CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
広島県豪雨土砂災害のボランティアに参加しました [2014年09月18日(Thu)]
8月20日に発生した広島県豪雨土砂災害のボランティアに参加しました。
参加から終了までの流れも書きたいと思いますので、参加を検討されている方は参考にされてください。

今回は安佐南区のほうに参加しました。

8時30分に総合福祉センター1F駐車場(安佐南区中須1-38-13)で受付が開始されます。
受付前は、センター近くの公園に並んで待機します。参加した9月14日は日曜日ということもあり、とても多くの人が集まっていました。到着したのは7時30分頃でしたが、すでに多くの方が待機されていました。
受付終了後、バスに乗り、ボランティア現場近くの庄原産直市へ移動します。その後、割り当てられた場所へ移動して作業開始です。

作業は被災されたお宅の土砂の撤去でした。15時までには庄原産直市に戻らないといけないので、それまでの作業です。
約30名での作業でした。(6名グループ×4+企業の方)土砂を土嚢袋に詰め、それを積み上げていきます。それほど広い面積ではなかったので、時間内に終わると思いましたが、残念ながら少し残ってしまいました。20分〜30分ごとに休憩を挟みながらの作業でしたが、30人かけてこの広さが終わらないなら人手がいくらあっても足りないなと思ったのが正直なところです。

作業終了後、庄原産直市へ戻り、長靴やシャベルなどを洗い、手洗い・うがいを済ませたら、バスへ乗り総合福祉センターへ戻り終了です。

発生から1か月近く経っていますが、間近で見る被災地はここが自分が住んでいる広島県なのかと思うほどでした。土砂が流れこみ崩壊した家屋や、ぐしゃぐしゃになった車など生々しい爪痕が多く残っていました。
その一方で、この日だけでも922人もの方がボランティアに参加されていましたし、あれだけあった線路の土砂もなくなっていたり、着実に復興は進んでいます。これを続けていかなければならないと強く思いました。

ボランティア参加については、広島市災害ボランティア本部のホームページをご覧の上、ご参加ください。ボランティアに当たっての注意事項や、装備などが書いてあります。
→ http://hiroshimavc.jp/

Facebookはコチラ
→ https://www.facebook.com/hiroshima.vc
Posted by さとうみ振興会 at 14:58 | 26年度活動報告 | この記事のURL