CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
第20回KKC(特定非営利活動法人広島経済活性化推進倶楽部)のお見合い・交流会 に参加しました! [2013年02月27日(Wed)]
第20回KKC(特定非営利活動法人広島経済活性化推進倶楽部)のお見合い・交流会に専務理事田坂が参加しました!

KKCとは・・・
広島の経済を活性化し、救済する方策を考えている投資家とベンチャー企業の相互交流の場を提供してるNPOで平成13年6月13日に発足しました。
当会とは前理事長山本卓曹とKKC理事長山下江と平成18年8月から交流し相互会員とっています。さとうみは「干潟の場を提供して頂き環境学習の場」、KKCは「投資家と起業者の交流の場」と「場」こそ違えど交流を続けています。
KKCのホームページはコチラです。
→ http://www.keizai-kassei.net/

当会ホームページからもリンクを貼らせていただいていますexclamation

◆日時
平成25年2月16日(土)14時〜18時

◆場所
ひろしんインキュベーションセンターBスクエア(西区井口明神2-13-4)

◆概要
KKC理事長山下江挨拶(当会所属会員)
■講演:ドンドンアップ代表取締役 岡本昭史
概要:
「箪笥の肥やしが小遣いになる」古着販売を行っています。又、海外にも輸出している。アメリカで最初に生活を始めたころは、お金もなく、衣類はもちろん生活用品すべてと言って過言ではなく、リサイクルショップは欠かせない存在でした。日本では、くらべものにならないほどアメリカではリサイクルの概念がごく自然に生活の中に根付いていました。日本にも、明るくて、楽しくて、おしゃれで、幅広いお客様に楽しんで頂き、なおかつ社会に役立てる古着屋さんを目指しています。最近、東広島でも店舗を開きました。(全国67店舗)販売に工夫されており、毎週水曜日に値段が下がり続ける(最低価格100円)購入は、ブランド品は単一購入・ブランド以外は1kg500円の査定で購入されています。
国で消費されない中古衣料は、海外へ送られ貧困層などにリサイクルされ、配布されています。
「古着リユースを社会の常識にすることで、自然環境保全、持続可能な活動にすることで、地球環境保護に貢献」

◆お見合い交流会
■プレゼンテーション1「ポケット剪定」尾道市 横山 文雄
概要:
低価格で気軽に利用できるお庭専門の軽剪定サービス。
庭師に頼むほどではないが伸びた木は切ってほしい等、の要望に応えられる仕組み(価格の透明化)

要望:
投資家と提携先を求めています。

■プレゼンテーション2「スラリーアイス製氷機器の製造・販売」
株式会社土居技研 代表取締役 土居洋稔 (広島市佐伯区観音3-20-33)
概要:
生鮮食品を良好に保つために塩分を入れたシャーベット状の氷(スラリーアイス)をつくる小型製氷機を製造販売しています。
塩分濃度を変えることにより、温度が下げられます。特に、魚介類・食肉類・野菜等は0〜−2℃に保持することで鮮度を保持するとともに、旨み(グリコーゲン)を向上させることができます。また、旨みを保持したままで解凍することができます。個々の、顧客に合致した仕様に仕上げる必要があります。
小規模製氷機器(処理量40kg:約100万円)と中規模製氷機器(処理量400〜2,000kg:約1,000万円〜2,000万円)を対象販売、社団法人氷温協会の支援を受けることができます。

要望:
投資家・人材・提携先を求めています。
  
■プレゼンテーション3「ゲノム・遺伝子大規模解析」
インフォバイオ株式会社 代表者 飴谷章夫(東京都文京区後楽2-2-1私学ハウスビル5階)
概要:
バイオテキノロジーとITを用い、バイオメデカル分野の顧客から委託された作業を行います。預かった検体を処理し、次世代シーケーサーを用いて30億あるDNAの塩基配列を取得し、コンピュター解析して結果を報告します。

要望:
投資家・人材・提携策を求めています。
   
■プレゼンテーション4「シルク主原料とする化粧品」
株式会社アーダン代表者 西 博人(鹿児島県奄美市名瀬和光町7番地8)
概要:
2009年薬事法改正により、一般化粧品と医薬部外品の種別に区分された。
月毎のスキンケア化粧品の支出額は20歳代1,250円・45歳代2,500円・55歳〜59歳代3,500円と言われています。(アンチエイジング)
今までの、化粧品は界面活性剤(水と油を混ぜるために使われます。油汚れをとるように肌の皮脂、バリアを破壊し体内に浸透していくのでアトピ―・湿疹・などが生じる場合があります。)を用いてクリームを作っていました。
奄美大島では「繭で洗うと手がキレイ」と紬を紡ぐ女性たちの間で代々言い伝えられてきたシルクに着目し、シルク含有量85%の化粧品を製造しています。美白・しわ・シミに効果があります。

要望:
投資家を求めています。

より深く関心のある方は以下日時で行われます「デーププレゼンテーション」にご参加ください。

「デーププレゼンテーション」
◆日時
平成25年3月7日(木)16時30分〜
◆場所
山下江法律事務所
Posted by さとうみ振興会 at 11:13 | 24年度活動報告 | この記事のURL