CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
6月の活動カレンダー [2011年05月27日(Fri)]
若葉がすっかり色濃くなりました。もう梅雨間近?
この時期には、駅前花壇や児童館・保育園の花壇の春から夏への植替えがいくつもあり、空を眺めてはお天気を気にする毎日です。

さて、6月2日(木)私たちは「バス研修」で千葉県の「ふなばしアンデルセン公園」と「佐倉草ぶえの丘バラ園」の2つの公園を見学します。
(詳しくは当会HPの「会員だより6月号」をご覧ください)

続いて5日(日)には「多摩川の植物観察会」(園芸セミナー)として「府中郷土の森博物館」見学と植物観察を予定しています。当日、晴れますように!

今年度になってから、私たちの会には14名の新しいメンバーが加わりました。その新しく入会された方たちを対象に、会の仕組みや運営についての「新入会員説明会」を6月29日(水)に予定しています。新メンバーだけでなく、ベテラン会員の方々もどなたでも参加しての「会員交流会」になります。
社会福祉協議会ボランティア入門講座 [2011年05月17日(Tue)]
5月17日、社会福祉協議会主催「ボランティア入門講座」が開かれました。
活動の具体例紹介3つの中に、私たちの会がありました。当日は理事会で理事が不在のため、小山さんと荻野が出席しました。持ち時間は20分、若々しい河村理事長の姿の映ったちょっと古い会の紹介ビデオ10分の放映の後、2人で入会のきっかけや楽しく無理なく活動をつづけさせていただいている話をしました。緊張気味の私たちの話に約60名の受講者は大変熱心に聞いてくださり、終了後お二人から声をかけていただきました。「花とみどりでまちをいっぱいに。そして人をつなごう」の活動が少しずつ広がっていくといいですね(汗びっしょりの荻野博子記)
大田区子どもガーデンパーティ(矢口) [2011年05月09日(Mon)]
5月8日(日)大田区内8カ所の会場で毎年恒例の子どもガーデンパーティーが開催された。
子どもガーデンパーティーとは?
そもそもの始まりは戦後のこと。せっかくのゴールデンウィーク、休日を区内で働く集団就職の少年少女たちに少しでも楽しんで欲しいと企画された。今年第60回を迎える息の長いイベントだが、今では区内の子どもたちに向けたイベントに様変わりしている。
いろいろな経緯の中で、私たちも今年度の矢口会場のガーデンパーティーのコーナーを受け持った。
とは言え会場は多摩川河川敷。どのグループも炎天下(この日はことのほか日差しが強かった)の河川敷にテーブルやブルーシートで場の確保をした。


さてこのテーブルの上にあるものはなんでしょう?


花や野菜の種まきの体験です。でもただ種まくだけではありません!!! 植木鉢も自分で作るんですよ!


ジュースの缶を芯に、新聞紙をくるくるまきます。 次に底になる部分を折り込み、テープでしっかり留めます。


缶を抜くとこんな感じ。  

自分で作ったこの容器。大人もこどもも「あ〜あ!」と新聞紙で何を作っていたか、ここでようやく納得するんです。  そして一番上の写真にある土・腐葉土など4種類の土をビーカーの中でよくかき混ぜて、種まき用の土作りをします。


最後にお手製新聞紙の植木鉢に種を埋め込んで水をやって終了。
これは落花生ですね〜 収穫楽しみ!!!

簡単そうでしょ?

でも最近の子どもはおりがみとかしたことないんでしょうか?
紙をいじることやテープを切ることをしたことがないような手つきにちょと驚き。
さらに付添いのお父さん、お母さん、おばあちゃんが手を出してすぐ手伝おうとするので、できるだけ自力で頑張って作り上げることができるよう、作る方法や指導方法も、工夫しました。

何より、みんな出来上がりを嬉しそうに持って帰る姿にはこちらもうれしくなりますね。
芽がでてきたら大きな植木鉢に移し替えてね。
新聞紙のポットは、土にそのまま入れるのですよ。新聞紙は土に帰るからね。

                          (報告  内田)
事務局ボラデーのひみつ? [2011年05月07日(Sat)]
毎月、会員のみなさんのお手元に届く「会員だより」「活動カレンダー」
やその他多くのお知らせは、事務局ボランティアさんたちが発送作業を
担ってくださっています。
毎月25日ごろに、「事務局ボランティアデー」通称、事務局ボラデーを
設定して、作業をしています。
事務局ボランティアのみなさん、ありがとう!!ございます。

そこで、その作業を毎回取りまとめてくださっているK原さんに、お礼方々
突撃インタビュー。

「毎月の作業大変でしょう?」
返ってきた言葉は「楽しいわよ!!」
え〜?そうなの?
「ともかく楽しいに尽きるのよ。みんなでおしゃべりできるし、色んなこと
情報交換もするし。。。」
あの狭い事務所(?)で効率よく折りや組み込み作業を手際よくこなし
たまに原稿がギリギリだったりもあったりして(ごめんなさいっ!!)
。。。でも女性陣たちの協力体制を抜群に発揮しての中の作業で、毎月
皆さんのお手許に届いているわけですね。

これからもどうぞよろしくお願いしま〜す。

ふたつの圃場で、春のオープンデー(南久が原編) [2011年05月07日(Sat)]
ちょっと遅れてのレポートになりますが・・・4月中旬に
当会が管理する圃場(大田区が保有している、植木の
畑のような場所)のオープンデーを行いました。
毎年恒例のイベントとして、春と秋に開催しています。
今回、4月13日に大森南圃場で、15日に南久が原
圃場で行い、プラグ苗のポット上げ作業を行いました。
以下、参加した会員のレポートです。

4月15日(金)南久が原圃場のオープンデーに参加してきました。
当日は晴天に恵まれ会員の集合時間9時には、ウキウキ気分で
朝礼が始まりました。
10時前には常連になった園芸同好会やご近所の方が参集し
11時の休憩時間には、用意した苗の植付けは、ほとんど終了
してしまいました。
参加人員は、全員で76名。内訳は会員21名、会員のお誘い18名、
ふれあいパーク等の園芸同好会18名、ご近所の方13名、久が原
特別出張所関連6名でした。
ポット上げした花苗は、@アゲラタム Aペンタス Bベゴニア 
C日々草 Dジニアの5種類207ケース、4,968株でした。
予定していた「千日紅」は、遅れて届くことになりました。
皆さんが植えつけた花苗を一つ一つチェックしていた花苗育成担当
の背中から責任姿勢が感じられ印象的でした。(報告:藤澤久美子)

| 次へ