CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
pm_camp.jpg
フォトカルチャー倶楽部プレミアム会員の新規入会キャンペーンがスタートしました。先着200名様に素敵な入会特典のプレゼントがあります。
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25) 岩元 真帆
◇イソシギときどき自然 第3回目 市川淳◇ (09/14) 遠江守
不思議な世界 (06/05) 安田 正英
浅草とうろう流し (08/28) 松尾喬
PCCの「写交場」交流パーティ 6/21(土) (06/23) 安田 正英
京都に行ってきました (09/15) 光川十洋
自分の花写真がもっと好きになる講座 (05/03) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/27) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/26)
リンク集
http://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
ニチロ―写真部・東京秘境駅 2018.11.17 [2018年12月12日(Wed)]
2018年11月17日
 
ワタクシ達ニチロー写真部は、山深い秘境の奥地に「幻の駅」を求めて探検してまいりました♪。

なーんて。相変わらず大袈裟ですねぇ(^^;)

JR青梅線の終着駅・奥多摩の一つ手前に有る白丸駅は、山の中にある無人駅。ちょっとした秘境?気分が味わえる人気の場所です。
秘境(12).jpg

秘境(11).jpg
ここを起点として撮り歩きを楽しみます。

秘境(1).jpg

歩道の横はもう、切り立った渓谷。覗き込むと思わず足がすくみます。
秘境(4).jpg
それでいて車通りも多いですから、安全に一列で移動します。


そして渓谷といえば付き物は「橋」ですね。

橋そのものが主役になることも有れば、橋上からの眺めが良かったり、撮りどころが満載です。今回は橋からの眺めをじっくりと撮影しました。

秘境(13).jpg
石川さんの作品


ところで、平地と山間部では、設定するホワイトバランスが異なる場合が有ることをご存知ですか?太陽の直射光が当たる場所では、その時の天候のまま、晴れた日なら「晴れ・太陽光」に設定してもOKですが、山間部は正に山あり谷あり。

谷の中にいると、昼間でも直射日光が届かないことが有りますね。そんな場所では、良ーく晴れた日だから、ホワイトバランスは「晴れ・太陽光」にしよう!と、設定すると…青みが強い写真になってしまいます。空からの間接光で照らされているからですね。

ちょうど、ビルなどの間で撮った時と同じ状況です。つまり「日陰」になっているという事ですね。十分に明るい状況なので、日陰に居るという感覚が薄れるのと、人の目は環境に馴染むので、いつもと光の状態が違うことに気付きにくいのですね。


それでは、どのようにホワイトバランスを設定すれば良いかと申しますと、まずは「晴れ・太陽光」に設定して試し撮りをしてみてください。青みが強いなーと思ったら「曇り」や「日陰」などにして、もう一枚試し撮り。OKだったらそのまま撮影開始です。

それでも好みの色にならなければ、ホワイトバランスのメニューから「色温度設定」の項目を探して、直接数値を合わせます。5500K(ケルビン)以上の数にして、数値を100位づつ変えて何枚か撮れば、お好みの色が見つかる筈です。

どれが正解なのか分からないと、悩む事が多いと思いますが『どんな写真に仕上げたいか?』によって答えは変わりますので「正しい」という概念は有るようで、実は無いのですね。

でも、狙いと全く違う色に成ってしまったら、それは間違いという事です。


等々と力説していますと、電車が近づく音がしてきました。ここの渓谷では、鉄道を入れた写真を撮ることも出来るのです♪

その瞬間を見事にとらえたのがこちら(^^♪
秘境(10).jpg
石川さんの作品。

一時間に数本しか通らない電車を、逃さず捉えたのは素晴らしいですね!


