」が開催されます!
皆さまぜひご参加ください。参加には事前申し込みが必要になります。

===瀬戸内海区水産研究所より===
毎回、瀬戸内海の水産及び環境問題で関心の高いテーマを取り上げ、関係研究機関などで得られた成果を多面的な視点から発表・解説することを目的としています。
 第7回となる今回は「瀬戸内海の穴子と鱧を考える」を主題とし、瀬戸内海水産フォーラムでは初めて魚類資源に焦点を当てることといたしました。瀬戸内海では馴染みの深いマアナゴとハモについて、生物としての特性、各地先の漁業等の情報、利用・加工するお店の話などを紹介します。総合討論では、発表者に加え、生産者及び消費者を代表して皆様にも御参加いただき、更に議論を深めたいと考えます。御来場、お待ちしております。

第7回瀬戸内海水産研究フォーラム.jpg
◆日時
平成29年10月28日(土)13:00〜17:00

◆場所
RCC文化センター
広島市中区橋本町5-11

◆参加料
無料

◆定員
150名

◆主催
(研)水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所/瀬戸内海ブロック試験場長会

◆後援
水産庁瀬戸内海漁業調整事務所

◆プログラム
1.「瀬戸内海における主要底魚類の漁獲量と資源量の推移」
  阪地 英男:水産機構・瀬戸内海区水産研究所
2.「アナゴとハモの生物学」
  望岡 典隆:九州大学
3.「瀬戸内海東部海域におけるマアナゴの生態について」
  五利江 重昭:兵庫県立農林水産技術総合センター)
4.「ハモの素顔とキレイなハモを市場に提供するための工夫」
  上田 幸男・岡ア 孝博:徳島県立農林水産総合技術支援センター
5.「山口県瀬戸内海産のハモの漁獲実態」
  國森 拓也:山口県水産研究センター
6.「駅弁屋主人の目線で見た穴子と鱧」
  上野 純一:あなごめし うえの
7.総合討論

◆申込方法
【FAX の場合】
参加者連絡票 へ連絡事項を記入していただき、平成29年10月18日(水)までに FAX.0829-54-1216 宛に送信願います。
参加者連絡票 →第7回瀬戸内海水産フォーラム参加申込み.pdf

【E-mail の場合】
記載例をご参考に、タイトルを「第7回 瀬戸内海水産フォーラム 参加希望人数」としたメールを、平成29年10月18日(水)までに info-feis@ml.affrc.go.jp 宛に送信願います。
※迷惑メール防止のため、@を全角表記にしています。メール送信の際は、@を半角表記へ書き換え願います。

※ファイル添付メールは、受信できませんので、お手数ですがメール本文に記載いただくようお願いいたします。
詳しい記載例などは、瀬戸内海区水産研究所のHPをご覧ください。
→ http://feis.fra.affrc.go.jp/event/7th_forum/7th_forum_h29kaisai/index.html

Posted by さとうみ振興会 at 12:34 | 事務局より | この記事のURL