CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年09月 | Main | 2018年11月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆第175回園芸セミナー「田園調布が育ってきた時代の側面」〜田園調布の開発と温室村〜 [2018年10月14日(Sun)]
10月14日(日)に、田園調布せせらぎ公園で開催された、第175回園芸セミナー「田園調布が育ってきた時代の側面」〜田園調布の開発と温室村〜のレポートです。講師は三橋昭氏(大田区立蒲田図書館長)。 今月は「第11回 田園調布グリーンフェスタ」開催日に合わせて行われました。

開催概要:お知らせ★10月14日(日) 園芸セミナー第175回「田園調布の育ってきた時代の側面」〜田園調布の開発と温室村〜

1014グリーンフェスタ (1).jpg
↑講師の三橋昭氏

セミナーには約30名が受講。田園調布は大正7年に郊外型住宅として開発がはじまり、六郷用水と多摩川堤防に挟まれる細長い一帯は「玉川温室村」として都市型園芸、花卉栽培で繁栄したそうです。

堤防が作られたため水害の恐れがなく、肥沃な土壌、北側は崖線で北風を防ぎ、南側は 陽光降り注ぐ地理的条件が温室経営の適地でした。

1014グリーンフェスタ (3).jpg
↑セミナーの様子

温室村の経営者は、農家の方でなくアメリカなどに視察に行った華族など。温室の生産ピークは昭和10年頃で、経営者数30、15000坪。カーネーションやバラ、スイートピーなど 生産し、年間売り上げは同面積の自営米作農家の約11倍の売り上げにもなったとのことです。またクリスマスリースやコサージュ、母の日のカーネーション、ブーケなど切り花の需要拡大に努力したそうです。

しかし戦時色が濃くなるにつれて、ガラスは光るので攻撃の的、鉄材は戦争利用で温室は解体されてしまいました。

終戦後は宅地化が進み、現在は貸し植木屋さん二軒が残っているだけです。今も多摩堤通りを通るバス停留所に「田園調布温室村」の名称が使われています。

その歴史の流れのお話に皆様大変熱心に聴き入っておられました。バス停、探しに行ってみたいですね。よい勉強になりました。 (荻野博子)

1014グリーンフェスタ (2).jpg
↑田園調布グリーンフェスタで当会が行った花苗販売の様子
レポ◆背骨コンディショニング(セルフ体操)で健康に [2018年10月08日(Mon)]
10月8日(月祝)に、平和の森公園「みどりの縁側」にて開催された、「背骨コンディショニング(セルフ体操)で健康に」のレポートです。講師は高橋晃史氏(背骨コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)氏。

事前申し込みした20名で会場は一杯に。二人一組で自己紹介して和やかな雰囲気から始まりです。

1008背骨コンディショニング (1).JPG

背骨とは下から尾骨、2つの骨盤の間にある仙骨・腰椎・胸椎・頚椎。仙骨が歪むとその上に乗ってる背骨が連鎖的に歪んでしまい、歪むことで神経が引っ張られ痛みやこり、張り、しびれ、内臓の不調等々が起きるそうです。

1008背骨コンディショニング (2).jpg

床に寝て足の長さや股関節の開きなどのチェック。左右の差や硬さ、痛み。不調の原因を探ります。歪んだ背骨は「緩める」「矯正」「筋トレ」で整えられます。

1008背骨コンディショニング (3).jpg

1008背骨コンディショニング (4).JPG

早速セルフ体操の始まりです。仙骨から頚椎まで歪みを直し、硬くなった筋肉を丁寧に緩めていきます。痛みのない範囲でゆっくり。1日何回やってもいいそうです。筋トレは週に2回。やっている最中に「硬い〜」「気持ちいい」「楽になってきた」等々。あっという間の2時間でした。

1008背骨コンディショニング (5).JPG

皆さんのさわやかな笑顔に、見ているだけで体操ができなかった腰痛持ちの私、パーソナルレッスンを是非受けに行きたいと思いました。(荻野博子)
レポ◆第8回おおたオープンファクトリー [2018年10月06日(Sat)]
10月6日(土)に、テクノFRONT森ケ崎にて開催された、「第8回おおたオープンファクトリー」への参加レポートです。当会は花苗販売ブースにて参加しました。

1006オープンファクトリー (1).JPG

昨年(2階の通路)と違い、今年は玄関入口の特等席のブースに陣取りました。その効果はバツグン!特に多肉植物が人気でした。

1006オープンファクトリー (2).JPG

花苗はまだ咲いていなくて、ちょっと残念…。でも参加スタッフ6名、張り切って頑張りました。工場内も当日はオープン。

珍しいものも見学することができ、大田区職人の腕の良さが確認できました。野菜の工場もあり、レタスをもらいました。

今年は我々の紹介に力を入れてくれて、チラシや案内板等に当会の名前を見ることができました。来年も参加したいと思います。(堀ア英孝)
レポ◆ネイチャーウォーク「木の実を探そう」 [2018年10月06日(Sat)]
10月6日(土)に、平和の森公園「みどりの縁側」で企画された、ネイチャーウォークの写真レポートです。今月のテーマは「木の実を探そう」でした。

1006ネイチャーウォーク-イヌマキの実.JPG
↑イヌマキの実

夏の暑さでコブシの葉が落ちて、秋なのにコブシの花が咲きました。

1006ネイチャーウォーク-コブシの花.JPG
↑コブシの花

今年の秋は、コブシの花と実の両方が見られました。

1006ネイチャーウォーク-コブシの花と実.JPG
↑コブシの花と実
(上田志朗)
レポ◆大田区職員研修「採用2年目研修」協働現場体験受け入れ [2018年10月03日(Wed)]
10月3日(水)に、今年も大田区職員3名の「NPO活動現場体験」を受け入れ、区内の活動現場をまわりました。

1003職員研修 (1).jpg

1003職員研修 (2).jpg

1003職員研修 (3).jpg

大森南圃場でのポット上げや、洗足池児童館での巣箱取り外し等々を体験していただきました。感想を伺ったところ「役所にできないことを、こうして埋めてくれているということを知りました」「自分の知らないことの多さを知りました」と答えてくださいました。