続きましては、現在は遊歩道となっている旧道に在る、手掘りのトンネル。
秘境(6).jpg

平地では、なかなかお目にかかれない光線状態での撮影です。

ここは露出の決定が難しいですね。なぜなら明暗差が激しいからです。そんな時は、デジタルカメラならではの機能を活用しましょう。

カメラが再現できる、明るさの限界と暗さの限界の範囲をダイナミックレンジと言いますが、その幅を広げたりする機能が搭載されています。HDR等と呼ばれたり、カメラメーカー各社で仕様は異なりますが、それを使うことで、見た目の印象に近い明暗差で再現できます。

秘境(14).jpg
こんな感じ。

普段、この機能を使ったことがない方、表現の幅が広がりますので、ぜひ使ってみてくださいね。


オーっと、時間が過ぎるのは早いですね。。
秘境(7).jpg
そろそろ引き返さないと、貴重な電車に乗り遅れますねぇ(^^;)

秘境(8).jpg
という感じで、山は日暮れて今回の撮影会は無事終了でございます。


次回もまた、よろしくお願いします。


ニチローこと、西田がお届けしました。
Posted by PCC at 13:48
2018年11月 くっきー写真部(平日組)「ぶらり湖国カメラ散歩」 [2018年12月08日(Sat)]
これまた先月となりますが、11月のくっきー写真部は湖国...つまりは滋賀へ。みんな、滋賀県のほとんどが琵琶湖だと思ってません?なんなら琵琶湖の中に滋賀県があるとか...な、わけないですね(笑) 琵琶湖の、滋賀県に占める割合は実に1/6だそうです...え、そんなもんなの?!

とはいえ、今回は琵琶湖がメインではございません。

まずは京阪電車の山科駅に集合。ちなみにここは京都市ですが。今日は京阪大津線〜石山坂本線に乗って&降りて...な1日。まずは路線図で行き先を確認。

PB206337.jpg

PB206346.jpg

京阪といえばお抹茶色...が定番ですが、大津線は水色が基調の可愛らしい電車が走っています。みんなまずは撮り鉄からスタート。w

最初に降りた駅は県境を越えてふたつ目の「大谷駅」。ここから逢坂山の峠を越えてしばらく歩いていきますよー。

PB206357.jpg

最初に出迎えてくれたのはタビー模様のにゃんこでした♡ この先すぐに鰻屋さんがあるのですが(琵琶湖でウナギって獲れるんですかね?)...

PB206361.jpg

滋賀で有名なキャラクター(?)、飛び出し坊やもウナギに化けております。(笑) さらに...

PB206365.jpg

なんと!鯉のぼりならぬ、「鰻のぼり」!!!3匹のウナギたちはニョロニョロと気持ちよさそうに泳いでおりました...

さてさて、まだまだこれからです。歩みを進めましょう。ここ、逢坂山は「あふさかやま」と書いて「おうさかやま」...どっかで聞いたことありませんか?

PB206368.jpg

「これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも逢坂の関」by 蝉丸

そう、百人一首に出てくるアレですよ、アレ!お坊さんカードのうち、なぜかひとりだけ頭巾(?)をかぶっていて、坊主めくりで蝉丸カードを引いた日にゃ...っていう、あの蝉丸の逢坂山というのがここなんです。

国道1号線(東海道)をてくてく歩いていると、

PB206370.jpg

こちらは「関蝉丸神社 上社」。あいにくとこの日は立ち寄る時間はなく、このまま進みます。

PB206371.jpg

名神高速道路の下をくぐるところで電車とすれ違い...

PB206381.jpg

線路端の紅葉を見つけては撮り...

PB206387.jpg

ちょいと寄り道。

PB206398.jpg

国鉄旧東海道線のトンネル跡の入口部分が残されていて、誰でも見学することができます。さくっと見学ののち、次へ。

PB206463.jpg

レトロなお風呂屋さんを過ぎて「関蝉丸神社 下社」の入口へ。ここ、鳥居の前、要するに参道を電車が横切るんです。

PB206411.jpg

上り/下りの電車を撮影したら、次の上栄町より再び京阪電車に乗ります。

PB206478.jpg

電車を待つ間はここまでの成果チェック...

PB206469.jpg

電車が来たら、もちろん撮ります。ここから次のびわ湖浜大津駅まで一駅の乗車なのですが、

PB206483.jpg

わかりますかね?この区間は路面電車になっているのです。びわ湖浜大津駅に着いたら、一旦改札の外に出て...

