CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
「第1回広島干潟生物研究会 研究公開フォーラム」に参加しました! [2014年01月07日(Tue)]
「第1回広島干潟生物研究会 研究公開フォーラム」に事務局田坂が参加しました!

どの発表も素晴らしく、資料集もとてもよくまとまっていました。当会の忘年会で、配布資料を参加者に回覧したところ、皆さん異口同音に「素晴らしい」とおっしゃっていました。

研究発表の「ハマダンゴムシの夜行性の乱れの研究」については、ラボ・オルカの久家様から掲載許可のもと発表データを送っていただきましたので、ぜひご一読下さい。

◆日時
平成25年12月15日(日)15:00〜17:30

◆場所
科学実験教室ラボ・オルカ
広島市西区己斐本町1-24-7 藤田ビル201

◆主催
広島干潟生物研究会

◆内容
○研究発表の部
1、さかなの成長と特ちょう
  川端真路(牛田小5年)
かわいい素朴な疑問を予想し、結果から分かったことをまとめられており感心しました。継続されるよう期待しています。

2、カニの身体測定とスポーツテスト【市入選作品】
  加世田美友(広島なぎさ中1年)、加世田聡大(同小6年)、川端真路(牛田小5年)
3、太田川河口域の塩生植物【県特選作品】
  桑井ひかり(ノートルダム清心中1年)
かわいい河川の構造物についての情報が少ないにもかかわらず、広範囲に調査されていました。三種類のベスト環境について提案できるとよいですね。

4、ハマダンゴムシの夜行性の乱れの研究【県準特選(2012)】
  塚迫樹(国泰寺高1年)、梶雄貴(広島なぎさ高1年)、清水健(同中2年)
→ ハマダンゴムシの夜行性の乱れの研究.pdf
かわいい難しい課題に取り組まれています。体内時計については植物もあるので、対象をすこしずつ広げられたらよいと思います。

5、感潮河川にすむカニの浸透圧調整能力【全国佳作作品】
  土井原美桜、富永紗代、桑井はづき(ノートルダム清心高2年)
かわいい実験も含め、高度な調査のように思います。カニの最適環境の提案に繋がればよいと思います。

○話題提供
6、軟体動物の歯舌の紹介
  田村揚華、出山美羽(広大附属東雲小5年)
7、太田川感潮域の貝類の紹介
  梶雄貴(広島なぎさ高1年)
8、干潟観察会の1年のまとめ
  久家光雄(広島干潟生物研究会事務局)
かわいい土のひび割れの研究について、着眼点に感心しました。現在、コンクリートのひび割れ対策について新たな開発が進められています。木材のひび割れなどについても関心を持ち、共通点を調査するのもよいかと思います。

○茶話会(インタビュー)
9、科学写真チームの写真展を終えて
  佐々木蒼(古田中1年)ほか5名
10、干潟の土のひび割れの研究をがんばってます
  山本真生(宇品中1年)
11、白島九軒町白潮公園の岸辺を守ろう
  久家光雄(広島干潟生物研究会事務局)

○講評
鳥越兼治 広島大学名誉教授・広島干潟生物研究会顧問
Posted by さとうみ振興会 at 15:49 | 25年度活動報告 | この記事のURL