CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
尾道市海老地区干潟保全活動のサポートボランティアを募集します! [2010年08月04日(Wed)]
日本財団さんの助成により作成した「海老干潟モニタリング指導者用干潟調査マニュアル」を用いて、尾道市海老地区干潟保全活動について8月21日にみなさんと考えたいと思います。
→ 「海老干潟モニタリング指導者干潟調査マニュアル」について

そこで当会の会員で、当日の活動のお手伝いをしてくださるボランティアの方を募集しますびっくり

◆ボランティア概要
以下に書いてある「尾道市海老地区干潟保全活動」のサポート
(当日は50名〜100名の方が活動に参加する予定です)

◆集合時間
8月21日(土)午前9時までに浦島漁業協同組合に集合

◆持参物
昼食(弁当など)、水筒、帽子帽子、長靴、タオル、軍手

注意当日は暑くなると思いますので、暑さ対策をお願いします!

お問い合わせやお申し込みは当会へお願いします。

特定非営利活動法人 瀬戸内里海振興会
〒730-0012 広島市中区上八丁堀8番23号907
黒電話082-298-1221 FAX : 082-298-1220
メールoffice@satoumi.org


≪ 尾道市海老地区干潟保全活動概要 ≫
注意この活動への参加者は募集していません。この活動のサポートをして下さる方の募集です!

◆活動の趣旨
藻場や干潟の重要性は、近年大きく取り上げられていますが、その実態については、あまり知られていないのが実情です。
海老干潟については「あさり」の生産地として、取り組んでまいりましたし長年の経験をもとに「海老干潟モニタリング指導者用干潟マニュアル」を作成しました。
これを使いながら、干潟を大切にしながらアサリ増産に向けて取り組むことをみなさんと考えてみたいと思います。

◆活動の内容
太陽 午前 太陽
独立行政法人 水産総合研究センター・瀬戸内海区水産研究所 浜口 昌巳さんによる「アサリの生態について」の講演
太陽 午後 太陽
海老干潟において「テキスト」を使いながら現状を把握
指導者 : NPO法人瀬戸内里海振興会常務理事 高場 稔
       広島県水産課水産技術指導担当主任技師 木村 剛司
       尾道市農林水産課主任  横山 憲之

◆当日の予定
8月21日(土) ・10時30分 浦島漁業協同組合3階集合
          ・13時30分 海老干潟集合

10:30〜12:30 浦島漁業協同組合 3階講堂
            アサリの生態について (講師:浜口 昌巳)
12:30〜13:30 昼食
13:30〜14:30 海老干潟フィールド
14:30〜16:00 質疑応答

◆持参物
昼食(弁当など)、飲み物、防止、長靴、タオル、軍手

 
Posted by さとうみ振興会 at 13:01 | 事務局より | この記事のURL