CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年05月 | Main | 2011年07月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
7月の活動カレンダー [2011年06月28日(Tue)]
5月から始まった駅前花壇や児童館・保育園等の夏花壇への植え付け作業がすべて終わりました。7月からは、水遣り等の管理作業の回数が増えます。
毎年夏になると、スタッフは自分も花と一緒に水を浴びたように汗びっしょりになって花苗の世話をしています。

花壇は夏仕様になったばかりですが、ふたばチームのメンバーたちは7月にはもう秋まきの種を決めて、次の季節にむけてのスタートを切ります。

ムクドリの子育て発見 [2011年06月05日(Sun)]
今日の夕方、大森南にある圃場に用事があって、ちょっと
立ち寄りました。
先日「発見!」した、ムクドリの子育ての様子も気になって。

圃場の隣にある工場の壁にある「穴」2か所に、巣がある
ようです。
室外機のホースが壁から出ているところをご覧ください^^



いたいた!親鳥が雛鳥に、餌を運んでいるようです。
先週、はじめて気付いた時には、ピヨピヨとなく声がしましたが
以前より静かになってきたので、そろそろ巣立ちの時期かも
知れません。



それにしても、ムクドリって案外に警戒心が強いようで・・・私が
蚊に刺されながらも、写真を撮りたくて、木の陰に隠れているの
ですが、屋根の上のアンテナのところに、どうやらオスの親鳥が
見張りをしていて、「怪しいやつ!警戒せよ!」といわんばかりに
キュルキュルと鳴き、しばらく親鳥たちはやってこなくなりました。
私も蚊に刺されまくってつらくなってきたので退散・・・^^;

ちょっとネットで調べてみたら、ムクドリは結構、人家の一部に
巣を作るらしいのですが、どうやらあまり清潔好きではないのか
巣だったあとのダニの害がひどいのだそうです。
シジュウカラのお母さんはきれい好きで、せっせと雛の糞を
運び出すのですが、ムクドリはあまりしないようです。

★ムクドリの名誉のために、もう少しちゃんと調べてみますね^^

圃場では、ふたばチームのコーディネートで、会員の皆さんが
種まきした苗が育っています^^
こちらは、ジニア アズテックサンセット



こちらは、バジル ダークオパール



どちらも、6月中旬に、蒲田駅西口花壇に植える予定です。
お楽しみに^^
(蒲田高校レポート)たい肥づくりは楽しい^^ [2011年06月03日(Fri)]
今年は気温が低く、野菜の生育がいつもの年より遅い気が
しています。
トマトは、できれば1学期の授業中に食べられたらと、マルチを
今年は初めて使ってみたのに、なかなか実が大きくなりません。
ラッカセイも種まき後、3週間でようやく芽が伸びてきました。



4月の中ごろに植えたジャガイモは、ようやく花が咲き始めました。
これも、6月の最後の授業が17日なので、いつもより早く収穫を
しなくてはなりませんが。。。ちょっと心配。



今日は昨年から雑草や野菜くずを積んでおいたたい肥をつかい
ました。
今年度に入ってから、2回ほど切り返して、ようやく使えるように
なってきた感じです。



上の写真のまん中あたりで、ワラジムシが仕事してます〜^^
5月のはじめには、まだまだ草の形がはっきり残っていたのに
このところで、温かくなってきたこともあって、分解が早まって
きたようです。
2回目の切り返しのときに、同じ先生に指導をお願いしたの
ですが、先生も驚いていました。
姿がまるで違うからですが・・・ここがたい肥づくりの楽しい所。

ただ、このたい肥は、草の種とか入っているので、これまで
しばらく、校内のサクラの落ち葉だけで作ってきたたい肥と違い
雑草の発芽が心配なので。。。生徒たちにお願いして、溝を
深めに掘ってもらい、その中に埋める形で土に入れてもらい
ました。



以前、やはり草と落ち葉が混ざったたい肥を作った時に、夏の
畑がものすごいことになりました。
今年はどうなることか・・・^^;
果樹コーナーでは、ユスラウメが熟してきました。
人数分の実がなってないので、生徒たちには内緒で、鳥にあげる
ことにします^^

雨だけどバス研修  その@ [2011年06月02日(Thu)]
雨の中でしたが、千葉は船橋のアンデルセン公園へ。
徹底的にデンマークにこだわった空間のデザインは見ごたえがあります〜^^



ゴミ箱までも、輸入したのだそう^^;



企業さんのプレゼンテーション花壇。
大田でまったく同じことは無理と思うけど、参考になります。
ご案内くださった園長さんにお尋ねしました。
「こういうところにご参加くださる企業さんは、どうやって募集を
されるんですか?」
「自分たちで直接営業しに行きます^^」
・・・なるほど〜〜やはり、足で稼ぐんですね^^



牛乳ジェラートが絶品でした^^
次は草ぶえの丘バラ園です〜〜^^
第八回通常総会終了〜〜! [2011年06月01日(Wed)]
5月28日(土) 当会の第八回通常総会を開催しました。
現在、正会員が21名、委任状出席含めて17名の出席があり
総会が成立しました。

今回、初めて使う会場で、ちょっと勝手がわからなかった感は
ありますが、改装したきれいな部屋で、快適でした。
micsおおたの教室を利用しています。



総会後は、総会開催記念の講演会。
今年は江戸東京野菜研究と普及の第一人者であります
大竹道茂先生をお招きしました。



テーマは「江戸東京野菜を未来につなぐ」
馬込半白胡瓜や馬込三寸人参についても、掘り下げてお話をして
いただきました。
何とか大田区で、これらの野菜を広めていきたいものです。
特に大竹先生によると、三寸人参は大変美味で、後世に残すべき価値
がある素材、とのこと。
胡瓜のほうが、見た目のユニークさとインパクトで話題になっていますが
むしろ、三寸人参に力を入れなさい、とおっしゃいました。



講演会のあとは、交流懇親会。
ここから、品川宿で「品川カブ」をつかったまちおこしに取り組んでいる
大塚さんも、大竹先生から「地元なんだから出ておいで」っと呼ばれて
合流くださいました。



講演会から参加くださっていた、郷土博物館の藤塚さんと3人で談笑の
ようすをパチリ!



今、私たちが管理している区民農園には、馬込半白胡瓜が植えられて
います。
6月26日の農園オープンデーでは、馬込半白胡瓜の収穫もできそう。
皆さんで食べてみたいと思います。楽しみです!