CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年10月 | Main | 2017年12月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
お知らせ★12月3日(日) 園芸セミナー第165回「生物(動植物含め)雑感」 [2017年11月22日(Wed)]

花とみどりのつどい


花やみどりが好きな人も、これから楽しんでみたい人も、気楽に集まって 花やみどりにまつわる話で楽しい時間をすごしてみませんか? 毎月第一日曜日に、そんな「つどい」の場を皆さんと作っていきたいと考えています。どなたでも歓迎いたします!今月は第165回目として下記のとおり開催いたします。

園芸セミナー第165回「生物(動植物含め)雑感」チラシ
↑園芸セミナー第165回「生物(動植物含め)雑感」PDF(298KB)


第165回 園芸セミナー
「生物(動植物含め)雑感」


  • 日時:2017年12月3日() 13:00〜15:00
  • 会場:田園調布せせらぎ公園 2階集会室
       (東急東横線/多摩川線/目黒線「多摩川」駅前)
  • 講師:佐久間孝良氏(東京農業大学グリーンアカデミー講師、都立田園調布特別支援学校外部専門員 他)
  • 参加費:500円(会員は300円)資料代として

*なお、セミナー終了後30分程度、田園調布せせらぎ公園内の山野草育成活動を行います。(参加自由)
*12月17日(日) 13:00〜15:00には、定例の公園内山野草育成活動を行います。参加される方は2階集会室へ軍手と小型スコップご持参の上お集まりください。どなたでも参加自由、大歓迎です!


過去の園芸セミナーの様子は、ブログ内の「カテゴリ:田園調布せせらぎ公園」を御覧ください。当会公式webサイト内で田園調布せせらぎ公園活動の基本情報をご紹介しています。

主催及びお問合せ : NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり
TEL&FAX : 03-3734-7932 / お問い合わせメールフォーム
レポ◆ふれあいパーク活動15周年記念交流会・講習会(18色のみどりづくり支援) [2017年11月20日(Mon)]
11月20日(月)に、大田区民ホール・アプリコ展示室にて開催された、「ふれあいパーク活動15周年記念交流会・講習会」のレポートです。

前半の交流会では7団体が活動発表しました。当会の西蒲田五丁目青葉児童公園活動も、城田さんと伊藤さんが「麗しき乙女たち」を代表して発表されました。

ふれあいパーク活動15周年記念交流会の様子、壇上からプロジェクターを使ったプレゼンテーション

子どもたちの遊びを目的として活動している公園や、町会・自治会、PTAを上手にまとめて活動している公園、こぼれ種や株分けで植物を育成している公園など、どれも特色があり、15年の充実した活動を知ることができました。

後半は「花の輪…人の和」〜公共花壇づくりはまちづくり〜という趣旨で、当会川口良夫氏が講習会を行いました。

後半の川口良夫氏による講演会

プレゼンテーションで使われた映像。バラやジキタリスが咲き乱れる美しい花壇の風景
↑プレゼンテーションで使われた映像
記事◆会員の意見を活動に反映させる取り組み [2017年11月20日(Mon)]
※以下は会員向け「会員だより」に掲載した「あなたのご意見、提案は12月中に!」という記事です。私たちの活動の紹介として掲載します。

活動への提案は12月中に!

〜次年度の活動に意見を反映させるには12月の話し合いがチャンス!〜

話し合いイラスト.png

12月は事業(活動場所)ごとに今年度(4月〜12月)の活動を@振り返り→ Aじっくりと話し合い→B事業報告と次年度への提案を取りまとめる月間です。

12月
各部門で活発な話し合い、今年度の活動のまとめ
 ⇩
事業報告会(12月18日)

事業ごとに(活動場所ごとに)話し合いを行い、「今年度の事業報告」と「次年度への提案」を取りまとめます。それらを12月18日(月)の事業報告会(今年度中間報告)で発表し、全体での話合いが行われます。



