CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
海辺の自然学校“大島干潟いきもの調査隊”を開催しました! [2013年11月07日(Thu)]
台風26号も無事通過し、秋風が心地よいと感じられる中、今年も多くの方々の協力のもと、無事に“大島干潟いきもの調査隊”を行うことができました。

image001.png


◆日時
平成25年10月18日(金)

◆場所
周南市立鼓南小学校・体育館

◆参加者
周南市立鼓南小学校 生徒26人、先生8人
周南市 木村市長他5名
山口県漁協周南統括支店 福田次長他2名
国交省宇部港湾空港整備事務所 牧野所長他7名
合計48名(児童26名、大人22名)

◆主催
国土交通省 中国地方整備局 宇部港湾・空港整備事務所

◆内容
10:50 開校挨拶
宇部港湾・空港整備事務所長 牧野 武人氏
10:55 来賓挨拶
山口県漁協周南統括支店次長 福田 隆文氏

image002-tile.jpg

挨拶をされる牧野所長と福田次長


11:00 オリエンテーション
11:10 みなとの役割
講師 潮見 幸司さん(国交省)
11:25 大島干潟とそこにすむ生き物たち
講師 加藤 友久さん(理事)

image004-tile.jpg

潮見・加藤両先生の講義風景


11:45 昼食
12:30 大島の小さな世界を見てみよう!
大島の海にすんでいるプランクトンなどを顕微鏡で観察し、見つけた生きものをホワイトボードにスケッチしてもらいました。

image006-horz.jpg

顕微鏡観察の様子と見つけたプランクトンのスケッチ


13:30 アサリは大島の海をどれだけきれいにするか?!
大島干潟のアサリが1日できれいにする水の量を把握するため、5班に分かれて親アサリの数などを調べました。また、大島干潟のアサリ以外の住人も調べました。

image009-horz.jpg

25cm角で47個の親アサリを見つけた班も(写真左)目
子供たちが見つけたイシガニに思わず笑顔の木村市長(写真右)わーい(嬉しい顔)


15:00 “アサリがきれいにする水の量”答え合せ、ふりかえりなど
大島干潟にいる親アサリは、総数220万個で、1日で、鼓南小学校の体育館約4個分の海水をきれいにしていることが分かりました。また、大島干潟の生き物について、多数の児童から質問を頂きました。
15:30 “何かできることひとつ”宣言!(鼓南小学校6年の清水君、太田さん)

image012-horz.jpg

宣言を発表する清水君と太田さんるんるん


15:40 閉校挨拶
周南市水産課水産係長 橋本 俊彦氏
15:45 閉校

◆自然学校の運営に参加頂いた方々
<司会>
中丸可陽さん(理事)
<座学>
みなとの役割;潮見幸司さん(宇部港湾・空港整備事務所)
大島干潟とそこにすむ生き物たち;加藤友久さん(理事)
<フィールドワーク>
顕微鏡観察; 高松篤志さん(会員)、小倉亜沙美さん(理事)、宮崎萌未さん
干潟観察;1班)加藤友久さん、岸田正三さん(理事)
2班)高松篤志さん、船寄隆さん(会員)
3班)牟田直樹さん(会員)、中本裕之さん(会員)、松岡純作さん(会員)
4班)小倉亜沙美さん、宮崎萌未さん、横山隆二さん(理事)
5班)福田隆文さん、中野義久さん(以上、山口県漁協周南統括支店)、
西田芳浩さん(理事)
<記録>
船寄隆さん、横山隆二さん、牟田直樹さん
<事務局業務>
田坂勝さん、光森
以上、総計17名の方々に協力頂きました。ありがとうございましたexclamation×2
Posted by さとうみ振興会 at 13:20 | 25年度活動報告 | この記事のURL