PB206506.jpg

交差点を行き交う電車とクルマを撮影。くるっと後ろを向くと、

PB206492.jpg

琵琶湖〜〜〜!!ちょうど遊覧船「ミシガン」らしき船が見えました。

ここからさらに再び京阪電車に乗って、次は終点坂本比叡山口駅を目指します。

PB206515.jpg


PB206520.jpg

PB206526.jpg

しばし思い思いに車内で過ごし、坂本比叡山口駅からは再び歩きます。目指すはこの日最後の撮影場所、このあたりの紅葉の名所のひとつ「日吉大社」。

PB206551.jpg

参道脇にはずらりと紅葉の木が並んでおり、色づきはともかく今年の紅葉は夏の暑さや台風の影響で、近づくとイマイチ...

PB206562.jpg

ですが、綺麗な葉っぱを探します。

この日吉大社は比叡山の麓にあり、全国3,800あまりある日吉・日枝・山王神社の総本宮なのだそう。そしてここにはちょっと変わった鳥居がありました。

PB206589.jpg

鳥居のてっぺんに屋根がついています。これは山王信仰の象徴なのだそう。

この日は晴れたり曇ったりのお天気でしたが、ここではちょうどこの通り日が射し、透過光で撮る紅葉がとても綺麗だったり、地面に落ちた紅葉の絨毯を撮影したり。

PB206596.jpg

PB200008.jpg

今月も仲良く揃って参加してくださった三姉妹(ご友人同士ですが)。ちょうど3つ穴が空いていたので...笑
(日吉大社ではお猿さんを神の使いとして祀っておられます)

ここ日吉大社には西本宮と東本宮があるのですが、西本宮でタイムアップ。あとは自由行動ということで解散となりました。

PB206622.jpg

ちょっと駆け足ではありましたが、ぶらり途中下車からの紅葉撮影まで、楽しんでいただけたかなー。皆さんお疲れさまでした!

PB206569.jpg
Posted by PCC at 23:24
さいぽん写真部@御岳渓谷 [2018年12月03日(Mon)]
こんにちは。

さいぽんこと斎藤志津代です。

2018年さいぽん写真部11回目は
御岳渓谷での撮影会でした。

駅から降りてすぐに渓谷なのが嬉しいスポットです。

横断歩道を渡った車道沿いの歩道から見下ろし
まずは全体像を確認します。

DSCF5133.JPG

その後、お店の横の細い階段を降りて
渓谷へと向かいます。

渓谷に降りていく階段は場所によって
かなり急なので足元に気を付けながら向かいます。

特に写真を撮る人々は荷物が多いので
自分はもちろん周りの方の迷惑にならないように
三脚はたたんだり、カメラのレンズの向きに
注意を払ったりなど必要ですね。

渓谷に降りると紅葉が見ごろです!
思わず「おお〜」と声をあげカメラを向けてしまいます。

DSCF5098.JPG

DSCF5130.JPG

ここでちょっと深呼吸。

「あ!きれい!」と心が動いてシャッターを押すときに
自分がどこにむかって心が動いたか、を再確認してから
何をどうとるかをつめていくと写真がぐっと違ってきます。

例えば赤く染まったもみじと渓流の組み合わせがきれい!
ということならばもみじと渓流をバランスよく撮ればOK。


もみじの赤がきれい!ということなら
きれいな葉っぱのもみじを見つけて印象的に撮るもよし。

川の向こうの銀杏がきれい!ということなら
遠くが撮れる望遠レンズを使ってズームアップしたり
手前の渓流と組み合わせる、などなど。

我々写真部はまず渓谷に降り、もみじのエリアで撮影です。

御岳交流センターの下あたりがもみじが密集していて
真っ赤に染まっているのですが少し高いところに枝がのびていたり
よく見ると葉っぱはいたんでいたり。。。

少し離れた人の少ない撮りやすそうな場所へ移動です。
こちらのエリアは観光客も少なく撮りやすかったですね。

さらに吊り橋をわたってイチョウのある美術館の方へ。

DSCF5156.JPG

DSCF5154.JPG

DSCF5177.JPG

DSCF5197.JPG

だんだん日も暮れかけてきて黄昏時の光と
ライトアップの光がコラボしてほんとにきれい☆

DSCF5244.JPG

ちょうどこの日は17時頃からライトアップとのこと。
写真部が終わる16時半頃から徐々に明かりがつきだしました。

ライトアップに合わせて当初の時間より少し遅めに変更したので
昼間の紅葉とライトアップの両方を楽しめました。

最後、日が暮れてからは急に冷え込みましたね。
参加された皆様、今回もお疲れ様でした(^^♪

次回はよみうりランドでイルミネーション撮影です。
先日下見をしてきたのですが今年も宝石のようにキラキラです!

