CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

特定非営利法人らくえん

NPO法人らくえんでは、社会参加を目指す人々、障がい者や引きこもりなど
社会での活動が難しい人々の手助けを致します。
(NPO法人らくえんの事業)
障がい者福祉サービス事業所「niyary.(ニヤリィ)」
facebook(https://www.facebook.com/NpoFaRenrakuen)


「親の心・子の心みんなで癒そうパート4」開催 [2014年02月24日(Mon)]
NPO法人らくえんの主催する「親の心・子の心みんなで癒そうパート3」が無事開催されました。障害を持たれているご本人や親御さん。そして、障害者を支える側の方々も参加して下さいました。様々な立場のみなさんと話し合う事ができました。お話の中で得た気付きはとても勉強になりました。今回で3回目ですが主催する側にとっても心が軽くなる会となりました。みなさんに感謝しています。ありがとうございました。

「親の心・子の心みんなで癒そうパート4」は、3月22日(土)13:00〜16:00まで行なわれます。
場所は徳島県立障害者プラザ3階研修室です。

色んな立場の人々が参加して下さる事で、障害児(者)とともに生きる親や子ども達の理解が深まり、みんなが暮らしやすくなります。みなさんの参加をお待ちしています。

931339114530[1].jpg
「親の心・子の心みんなで癒そうパート3」を開催 [2014年02月04日(Tue)]
NPO法人らくえんの活動をさせて頂いて、半年過ぎました。

最初に、障害者アートについての情報「アールブリュツトってなぁに?」を徳島県の障害者プラザにて息子真也の作品も展示して紹介をさせて頂きました。

新聞等にも紹介して頂いてとても良いスタートが出来ました。

ホームページやブログで私たちの活動を紹介させて頂いていると
同じ障害を持たれているお子さんの親御さんからも色んな相談も増えてきました。

中には、絵の大好きな子どもを育てているが、
こだわりが強く親として対応するのに凄く疲れてこのままでは
子どもを上手く育てられないとか、子どもの障害を家族が理解してくれなくて
心が苦しい・・・助けて欲しいとの相談を受けました。

私自身も現在子育て中で、
色んな問題を起こす次男を育てていて非常に大変な時期です。

でも、子育てや親の心が苦しい時こそ手を差し伸べて貰う必要が有ります。
実際、私も心のケアーが大切だと強く感じています。

親の心を救う手立てとして、
育成会の家族支援プロジェクトやカウンセリングが役立つ事に気付き、
いま必要な事として「親の心・子の心みんなで癒そう」を開催しようと思いました。

昨年の12月と今年の1月で2回程、開催してご本人さんや親御さんから、
参加した事で自分の悩みが小さくなり前向きになれたとか、
色んな考え方を知ることが出来た事など、みなさんの心も軽くなられて良かったなと思っています。

次回は2月15日(土)午前10:00〜12:00に徳島県の障害者プラザ3階研修室で「親の心・子の心みんなで癒そうパート3」を開催致します。

開催場所: 徳島県立障害者交流プラザ 3階 研修室
住所: 徳島県徳島市南矢三町 2 丁目 1−59
電話1(プッシュホン)088-631-1200

是非、親御さん、ご本人さん、そして支援者の方々も参加して頂き、色んな立場の人の心や想いも知って下さる事で、私達の子ども達(障害者・児)が暮らしやすくなります。みなさんの参加をお待ちしています。

image (3).jpeg
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

らくえんさんの画像
http://blog.canpan.info/nporakuen55/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/nporakuen55/index2_0.xml