CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
平成26年度水産多面的機能発揮対策事業の活動について [2014年05月01日(Thu)]
平成26年度の水産多面的機能発揮対策事業の干潟保全活動の日程の打合せをしました!
活動の参加を希望される方は広島県東部アサリ協議会(浦島地区)事務局(電話082-598-1221)またはメール(office@satoumi.org)にて、お知らせください。

◆打ち合わせ日時・時間
平成26年4月24日 15時10分〜16時10分

◆場所
浦島漁協2階会議室 

◆参加者(19名)
広島県:萩原悦子/上野雅樹、尾道市:河野浩之
協議会:
吉岡照明/松若隆博/桑田定信/神原昭夫/岡本義正/杉村正義/桑田一巳/檀上世嗣身/藤井郁子/檀上憲生/檀上博/田頭直人/藤本正文/田坂 勝/京泉盛勇/赤松淳/藤井照洋/浜田重徳/檀上弘子

IMGP0165_w1000.jpg


◆協議
1 平成26年度活動予定表ひらめきクリックで拡大します!)
水産多面的26年度計画.JPG


2 日常ヒアリング
日常的に干潟に入り、状況を把握し報告をする。

3 アサリ稚貝着底促進について
9月〜10月に、広島県尾道合同庁舎で派遣講師による研修会を行う。(日本資源保護協会講師派遣事業)
その後、11月までに玉ねぎネット活用した砂袋を干潟に設置する。砂袋の中身は未定(現地の満潮線あたりの荒い砂を主体とする)。
その後、経過を観察(袋の表面の汚れ方、海藻の付着状況、その他)。
平成27年の6〜7月に、袋を上げてふるいにかけ、付着・成長したアサリの数を確認する。また、一部はそのまま成長させ、秋(10〜11月)に上げて成長具合を確認する予定です。
Posted by さとうみ振興会 at 14:02 | 26年度水産多面的事業 | この記事のURL