下見の後に夜のジェットコースターもついつい乗ってしまいました。
一人でしたが吸い込まれてしまい・・・笑。


皆様ご参加ありがとうございました。
Posted by PCC at 21:00
のだっち写真部 朱色を探しに 太宰府周辺 [2018年12月02日(Sun)]
11月25日にいつもの楽しい仲間と朱色を探しに太宰府周辺を散策してきました。

46816195_1936150063134167_9008704791102095360_o.jpg
まずは光明禅寺の手前の神社で

46772784_1936149383134235_3389704721055875072_n.jpg
光明善寺にて撮影許可を受けて撮影開始
写り込みもきれいでした。

46673812_1936149303134243_4472306499946807296_o.jpg

46866289_1936149449800895_5032091586456977408_o.jpg
太宰府天満宮の中は綺麗綺麗!

_DSC1452.JPG
皆さん一一生懸命に撮影中

_DSC1479.JPG
池の映り込みもきれいでした。

46776408_1934330026649504_8349128351377522688_n.jpg
太宰府と言えば 梅が枝餅をお土産に

次回は博多駅周辺でキラキラを見つけに散策してきます。
Posted by PCC at 20:21
モデルさんと古都めぐり(2018年11月28日) [2018年12月01日(Sat)]
午前10時 腰越駅で集合後、徒歩で5〜6分 最初の 撮影地まで移動です。
急な坂を上り満福寺境内から七里ヶ浜霊園に抜けるトンネル内が最初の撮影地

IMG_2109-1.jpg

本日の撮影方法に関して 早川先生から説明後
囲み撮影ではなく モデルさんとの 1対1 の 2分間 真剣勝負です
トンネルの壁面には、いろいろな絵が描かれています。 鶴、天女様、龍、 画角の中に
どのようにフレーミングして貰うか? 皆さん いろいろなアイデアを盛り込んでいらっしゃいました。

1R8A4463-1.jpg

参加者の方が持参していただけた小道具を持っていただいたり、和気あいあいの
撮影会

1R8A4522-1.jpg

私は、こんな感じで撮ってみました
1R8A4551-1.jpg

満福寺の撮影が終わり、稲村ケ崎に移動します
当初予定していた撮影地の海岸の状況が、早川先生の前日のロケハンで変更になりました。
皆様に よりよい環境で撮影していただけるように このようなロケハンもやっています。 
急な変更でしたが、当日の撮影地変更に快諾していただき、ありがとうございました。
満福寺は腰越駅の近くのお寺ですので、今度は江ノ電と一緒に撮ってみたいですね (笑)

IMG_2112.jpg

稲村ケ崎駅で下車し撮影予定地の海岸の公園まで 5〜6分 徒歩で移動します
IMG_2114-1.jpg

稲村ケ崎での撮影も 囲み撮影ではなく モデルさんとの 1対1 の真剣勝負
海の波しぶきを背景に狙って みなさん 良い波が来るタイミングでパシャ!パシャ!
自然とのタイミングは難しかったようですが、大波のタイミングでシャッターを押せた方も
多くいらっしゃったと思います

1R8A4691-1.jpg

1R8A4755-1.jpg

最後は稲村ケ崎海岸での記念撮影
11月下旬でしたが、ポカポカの日差しの中 バリエーション豊かなロケーションで
撮影を堪能していただけたと思います。
長時間のモデルを担当して頂きました、鈴蘭さん お疲れ様でした。

また 撮影会でお会いできることを 楽しみにしています

 参加者様 人数 9名
 指導講師    早川 幸夫 先生
 アシスタント  やまかわ けんいち  (記)


:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━
フォトカルチャー倶楽部では、たくさんの撮影会を開催しております!
 詳細は下記のURLでチェックしてみてください
http://www.npopcc.jp/classroom/








Posted by PCC at 12:25
古都鎌倉で光彩生かした紅葉狩り(2018年11月27日) [2018年12月01日(Sat)]
関東も 待ちにまった紅葉の季節
集合場所の北鎌倉駅では、平日にも関わらず、大勢の観光客がいらっしゃいました。
まずは、早川先生よりご挨拶
この後、円覚寺(えんがくじ)境内に入り、レジメにて本日の撮影に関するアドバイスを受け
ました。
IMG_2088-1.jpg

円覚寺の境内を進むと、右側に色付いた銀杏の大木を発見! 先ずは、此処のロケーションから撮影を開始です。望遠で 寄ってもよし 引いてもよし イチョウの手前に青モミジを入れたり、早川先生の指導を受け みなさんいろいろな工夫をされて 撮影を行いました。
1R8A4092-1.jpg

私は、こんな感じで撮ってみました
1R8A4097-1.jpg

更に、境内の奥に進み 昔は住職さんが居住する建物であった 方丈の内部で撮影を行いました。
綺麗に磨かれた床に写りこむフォトジェニックな影を狙って、日頃はあまり経験したことがない
かもしれない 超ローアングルでの撮影を経験する事も出来たと思います。 

あっという間に 方丈内部での撮影時間も終わり、次の撮影地に向かいます
円覚寺の入り口付近で 野生のリスを発見  北鎌倉は自然が豊かな場所なんですね
1R8A4185-1.jpg

次の撮影地は円覚寺から 歩いて数分のところにある明月院です
紫陽花寺としても有名ですが、入口から見えるモミジは、我々を待っていてくれたように 斜光
に照らされ輝いていました。 撮影する人、構図を考える人、撮影結果をモニターで確認する人
どんな1枚が撮れたでしょうか?  パシャ!

IMG_2097-1.jpg

IMG_2099-1.jpg

あじさいと並んで明月院の代名詞と言えば、本堂(紫陽殿)に設けられた美しい丸窓。通称「悟りの窓」と呼ばれています。悟りや真理、大宇宙などを円形で象徴的に表現した物だそうです。 
平日だったので、あまり待つことなく 丸窓越しの紅葉(ちょっと紅葉には早めでしたが)
を撮影する事が、出来ました。 空いていたので、皆さん 何回も並ぶ事が出来ました (笑)
1R8A4257-1.jpg

IMG_2103-1.JPG

最後に本堂の前で記念撮影
集合時間には、曇り空だった天気も、薄日が差し、最後には少し暑いくらいの
天気になりましたが、光彩を生かした紅葉狩り 堪能していただけたと思います。
お疲れ様でした。
また 撮影会でお会いできることを 楽しみにしています

おまけ

 撮影会終了後、駅に戻る途中 明月院の看板の前で、早川先生 何を説明しているのかな?
IMG_2107-1.jpg



参加者様 人数 8名

 指導講師    早川 幸夫 先生
 アシスタント  やまかわ けんいち  (記)

:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、たくさんの撮影会を開催しております!
 詳細は下記のURLでチェックしてみてください
http://www.npopcc.jp/classroom/






Posted by PCC at 11:52
第9回さくらだフレンド部。 [2018年11月30日(Fri)]
開催日 :11月10日(土)
会場:栃木市
講師&レポート:桜田文洋

第9回さくらだフレンド部は栃木県栃木市開催の
とちぎ秋まつりを撮影しました。
2年に一度の開催で12種の山車、他盛沢山の盛大なお祭りです。

001.JPG
装飾が立派な山車です。
背が高いので迫力は相当ありました。

003.JPG
お天気も良く雲が爽やかでしたので背景に取り入れました。

002.JPG
菊祭りもやっており見事な菊が沢山ありました。
こちらは可愛いので撮りました。

004.JPG
かっぽれかっぽれの言葉で前進しながら踊りを披露してくれました。

お祭りは人が動くので素早い撮影を重視してとりました。
山車を追いかけたり待ったりして良い構図を目指しました。
結果は・・・疲れました。
花や風景と違い即判断する場面多数でした。
またチャレンジしたいと思います。
参加者の皆様お疲れさまでした。

フォトカルチャー俱楽部では写真部以外にも
沢山の撮影会を開催しております。
http://www.npo.pcc.jp/classroom/




Posted by PCC at 22:42
2018 ツールドフランスさいたまクリテリウム [2018年11月26日(Mon)]
フォトインストラクターの西田です!

