CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
「海辺の自然学校 in須波干潟」を開催しました! [2012年03月26日(Mon)]
「すなみ海辺の自然学校」を開催しました。あいにくの曇り空でしたが、31名の参加者のもと、開催されました晴れ

まず開校式で、主催者である国土交通省中国地方整備局広島港湾・空港整備事務所奥谷所長の挨拶から始まり、海辺の自然学校のスケジュール、実施上の注意事項の説明を行いました
kaikai.JPG

座学@
座学1では、当会の西田が講師を務め、海の物理、三原市の干拓の歴史について説明しました。三原市では、江戸時代より干拓工事が盛んであったのは驚きましたひらめき

座学A
座学2では、水の循環と水質の簡易測定(パックテスト)を当会の小倉が参加者と一緒にクイズ方式で実演しました。地球規模での水の循環、人間が使える淡水はほんの僅かということ、水質を測ることでどこの水が判別できること、生活排水がもっとも有機物が多いことがわかりました眼鏡

座学B
瀬戸内海の生き物と浅場の役割について当会の高場が発表しました。
山・川・海のつながり、海の汚れ、干潟・浅場の機能(いろいろな生き物がすめる、水をきれいにする、生き物が生まれ育つ、みんなが楽しめる)について学習しました。

座学C
座学4では、広島港湾・空港整備事務所の吉持様から瀬戸内海の環境を良くする取り組みについて講演して頂きました。港の役割についてと人工干潟の造成方法や必要性など、パンフレットを使ってわかりやすく説明して頂きましたわーい(嬉しい顔)
1.jpg

フィールドでの生き物観察
○カキの浄化実験
カキを使った海水の浄化実験を行いました。濁った水槽が、カキの入った水槽だけ徐々にきれいになっていき…最終的に透明になりました。これには、参加者たちも驚きの声を上げ、貝の持つ浄化機能の一端を感じてもらえたようです。
kaki.JPG

○プランクトンの顕微鏡観察
 顕微鏡を使って、須波の海にいる浮遊生物(プランクトン)の観察を行いました。なかなか顕微鏡の扱いに慣れず四苦八苦したようですが、カイアシ類、稚魚や植物プランクトンなどを観察することが出来ました。参加者の中には、初めてプランクトンをみたというお子さんもいて、海の中には肉眼で見えない小さな生き物がたくさんいるということに関心を持ってもらえたようです手(チョキ)
plankton.JPG

○生き物ビンゴ
公民館前にある干潟で、生き物ビンゴゲームを通して、干潟に生息する生物の観察を行いました。生き物ビンゴは児童にとても好評で、ゲーム感覚でみなさん楽しんでもらえたみたいです。なかなかカニやハゼの仲間が見つけられませんでしたが、子供たちが頑張って探してくれて、なんとか観察することができましたexclamation×2
higata.JPG

○今日の振り返り、アンケートの実施
今回の座学と野外実習で学んだことや感じた「分かったこと、驚いたこと、疑問なこと、不思議に思ったこと」等の振り返りを行いました。
参加者は、振り返りシートに記入しながら、それをもとに「何かできることひとつ」宣言を考えてもらいました。その後、児童2人に「なにかできることひとつ宣言」を発表してくれました!

☆なにかできることひとつ宣言☆
○「自然の事を楽しく学べたから、これからもっと自然の事を学びたい。」
○「海や川を汚さないようにゴミを捨てない。」

2.jpg

最後は閉校式です。主催者である国土交通省中国地方整備局広島港湾・空港整備事務所の秋山副所長の挨拶を持って閉校しました。

今回は3月ということでちょっと肌寒かったですが、子供たちは元気に生き物を探していました。
この自然学習を通して、子供たちに海の生き物や干潟に関心を持ってもらえたら嬉しいです!!



■「海辺の自然学校 in須波干潟」概要■

◆日時
平成24年3月18日(日)

◆場所
三原市須波西 須波西町公民館並びに須波干潟

◆参加者
三原市在住の児童・引率者

◆主催
国土交通省 中国地方整備局 広島港湾・空港整備事務所

◆受講者
児童21名 引率者10名

◆プログラム
@座学1:地域の自然と歴史
A座学2:私たちの暮らしと自然との関わり
B座学3:瀬戸内海の生き物と浅場の役割
C座学4:瀬戸内海の環境を良くする取り組み
D顕微鏡を使ったプランクトン観察
Eフィールドでの生き物ビンゴ
F今日の振り返り、アンケートの実施
Posted by さとうみ振興会 at 10:17 | 23年度活動報告 | この記事のURL | コメント(1)
コメント
あなたの町を防災計画・地球温暖化防止先進行政区へ!
防災計画にも有効な生物多様性植物データの無償配信をしております。
つきましては、送信先メールアドレス(3M以上)をお教えください。
Posted by:野沢俊哉  at 2012年06月15日(Fri) 05:42