CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
広島県東部海域里海(さとうみ)保全活動第8回安全講習会等の報告です! [2011年10月11日(Tue)]
広島県東部海域里海保全活動第8回安全講習会等の報告です。

◆日時 
平成23年10月5日(水)13:30〜15:30

◆場所 
浦島漁業協同組合2階会議室

◆参加者 
浦島漁業協同組合組長 吉岡照明/安全衛生推進室長 沖和夫/土木指導員 大下裕文/
NPO法人:檀上博/藤坂住吉/岡田和也/高橋郁磨/檀上憲生/檀上卓也/田坂勝

◆災害防止協議会
安全の誓いの唱和:
藤坂住吉さんの指導のもと全員が唱和しました
1、私たちは「ご安全に」を合言葉に安全衛生の規則や基準を守ります
2、私たちは、施工現場を明るく生き甲斐のある職場にすることに努めます
3、私たちは安全対策を確立し、人にけがをさせないことに努めます
4、私たちは安全作業に心がけ自分自身がけがをしないことに努めます
5、私たちは現場環境を整備し怪我のおこりそうなところをなくすることに努めます。

土木指導員の大下裕文から以下の報告並びに協議がありました。

「里海保全活動」も8か月を経過した。百島地区は先月で完了し、来春の稚貝着底並びに
成貝の育成が期待される。
今回、人工干潟においては、アサリ生息範囲(垂直方向30cm)を超える覆砂土量が多く見られ、稚貝は見られるものの、成貝、生育に必要な環境が十分でないような感じを受けている。
また、波浪の関係で覆砂が移動し、部分的に集積しているなど見られる。(堆積砂)
今回の事業については永年放置された人工干潟を重機などで可能な範囲を耕運し整地してきたが、その後は、漁協並びにボランティアで維持管理が出来る一般な工法でもって実施し、することにより、知見を得ながら漁協主体による「維持管理体制」を目指している。
そのため、漁協の要請も受け、漁協と協働しながら、今回、新たに「戸崎地区」の人工干潟に着手し、できるだけ、小型耕運機などの利用で実施してみる。
いわば、漁協組合員が自ら行うことを想定したものとし、効率などを把握したいと考えている。
加え、海老地区人工干潟では、耕運並びに撒きだしを行ったが、その後、不陸傾向が見られるので、不要な覆砂を撤去仮置きするなどを検討しながら、アサリ成貝の生息環境改善に取り組みたいと考えている。
当初計画は4人工干潟で65000m2の耕運・撒き出しを計画していたが、皆さんのお陰で既に耕運・撒き出し面積が5人工干潟で、71750m2となり当初計画の10%増並びに新規に笹がけが283m実施出来ている。
今後海老地区の人工干潟3000m2を10月以降1月まで実施するとともに、生物環境調査の支援も行いながらアサリ成貝の推移を見守っていき来春の生産量の増を期待したいと考えている。

↓10月の施工計画は以下のPDFファイルをご覧ください↓



これから、冬季に差し掛かるので風邪にかからないよう十分気を付けながら以下項目を確実に実施して参りたい。

@緊急時の連絡体制の再確認
・10月工事施工安全管理計画表(上記のとおり)
・10月の月間目標・行事
「見逃すな 心と体のSOS みんなでつくる健康職場」

A健康管理
平成22年の建設業の健康診断における有所見者率が年々増加傾向
全国61,49% 広島県61,36% 三原市66,67%
今事業においても全員が健康診断を実施し、有所見者もいることから自主管理を徹底すること

B作業管理・作業環境管理
現場の作業管理の徹底
事務所・重機仮置き場所の対策・自動車駐車場・保安用具の点検

C安全運転管理
高齢者の特性を理解し、保護する運転に心がける。(道路横断事故が増加)
危険因子が多い道路は通行禁止
飲酒運転根絶
特に以下を実践する
・夕暮れ時は率先してライト点滅をする
・ライトの上下を適切に行う(下向き40m先・上向き100m先で左右の見える範囲)
・ライトの汚れを取っておく

Dスズメバチ対策
9月〜10月には子育てのため活発に活動する。



沖和夫安全衛生推進室長 から以下の報告がありました。

@労働安全衛生法4条・6条(作業員の守るべき事項)についてビデオを使い説明服装・保護具の使用

A職場の安全(TBM-KY:即時即場法による作業チーム行動)を具体的に説明
注:TBMとは、ツール、ボックス、ミーテングの略、KYとは危険予知活動の略
現状把握(現象)
本質追及(絞り込み)重点項目
対策樹立(対策)
目標設定(チーム唱和)

B元気に仕事をするための心がけ(冊子P20作成)を説明
・毎日の健康チエック11項目「自分の健康は自分で守る」
・健康診断を受ける
・健康診断項目(血圧・生活習慣病)
・バランスの良い食事
・あなたは、ふとりすぎ
・体のSOS信号(口臭・口内炎・舌・唇・目・皮膚)

C職場においての健康づくり
・作業方法の快適化
・疲労回復施設
・作業環境の快適化
・職場生活支援施設
・腰痛防止
・職場体操
・食中毒
・喫煙のマナー
・受動喫煙防止対策
・鉢さされ災害を防ごう
・10月の安全運転管理
Posted by さとうみ振興会 at 14:52 | 緊急雇用対策事業 | この記事のURL