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にもたくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓
http://www.npopcc.jp/classroom/

と言う事で、ワタクシが普段滅多にupしない、ニチロ―写真部以外のブログ記事でございます。




2018年11月4日 

今年もやってまいりました、お待ちかね年に一度の大イベント『ツールドフランスさいたまクリテリウム』

ワタクシ自身も、かなり気合が入っていて、丑三つ時から現地入りしてスタンバイしました♪寒さが尋常では無かったですね(^^ゞ


レース観戦には最高の場所となる、コースサイド・コーナー・ストレートが一度に楽しめる究極の観戦スポットでの撮影です。
目の前を、世界のトップアスリートが駆け抜けて行きます!!

手が届きそうな・・と言う比喩はよく有りますが、この場所なら本当に手が届きます。パレードランでは選手がタッチをしてくれるのですよ(^^♪
2018ツールドフランス(12).jpg
2018ツールドフランス(13).jpg
もちろん、レース本番は手を出してはいけません。



今回は、スポーツ撮影が初めての方も多く、初めは難しいと感じている方が多かったですが、
レースが進むにつれて徐々に慣れてきて、上手く撮れるように成っていましたね(^^♪
2018ツールドフランス(3).jpg
2018ツールドフランス(4).jpg
今回オススメしたカメラの設定は、露出をマニュアルにする事です。
普段は「絞り優先オート」で撮っている方が多いですが、スポーツ撮影ではシャッタースピードを第一に考える必要が有ります。

それならば、シャッタースピード優先オートで良いのでは?との質問も有りました。

でも、今回のように、様々な色のユニフォームを着た選手が入り乱れて走る状況では、撮りたい選手のユニフォームが何色か?構図はアップか?広い範囲を撮っているのか?等々で、カメラの判断する露出がコロコロ変わります。

その都度、露出補正で狙い通りの明るさに仕上げるのは、絶対に無理!
だって、補正したい相手は、既に目の前に居ないのですから(^^ゞ


それより、マニュアル露出の方が断然良いです(^^♪


やり方は難しくありません! さあ、これをご覧の皆さまもやってみましょう♪
試し撮りの段階で、露出オートでも良いので何枚か撮って、仕上げたい明るさを探り当てておきます。
その時の露出、すなわち「絞り」と「シャッタースピード」を確認して、更に「ISO感度」も覚えておいて、撮影モードをマニュアルにします。

そして先程確認しておいた「ISO感度」「絞り」「シャッタースピード」を自分で設定します。

つまり、露出補正ではなく、露出固定です。

こうしておく事で、何色のユニフォームだろうと、どんな構図だろうと、狙った明るさが変わる事は有りません。
明るさを調整したいときは、露出は固定したまま「ISO感度」を上げ下げすることで明るくしたり、暗くしたり出来ますよ♪
太陽が雲に隠れたら「ISO感度」を上げれば良いですし、露出アンダー気味にしたければ「ISO感度」を下げれば良いのですね。

更に、動きを表現する為にスローシャッターを切りたい時に「ISO感度」を下げても明るすぎる場合は、「絞り」を絞り込む、つまりFの数字を大きくすれば良いのですが、背景や前景がゴチャゴチャしないように気を付けましょうね♪

カメラに入る光の量を減らす、サングラスのような効果の有る「NDフィルター」も有ると良いですね(^^♪

それでは、迫力のシーンをお楽しみください♪

2018ツールドフランス(5).jpg

2018ツールドフランス(7).jpg

2018ツールドフランス(8).jpg

2018ツールドフランス(10).jpg

2018ツールドフランス(11).jpg

2018ツールドフランス(14).jpg

2018ツールドフランス.jpg

さて、PCCスポーツクラブでは、それぞれの競技毎に異なる《観戦マナー》を学べる事もポイントです!
今回のツールドフランスでの観戦マナーは《応援して盛り上げる!》です。