1月
次年度「事業申請書」募集(平成30年1月25日締切)
 ⇩
理事会(平成30年1月29日)
申請書の受理・内容確認

(事業報告会の結果などを基に)事業ごとに再度話し合い、次年度への提案を「事業申請書」にまとめて会に提出します(1月25日締切)。この申請は各事業ごとだけでなく、個人で提出することも可能です(申請用紙は来月送付の1月号に全員に同封されます)。



2月
事業検討会(運営委員・事業担当者・新規事業申請者で構成)
事業申請書について提案と検討
 ⇩
3月
運営委員会(事務局で調整)
 ⇩
5月
理事会(理事会レベルでの審議)
 ⇩
通常総会(5月26日)

提出された事業申請書は、1月末の理事会から順次内容が検討・審議され、次年度の事業計画を策定するための材料となります。提案が採用されれば次年度の活動に反映されていきます。



ボランティア活動では、活動そのものを人ごとでなく「自分ごと」として捉えてみんなで活動をよりよくするためにアイデアを出し合うこと、そのための話し合いの場を作ることがとても大切です。

次年度の活動に向けて、あなたが気づいた意見をわかりやすく提案してみると、より一層活動が身近になり、楽しくなることと思います。12月の話し合いの時がチャンスです!忌憚のない意見や提案を発信してみましょう!
レポ◆ふれあいパーク活動 de 花壇づくりスキルアップ講座 [2017年11月11日(Sat)]
11月11日(土)に、西蒲田五丁目青葉児童公園にて、会員向けに開催された「ふれあいパーク活動 de 花壇づくりスキルアップ講座」のレポートです。

以前から希望が出ていた花壇デザインの勉強会が西蒲田五丁目青葉児童公園で開かれました。私はいつも通る品川区役所前の中央公園花壇がきれいだなあ〜と感心して見ていました。その花壇を指導されている先生が今日の講師でした。

講師の奥峰子先生
↑講師の奥峰子先生(花壇設計家、有限会社ホリーホックガーデン代表)

いつもの目線とは違い、公園の3ヶ所の入口から全体を見る、木の高低、色のバランス、繁り具合。一つ一つが納得のいくアドバイスでした。

「好きな草花を植えがちですが、全体のバランスを考えて、もう一つ上を目指してみてください。公園に来る子どもの行動、地域性、予算、時間…等々制約の多い中、明るい雰囲気のある公園づくりに頑張って!」とエールをいただきました。

後半は全員でシャベル、移植ゴテを手に、指摘された数ヶ所を掘り起こし植え直しの実習。

歩道に面した細長い花壇を掘り起こす

別の場所にある大きなヤブランを掘り起こす

掘り起こしたヤブランをこちらに植える

ヤブランやタマリュウを植え替え、統一感のある花壇に生まれ変わりました。ポイントを押さえた説明と、実際に植え直した花壇を見て満足した2時間でした。

ヤブランを角に花苗を奥に

作業前の荒れた花壇。雑草も混じり統一感がない
↑befor

作業後の綺麗な花壇。統一感がありメリハリも
↑after

いつも時間に追われて公園内のごみや雑草取りに忙しく働いていましたが、今後は全体を見る余裕も大切だと痛感しました。(小山くみえ)

※この事業は、公益財団法人東京都公園協会の「花壇・庭づくり活動支援事業」の助成を受けて行っています
レポ◆ネイチャーウォーク「つる植物について」 [2017年11月11日(Sat)]
11月11日(土)に平和の森公園「みどりの縁側」にて企画された、ネイチャーウォーク「つる植物について」の報告です。

つる植物とは樹木の形をとらず、他の樹木を利用して高いところまで昇り太陽の光を得ている(光合成している)植物のことです。

ヘデラ.jpg
ヘデラ

カラスノエンドウ.jpg
カラスノエンドウ

ヘクソカズラ.jpg
ヘクソカズラ

昇る方法としては、茎で巻き付く、巻きひげを利用する、付着根で昇る等の方法があります。(上田志朗)