CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
海のリフレッシュ活動「リフレッシュ瀬戸内」を行いました! [2012年08月02日(Thu)]
7月7日(土)、7月8日(日)に海のリフレッシュ活動「リフレッシュ瀬戸内」を行いました。そして7月28日(土)のリフレッシュ瀬戸内に今年も参加しました。今年も、たくさんの方に協力をしていただきました!

次項有呉市音戸町大浦崎海浜リフレッシュ活動 
◆日時
平成24年7月7日(土)午前9時〜10時30分

◆場所
呉市音戸町大浦崎海浜 

◆参加者
特定非営利活動法人瀬戸内里海振興会、海クラブ、広島県ホンダ会、マツダOB会、波多見区自治会、波多見小学校、波多見小学校PTA、音戸高カヌー部、PTAなど360名

◆活動
当会海クラブが海底ゴミ収集活動
9:00  開会式(呉市大谷)
     呉市橋田副部長
     清掃説明 呉市港湾振興課
9:20  清掃活動開始
10:20  清掃活動完了
10:20  閉会挨拶 大江港湾振興課長

◆ゴミ回収量
5.21t

0802kureclean1-tile.jpg


★清掃活動を終えての海倶楽部のコメント
・海底ゴミ
年々減少しているが、今年は特に少なかった(不燃ごみ20L程度)
・魚類、海藻類
元来、非常に少ない場所ではあるが今年は透明度も悪いせいもあってか(0.5〜1m)全く確認できなかった

以上のこと変え阿考察してみると、ゴミに関しては陸上から投棄された物よりは漂着ゴミの方が比較的多い傾向にあると思われる。
ただし、水中ゴミの絶対量が少ないので海底清掃に関しては別の場所での実行を考慮した方がよいように思われる。
魚類、海藻などが少ないことは潮通しが悪く人工海浜(北側区域)であることが主な原因ではないかと思われる。
次項有広島港リフレッシュ活動
◆日時
平成24年7月8日(日) 午前7時〜午前8時

◆場所
広島港みなと公園並びに前面海域海底

◆参加者
特定非営利活動法人瀬戸内里海振興会、海クラブ、地域の方々など125名

◆活動内容
当会海クラブが海底ゴミ収集活動
7:00 開会 広島市 宍戸課長・濱田町内会長・広島県議会 中原議員
8:00 清掃完了
    閉会挨拶 西村広島港湾空港整備事務所挨拶
8:30 解散

◆ゴミ回収量
2.5t

0802ujinaclean1-tile.jpg

0802ujina005-tile.jpg


★清掃活動を終えての海倶楽部のコメント
・海底ゴミ
若干増加傾向が見られる。
特に目立ったゴミは、陸上から投棄されたと思われる空き缶が多くみられた。場所的に公園のすぐ傍であることが原因と思われる。また、自転車も投棄されていた。
・魚類
元宇品と繋がる水路があり、潮通しが良いためかメバルやウミタナゴが確認できた。
状況的には昨年までと特に変化は見られなかった。
・海藻類
護岸際の捨石には藻類の活着が見られ、元宇品寄りには昨年と同様にアマモが確認(パッチ状)された。

以上の事柄から考察してみると、ゴミに関しては陸上から投棄された物が非常に多く見られ、漂着ゴミは湾奥の地形の為か比較的多い傾向にあると思われる。
海底清掃に関しては継続して実行した方が良いように思われる。魚類、海藻などは潮通しが良好で浅いところの底質も細砂分が比較的多いことから、環境保全を実行していけば瀬戸内海らしい海であると語れる場所になるのではないかと思われる。

次項有地御前リフレッシュ活動
◆日時
平成24年7月28日(土)9時〜10時

◆場所
地御前神社前海浜

◆活動内容
9:00 開会式 廿日市市部長挨拶
    ゴミ回収要領説明
    清掃開始
9:50 清掃完了

◆参加者数
約210名

◆参加団体
12団体

◆ゴミ回収量
770kg(阿品会場も含む)

0802jigozen-tile.jpg


当会は、昨年に引続き参加しました。
地元ボランティアの井上良卓さんの説明によれば、地御前神社の前、道路部分は海であったそうで、係船しやすいように神社の柱1本を真ん中から切っており、今もその名残が残っています。
また、昔の海岸には大きな松・楠などがあったが、埋め立てが進むにつれ松が枯れたので移植を進めながら環境緑化に努めています。
有府川にかかっている「げくうばし」は、地域の方々が道普請で造成したものであるなど、今までの地域ボランティアの概要のお話をしていただきました。
林忠正市会議員も参加されていました。
昔は、海水浴場として使われていた海岸清掃に当会会員4名が参加し、さわやかな汗を流しましたぴかぴか(新しい)


Posted by さとうみ振興会 at 15:12 | 助成事業 | この記事のURL