超一等地で撮影していましたので、近くで観戦していたレースファンの皆さまにも、ワタクシ達の撮影ブースに入って頂いて、一緒になって選手を応援して、みんなで盛り上がりました(^^♪

撮影マナーの悪さが気になる昨今ですが、ちょっとした気遣いで、撮影する人も周りの人も、楽しく一緒の時を過ごすことが出来る。それって素敵な事ですよね!

2018ツールドフランス(9).jpg
圧倒的なスピードに酔い痴れて、今回のPCCスポーツクラブは無事、閉幕致しました。

それでは、次回のニチロ―写真部ブログも、お楽しみにお待ち下さいマセ(^^♪


ニチロ―こと、インストラクター西田がお届けしました。
Posted by PCC at 12:52
2018年10月 くっきー写真部(平日組)「ぐるり眼鏡橋と渡船で巡るレトロ大正」 [2018年11月22日(Thu)]
さて遅くなりましたが、先月10月のくっきー写真部、平日組のレポートです。

週末組は気持ち良い青空の広がるとってもよいお天気の日だったわけですが、平日組はと言いますと...

PA111166 (2).jpg

見事きれいな白バック...!!

って、あかんやんバッド(下向き矢印) 何やらほんのわずかに水滴がパラッと落ちてきたりするのは気のせい、気のせいあせあせ(飛び散る汗) 何やらポンチョを着込んでいる方もおられますがそんなことは気にせず撮影スタートです。

PA111182 (2).jpg

週末チーム、このダラダラ坂を登っていくとどんどん列が長〜くなっていく...と書きましたが、平日チームのこの日。週末チーム以上に皆さんの歩みを進めるペースが違いなかなか大変!まぁ、迷子になる心配はないからいいんですけどね。(笑)

PA111185 (2).jpg

ずんずん登って行ったYさん。むしろ私が呼ばれてますw

PA111192 (2).jpg

これは絶対アレだ、あべのハルカス狙ってますね。

PA111202 (2).jpg

隙間から狙う人、開けたところから狙う人。みんな違って、みんないい。(笑)

PA111212 (2).jpg

おっ。Tさんが遂にポンチョから出てこられました!今日もまたお洒落さんです。晴れ女の私の行くところ、どうしても雨が上がってしまいます。笑

PA111217 (2).jpg

やっぱりここは魚眼で撮りたい!手を伸ばして撮る時は水平を保つのにひと苦労。せっかくなら走っている車のタイミングも気にしたいですね。

PA111235 (2).jpg

橋の峠を越えて下りにさしかかったところで、S字のラインが面白いなぁと思い、望遠レンズで狙ってみました。望遠による圧縮効果でグッと迫って見えます。

DSCF0367_2.jpg

いつも仲良し3姉妹*は今日も楽しそう!(*ご友人同士です)

PA111244 (2).jpg

PA111248 (2).jpg

PA111251 (2).jpg

おうちもご近所だそうで、同じ趣味を持つ気の合う仲間が近くにいるのっていいですよね!

PA111261 (2).jpg

これも望遠レンズによる圧縮効果を使い、道路の傾斜がジグザグに見えるように撮ってみました。

PA111281 (2).jpg

反対に、思い切り広角で。手前が大きく(広く)奥に行くほど小さく(狭く)なっていくようすから遠近感が感じられますね。

もうね、週末チーム以上にマイペースな方が多いのか(笑)、予定より30分くらい押して渡船乗り場に到着。

PA111294 (2).jpg

PA111311 (2).jpg

「あれを渡ってきたんやねぇ〜」そんな声が聞こえてきそうですよね。
そして船を降りたところで集合写真を撮ろうと思っていたその時。

日本写真家協会(JPS)の先輩カメラマン、Kさんにバッタリ...!なんでもこの日はこの木津川を行き来する渡船をもっと下流からもう少し上流まで歩いて巡っておられる最中とかで、快く集合写真を撮ってくださいました。

PA111322 (2).jpg

スタッフも含めての全員集合な写真は珍しい!Kさん、ありがとうございました!!

