CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年02月 | Main | 2017年04月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆ヒッポの「おはなし会」 [2017年03月18日(Sat)]
3月18日(土)に、平和の森公園「みどりの縁側」で行われた、ヒッポの「おはなし会」のレポートです。
開催案内ページ:お知らせ★3月18日(土) ヒッポの「おはなし会」(平和の森公園「みどりの縁側」)

0318「おはなし会」 (1).JPG

NPO法人 読み聞かせネットワークヒッポによる「おはなし会」に集まったのは15名。ヒッポさんの巧みな話術に大人もも子どももあっという間に引き込まれました。

0318「おはなし会」 (2).JPG

0318「おはなし会」 (3).JPG

自然(生き物、お花、野菜や木など)のお話、紙芝居、折り紙、手遊び…と盛りだくさんのメニューに時間を忘れて楽しんでいました。
レポ◆「18色の緑づくり」各地域の花の様子 [2017年03月15日(Wed)]
当会が「地域アドバイザー」としてサポートしている大田区の「18色の緑づくり支援事業」。各地域を巡回して花の様子を写真に収めてきました。

花づくりによって、人と街の繋がりが広がっているのを感じます。

多摩川土手.JPG
多摩川土手

本羽田本町公園.JPG
本羽田本町公園

大森西特別出張所.JPG
大森西特別出張所

川端自治会事務所.JPG
川端自治会事務所

道々橋まほろば公園.JPG
道々橋まほろば公園

白山神社.JPG
白山神社

南雪谷自治開館.JPG
南雪谷自治会館

嶺町文化センター.JPG
嶺町文化センター
記事◆環境フォーラム2017 こんなまちに暮らしたい 〜広げよう、交流の輪!〜 [2017年03月11日(Sat)]
3月11日(土)に、池上会館1階で開催された、環境フォーラム2017「こんなまちに暮らしたい」〜広げよう交流の輪!〜 のレポート記事です。

開催案内ページ:お知らせ★3/11(土) 環境フォーラム2017「こんなまちに暮らしたい」〜広げよう交流の輪!〜今年も開催します!

今年で14回目となった環境フォーラムでは、企画段階から協力団体による実行委員会形式で話し合いを重ね、当日を迎えました。

環境フォーラム2017(「みどりの歩み」活動紹介の様子)
↑「みどりの歩み」の活動紹介の様子

午前中の活動紹介に続き、その後のコミュニケーションタイムとして「グループワーク」を企画。各団体からの参加者と、当会スタッフも含めて、総勢50余名が5つのテーブルに分かれて、実行委員メンバーによって当日検討された7つのテーマの中から1つを選び、90分間話し合いました。

  • 関心のない人に興味を持ってもらうには?
  • 「欲しい人材」(○○ができる人)に出会うには?
  • 活動会員を増やすには?

  • 若い仲間を増やすには?
  • 行政とのコラボレーションや意思の疎通を良好にするには?
  • 団体間の交流ネットワークを活発にするには?
  • 地域との交流を活発にするには?

グループごとに、実行委員会メンバーから進行役を指定、まずはどのテーマについて話し合うかを決めて、グループごとにテーマを発表。その時点で、自分が「どうしてもあちらのグループのテーマに参加したい」という方には移動をしてもらうタイミングも設けました。そうした進行方法については、事前に開催された実行委員会で検討していましたので、大変スムースに進行しました。

環境フォーラム2017(グループワークの白熱討論風景)
↑グループワークの白熱討論風景

その後、話し合いの様子を、各グループから発表してもらいました。

  • 若い仲間を増やすには
    • 学校の地元学習を働きかける など

  • 欲しい人材に出会うには
    • 探すというより役割を提供する発想の転換 など

  • 会員を増やすには
    • 団体ごとに会員の意味が違うことの理解
    • 現場で名刺やチラシの配布
    • 講座の開催
    • 会員よりもまずサポーターを増やす努力
    • ウォーキング企画は参加者が多い など

  • 若い仲間を増やすには
    • 子どもたちから学ぶ活動
    • イタリアのような市民教育
    • 子どもと共感できるものづくり
    • 小学校を起点にした企画 など

  • 団体交流を活発にするには
    • 交流のメリットを明確化
    • 積極的な情報共有
    • 活動の人手を融通し合う(結い)
    • 他団体に入ってみる など

環境フォーラム2017(グループワークの発表風景)
↑グループトークの発表風景

参加された皆さんからは「受け身だけでなく、場に参加できたことが大変よかった」「他団体の考え方や活動手法をじっくり聞けて参考になった」「いろんな考え方があり勉強になった」などの感想が寄せられました。

「フォーラム」の語源は古代ローマの「集会場」。自由に意見を言い、互いを尊重する、そんな市民社会の理想的な姿を、垣間見られた気がします。実行委員会となって、当日の運営にご協力くださった各協力団体の皆さま方に、感謝いたします。
レポ◆ネイチャーウォーク「冬芽の観察」 [2017年03月11日(Sat)]
3月11日(土)に、平和の森公園「みどりの縁側」で企画された、ネイチャーウォーク「冬芽の観察」のレポートです。

ネイチャーウォーク1.jpg

冬芽とは、夏から秋にかけて作られ、エネルギーを蓄えて越冬する芽のことです。春に伸びて葉や花になる芽で、寒さを防ぐため鱗片(りんぺん)でおおわれています。

ネイチャーウォーク2.jpg

平和の森公園を巡って、コブシハクモクレンホウノキコナラクヌギサクラスモモハナミズキタイサンボクアジサイシャリンバイの冬芽を観察しました。寒い冬を乗り越え、ようやく暖かい春を迎え、冬芽たちは芽吹こうとしています。
レポ◆みどりの縁側「ひな祭りカフェ」&「手しごとタイム」 [2017年03月05日(Sun)]
3月5日(日)に、平和の森公園「みどりの縁側」で行われた、「ひな祭りカフェ」と「手しごとタイム」の写真レポートです。

0305カフェ、手しごと (1).JPG

0305カフェ、手しごと (2).JPG

0305カフェ、手しごと (3).JPG