CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
水産多面的事業のモニタリング報告と意見交換会 [2013年10月29日(Tue)]
モニタリング終了後 意見交換会と今後の取り組みについて協議をしました。

◆モニタリング報告
@広島県東部農林水産事務所萩原悦子さんから平成25年8月19日〜8月20日のモニタリング結果報告
外来種のサキグロタマツメタ貝が定着しやすい環境になっている。
今後 採取して食べるか、陸にあげ処分するかに勤めて欲しい。
又、干潟に入る方にはお知らせし、協力していただくようお話をしてほしい。

8月19日〜20日のモニタリング結果

※クリックで拡大します

アサリの生息量8月.JPG

アサリの環境8月.JPG


A広島県東部農林水産事務所吉岡孝治さんからアサリ天然種苗実験の結果報告

アサリ天然採苗試験の結果について.JPG


◆指導者と参加者意見意見交換会
@アサリ生産量を百島干潟と他の干潟と比較して収量が少ない理由はなぜか?
背後地の自然、人家の多少等複雑の要因があげられるが、干潟での耕運は不可欠である。
A海老干潟をとりまく環境、特に下水施設を利用した排水に農薬流入等が考えられる。
B野菜ネットを利用したアサリ稚貝着底基盤は誰にでも取り組めるし、安価である。
夫々の、干潟で取り組んでみよう。

○意見集約
試行錯誤を覚悟の上で、いろいろ取り組んでみよう。

IMG_1677.JPG

Posted by さとうみ振興会 at 11:24 | 25年度水産多面的事業 | この記事のURL