さて、何しろ時間が押していたため最後のオキナワン(ハワイアン風に言ってみたけどちょっと違う??w)な商店街はサクッと通ってバス乗り場に向かいます。

PA111332 (2).jpg

途中、メンバーのT川さんに歩いてもらって超広角でパシャ♪ さらにシャッタースピードを落としてわざと少しだけブラし、動きを出してみました。

そんなこんなであっという間の3時間。予定通り(笑)雨もほぼ降らずでよかったですね。皆さんお疲れさまでした!


Posted by PCC at 22:41
ワンデイ撮影塾 ★黄金に染まる銀杏並木 2018年11月14日 [2018年11月22日(Thu)]

今年の紅葉は台風24号の塩害の影響を受けて、壊滅的な状況の地域もあった

ようですが光が丘公園の銀杏並木は、最小限の影響で済んだようでほっと一息

当日はお天気にも恵まれました。


まずは、今日の撮影に関するレクチャーを聞き、撮影開始です。

斎藤先生のスポットでの撮影会はあまり行われていませんので、

貴重なチャンスですね (^^


光が丘公園は、戦争当時「成増飛行場」として使われ、戦後米軍のグランドハイツとして使われていました。

日本に返還された後、有楽町の旧都庁前にあった銀杏をJR京葉線建設工事の際に移設したんだそうです。 

公園が出来て約45年ですが、移設した銀杏の中には 樹齢が100年を超すものもあるそうで、都内でも有数な銀杏スポットになりました。


けやき広場を抜けたところにある黄色いトンネルになったイチョウ並木 

11月の太陽は、14:00には 綺麗な斜光に変わってきています

1R8A1425-1.jpg


イチョウ並木の下には黄色い絨毯が敷き詰められていました。

みなさん フォトジェニックなシーンを求めて 

 「パシャ!パシャ!パシャ!」

どんな、一枚が撮れたのでしょうか?

1R8A1350-1.jpg


銀杏並木の撮影が一段落したところで、池に写りこむ紅葉を逆光で狙います。

カメラの設定など 疑問に思った事は、どんどん聞いて吸収出来るのが撮影会の良い所ですね。どんどん聞くのが上達への近道です

1R8A1444-1.jpg


池には、多くのカモも泳いでいました。

カモを狙っているのでしょうか? それともその向こうに輝く紅葉でしょうか?

IMG_2060-1.jpg


あっという間の2時間でした。

今回の撮影会には、PCC事務局の若林さんにも参加していただき、


「光が丘公園は第5回都立公園・庭園フォトコンテストの対象公園であり、

 今日撮影した作品を是非 応募してください」


というお話がありました。


応募期間は 2月末までですので、別の日に撮影した作品でもOKです。


 詳細は、以下です。


https://www.tokyo-park.or.jp/special/pickup/photo.html


1R8A1462-1.jpg


都立公園・庭園フォトコンテスト以外にも、たくさんのフォトコンに挑戦しては

如何でしょうか?気軽に応募できるWeb応募のフォトコンもあるんです。



 JPXフォトコンテスト「東京証券取引所と大阪取引所のある風景」

https://www.jpx.co.jp/corporate/events-pr/140years/01.html


 東京水辺百景フォトコンテスト

https://www.tokyo-park.or.jp/waterbus/special/photocon/index.html

1R8A1418-1.jpg


IMG_2064-1.jpg

皆さん、とびっきりの一枚が撮れた笑顔で 締めくくりました


また 撮影会でお会いできることを 楽しみにしています


  指導講師   斎藤 志津代 先生

  アシスタント やまかわ けんいち(記)

 

:*::*:★━━━━━━━━━━━━━━━


フォトカルチャー倶楽部では、たくさんの撮影会を開催しております!

 詳細は下記のURLでチェックしてみてください


http://www.npopcc.jp/classroom/




Posted by PCC at 14:34
| 次へ